差し歯の歯茎が下がった場合の歯茎再生について

差し歯を入れて10年経つと多くの場合で歯茎が下がってしまいます.歯茎が下がってしまう事で見た目の問題,虫歯や歯周病の問題が起こります.

 

今回は特に見た目の問題についてご説明します。歯ぐきの再生治療を行う審美歯科治療は、従来の審美歯科では解決しなかった治療方法です。

 


歯茎が下がったときの審美歯科治療

歯茎が下がってしまった方の審美歯科治療のご紹介です。

歯茎が下がってしまって見た目が悪いということでしたら審美歯科治療だけでなく、歯茎の再生治療を審美歯科治療に合わせて行うことをお勧めしております。

歯茎の再生治療を行うことで、歯の長さが長くなりませんので見た目に自然な長さとなります。


歯茎が足りないときは歯茎を再生させます。

歯茎の再生 ケース1

歯茎の再生 歯茎の再生術後

歯の長さを元あった状態に戻します。

歯茎を再生した後で、歯をセラミックにしました。画面左側の前歯は天然の歯です。

歯茎の再生治療 歯茎再生治療の術前

歯が全体的に長くなってしまっています。仮歯が入っています。

歯茎の再生 ケース2

歯茎の再生治療 歯茎の再生治療 術後

歯茎のラインが左右対称になったところで、前歯をオールセラミックのブリッジで治しました。

歯茎の再生治療 歯茎の再生治療 術前

前歯の歯茎のラインが左右非対称で、歯の長さが不ぞろいに見えます。

前歯6本に歯茎の再生治療と古くなってしまった前歯のブリッジをオールセラミックで治す計画を立てました。

歯茎の再生治療 ケース3

歯ぐきの再生治療 再生治療後

 

画面右手の犬歯に歯ぐきの再生治療を行っています。歯の長さがが元の長さになりました。

左右の犬歯の長さも同じ長さまで回復しましたので、見た目がきれいです。

 

ホワイトニングとオールセラミック治療を行っています。

歯ぐきの再生治療 再生治療前の状態

 

 

歯ぐきの再生治療前の状態

 

 


歯茎の再生治療、整形に関しましては、炎症のない状態で行います。歯周病の方は、まずは炎症を抑えてから処置を行います。

 


また、歯茎の再生治療と審美歯科治療に関しまして詳しいページをご覧になりたい方は下記のリンクをクリックしてご覧ください。

 

歯茎と審美歯科


ただいま歯茎の再生治療をご希望の方に無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください。無料カウンセリングは御予約制となっております。ご予約をお取りになってからご来院ください。

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分(東京駅の隣の駅です。)

03−3251−3921 

0120−25−1839


~歯茎の再生治療と審美歯科治療の注意~

 

歯茎の再生治療や審美歯科治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)です。また、オールセラミック の種類によって当院では1本6万円(税別)~15万円(税別)のセラミックを選んでいただいております。

 

料金に関しましては、最小単位の標準的な料金となります。本数の多い場合は、掛け算して計算していただく必要があります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているようなケースのうち、歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

歯茎の再生治療のリスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

審美歯科のリスク

 

 

 

審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。また、オールセラミック の色合いはかなり天然の歯に近いものになりますが、完全に同じものではありません。

歯茎の再生治療後に一番注意すること

歯茎の再生治療後に一番注意することは出血です。歯茎を切った部分から出血しないようにお食事などを注意する必要があります。

 

歯茎再生治療を行ったその日は、処置をした部分から血がにじむように出血します。出血を経験されたことのない方は心配されるようですが、出血自体は5分ほど軽くガーゼなどで押さえておくことで止まりますし、放置していても止まります。

 

わずかな出血は2~3日続きますが、特に問題はありません。そのまま触れたりしないで放置しておいていただければ自然に出血が落ち着きます。

 

皮膚を取った部分からの出血はまれに量がたくさん出ることがあります。とがったものを食べて歯茎に刺さてしまった場合に出血してしまうことがありますのでとがったものは1か月ほど食べないようにしていただいております。出血しても小さな血管ですのですぐに止血できますのでご安心してください。それでも止まらないということは非常にまれですが、救急の病院で止血処置をすることができます。

 

もし止血に関して気になる場合はお問い合わせください。

 

お問い合わせのページ

 

また、再生治療に関してご興味のある方は、無料カウンセリングを行っております。無料カウンセリングで歯茎の状態を確認させて頂いて、治療方法、治療期間のご説明、お見積もりのお渡しをさせて頂きます。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上 

 JR神田駅北口より徒歩1分(東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839               

03-3251-3921

お電話受付時間                    

10:30~20:00                

(水曜、木曜、土曜は18:00まで日曜、祝日は休診です)


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません

知らなきゃ損をする歯ぐきの再生治療

まずは、下の2枚のお写真をご覧ください.

審美歯科できれいになった人と、せっかく審美歯科治療を行ったのに結果を残せなかった人のお写真です。

オールセラミックの歯茎が下がる
オールセラミックの歯茎が下がる

歯茎が下がってしまって黒く見えています.せっかくのオールセラミックが見た目と言う点では台無しになってしまっています.

オールセラミックの歯茎の再生
オールセラミックの歯茎の再生

同じ方の歯ぐきの再生治療後のお写真です。最初から、歯ぐきの再生治療を審美歯科治療と合わせて行っていれば、このような感じに良い結果が出たのにと後悔されていました.


はっきりと言えるのは、審美歯科治療を行う際に、歯ぐきの再生治療をご存じないと将来的に損をしてしまいます.オールセラミックを交換する一番の理由は歯茎が下がってしまって見た目が悪くなるためです.

歯茎が下がってしまうたびにオールセラミックを交換しているかたもいらっしゃいますが,その度にオールセラミックの料金をお支払いになる費用の損に加えてだんだんと歯が長くなってしまってみた目が悪くなってしまうという2重に損をしてしまう状態になります.

そのため、オールセラミックを長持ちさせたいと言う方は審美歯科治療を行う際に歯ぐきの再生治療を合わせて行うようにお勧めしております.


歯茎が下がったまま、審美歯科治療を行った場合

審美歯科と歯茎の再生
審美歯科と歯茎の再生 仮歯

審美歯科をお考えの方は歯茎が下がってしまっていないかを確認されてから処置を行う事おお勧めします.

 

歯茎が下がってしまっている部分があるようでしたら歯茎の再生治療を行った方が審美歯科治療の結果がきれいになります.

 

審美歯科治療を行う場合,歯の長さや歯の角度などが気になると言う事もあります.

 

前歯の長さを左右で同じにするためには歯茎の位置を変える必要があります.

 

お写真の状態は、下がった歯茎に合わせて仮歯を入れた状態です.微妙な歯の長さを合わせるために、歯茎の再生治療で歯茎の位置を合わせます.

 

歯茎に関する御相談は無料カウンセリングを行っております.

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

03−3251−3921

審美歯科治療前の歯茎が下がった状態
審美歯科治療前の歯茎が下がった状態

仮歯に変える前の歯の状態.仮歯にする時に、多少は歯茎の整形を行う事で歯茎の位置が整います.ただ、下がった歯茎を戻す事ができないため、下がってしまっている歯茎の位置に合わせて下がっていない歯茎をさげる必要があります.

 

歯茎をそろえてみて満足できない場合は歯茎の再生治療で歯茎を回復させて整えます.

 

歯茎の再生と審美歯科のページ


~歯茎の再生治療と審美歯科治療の注意~

 

歯茎の再生治療や審美歯科治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)です。また、オールセラミック の種類によって当院では1本6万円(税別)~15万円(税別)のセラミックを選んでいただいております。

 

料金に関しましては、最小単位の標準的な料金となります。本数の多い場合は、掛け算して計算していただく必要があります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているようなケースのうち、歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

歯茎の再生治療のリスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

審美歯科のリスク

 

 

 

審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。また、オールセラミック の色合いはかなり天然の歯に近いものになりますが、完全に同じものではありません。

歯茎の再生ブログ 歯ぐきが下がってしまったときの問題点

歯茎が下がってしまう場合がありますが、何が問題でしょうか?

 

見た目もそうですが、根っこの露出による知覚過敏の問題や、歯周病が進行してしまうリスクが高まることや、根っこの虫歯や削れてしまう問題も起こってしまいます。歯茎の下がった部分に歯周病が進行してしまうと歯を残せない場合もあります。

 


歯茎が下がる原因

歯茎の退縮
歯茎の退縮

下の前歯などの歯茎の薄い部分は、矯正治療後や合わない入れ歯を支えている場合、歯ぐきが下がってしまうことはよくあります。

 

直接的な原因は、歯並びや歯ぐきが弱い歯ぐきであることや、強い歯ブラシ圧、歯ぎしりなどが原因になります。

 

歯茎が一度下がると自然には元に戻らないうえ、薄い歯茎の部分はさらに下がってしまう可能性があります。

 

歯ぐきが下がってしまった場合、歯の根っこの柔らかい部分が露出してしまうために虫歯や、歯周病、知覚過敏になりやすくなります。見た目の問題以上に歯にダメージが起きてしまう問題が出てきます。

 

歯ぐきを再生させることで歯茎を健康な状態に戻します。下がったままにしないことで歯の健康を保ちます。

 

歯茎再生のページ

 

歯並びの悪い部分の歯茎の再生は通常のはならびに比べて難しい場合が多いのです。骨が無い分多めに歯茎を入れる必要があります。

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

0120−25−1839

 

 


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

歯茎再生Blog 歯と歯の間の歯茎が下がった時は歯茎の再生が難しくなります。

歯茎再生
歯茎再生

歯と歯の間の歯茎が下がってしまいます.こういったケースでは歯茎をあげる事が難しいのですが、歯茎再生である程度歯茎を戻す事ができます.

歯と歯の間の隙間が三角形に少し残ってしまいますが、気になる方はその部分をオールセラミック治療などで埋める事になります.

歯茎再生
歯茎再生

まずは表側の歯茎再生を行いました。術後1ヶ月の状態。

3ヶ月待って裏側の歯茎再生を行います.ただ、この方法で歯茎の再生を行っても一時的に歯茎が上がりますが、しばらくするとかなりの部分の歯茎が吸収してしまいます。

 

結局骨が失われてしまった歯と歯の間の歯茎の再生は限定的になってしまいます。そのため、歯と歯の間の歯茎の再生治療は難しい治療となります。

 

歯と歯の間の歯茎が下がってしまった場合の治療に関しましては、下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.クリックしてご覧ください.

 

歯と歯の間の歯茎が下がったときの治療のページ

 

また、歯と歯の間の歯茎が下がった場合の治療を希望される方は、無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします.

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F

03-3251-3921

0120-25-1839


~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真や治療法のご説明の内容を掲載する際には、料金や治療のリスクを表示することになっております。治療を検討される際には、注意も合わせてご確認ください。

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

矯正後の歯茎の退縮を歯ぐきの再生で治したケース

矯正治療の後歯茎が下がる事が最近知られてきています.何となく歯が長くなってしまったと言う場合と、明らかに下がってしまって見た目じょう気になってしまうと言う場合もあります。

 

特に歯茎の粘膜に至る歯茎の退縮に関しましては早めに治した方が良いとご説明させていただいております.

 

矯正専門医の先生からのご紹介をいただく事もあります.

