奥歯の歯茎が下がってしまった場合再生治療をした方が良いか

歯茎が下がってしまったのを放置した場合と歯茎の再生治療を行った場合のちがいは何でしょうか?
歯茎が下がってしまったのを放置した場合と歯茎の再生治療を行った場合のちがいは何でしょうか?

歯茎が下がってしまったのを放置した場合と歯茎の再生治療を行った場合のちがいは何でしょうか?というご質問をいただくことがあります。

 

一番のちがいは歯周病の予防ができるかどうかということです。

 

歯茎の再生治療をやら無い下がってしまった歯茎の多くは非常に薄い歯茎で、内部の歯を支える骨も薄いため、一旦下がってしまった歯茎が月日とともにさらに下がって歯茎や骨がなくなってしまいます。

 

再生治療を行った歯茎は厚みができるため、将来的に歯茎が下がりにくくなります。また、失われた一部骨や歯を支えるコラーゲンなども回復しますので、歯周病の進行を逆に戻すことができます。

 

特に、上の写真のように、下がった歯茎の位置が粘膜と呼ばれる赤い歯茎まで進んでしまっている場合は、歯茎の再生治療を行うことをお勧めしております。

 

歯茎の再生治療のページ


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

奥歯の歯茎が下がってしまった場合

奥歯の歯茎も下がってしまうことがあります。奥歯の歯茎が気になる場合も、歯茎の再生治療で回復することができるかもしれません。

 

奥歯の歯茎も磨きすぎや、歯茎の厚みが薄い場合に歯茎が下がってしまう事があります。

 

また歯ぎしりの影響でアブフラクション(くさび状欠損)といって歯茎と歯の境界の歯の部分が削れてしまう事があります。こういった場合は、削れた部分をレジンなどで治したうえで歯茎の再生治療を行う場合があります。

奥歯の歯茎が下がるってどういうこと?

歯茎が下がっている
歯茎が下がっている

お写真では、歯茎が下がっている部分が削れてしまっています。その部分に唾液が溜まってすこしいます.

 

こういった場合は、歯茎の下がってしまっている部分は歯茎の再生治療で治し、歯の削れてしまっている部分はレジンで治します。

歯ぐきの再生治療で覆いました
歯ぐきの再生治療で覆いました

ほんの少しの変化なのでわかりにくいと思いますが、歯茎のえぐれている部分を歯ぐきの再生治療で覆いました.歯茎がまして約2ミリ程歯茎が上がりました.

 

歯ぐきの再生治療のページ


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

歯茎の再生治療 〜下の前歯〜

成人の方が矯正治療をされる際に、歯茎が下がりやすいかの確認をされることをお勧めしております。

30歳位以上の方の7割ほどが歯周病と言われていますので、成人矯正治療をされる方の中には歯周病が進行してしまっているかもしれません。

歯周病の方は天然の歯もインプラントの歯も歯茎が下がってしまうことがあります。また、歯並びが悪い場合は特に歯茎が下がりやすくなります。

矯正治療を始める前に、歯茎が下がりにくくするために歯茎の再生治療を行うことや骨を増やす増骨処置を行ってから矯正治療を行った方が良い場合もあります。

矯正治療前に歯茎の下がってしまっている部分の歯茎を再生させます。
矯正治療前に歯茎の下がってしまっている部分の歯茎を再生させます。

矯正治療前に歯茎の下がってしまっている部分の歯茎を再生させます。

矯正治療でさらに歯茎が下がらないように、歯茎の厚みを増して歯茎の位置も回復させています。
矯正治療でさらに歯茎が下がらないように、歯茎の厚みを増して歯茎の位置も回復させています。

矯正治療でさらに歯茎が下がらないように、歯茎の厚みを増して歯茎の位置も回復させています。

 

歯茎の再生治療のページ


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

お気をつけください。奥歯の歯茎が下がってしまった時に樹脂を詰めている方へ

歯茎が下がってしまって樹脂を歯の根っこに接着している場合があります。

通常なら大丈夫ですが、場合によっては歯茎の炎症の原因になってしまっていることがあります。

 

歯茎の再生治療を行う際には、古くなってしまった樹脂は一度取り除いてから歯茎の再生治療を行います。樹脂を詰める際に歯を削っている場合は、樹脂を取り除くとくぼんだ状態になりますが、そのままの状態で歯茎の再生治療を行います。

 

歯茎の再生治療後約3ヶ月待って、歯茎で覆えていない部分を樹脂で詰め直します。

下の奥歯の歯茎の再生治療。樹脂が歯の根っこに接着されています。

歯茎の再生治療
歯茎の再生治療

樹脂の部分はかなり変色してしまっています。歯茎の再生治療前に取り除きます。

歯茎の再生治療
歯茎の再生治療

歯茎の再生治療を行いました。歯のくぼみが残っている場合は、3ヶ月待って樹脂を詰め直す場合があります。

 

歯茎の再生治療の流れ


~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真や治療法のご説明の内容を掲載する際には、料金や治療のリスクを表示することになっております。治療を検討される際には、注意も合わせてご確認ください。

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。


無料カウンセリングお問い合わせ

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分  東京駅のとなりの駅です。

0120−25−1839

03−3251−3921

歯と歯の間のすき間の治療法

歯と歯の間の隙間が気になる方の治療法のご紹介です。

 

歯と歯の間の歯茎が下がってしまうことはよくあります。病的なものではないので、そのままでも良いとはお伝えしておりますが、前歯の見た目が悪いなど、気になってしまうという方も多いようです。

 

単なる隙間なので、歯を動かして隙間を詰めるか、隙間を埋める詰め物を詰めて埋めるかのどちらかの方法で隙間を埋めることができます。


歯を動かして歯と歯の間の隙間を詰めたケース

歯茎が下がる
歯茎が下がる

歯と歯の間の歯茎と下の前歯は表側の歯茎も下がってしまっています.歯を抜かずに矯正した場合は歯茎が下がりやすくなりますし、歯の重なり合って歯と歯の間の骨が少ない部分の歯茎は下がりやすくなっています。

 

このケースでは再度矯正治療を増骨矯正で行い、矯正後に歯茎再生を行いました.

このケースのように歯と歯の間の隙間は歯茎の再生治療の難しい部分になります。

歯茎再生
歯茎再生

歯茎再生後骨の厚み、歯茎の厚みを増しました。後は定期的にメンテナンスを行います.

矯正治療を行うと上のお写真のように歯と歯の間の歯茎が下がりやすくなります。

 

歯と歯の間の歯茎が下がってしまうと通常の歯茎の再生治療では間の歯茎が戻りません。

 

そのため,歯と歯の間の歯茎が下がってしまった場合は、歯と歯の間に詰め物をつめて空間を封鎖するか、このケースのように歯と