 

矯正後の歯茎の退縮治療ケース

矯正治療後の歯茎の退縮
矯正治療後の歯茎の退縮

矯正治療後にきれいな歯並びになったと言う事ですが,歯茎が下がってしまい、治療のご紹介をいただきました.

歯茎の退縮は歯茎の粘膜に達していますので歯磨きが困難になってしまう事、さらに退縮が進行する可能性がある事、見た目を考えると歯茎をもとの状態に回復される事がおすすめとなります.

矯正治療後の歯茎の退縮
矯正治療後の歯茎の退縮

2週間後の状態。前歯4本のはぐきがたい祝してしまった部分を移植を伴う歯ぐきの再生治療にて治療を行っております.治癒経過は良好です.

 

歯ぐきの再生治療のページ

 

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839


~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真を見ていただいてわかるように回復した歯茎が剥がれてしまっているということはありません。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。

 

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。お写真のケースでは下の前歯3本の歯茎の再生治療を行なって7万円(税別)かかりました。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

差し歯の歯茎の黒ずみや少しの長さ変更であれば歯茎の再生治療で可能です。

歯茎の黒ずみや、歯茎の位置を少し変えたい場合などに歯茎の再生治療は有効です。

 

特に、差し歯の交換時や、差し歯の形が気に入らずにお悩みの方は歯茎の再生治療を合わせて行うことをお勧めしております!


差し歯の黒ずみや長さを変えたケース

歯茎の再生治療
歯茎の再生治療

左右の犬歯の長さが少し変わってきてしまった。また、歯茎の黒ずみがきになるという場合に、少しの歯茎の位置の変更や黒ずみの解消を行うことも出来ます。

歯茎の再生治療
歯茎の再生治療

左のブリッジの長さに合わせて、右側の歯茎の位置を修正しました。ブリッジのダミーの歯の長さや歯茎の黒ずみなどを少し改善することができました。

ただ、まだ歯茎の量が足りないので、こういった場合には再度歯茎の移植を追加することもできます。

 

ブリッジの歯茎の再生治療

 


~歯茎の再生治療と審美歯科治療の注意~

 

歯茎の再生治療や審美歯科治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)です。また、オールセラミック の種類によって当院では1本6万円(税別)~15万円(税別)のセラミックを選んでいただいております。

 

料金に関しましては、最小単位の標準的な料金となります。本数の多い場合は、掛け算して計算していただく必要があります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているようなケースのうち、歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

歯茎の再生治療のリスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

審美歯科のリスク

 

 

 

審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。また、オールセラミック の色合いはかなり天然の歯に近いものになりますが、完全に同じものではありません。


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

03−3251−3921                                                        0120−25−1839

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上  

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

歯茎の再生ブログ さあ!無料カウンセリングへお越し下さい

歯茎が下がって気にされている方。

 

このまま歯茎が下がり続けたら歯が抜けてしまうと心配されている方。実際に歯茎が下がることで歯を抜くことになるケースもありますので、気になさらないより心配されるほうが歯の健康にとっては良いことですが。

 

気にされるようでしたら、まずは、歯茎の下がった原因を確認して対処法を確認されてはいかがでしょうか?無料カウンセリングで、治療期間・費用・治療方法のご説明、お見積もりをいたします。

 

歯茎が下がってしまった場合は歯ぐきの再生治療で歯茎を回復させる事が可能です。(歯周病が進行して骨が吸収してしまっている場合は難しい場合があります.また、多くの歯科医院では歯茎の再生治療を行っていませんので、歯茎の再生治療を行っている歯科医院に行く必要があります。また、歯茎の再生治療を綺麗に行うには経験が豊富であることが必要です。)

 

歯茎の再生経験豊富な神田ふくしま歯科へ

 

下がった歯茎は、放置していても回復しません。むしろさらに歯茎が下がってしまいます。処置をするなら早いほうがよいでしょう。今すぐお問い合わせください。

 

お問い合わせのメールリンク

 

無料カウンセリングお問い合わせ

フリーダイアル 0120-25-1839

お電話     03−3251−3921              

神田ふくしま歯科                    

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上  

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

矯正治療前の歯茎の再生治療について

成人の方で矯正治療を行う方は歯茎の退縮の確認をしてください.

 

矯正治療中に歯茎が下がってくる場合もありますし、矯正治療後に歯茎が下がる事もあります.

 

矯正治療前に歯茎が下がってしまっている方は、矯正装置を装着後すぐに、まず人工骨を歯茎の中に入れて骨の幅を増やします。そして矯正終了後歯の揺れが落ち着いてから歯茎の再生を行います。

 

この方法は増骨矯正法の方法を行います。骨の幅を増やしてから歯茎を再生させた方が、歯茎が将来的に下がるリスクが大幅に減ります。また、歯の後戻りを予防します。

 

矯正治療と歯茎の再生のページ

 

矯正治療と歯茎の再生のページでは、矯正前後の歯茎の再生治療のご説明や、矯正後に歯と歯の間の歯茎が下がらないようにする方法などのご説明をしております。矯正治療をされている方や、矯正後に歯茎が下がってしまった方はこちらのページをご覧ください。

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

0120−25−1839

メールお問い合わせ

メモ: * は入力必須項目です


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1〜3本で万円(税別)かかりました。

 

矯正治療後などに歯茎が下がって歯の根っ子が露出してしまうことがあります。歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

歯ぐきの再生治療の際には歯の根っこの詰め物を外します.

歯ぐきの再生治療の流れですが,いきなり行うわけでは無く、歯ぐきの再生治療が可能な環境をまずは整えます.

 

例えば、歯ぐきの再生治療を行う際には下がった歯茎に詰めてあった詰め物を外して歯の根っこを詰め物が覆っていない状態にします.その後に歯ぐきの再生治療を行います.詰め物を残しておくと歯茎が歯の根っこと結合しないため、しっかりと処置前に、治療部分の詰め物をお取りします.

 

歯の詰め物を取り除いた場合、歯ぐきの再生後2ヶ月程して歯茎の位置が落ち着いたら歯茎の多い具合に合わせて再度歯茎の詰め物を入れ直す事もあります.虫歯や知覚過敏の無い場合は詰め物を入れずに経過を見ていきます.

 

歯ぐきの再生治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.歯ぐきの再生治療をお考えの方はクリックしてご覧ください.

 

歯ぐきの再生治療のページ

 

また、歯ぐきの再生治療を希望される方は無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.無料カウンセリングは予約制となります.ご予約をお取りいただいてからご来院ください.

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

0120−25−1839


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

上のシェアボタンをクリックしてご覧ください。

下の前歯の歯茎はよく下がってしまいます.

あなたの下の前歯の歯茎が下がってしまっていませんか?

 

下の前歯は見えないから、歯茎が下がってしまっても気にならないと言う方でも、歯が抜けてしまうリスクが高くなってしまう事を知ってしまったら、放置しておけないとお考えになるかもしれません.

 

下の前歯の歯茎が下がり続けてしまっている場合は要注意ですので、お早めにご相談ください.

 


歯茎の下がりやすい場所

下の前歯の歯茎が下がったというケースが一番起こりやすいケースとなります。

 

下の前歯の歯茎や歯を支えている骨がお口の中で一番薄いために最も歯茎の下がりやすい部分となります.

 

丁寧な歯ブラシの方法を身につける必要があります。ただ、下がってしまった歯茎は自然に回復しません。回復させるには歯茎の再生治療が必要になります.

下の前歯の歯茎の再生ケース

下の前歯の歯茎が下がる
下の前歯の歯茎が下がった状態

下の前歯の歯茎は薄い場合が多く、特に歯並びが悪いと大きく歯茎が下がってしまう事が多いようです.

 

お写真のケースでは、歯茎が薄く下がった歯茎の部分に汚れが付いて色が変わってしまっています.こういったケースは歯茎の再生治療を行う事で歯茎を回復する事ができます.

歯茎の再生治療例
歯茎の再生治療例 2週後

上の写真の下がった歯茎を再生治療で回復させた後2週目の状態です.歯並びはそのままでも歯茎の再生治療を行う事が可能です.

 

歯ぐきの再生治療のページ


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 


歯茎の再生治療などの無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

03−3251−3921

メモ: * は入力必須項目です

奥歯の歯ぐきの再生治療

奥歯の歯茎が下がってしまった・・・・どうしよう。

 

とお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか?奥歯の歯茎が下がってしまって、歯医者さんに相談されても、様子を見ましょうと言われてしまうことが多く、下がった歯茎をどうして良いかわからないでしょうから、ご心配をされている場合が多いようです。


奥歯の歯茎が下がってしまった場合の歯茎の再生治療をご紹介

奥歯の歯茎が下がる
奥歯の歯茎が下がる

奥歯の歯茎が下がってしまう事があります.奥歯の歯茎が下がってしまうと、歯周病が悪化してしまう可能性が高くなってしまいます.歯を守るためにも歯茎を再生させる方が良いでしょう。

奥歯の歯ぐきの再生治療後の状態
奥歯の歯ぐきの再生治療後の状態

奥歯の歯ぐきの再生治療後の状態。下がってしまっていた歯茎が回復しています.

 

歯ぐきの再生治療のページ


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。


奥歯の歯ぐきの再生治療を希望される方はただいま無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします.

 

無料カウンセリングお問い合わせ

 

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上  JR神田駅北口より徒歩1分 東京駅の隣の駅です.

0120−25−1839                 

03−3251−3921

インプラントの周囲の歯茎が下がる問題があります。

最近、インプラントの周囲の歯茎が下がってしまったと言う御相談が増えてきました.

 

インプラントが炎症を起こして悪くなってしまっているケースでは内部の骨が大きく吸収してしまっているため,歯茎の差性が難しいのですが,炎症が無く歯茎が下がっている場合は、インプラントの周囲でも歯ぐきの再生が可能です.

 

インプラントの歯茎が下がらないように歯茎を強化しておく事をお勧めします.

インプランと周囲の歯茎の移植
インプラント周囲の歯茎の移植

インプラントを入れた部分の歯茎が下がってしまい金属部分が露出してしまう事があります.得にインプラントに炎症がない場合でも歯茎が下がる事があります.

 

これはインプラントの周囲の骨がない場合や歯茎が薄い場合におきやすくなります.インプラント治療を行った場合は歯茎の厚みも作る遊離歯肉移植術などを行う事で、歯茎の厚みを増す事で歯茎が下がる事を予防する事ができます.

 

インプラントの部分に白い仮歯が入っています.

 

仮歯の周囲の歯茎が少し白っぽいのがわかるかと思いますが、この部分は皮膚が硬く角化している歯茎になります.

 

歯茎は、粘膜と角化歯肉という2種類の歯茎があります。

ほっぺたの皮膚のように薄い部分と上あごの歯の内側にある皮膚だと厚みも固さもちがいます.

厚くて固い歯茎は歯茎の退縮を予防します。

 

インプランと周囲に写真のような角化した歯茎があると炎症も起こしにくく、歯茎が下がりにくくなります

 

インプラントの歯茎の退縮


インプラントの歯茎再生のお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

0120−25−1839


~インプラントの歯茎の再生の注意~

 

インプラントの歯茎の再生は保険外診療となります。1~3本あたり10万円(税別)の料金となります。

 

 

また、外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません

歯茎が下がって歯の根っこが露出して来た場合の歯茎の再生治療

歯茎が下がって歯の根っこが露出してしまう事があります.

治療方法をご存知の無い方が多いようですので、歯茎を回復させる治療のケースを紹介させて頂いております.

 

病院によっては歯ぐきの再生治療を行っていない病院や、歯ぐきの再生治療の症例数が少ない病院もありますので、ご確認された方が良いかもしれません.

歯茎の再生治療ケース

歯茎が薄いケース
歯茎が薄いケース

歯茎が薄く、歯の根っこが透けてしまっている場合,お写真のように、歯の並びに一致して歯の付け根の部分に歯の根っこの膨らみを感じる場合があります.こういった場合は、歯茎が薄いのに加えて歯の周囲を支えている骨も薄くなっています.

こういったケースでは,今後歯茎の退縮がさらに進行する事が予想されますので、歯茎の再生治療を行う事で、歯茎の厚みを増して回復する事で,歯茎の退縮を将来的に予防する事が可能になります.

審美的な歯茎の再生で治せます.

審美的な歯茎の再生法 治療後の状態
審美的な歯茎の再生法 治療後の状態

下がってしまった歯茎を傷をつけないで再生させています.元々の歯茎のような見た目に見えますが,歯茎の再生治療を行った後の状態になります.きれいな歯茎の再生治療が当院のお勧めする方法です.(歯ぐきの再生治療法の術式はいろいろあります.)


せっかく歯茎の再生治療を行っても見た目が悪いのでは困ってしまうと思います.当院では、何百症例も歯ぐきの再生治療を行っておりますので、きれいな歯ぐきの再生治療をご提供させて頂けるでしょう。

 

歯ぐきの再生治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.歯ぐきの再生治療を希望される方はクリックしてご覧下さい。

 

歯茎の再生のページ

 

歯茎が薄く移植ができない場合や広範囲に歯茎が下がってしまっている場合は人工の皮膚を使用して歯茎の再生治療を行うことがあります。料金が変わることがありますので無料カウンセリングにてご確認ください。

 

また、ただいま歯ぐきの再生治療を希望される方に無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.無料カウンセリングは御予約制となりますので、ご予約をお取りいただいた上でご来院ください.

 

無料カウンセリングお問い合わせ

医療法人社団 神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

0120−25−1839


 

~歯茎の再生治療の注意~

 

 

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

 

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

 

 

 

リスク

 

 

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

歯と歯の間の歯茎が下がった時の治療

歯と歯の間の歯茎が下がってしまったばあい、治療してくれる歯科医院が少なく、なかなか見つからないと言われます。

 

また、治すといっても歯を全部削ってオールセラミックという被せ物で隙間を埋める以外の方法を希望される方も多くいらっしゃいます。

 

今回は、歯と歯の間の隙間を歯を削らずに治すダイレクトボンド法をご紹介いたします。

ダイレクトボンド法とは?

マウスピースで矯正治療を行っていた後に歯茎が下がってきてしまったということです。

歯茎のボリュームを回復させるために歯茎の再生治療を行い、歯と歯の間の隙間はダイレクトボンド法という方法で歯を削らずに詰め物で埋めます。

治療後1年目の状態。

歯茎の厚みは維持されており、また歯と歯の間の隙間も良好に経過しています。

 

歯と歯の間の治療のページ


~審美歯科の注意~

 

ダイレクトボンド法で歯と歯の間の詰め物を詰める場合など、審美歯科に関しましては、保険外診療となります。

 

料金は¥30、000ー(税別)かかります。

 

 

色の種類は豊富ですので通常より歯の色を再現しやすいのですが、完全にはの色と一致するわけでありません。

歯茎の再生治療は何歳まで可能?

年齢とともに歯茎が退縮してしまいます。年齢と共に歯茎が厚くなることはありません。

歯茎の再生治療をしたいけど年齢的に無理かと思われている方には朗報です。

年齢的に歯茎の再生治療ができないことはありません。

例えば、下のお写真の患者様は70歳のご年齢で全部の歯の歯茎の再生治療を行っております。

歯茎の再生治療
歯茎の再生治療

全体的に歯茎がかなり下がって歯の根っこが露出してしまっています。

歯茎の再生治療
歯茎の再生治療

全部の歯の歯茎の再生治療を2回に分けて行いました。大幅に歯茎を回復させることができました。この方のように70歳でも歯茎の再生治療は可能です。

歯茎の再生治療はインプラント治療より楽な治療です。歳をとってからインプラントを行うより、歯茎の再生治療で歯が悪くならないように予防することをお勧めしております。

詳しくは下記のリンクページをクリックしてご覧ください。

 

歯茎の再生治療で歯の予防のページ

 

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F スターバックス上

神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120-25-1839

03-3251-3921


~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真を見ていただいてわかるように回復した歯茎が剥がれてしまっているということはありません。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。

 

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

歯茎の再生治療で見た目が変わる

歯茎の再生治療は、天然の歯だけでなく、差し歯やインプラントの歯茎が下がってしまった場合でも対応できます。

差し歯の歯茎が下がると歯茎が黒く見えてしまったり、インプラントの歯茎が下がると金属が見えてしまいます。

歯茎の再生治療は、歯茎が黒くなるトラブルを解消する最も有効な方法です。

差し歯の歯茎のトラブルを解消したケース

差し歯の歯茎が下がってしまって黒ずみが目立ってきています。
差し歯の歯茎が下がってしまって黒ずみが目立ってきています。

差し歯の歯茎が下がってしまって黒ずみが目立ってきています。

歯茎の黒ずみの問題も解消されました。
歯茎の黒ずみの問題も解消されました。

歯茎の再生治療と合わせて、ホワイトニング、新しいオールセラミックにしています。

歯茎の黒ずみの問題も解消されました。

 

歯茎の再生治療と審美歯科のページ


~歯茎の再生治療と審美歯科治療の注意~

 

歯茎の再生治療や審美歯科治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)です。また、オールセラミック の種類によって当院では1本6万円(税別)~15万円(税別)のセラミックを選んでいただいております。

 

料金に関しましては、最小単位の標準的な料金となります。本数の多い場合は、掛け算して計算していただく必要があります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているようなケースのうち、歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

歯茎の再生治療のリスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

審美歯科のリスク

 

 

 

審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。また、オールセラミック の色合いはかなり天然の歯に近いものになりますが、完全に同じものではありません。

前歯の歯並びが原因と思われる歯茎の退縮

八重歯や出っ歯など歯並びを気にされる方は多いのですが、歯並びの悪さは歯茎が下がりやすい状況を作ってしまっているのかもしれません。

 

八重歯や出っ歯など、歯並びから飛び出している歯の歯茎が下がりやすい傾向があるようですが、これは、歯を支える骨が薄くなりやすいために歯茎が下がりやすくなっています。

 

出っ歯や八重歯の歯ブラシをする際は、こすり過ぎないように丁寧に磨くことをお勧めしますが、もし歯茎が下がってしまった場合は、早めに歯茎を回復させることで、将来的な歯周病の進行を予防します。

出っ歯の歯茎が下がってしまったケース

前歯の出っ歯の部分の歯茎が下がってしまっています。奥歯の歯茎も下がっていますが、前歯の歯茎の下がりが顕著です。

 

こうなってしまうと前歯の歯ブラシも難しくなります。こすり過ぎてもダメですし、縦に長いので通常の横磨きでは対応できないため1本1本磨く必要があります。

歯茎の再生1週後

前歯の厚みと歯茎の位置を良い状況にするために歯茎の再生治療を行いました。

歯茎が下がりやすい方は、下がってしまっている歯茎の再生治療は奥歯に関しても歯茎の再生治療をすることをお勧めしております。

 

歯茎の再生治療のページトップ


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

歯科矯正中の歯茎の再生 急速増骨矯正法

歯茎の下がった方や、あごの骨の薄い方が矯正治療を希望された場合の治療法に増骨矯正法があります。

 

文字通り、あごの骨を増やしながら矯正治療を行う方法です。すでに歯茎が下がってしまっている場合は歯茎の回復も同時に行う場合があります。

増骨矯正法のケース

歯茎が長くなってしまっている
歯茎が長くなってしまっている

歯並びを気にされて来院されました。

歯茎が長くなってしまっているため、そのまま矯正をするともっと歯が長くなってしまいます。

歯茎の再生と同時に矯正をする急速増骨矯正法を行いました。

 

歯茎再生と矯正
歯茎再生

左の写真から1か月後の状態

上の歯には白い審美矯正装置を使用しています。また、前歯の形は削って丸くしています。

下の前歯は仮歯にしています。

通常の矯正治療ではこの結果は出ません。


成人の方の矯正治療をする場合歯茎の状態をしっかりと確認しないと、大変なことになることがあります。

歯は並んでも、歯茎がすごく長くなることがあります。見た目以上に歯の寿命が短くなりますので問題です。

矯正前にしっかりと歯茎の再生を行うことが重要です。矯正治療をお考えの方の歯茎の退縮に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております。ご興味のある方はクリックしてご覧ください.

矯正と歯茎の再生のページ

また、矯正治療をお考えの成人の方の歯茎の御相談は無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします.

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F

0120-25-1839

03-3251-3921

 

詳しい具体的な話が知りたいとお考えの場合は無料カウンセリングにお越しください。お口の中の状況を確認して治療のご説明、治療費のお見積りをいたします。

 

無料カウンセリングのご予約は申し訳ありませんが、現在お電話のみの受付とさせていただいております。

 

営業時間

 

11:00~20:00

 

昼休み

 

14:00~15:30

 

休診日

日曜日、祝日となります。

 

ご予約は混みあっておりますので、無断キャンセルなどされた場合は他の患者様の迷惑となるため、次のご予約をお取りしないことになっております。確実にご来院できるお日にちでご予約をお取りください。

 


~増骨矯正治療の注意~

 

ご存知の方も多いと思いますが、矯正治療は保険外診療となります。モニター料金で全体的の矯正治療を行う場合、検査代3万円(税別)と矯正費用総額¥398,000-(税別)がかかります。

 

また、増骨矯正治療を行う場合、別途10万円(税別)の費用がかかります。

 

 

 

終了期間はおおよその目安となります。歯の動き等によって期間に個人差があります。期間の保証するものではありません。

 

 

~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真や治療法のご説明の内容を掲載する際には、料金や治療のリスクを表示することになっております。治療を検討される際には、注意も合わせてご確認ください。

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 


八重歯の歯茎が下がってしまったときの歯茎の再生

あなたの歯並びが八重歯でしたら、歯茎が下がりやすいと思ってください。

 

最近八重歯の長さが長くなったと感じている方は、歯茎が下がってきているでしょう。八重歯がさらに目立つ様になってきてしまいます。

 

今回は、歯茎の下がった犬歯の歯茎の再生治療のご紹介をいたします。


犬歯の歯茎を再生したケース

犬歯の歯茎再生
犬歯の歯茎再生

歯茎が下がり、歯が長くなってしまっています.

感染の無い歯周病が進行した状態です.

このまま放置しておくとさらに歯茎が下がってしまいます.

犬歯の歯茎再生
犬歯の歯茎再生

上の歯の歯茎が再生され、歯の長さが元の位置に戻りました.見た目にもきれいです.

歯茎の厚みもでき、歯茎の退縮も予防できます.



 

犬歯が長くなってしまった方も歯茎の再生でもとの長さに戻すことができます。犬歯が長くて気になる方ご相談ください。特に、矯正治療後に歯茎が長くなってしまった方は、さらに歯茎が下がる前にご相談ください。

 

歯茎の再生治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。クリックしてご覧ください。

 

歯茎の再生のページ

 

 

無料カウンセリングのお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839


~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真を見ていただいてわかるように回復した歯茎が剥がれてしまっているということはありません。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。

 

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

奥歯の歯茎が下がった場合も歯ぐきの再生治療が可能です.

奥歯の歯茎がさがってお悩みの方へ。

 

奥歯の歯ぐきが薄い場合に歯ぐきが下がってしまうことがあり増す。特に歯ブラシで強く磨いてしまいやすい部分は歯ぐきが下がりやすくなります。


奥歯の歯の根っこが少し露出してしまったケース

奥歯の歯茎が下がり始めています
奥歯の歯茎が下がり始めています

奥歯の歯茎が下がり始めています。歯の付け根の部分が少し見え始めてきています.こういったケースでも歯茎の再生治療を行う事が可能です.

下がってしまった歯茎を歯ぐきの再生治療
下がってしまった歯茎を歯ぐきの再生治療

下がってしまった歯茎を歯ぐきの再生治療で覆う事ができました.歯茎の厚みも増して歯茎が下がりにくくなるように歯茎を強化しました.

 

前歯や差し歯の歯茎の再生治療に関しては再生治療のページに詳しく説明させていただいております。ご興味のある方は下記のリンクページをクリックしてご覧ください。

 

歯茎の再生治療のページ

 

 


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。


奥歯に関しても歯ぐきの再生治療で回復させる事が可能ですので,ご希望の方はお問い合わせください.ただいま、初回無料カウンセリングを行っております.

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

03−3251−3921


歯茎を移植しても剥がれてしまうのではないかというご質問をいただきます。

歯茎の移植をしても、歯茎と歯の根っこがくっついていないのではないと別の歯科医院で言われたというご質問をいただくことがあります。

 

通常、歯と歯茎はコラーゲンにて結合しています。くっついていないというのは歯と歯茎の間に何もない状態のことを言っているものと思います。いわゆる歯周ポケットができてしまうということを言っているのかと思います。

 

歯茎の再生治療では、下がってしまった歯茎を覆うことと、歯と歯茎をつなげる歯根膜というコラーゲン繊維を回復させることを考えて治療を行います。そのために、エムドゲインという再生材料も使用して単に見た目の回復だけでなく、歯周病の予防になるように歯の周囲の組織も回復させます。

歯茎の再生治療
歯茎の再生治療

お写真のように歯茎が下がってしまうと、歯の周囲の骨も歯と歯茎をつなげるコラーゲン繊維もなくなってしまいます。

 

歯茎の再生治療では、単に見た目の回復をするだけでなく、歯と歯茎をつなげるコラーゲン繊維の回復を行います。

 

歯茎の再生治療
歯茎の再生治療

歯茎の再生治療後は移植した部分の内部で歯と歯茎の結合が起こってきます。

 

歯茎の再生で歯周病予防のページ

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

03−3251−3921

0120−25−1839


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

部分的に歯茎の再生治療を始めることもできます。

全体的に歯茎が下がり始めてしまった場合、全部の治療をすることが良いのですが、時間も費用もかかりますので、まずはきになる部分あるいは悪い部分から歯茎の再生治療を進めることも可能です。

 

全体的に歯茎が下がってしまっています
全体的に歯茎が下がってしまっています

全体的に歯茎が下がってしまっていますが、今一番気なる部分を試しに歯茎の再生治療を行ってみたいということで、上の犬歯の歯茎の再生治療を行いました。

 

犬歯の歯茎が再生しています。
犬歯の歯茎が再生しています。

犬歯の歯茎が再生しています。

1回やってみて、問題なければ他の部分も治療していきたいという方もいらっしゃいます。

 

歯茎の再生治療のページ


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

八重歯の歯茎は下がりやすい?

八重歯って元々長い歯ですが,年齢とともにだんだん長くなってしまう事の多い歯です.

 

特に、八重歯の生えている位置が歯茎の上の方にある場合,より歯が長くなってしまいます.これは、歯茎が薄いために歯茎が下がってしまうためにおこります.

 

八重歯の歯茎に注意が必要です.

八重歯の歯茎が下がる
八重歯の歯茎が下がる

八重歯の歯茎が下がってしまっています.八重歯の歯茎はどこまで下がり続けるのでしょうか?

 

八重歯は顎の骨から飛び出している上、歯茎が薄い場合が多いために歯茎が下がりやすくなっています.根っこの半分くらい露出する事もあります.

 

八重歯の歯茎が下がり始めたら、まずは歯ブラシが適切かを確認する必要があります.下がってしまったら、歯茎の再生治療で回復できますのでご相談ください。

 

今なら無料カウンセリングを行っております.

 

 歯茎の下がってしまったときの治療方法に関しましては、しっかりとご確認いただいてから治療を行われる事をお勧めしております.歯茎再生のトップページからご自身に関係のある項目やトピックスをたどってご覧ください.下記のリンクページから歯ぐきの再生トップページに移動します.

歯茎の再生ページ

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

03−3251−3921


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

インプラントの歯茎の再生は難しい!

インプラントの部分の歯茎が下がってしまうと歯茎の再生治療が大変になります。

 

電動歯ブラシなどで歯茎を強くこすらないように注意することなどが必要な場合があります。インプラントの歯茎が薄い場合は特に丁寧に磨くようにご説明しております。


インプラント治療をされている方も近年は多くなってきております。インプラント治療が一般的に行われるようになると、インプラントの問題が起こることもしばしば拝見いたします。

 

インプラントの問題の一つにインプラントの部分の歯茎が下がってしまってインプラントの金属が見えてしまうという問題があります。

 

インプラントを入れた後、歯茎が下がってインプラント部分の金属が露出してしまった方も多いのではないでしょうか。特に前歯が露出してしまうと目立って気になるかと思います。

 

歯茎の再生はインプラントの歯茎にも行えます。露出した金属を覆い隠して見えないようにします。ただし、インプラントの歯茎の再生治療は天然の歯に比べて難しいため、何度か皮膚を移植することになる場合もあります。

インプラントの場合も歯と歯の間の骨がしっかりと残っている場合は歯茎再生は比較的容易なものとなります。

逆に歯と歯の間の骨がない場合は歯茎再生が難しくなります。

あまりお勧めしない場合もあります。

 

炎症があるケースに関しては、炎症を抑えてから処置をする事になります.炎症の状態によっては歯茎の再生を行えない場合もあります.

 

そのため、まずは無料カウンセリングにお越しいただいております。無料カウンセリングにてお口の中を会見して検査をしたうえで、治療方法のご説明、治療費用のお見積りのお渡しを行っております。

 

歯茎再生のページ

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

03−3251−3921

0120−25−1839


~インプラントの歯茎の再生の注意~

 

インプラントの歯茎の再生は保険外診療となります。インプラントの種類などによって料金がかわります。1~3本あたり10万円(税別)の料金となります。

 

また、インプラントのアバットメント(土台)を交換する必要がある場合は、アバットメントの料金がかかる場合があります。カスタムアバットメントと言って、歯茎を圧迫しない形のアバットメントをオーダーで作成するため、7万円(税別)かかります。また、上部構造のオールセラミック 等も再度作成します。料金は6~15万円(税別)かかります。

 

リスクについて

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません

歯周病は再発する可能性があります。

歯周病は細菌の感染症ですので、細菌を取り除くと炎症は落ち着きます。

 

しかし、お掃除がしにくい場合は歯周病が再発しますし、進行した歯周病では歯茎の中の歯石を取ること自体が難しかったりします。

 

歯周病治療をするうえで歯周病治療後の長期安定の障害となる要素を解消することが重要です。

 

その要素とは、

•深い歯周ポケットがある

•歯石を取りにくい歯の根っこの形をしている

•骨の吸収が垂直的な部分がある

•歯茎の厚みの不足している

•歯並びの不良で重なっている

•深い虫歯がある

 

などのことが挙げられます。

これら、歯周病の安定を阻害する要素を解消していくことで、歯周病治療を何度も繰り返さなくて済むようになります

 

歯茎の再生治療は、炎症のない歯茎を増やす方法です。歯周病の感染がある場合はまずは歯周病治療を行い、再発のない状態になってから歯茎の再生治療を行います。

歯ぐきの再生治療に関しまして治療を希望される方は無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

0120−25−1839


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

歯茎の再生治療をした場合の見た目は自然です。

歯茎の再生治療は移植処置とお伝えすると、皮膚の色が変わったり移植した部分の歯茎の状態を気にされる方がいらっしゃいます。

歯茎の再生治療は、表面の皮膚を移植するのではなく、歯茎の内部のコラーゲンを材料として使用するだけですので、歯茎の色は自然な感じで周囲と馴染みます。

前歯の歯茎が下がってしまっています
前歯の歯茎が下がってしまっています

前歯の歯茎が下がってしまっています。前歯ですので、見た目も気になります。

そのため、単純に歯茎が増えるだけではダメで、見た目を改善するには綺麗に歯茎を再生させる必要があります。

 

歯茎の再生治療後の状態
歯茎の再生治療後の状態

歯茎の再生治療後の状態。

歯茎の位置は変わっていますが、どの部分を歯茎の再生治療を行ったかほとんど分からないとお思います。

前歯の歯茎の再生治療は目立たない治療方法が必要です。

 

歯茎の再生治療と見た目のページ


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

歯と歯の間に隙間が出来たときの治療方法

あなたは、歯と歯の間の隙間を気にされていませんか?

 

息が漏れる、見た目が悪い、ものが挟まる、掃除がしにくい・・・といった症状として感じることや、将来的にさらに歯茎が下がってしまうなんとなく感じる不安など歯を将来的に長持ちさせたいとお考えの方は歯と歯の間の隙間を気にされてご来院されます。

 

今回は、歯と歯の間の隙間を埋める方法の一つをご紹介いたします。

 

歯と歯の間の隙間の治療例

歯並びが原因と思われる歯茎の退縮
歯並びが原因と思われる歯茎の退縮

歯と歯の間の歯茎が下がってしまう原因の一つに歯並びが考えられます.歯と歯の間が広すぎたり、歯並びが凸凹の場合は歯と歯の間の隙間が出来やすくなります.

 

このケースでは、噛み合わせを改善するためにマウスピース矯正を行い,また、歯茎の退縮に対しては上下で歯ぐきの再生治療を行いました.

歯と歯の間の隙間を埋める治療
歯と歯の間の隙間を埋める治療

治療後の状態です.

歯の長さや歯並びが改善しています.審美的にも前歯の変色した歯をオールセラミックにて治療した事できれいに見えます.

 

歯と歯の間の隙間の治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.クリックしてご覧ください。

 

歯と歯の間の隙間の治療のページ

 

 

 


~歯と歯の間の隙間治療の注意~

 

 

 お写真のケースでは、マウスピース矯正、下の前歯6本の歯茎再生治療を行なっております。マウスピース矯正や歯茎再生治療は保険外診療となります。このケースでは、マウスピース矯正上下1回10万円、歯茎再生治療6本で14万円かかりました。

 

お写真のケースでは下の前歯6本の歯茎の再生治療を行っています。治療前に歯の根っこが透けて見えてしまっていましたが、治療後には歯茎の厚みも増して下がった歯茎の一部も覆うことができました。

 

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯と歯の間の骨が吸収して隙間ができているケースでは、歯と歯の間の歯茎の回復はあまり期待できません。見た目がきになる場合は、ダイレクトボンド法(保険外診療で1箇所3万円税別)にて隙間を埋めることも可能です。


歯と歯の間の治療の無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

0120-25-1839

03-3251-3921

メモ: * は入力必須項目です

ご注意ください。歯茎の再生を行う前に

歯茎の再生治療前に汚れを落とす必要があります。

 

歯茎再生の処置は1回の治療で済みますが,その前後に歯茎の検査や消毒を行う必要があります。

 

歯周病の菌がいる場合は歯茎の再生部位に感染が起こってしまうことがありますので、細菌検査でしっかりと歯周病菌がいないことを確認しておくことも重要だと考えております。

 

歯茎再生前に歯茎からの出血や歯石の付着が無いか確認し,また,歯周病が進行していないか歯周ポケットを検査します。出血や歯石の付着がある場合は、歯ブラシの確認と歯石を取って歯茎からの出血が落ち着くまで期間を空けます。

 

歯茎の再生後の腫れの原因にもなりますので、しっかりと歯茎の腫れを引き締めてから歯茎の再生治療を行います。

 

歯茎再生の処置は外科的なものになりますので、炎症のある状況では行う事ができません。炎症のある状態で行うと出血の量が増えますし、術後の腫れがひどくなります。

 

歯茎の再生治療をお考えの方は、下記のリンクページに歯茎の再生治療の流れをまとめさせていただいております。クリックしてご覧ください。

 

歯茎の再生治療の流れのページ

 

また、ただいま歯茎の再生治療を希望される方に無料カウンセリングを行っております。無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積りのお渡しをいたします。無料カウンセリングは予約制となります。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバック上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839

03−3251−3921


~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真を見ていただいてわかるように回復した歯茎が剥がれてしまっているということはありません。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。

 

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません

 

あなたの歯茎が下がってしまった時の治療法

歯茎が下がると見た目が悪い
歯茎が下がってしまって目立ってしまうこともあります。

例えば、歯茎が下がってしまうとこのお写真のように、歯が長くなって、差し歯の場合は差し歯の付け根の黒い部分が露出して見た目が悪くなってしまいます。

 

こういった状態をよく見かけます。ただ、治療方法をご存じない方が多いようです。

治療方法に歯茎の再生治療があります。

下がった歯茎の治療
下がった歯茎の治療

上の前歯だけ歯茎の再生治療を行いました。歯茎の再生治療を行った上で差し歯をオールセラミックに交換しました。

歯茎の再生治療を行うことで、見た目が回復しています。

 

 

差し歯の歯茎は下がると黒くなることが多いです。


差し歯の歯茎が下がる
差し歯の歯茎が下がる

差し歯の歯茎が下がってしまって気にされてご来院いただきました.前歯の差し歯の歯茎が下がって歯の根っこの黒い部分が露出しています。

 

差し歯の色との色の差が大きいため、歯茎の黒い部分が目立ってしまいます.差し歯のつなぎ目が特に目立ちます.

 

こういったケースでは、差し歯を外さずに歯茎の再生治療で覆う事が可能です.差し歯の色も交換したい場合は差し歯を外して交換される事をお勧めします.また、差し歯の適合が悪く炎症を起こしてしまっている場合は差し歯を交換する必要がある場合もございます.

 

差し歯の歯茎は下がってしまうと目立ちますので、歯茎が下がりやすい部分の差し歯をする場合は将来的には歯茎の再生治療が必要とお考えになっていた方が良いでしょう.

 

ただいま無料カウンセリングを行っておりますので、ご興味のある方はご来院ください.

 

歯ぐきの再生治療のページ


 

~歯茎の再生治療と審美歯科治療の注意~

 

歯茎の再生治療や審美歯科治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)です。また、オールセラミック の種類によって当院では1本6万円(税別)~15万円(税別)のセラミックを選んでいただいております。

 

料金に関しましては、最小単位の標準的な料金となります。本数の多い場合は、掛け算して計算していただく必要があります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているようなケースのうち、歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

歯茎の再生治療のリスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

審美歯科のリスク

 

 

 

審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。また、オールセラミック の色合いはかなり天然の歯に近いものになりますが、完全に同じものではありません。

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上  JR神田駅北口より徒歩1分

0120−25−1839

03−3251−3921

 

メモ: * は入力必須項目です

審美歯科と歯茎の再生

歯茎の再生治療は、差し歯の入っている歯でも可能です。

 

差し歯の入っている歯の歯茎が下がってしまうと、差し歯の長さが長く見えてしまいます。歯茎が下がってしまっている方の中には、歯の長さが長く見えることを悩まれている場合もあります。

 

見た目を改善するために歯茎の再生治療は有効です。どのような事か分からないでしょうから、下のお写真をご覧ください。

 

前歯の差し歯の長さを歯茎の再生治療で短くしております。また、差し歯の適合が悪く歯茎が腫れてしまっていたのも差し歯の再治療を行う事で炎症を抑えています。

 

審美歯科と歯茎の再生
審美歯科と歯茎の再生
審美歯科と歯茎の再生
審美歯科と歯茎の再生

~歯茎の再生治療と審美歯科治療の注意~

 

歯茎の再生治療や審美歯科治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)です。また、オールセラミック の種類によって当院では1本6万円(税別)~15万円(税別)のセラミックを選んでいただいております。

 

料金に関しましては、最小単位の標準的な料金となります。本数の多い場合は、掛け算して計算していただく必要があります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているようなケースのうち、歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

歯茎の再生治療のリスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

審美歯科のリスク

 

 

 

審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。また、オールセラミック の色合いはかなり天然の歯に近いものになりますが、完全に同じものではありません。

 


差し歯の長さを気にされている方は、ご相談ください。ただいま無料カウンセリングを行っております。

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分

03−3251−3921

0120−25−1839

全体的に歯茎が下がってしまっている方はどこから歯茎の再生をするのがオススメか

全体的に歯茎が下がってしまっている場合、全部の歯の歯茎を再生させるのは費用的に難しいということもあるかと思います。そういった場合、早く治したほうが良いところから治療を進められるのをお勧めしております。

 

ただ、歯茎の下がりが大きい歯や根っこの短い歯の歯茎の再生治療を優先されるほうが良いと思いますが、見た目できになるところを先にやりたい、試しに目立たないところでやってみたいなど色々ご希望があると思いますので、ご希望の箇所を勧められるのが良いと思います。

歯茎の再生治療(結合組織移植術)は従来の移植法に比べて見た目が綺麗な治療法です。

全体的に歯茎が下がってしまっています。
全体的に歯茎が下がってしまっています。

全体的に歯茎が下がってしまっています。奥歯などもかなり歯茎が下がってしまっていますが、まずは前歯の見た目の気になるところから歯茎の再生治療を行います。

 

前歯の歯の長さが左右でちがってしまっています。

歯茎の再生治療の症例
歯茎の再生治療の症例

前歯の歯茎の長さはほぼ左右で対象になり、見た目は改善されました。

 

歯茎の再生治療の症例に関しましては、下記のページにまとめております。下記のリンクをクリックしてご覧ください。

 

歯茎の再生治療の症例ページ


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

歯ぐきの再生治療ビフォーアフター

歯ぐき再生 ビフォー
歯ぐき再生 ビフォー

歯茎が下がる、歯茎が後退する、歯茎がやせるなど、歯茎がだんだんと減ってしまって歯の長さが長く見えるようになってしまう表現はいろいろあります.昔から歯茎が下がって歯が長くなる事を気にされている方が多かったためだと思います.

 

歯茎の下がってしまった場合の歯ぐきの再生治療のビフォーアフターを紹介します.

歯ぐき再生 アフター
歯茎再生 アフター

犬歯の歯茎が下がってしまっていますのでとりあえず犬歯を中心に歯ぐきの再生治療を行いました.

 

歯の長さが短くなり、見た目に良好です.

 

歯ぐきの再生治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.クリックしてご覧ください.

歯ぐきの再生治療のページ

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

03−3251−3921


~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真や治療法のご説明の内容を掲載する際には、料金や治療のリスクを表示することになっております。治療を検討される際には、注意も合わせてご確認ください。

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

歯茎の再生治療後1週間で歯茎の腫れはほぼ引きます。

歯茎の再生治療を行った後、歯茎の腫れはどれくらいの期間続くのかというご質問をいただくことがあります。

歯茎の再生治療後、歯茎の部分が腫れた感じになります。歯茎の再生治療を行う範囲が多ければ多いほど腫れた感じが大きくなります。ただ、広範囲に処置を行っても約1週間でほぼ腫れた感じは治ります。

また、大きく歯茎が下がってしまっている場合、特に歯茎の粘膜の部分まで歯茎が下がってしまっている場合は歯茎の腫れが出やすくなります。

前歯2本の歯茎の再生治療前の状態
前歯2本の歯茎の再生治療前の状態

前歯2本の歯茎の再生治療前の状態です。歯並びが飛び出しているのも影響して歯の根っこの周囲の骨や歯茎が非常に薄い感じになっています。

 

お写真のように、歯の粘膜まで大きく歯茎が下がってしまっている場合は、歯茎を移動させる量が大きくなりますので、歯茎の腫れが大きくなります。

 

歯茎の再生治療後1週後の状態
歯茎の再生治療後1週後の状態

歯茎の再生治療後1週後の状態。歯茎の赤みはまだ残っていますが、腫れはほぼ落ち着いています。

 

歯茎の内部では、歯茎の再生が活発に行われています。歯茎が赤いのは歯茎の再生の材料を運ぶ毛細血管ができていることですので、良いことです。

 

歯茎の再生治療の流れのページ


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

歯茎再生ケース ビフォーアフター

歯茎の再生治療治療例です。

 

下の前歯の歯茎が下がってしまった部分を歯茎の再生治療で対応しました。

歯茎の回復、厚みの増加が起こりました。

下の前歯の歯茎が下がってしまっています。歯茎も薄いので、歯ぐきの再生治療で対応しました.

1ヶ月後の状態です.歯茎の腫れは落ち着いていますが,一部歯茎が覆えなかった部分があります.歯茎の厚みが十分ありますので、こういった部分はあいだをあけて歯茎を上にずらして対応しております.


治療の解説

 

上の写真が治療前の状態です。歯ブラシを強くしすぎてしまった場合など、歯茎が下がってしまうことがあります。歯茎の再生治療は、結合組織移植術という方法を合わせて行っております。下の写真では、下がってしまった歯茎を皮膚が覆っています。また、皮膚を移植しますので歯茎の厚みが厚くなり、将来的にも歯茎が下がりにくくなります。

 

歯ぐきの再生治療のページ

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上   

JR神田駅北口より徒歩1分

0120−25−1839


~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真や治療法のご説明の内容を掲載する際には、料金や治療のリスクを表示することになっております。治療を検討される際には、注意も合わせてご確認ください。

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

骨や歯茎がなくなってしまった場合の治療

虫歯や歯周病といった細菌が原因の病気によって歯や歯を支えている骨や歯茎が失われます。

 

骨や歯茎がなくなってしまった場合の歯科治療方法をご説明いたします。

通常、歯科治療は、失われた歯や骨や歯茎を金属などの人工物を使用して機能を回復することが主な分野です。

 

歯が失われた場合は、詰め物や被せもの、最近ではインプラントといったもので機能を回復させています。あくまでも人工物を使用することで噛んだり飲み込んだりすることができるようにします。

 

それでは、歯周病で歯ぐきや歯の周りの骨が失われたらどうするのでしょうか? 

 

以前なら歯を抜いて入れ歯で歯茎を作って歯茎の見た目を回復していました。もちろん今も入れ歯にすることも多いです。ただ、現在では歯ぐきや骨を回復することもできるようになってきました。これは、人工物を入れて歯茎の見た目を回復するのではなく、ご自身の歯茎や骨を回復させる治療になります。

 

歯ぐきや骨を回復することを再生治療と言いますが、まだ聞きなれないのではないでしょうか?

 

ここ数年の再生に関する治療の進歩は大きく、ニュースなどでも再生治療がよく取り上げられているかと思います。歯科の分野でも歯や歯茎や骨の再生が可能になりつつあります。

 

歯茎の再生治療に関しましては、歯茎の移植をおこなって歯茎を回復させることができます。また、骨の再生は骨を誘導させる素材を使用することで骨を回復させることができるようになってきています。

 

どういったことができるのかを解説していこうと思います。また、実際の治療について治療方法や、費用に関してもご説明いたします。

 

歯茎の再生治療のページは下記のリンクページをクリックしてご覧ください。

 

歯茎の再生のページ


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です)

03−3251−3921

0120-25-1839

メモ: * は入力必須項目です

歯茎が少し下がり始めた段階で予防的に歯茎の再生治療を行うこともできます。

歯茎が再生しにくい場所があります。例えば下の前歯の裏側など。そんな部分では、歯茎が少し下がり始めた段階で、それ以上歯茎が下がらないようにできたら良いのではないかと思うことがあります。

下の前歯の裏側の歯茎が大きく下がってしまうと回復させるのが難しいのが現状です。歯茎の下がりやすさを予想して、完全に大きく下がってしまう前に歯茎が下がるのを予防するために歯茎の再生治療を行うことで、将来的な歯茎の退縮や歯周病のリスクを減らせるかと思います。

歯茎下がる
歯茎下がる

裏側の歯茎が薄く、少し歯茎が下がり始めています。歯茎は薄く、今後下がってしまう可能性はあります。

 

歯茎を回復させるというより、将来的に下がるのを予防するために歯茎の再生治療を行い、歯茎の厚みを厚くします。

 

歯茎下がる
歯茎下がる

少し下がってしまっていた歯茎を回復させるのと合わせて、歯茎の厚みが増していますので、将来的な歯茎の退縮の予防に効果的です。

 

歯茎の下がってしまうリスクは、CTを撮影して歯の周囲の顎の骨の厚みを確認することで、よりはっきりとわかります。矯正治療を始めようとされる方など、CTを撮影されると良いと思います。

 

歯茎の再生で歯周病予防のページ

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120-25-1839

03−3251−3921


~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真を見ていただいてわかるように回復した歯茎が剥がれてしまっているということはありません。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。

 

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

歯を抜いた後のブリッジの歯茎も下がってしまう事があります.

歯茎の再生治療ではの見た目を改善することができる場合があります。

 

今回は、歯を抜いた後に歯茎が下がってしまったり、窪んでしまったところを改善することで、見た目が改善することがあります。ブリッジの歯茎が下がってしまうということは、どう言うことかわからない方も多いと思いますので、ご紹介いたします。


ブリッジの歯茎が下がるってどういうことでしょうか?

ブリッジの歯茎のくぼみの歯茎を再生
ブリッジの歯茎のくぼみの歯茎を再生

 歯を抜いてブリッジを入れた場合、しばらくしてダミーの歯と歯茎の間に隙間が出来てしまう事があります.

 

お写真のケースですが,左の2番目の歯が無い3本の歯のブリッジをしておりますが,2番目の歯茎が少し下がってしまって,隙間が出来てしまっています.

 

歯を抜いた後時間とともに歯茎がお写真のように下がってしまったと言う御相談を受ける場合が多いのですが,こういったケースでは、ブリッジの歯を抜いた部分の歯の形が悪い場合におこりやすくなります.

 

ブリッジの形を修正する事で歯茎が下がりにくくなります。また、窪んでしまった歯茎の部分は歯ぐきの再生治療を行う事で歯茎が盛り上がりやすくなります。

 

ブリッジ治療を行うさいは、歯茎が下がらないような治療を行っている歯科医院を選ばれる方が良いかもしれません.

 

歯と歯の間の歯茎が下がったときの治療のページ

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 

03−3251−3921

0120−25−1839


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

歯茎の中の骨が無い場合があります.

歯を支える骨は歯茎の外からは見えませんよね。(見えてしまっていると問題です。)

 

見えないので、炎症がない場合は骨がなくても自覚症状がない場合が多く問題が起こり始まってしまっているのです。

 

特に、歯の根っこのほっぺた側のほねがなくなってしまっていることがおおいのですが、骨がないってことは、歯茎が下がってしまってしまう原因の一つになっています。

 

詳しく調べたいときは、CTをとって骨の状態を確認する場合もあります。

 


歯茎の中の骨はどうなっているの?

外科的なお写真になりますので、苦手な方はご覧にならない方が良いかもしれませんが、歯を支えている骨の現実を見たい方はご覧ください。

下のお写真は歯を支えている骨の一部に不足している部分や、欠損していることがあるというケースのご紹介です。歯茎の中を直接見て確認すると、歯の根っこが部分的にあるいは途中で骨から飛び出しているのがわかります。この方は特に歯周病の進行がない(歯周ポケットが深くない)普通の方の歯茎の中の状態です。

矯正中の歯周病
矯正治療中に歯周病が進行してしまっている事があります。

下の前歯は歯の周囲に骨が薄い事が多く、歯周病が進行しやすい状態になっております.

 

お写真の真ん中の歯だけは歯の根っこが骨から飛び出して露出してしまっています.いわゆる歯周病で歯の周囲の骨が溶けてしまった状態です.

 

このまま放置してしまうと歯周病が進行してしまいますので歯石をしっかりとお取りした上で歯の根っこの周囲に骨を再生させるように処置をいたします.

 

このケースのように症状が無いのに歯の周囲の骨が吸収してしまっている事はよくあります.

 

骨の再生治療に関しましては下記のページに詳しい内容を記載させて頂いております.ご興味のある方はクリックしてご覧ください.

 

骨の再生治療のページ

 

また、再生治療を希望される方は無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.無料カウンセリングにてお口の中を拝見してから治療方法のご説明をいたします。また、再生治療は保険外診療となりますのでお見積もりをお渡しいたします.

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分

0120−25−1839

03−3251−3921


~骨の再生治療の注意~

 

骨の再生治療は保険外診療となります。当院では骨の再生治療1回の処置で4~6本の骨の再生治療を行いますが、20万円(税別)かかります。

 

骨の再生治療は、完全に元の骨の状態に戻せるわけではありません。このケースのようにある程度骨の回復をさせたとしても、完全に歯の揺れが止まらない場合は、歯の揺れを止めるために連結固定をします。固定が必要があることが多いです。

 

 

 

骨の再生治療は外科処置となります。骨の再生治療後に炎症を起こしたりしないよう、外科治療前にしっかりと歯茎の炎症を取ることが必要になります。

歯ぐきの再生後の歯茎の治り

歯ぐきの再生後にどのくらいで治っていくのかを知りたい方も多いので治療後の歯茎の変化をご説明します.

 

歯ぐきの再生治療の事を既にご存知の方ようのご説明ですが,歯ぐきの再生治療を簡単に言うと、例えば、矯正治療を行った後に歯茎が下がってしまう事がよくあります.歯茎が下がってしまったときに歯茎の再生治療と言う方法で、歯茎を回復させております.

 

歯ぐきの再生治療ご麻酔が切れてくると少しお痛みが出てくる場合がありますので、お渡ししたお痛み止めを飲んで頂ければ通常痛みは全く感じられなくなります.

 

歯ぐきの腫れが次の日ぐらいから出ますが、しっかりと抗生剤を飲んで頂ければ2〜3日がピークで1週間程で完全に落ち着きます.

 

歯茎の再生後、歯茎がどのように経過するかをお写真で紹介いたします.1週間もすると歯茎の腫れが落ち着き見た目も安定してきます.

 

ただし、歯茎がある程度安定して柔らかい歯ブラシで磨けるようになるまでに1ヶ月程待つ必要があります.

 

歯ぐきの再生後の歯茎の変化

歯ぐきの再生前の歯茎
歯茎の再生前の歯茎

矯正治療で歯並びが並んでいますが、下の前歯の歯茎が下がってしまっています.当院で歯茎の再生治療だけを行いました.

 

歯ぐきの再生治療前の歯茎は腫れたりはしていません。

歯ぐきの再生後1週間の歯茎

歯茎の再生 1週後の状態
歯茎の再生 1週後の状態

歯茎が下がったところを皮膚が覆っています.まだ、歯茎が赤く見えますが、ある程度落ち着いてきた状態です.少し腫れが通常より腫れているようですが,だいぶ落ち着いています.

 

通常1週間もするとこのケースのように腫れは落ち着いてきます.

 

歯ぐきの再生治療の流れに関しましては下記のリンクページにも詳しい内容を記載させて頂いております.クリックしてご覧ください.

 

歯茎の再生治療の流れ

 

 


~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真を見ていただいてわかるように回復した歯茎が剥がれてしまっているということはありません。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。

お写真では、下の前歯6本の歯茎の再生治療を行っております。

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。歯茎の再生治療6本で14万円(税別)かかりました。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 


下がってしまった歯茎は何年間放置しても大丈夫か?

歯茎が下がってしまったという自覚のある方は多いのですが、歯茎の再生治療というとちゅうちょしてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

もちろん、下がってしまった歯茎は歯周病や虫歯の進行してしまうリスクやさらに歯茎が下がってしまうのを予防するという意味では、歯茎の再生治療を早い段階で行うほうが良いでしょう。

 

ただ、やっぱりどうしても処置をしたくないということでしたら、何年間放置しても大丈夫なんだろうという疑問を持たれるのではないでしょうか。

 

放置というと何もしないという風に受け止められるので、再生処置を何年間しなくても大丈夫か?というご質問に変えてお答えいたします。

 

まず、再生治療を行わない場合、早めに歯茎が下がってしまう可能性のある原因を取り除く必要があります。歯ブラシの不適切な磨き方(強い、長い時間磨くのは不適切です。)、歯ぎしり、歯周病は早期に改善する必要があります。そして原因を取り除いたうえで、定期的に歯科医院に通い写真などで経過を見て歯茎が下がっていないことを確認することが必要になります。

 

歯茎の下がりが進行している場合は放置しないほうが良いでしょう。

歯ぐきの再生治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.ご興味のある方は下記のリンクをクリックしてご覧ください.

歯茎の再生の詳しいページ

また、ただいま歯ぐきの再生治療をご希望の方に無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします。

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分

0120−25−1839

03−3251−3921

歯の周囲の歯茎がうすい場合は年々下がっていってしまいます.

放置しない方が良いボーダーラインがあります。

本分をご覧ください。


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

歯茎再生Blog 歯と歯の間の歯茎が下がった場合

歯茎の再生が難しいケースがあります。たとえば、矯正治療をおこなった後に歯と歯の間に隙間ができてしまったケースは歯茎の再生治療単独では治療が難しいケースが多いです。

 

こういったケースは、歯と歯の間の隙間を埋めるために、歯茎の再生と合わせて、再矯正治療や審美歯科治療を行います。

歯と歯の間の歯茎が下がったケースの治療

歯茎再生
歯茎再生

矯正後に歯茎が下がってしまったケース。歯と歯の間の歯茎および表の歯茎が下がってしまっています.

 

このケースでは歯と歯の間を再度矯正して近づけた上で歯茎再生を行いました。

歯茎再生
歯茎再生

下がった歯茎を歯茎再生にて戻しています。また、再矯正を行う事で歯と歯の間の歯茎を寄せる事ができ、間の隙間が目立たなくなります。

また、歯茎が薄かった所を厚くして再生させています.歯茎を厚くする事によって将来的な歯茎の退縮を予防します.

 

矯正治療で歯茎が下がったケースに関しては下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。クリックしてご覧ください。

 

矯正と歯茎の下がりのページ

 

また、ただいま歯茎が下がってしまって治療をお考えの方は無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください。無料カウンセリングでは治療方法のご説明、お見積りのお渡しをいたします。


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

0120−25−1839

03−3251−3921


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

歯茎再生は下がった歯茎の差し歯を治す時にも有効です.

歯茎再生の治療は差し歯の歯茎が下がって黒くなったり長い差し歯になったりした場合の見た目を改善する場合にも有効です。

 

歯茎再生の治療を差し歯の再治療時に併せて行う事で、歯の長さを平均的な長さにする事が出来ます.差し歯の長さが長い事にコンプレックスを感じていたという方に有効な方法です.

 

ただ,歯茎再生の治療はあまり一般的ではないため、通常の歯科医院では行っていないか、仕上がりがあまり良くない場合がありますのでご注意いただいております.

 

差し歯の歯茎が下がったときの歯茎再生

長い差し歯の治療法
長い差し歯の治療法

よく差し歯を入れる場合,下がった歯茎の位置に合わせて差し歯を作ってしまうために、長い差し歯が入ってしまっている事があります.

 

歯茎再生を行う事で、差し歯を通常の標準的な審美的な長さに戻す事が可能になります.

長い差し歯の治療法
長い差し歯の治療法

ただ、問題は差し歯を交換しなくてはいけないため、差し歯を外さない部分の歯茎は回復しません。お写真では、犬歯の差し歯を外さずにその隣の歯の差し歯だけを仮歯に変えて歯茎再生を行っています.そのため、犬歯だけ長く見えてしまっています.

 

歯茎再生と審美歯科治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております。クリックしてご覧ください.

 

歯茎再生と審美歯科のページ

 

また、差し歯の再治療や歯茎再生の治療を希望される方はただいま無料カウンセリングを行っております.無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします.無料カウンセリングは御予約制とさせて頂いております.

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 

03−3251−3921

0120−25−1839


~歯茎の再生治療と審美歯科治療の注意~

 

歯茎の再生治療や審美歯科治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)です。また、オールセラミック の種類によって当院では1本6万円(税別)~15万円(税別)のセラミックを選んでいただいております。

 

料金に関しましては、最小単位の標準的な料金となります。本数の多い場合は、掛け算して計算していただく必要があります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているようなケースのうち、歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

歯茎の再生治療のリスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

審美歯科のリスク

 

 

 

審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。また、オールセラミック の色合いはかなり天然の歯に近いものになりますが、完全に同じものではありません。

歯茎の再生は知覚過敏にも有効です。

歯茎が下がってしまって知覚過敏が起こる事があります.歯ぐきの再生治療で歯茎を回復させる事は知覚過敏にも有効な場合があります.

 

知覚過敏の方は歯茎が下がってしまうことが原因になることが多いです。そのため、歯茎の再生治療で歯茎を元の位置に戻しておけば、知覚過敏の症状が治まることがほとんどです。

 

歯茎の再生治療で下がってしまった歯ぐきを覆うことで、空気や冷たいものの刺激を防ぐことができます。

 

歯茎の再生治療の効果は長く続きます。歯茎の再生によって、歯茎が厚くなるため歯茎が下がりにくくなります。

 

歯周病の感染が進行していなくても歯茎が下がり続けることはあります。歯周病の感染がある場合、まずは歯周病の治療からになります。また、歯茎の再生前に骨の再生が必要になることもあります。

 

まずは無料カウンセリングにて歯茎の状態を確認してください。無料カウンセリングにて治療方法や治療期間のご説明をいたします。また、治療費のお見積りも出させていただきます。

 

歯ぐきの再生治療を希望される方は下記のリンクページもクリックしてご覧ください.歯ぐきの再生治療に関しての詳しい内容、症例を紹介させて頂いております。

 

歯茎の再生のページ

 

無料カウンセリングを希望される方は御予約制となりますので、ご予約をおとりの上ご来院ください.

 

通常、保険外診療を行っている歯科医院ではカウンセリング料が5千円〜高いところで10万円ほどの費用がかかります。当院では、なるべく多くの方がさらに歯茎の退縮が進行しないよう早めに歯茎の再生治療を受けていただきたいので、気軽にカウンセリングを受けられるようカウンセリング料を無料とさせていただいております。(ただいま混雑しており先まで予約を取れない場合もございますので、なるべくお早めにご予約をお取りになることをお勧めしております。)

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科                   

 東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F スターバックス上

 JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

0120−25−1839

03−3251−3921


~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真を見ていただいてわかるように回復した歯茎が剥がれてしまっているということはありません。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。

 

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

歯並びと歯茎の下がりやすさについて

歯並びが悪いと歯茎が下がりやすいことが知られています。

 

歯並びの悪い部分でも歯茎の再生が可能な場合が多いのですが、あまりにも歯が飛び出してしまっている場合は歯茎の再生が困難となりますので、矯正治療などをして飛び出してしまっている歯を並べてから歯茎の再生治療を行うことをお勧めしております。

 


歯茎が下がる
歯茎が下がる

写真を見て頂くと、1本だけ歯茎が下がってしまっているのがわかると思います。真ん中の歯ですね。この歯茎が下がってしまっている歯は1本だけ他のはより前に根っこが飛び出しています。

この歯のように歯並びが飛び出した歯は、歯を囲む骨が無いために歯茎が下がりやすい状態となります。

歯茎再生
歯茎再生

歯茎再生を行うことで、歯茎の厚みも増やして、歯茎の位置ももとの状態に回復させることができました。歯茎の厚みを増すことで将来的な歯茎の退縮を予防することができます。



歯茎の再生治療のトップページに戻りたい場合は下記のリンクをクリックしてご覧ください。

 

歯茎の再生のページ

 

また、歯茎の再生治療を希望される方は無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください。無料カウンセリングは御予約制となっております。ご予約をお取りになってからご来院ください。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分

03−3251−3921

0120-25-1839


~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真を見ていただいてわかるように回復した歯茎が剥がれてしまっているということはありません。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。

 

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

上のボタンでこの記事をシェアできます.

歯茎再生ケース

歯茎再生の症例紹介です。

 

矯正治療後に歯茎が下がってしまったというケースです。約2〜3ミリ歯茎が全体的に下がっています。そのため、歯の根っこが露出しています。

 

歯茎が下がって歯が長くなってしまっている部分の歯茎を再生させて回復しています。

歯茎の再生治療例

歯茎の再生治療の治療前
歯茎の再生治療の前

上下の歯茎が下がってしまっているケースです.歯ぐきの再生治療を行い歯茎を回復させます.

まずは上の歯の歯茎再生後
まずは上の歯の歯茎再生後

まずは上の歯茎を歯茎再生しました.歯の長さが短くなった感じに見えるかと思います.歯茎を回復させて、今後歯茎が下がりにくくする治療が歯ぐきの再生治療です.

 

歯ぐきの再生治療の細かい内容に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.クリックしていご覧ください.

 

歯茎再生のページ


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。


歯茎の再生の無料カウンセリングお問い合わせ

医療法人社団歯健会 神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

0120−25−1839

03−3251−3921

メモ: * は入力必須項目です

歯茎再生治療後の歯ブラシについての注意

非常に重要ですのでご注意ください.

 

歯ぐきの再生治療後の歯ブラシは禁止しております。

 

歯茎再生治療後の歯ブラシは1ヶ月ほどしないようにしてください。歯茎再生治療を行った部分以外は磨いてもかまいませんが、処置した部分は歯ブラシをすると歯茎が削れてしまいます。決して磨かないようにしてください。

お掃除は病院の方で行います。

 

また、歯ブラシをしないと気持ちが悪いでしょうから、うがい薬をお渡しします。あまり強くゆすがないように軽くぶくぶくとうがいをしてください。

 

歯ぐきの再生治療後の歯ブラシに関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.クリックしてご覧ください.

 

歯茎再生と歯ブラシのページ

 

歯茎の再生後の歯ブラシに関しての注意は上のページに詳しく書いておりますので、治療を受けられる方はご覧ください。歯ブラシや歯間ブラシをする事で歯茎の再生が失敗する事もありますので、注意して頂く必要があります。特に歯間ブラシの使用はしないようにしてください。

 

歯ぐきの再生治療を希望される方は無料カウンセリングを行っております.

 

歯茎の再生お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6Fスターバックス上  

JR神田駅北口より徒歩1分 

0120-25-1839

03−3251−3921


~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真や治療法のご説明の内容を掲載する際には、料金や治療のリスクを表示することになっております。治療を検討される際には、注意も合わせてご確認ください。

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

多くの歯の歯茎が下がってしまった時にまとめて歯茎を再生させることもできます。

歯茎の薄い方や、矯正治療で抜かずに歯を広げて行った方などの中には、全体的に歯茎が下がってしまっている方がいらっしゃいます。

お忙しかったり、休暇前にまとめて行いたい、遠方からのご来院の場合など、いろいろ理由はあると思いますが、まとめて歯茎の再生治療を行いたいという方もいらっしゃいます。

当院では、まとめて歯茎の再生治療を行うことが可能です。取れる皮膚の関係で1回の治療では10本までの歯茎の再生治療が可能です。(人工の皮膚を使用してやる場合は全部の歯の歯茎の再生治療も可能です。)

全体的に歯茎が下がってしまう方
全体的に歯茎が下がってしまう方

全体的に歯茎が下がってしまう方もいらっしゃいます。

1回の処置では10本の歯まで歯茎の再生治療が可能です
1回の処置では10本の歯まで歯茎の再生治療が可能です

1回の処置では10本の歯まで歯茎の再生治療が可能です。

お写真は2回目の歯茎の再生治療後2週の状態です。

 

歯茎の再生治療をまとめてのページ

 

歯茎の再生治療を希望される方はただいま無料カウンセリングを行っております。この機会にご利用ください。


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

セラミックの歯茎が下がった時に歯ぐきの再生治療で回復させます.

セラミックの歯の歯茎が下がってしまって、セラミックの継ぎ目が露出してしまう事はよくありますが,一般的な歯科医院では治療方法が無いのが現状です.

 

歯茎が下がってしまった時に歯茎を回復させるために行う歯ぐきの再生治療のご紹介です.

 

歯ぐきの再生治療を行う事でセラミックの継ぎ目を見えなくする事が出来る場合もあります.セラミックを交換する場合でも、下がった歯茎を回復させるので元の歯の大きさに回復したセラミックを入れる事が出来ます.

 

セラミックを交換するかしないかはセラミックの適合が悪くなっていないかどうかで判断します。

 

歯ぐきの再生治療はセラミックを長持ちさせるためには重要な治療になって来ています.料金は保険外治療となり高額となりますが,セラミックを歯茎の下がってしまうたびに交換する従来の治療を考えると、割安なのかもしれません.

 

歯ぐきの再生治療は一般的ではないので症例数が豊富な歯科医院にご相談される事をお勧めしております。

 


セラミックの歯茎が下がってしまって継ぎ目が露出してしまったケースの治療

歯茎が下がる
歯茎が下がる

セラミックの付け根の部分の歯茎が下がってしまっています.

こういった場合、歯茎の再生治療で元あった歯茎の位置に歯茎を戻してからセラミックをやり直す方法をとります.

セラミックの不適合が歯茎の下がる原因となっていたようです.

 

 

歯茎の再生
歯茎の再生

歯茎の再生後にセラミックをオールセラミックで作り直しました.

 

歯茎の再生治療のページ

 

歯茎の厚みを増やす事で、歯茎の形を整える事ができます。歯の形を審美的な長さに整えるために、歯茎の再生を行います。歯茎の再生を行う事で、将来的に歯茎が下がってしまう事を予防できますので、前歯の差し歯の見た目も良い状態を保つ事ができます。

 


~歯茎の再生治療と審美歯科治療の注意~

 

お写真のように歯茎の再生治療や審美歯科治療を行う場合、料金は保険外診療となります。

 

当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)です。また、オールセラミック の種類によって当院では1本6万円(税別)~15万円(税別)のセラミックを選んでいただいております。

 

料金に関しましては、最小単位の標準的な料金となります。本数の多い場合は、掛け算して計算していただく必要があります。 

 

歯茎の再生治療のリスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

審美歯科のリスク

 

 

 

審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。また、オールセラミック の色合いはかなり天然の歯に近いものになりますが、完全に同じものではありません。


歯茎の再生治療や審美歯科治療の無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です)

0120−25−1839

03−3251−3921

メモ: * は入力必須項目です

歯周病で歯茎が下がってしまうと歯茎が再生できない場合もあります。

歯茎が下がり始めてもそれほど気にされない方が大勢いらっしゃいます。何事もない場合もありますが、歯周病が進行しているサインであることもあります。歯周病が進行して歯茎が下がりつつある場合は、歯周病の進行が急速に進行していることがあります。

 

もう少し早く御相談いただければ良かったのに。

 

と、歯茎の再生治療のご相談を受けて思う事があります.歯周病が進行し、歯の周囲の骨が無くなってしまっている場合は歯ぐきの再生治療が非常に限定的となります。歯茎が下がり始めてしまった場合はお早めにご相談いただくようにお勧めしております.

 


歯ぐきの再生は限定的となる場合

歯ぐきの再生が難しいケース
歯ぐきの再生が難しいケース

歯の周囲の骨が無くなってしまい、歯茎が下がってしまっています.まずは骨の再生治療を行いその後に歯ぐきの再生治療を行います.

歯ぐきの再生治療後の経過
歯ぐきの再生治療後の経過

歯茎の下がってしまった部分の一部を再生させていますが、歯と歯の間や表側の一部は歯茎で覆えない状態です.こういったケースでの完全回復は今の所難しいと考えております。(このケースでは骨の再生治療を行った後6ヶ月待ってから歯ぐきの再生治療を行っております.)

 

歯周病が進行する前に歯ぐきの再生治療を行いに起こしください.骨の吸収が無い場合は完全に回復する事が出来ます.

 

歯ぐきの再生治療のページは下記のリンクページをクリックしてご覧ください.

 

歯ぐきの再生治療のページ

 

 


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

歯茎再生は昔からある治療方法です。

あまり歯医者にも知られていないようですが,歯ぐきの再生治療は昔からある治療方法です.最新の治療方法と言うわけではありません.

 

歯ぐきの再生治療は、従来の方法に少し改良が加えられてより見た目を良くできるようになったという変化はあります。顕微鏡や拡大鏡を使用して細かい器具を使用する事でより傷跡を残さないように治療を行う事が可能になりました.

 

また、エムドゲインなどの再生材料を使用する事でより良い再生がおこるようになりました.

 

歯茎再生は35年ほどの歴史があります。日本ではあまり一般的ではありませんが、それは保険で認められていない事と、できる先生が少ないためでしょう。

 

歯茎が下がってしまっても歯茎再生を行えば歯茎が回復します。歯茎が下がってしまってもあきらめなくてよい場合があります.

 

歯茎が下がってしまった方は無料カウンセリングを行っていますので、お問い合わせください。

 

歯ぐきの再生治療のトップページは下記のリンクから戻る事が出来ます.歯ぐきの再生治療のトピックなどもクリックしてご覧ください。

 

歯茎再生のページ

 

歯茎再生のページでは、歯茎再生のケースをお写真でご紹介しております。また、矯正治療後や、インプラントの部分の歯茎が下がってしまった場合の歯茎再生ケースのご説明もいたします。

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上  JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

03−3251−3921

0120−25−1839


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1〜3本で万円(税別)かかります。

 

歯茎の再生治療のリスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

 

歯茎再生を矯正前に行うケース

歯茎が退縮してしまっている方が矯正治療を希望される場合は、矯正治療前に歯ぐきの再生治療を行う事をお勧めしております.

 

歯茎が退縮して歯並びの悪い部分は矯正治療中にさらに歯茎が退縮してしまう事が考えられますので、矯正治療前に歯ぐきの再生治療を行い,矯正治療中に増骨矯正法を行う事をお勧めしております.

 


歯茎が退縮してしまったケース

歯茎の退縮
歯茎の退縮

歯茎が下がってしまっている方の矯正治療を行う場合,矯正前に歯茎の再生治療を行うか矯正治療後に歯茎の再生治療を行うかは歯茎の状態によって判断します.

 

お写真のケースでは、歯並びをそろえるために歯並びを少し広げる必要があります.歯並びを広げる必要があるのに歯茎が薄く下がってしまっているため,矯正治療前に歯茎の再生治療を行い、矯正時に骨を作るために増骨矯正法を行います.

 

歯茎の下がる可能性の少ないケースでは矯正治療後に歯茎の再生治療を行っても大丈夫です.

矯正治療前の歯茎の再生
矯正治療前の歯茎の再生

下がった歯茎の再生治療を行いました.下の前歯の歯茎が回復しております.この後、急速増骨矯正法で顎の骨を増やしながら矯正治療を行います.

 

歯茎の再生治療と矯正治療についてのページ

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

こんな場合は骨の再生治療も難しい

骨の吸収
骨の吸収

歯周病が進行して歯の周囲の骨が無くなってしまう事があります.

 

お写真のように、歯の根っこが完全に骨の中に無い状態まで骨が吸収してしまう事があります。お写真では、根っこの先端が見えます.このような状態になる前に歯周病の状態を回復する骨の再生治療を行う事をお勧めしています.骨の再生治療を行う事で回復させる事が出来るかは何とも言えません.難しいケースとなります。

 

歯周病で歯を支える骨が無くなってしまった場合は歯の保存に関してしっかりとご相談させて頂く必要があります。

 

状態の悪い歯を保存する事によって起こるリスクもあります。歯ブラシをする事がかなり難しくなる事も一つの理由です。

 

歯茎が下がってしまっていますので、歯ブラシを何種類も使用して丁寧に磨いて行く必要があります。

 

歯周病治療をお考えの方はまずは下記のリンクページをクリックして歯周病治療の流れをご確認ください.

 

歯周病の治療の流れのページ

無料カウンセリングお問い合わせ

 

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

0120−25−1839

メールお問い合わせ

メモ: * は入力必須項目です


~骨の再生治療の注意~

 

骨の再生治療は保険外診療となります。当院では骨の再生治療1回の処置で4~6本の骨の再生治療を行いますが、20万円(税別)かかります。

 

骨の再生治療は、完全に元の骨の状態に戻せるわけではありません。このケースのようにある程度骨の回復をさせたとしても、完全に歯の揺れが止まらない場合は、歯の揺れを止めるために連結固定をします。固定が必要があることが多いです。

 

 

 

骨の再生治療は外科処置となります。骨の再生治療後に炎症を起こしたりしないよう、外科治療前にしっかりと歯茎の炎症を取ることが必要になります。

審美歯科をする際に歯茎の再生は有効です。

長い八重歯を気にされている方も歯茎の再生治療が有効な場合があります。

 

今回は差し歯の八重歯が長く的になるという方の歯茎の再生治療と、審美歯科治療を合わせて行ったケースをご紹介いたします。

八重歯の歯を差し歯にしていますが、もともと八重歯だったため、歯の長さが長いまま差し歯が入っています。

また、歯茎の腫れや、根っこの炎症があります。

歯茎の再生治療を行うことで、歯茎の位置を左右で整えました。

 

歯茎の位置が揃った状態で審美歯科治療を行っています。ホワイトニングもして、全体的に白くて綺麗に仕上がりました。


~歯茎の再生治療と審美歯科治療の注意~

 

歯茎の再生治療や審美歯科治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)です。また、オールセラミック の種類によって当院では1本6万円(税別)~15万円(税別)のセラミックを選んでいただいております。

 

料金に関しましては、最小単位の標準的な料金となります。本数の多い場合は、掛け算して計算していただく必要があります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているようなケースのうち、歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

歯茎の再生治療のリスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

審美歯科のリスク

 

審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。また、オールセラミック の色合いはかなり天然の歯に近いものになりますが、完全に同じものではありません。


インプラント部分の歯茎再生例

インプラントの歯茎が下がって金属が露出してしまった時の歯茎の再生治療例


インプラント部分の歯茎再生
インプラント部分の歯茎再生

前歯のインプラントの歯茎が下がってしまい、インプラントのアバットメントという金属が露出してしまております。

 

せっかくインプラント治療をしても金属が見えてしまうと見た目が悪く、審美的な問題が出てしまったと言えると思います。

 

前歯のインプラント治療で最近このような問題がよく起こっており、ご相談にいらっしゃる方が増えております。

 

今回は、金属の露出した部分を覆う歯茎の再生治療のご紹介をいたします。

インプラント部分の歯茎再生
インプラント部分の歯茎再生

インプラント部分の歯茎の再生治療後の状態です。

 

金属の露出部分を歯茎の移植を伴う再生治療を行うことにより金属の露出部分を見えなくすることができました。

 

このケースでは、セラミックはそのままの状態で治療が行えましたが、場合によってはセラミックを交換しないと直せない場合もあります。

 

無料カウンセリングを行っておりますので、ご利用ください。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

0120−25−1839

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

JR神田駅北口より徒歩1分(東京駅の隣の駅です。)

 


インプラントの歯茎の再生治療の注意


インプラント部分の歯茎の再生治療は、インプラントの周囲の骨の状況やインプラントの土台の形、上にかぶせてある仮歯の形の影響を受けます。そのため、通常の歯茎の再生治療よりインプラントの歯茎の再生治療は困難になる場合が多いです。

そのため、ご希望の位置まで歯茎の位置を回復させることができない場合もあります。


歯茎の再生治療および、セラミック治療は保険外診療となります。このケースでは、インプラントの歯茎の再生治療10万円(税別)かかりました。


また、歯茎の再生治療はリスクもあります。外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。症例数をなるべくたくさん掲載しておりますので、いろいろなケースをご覧ください。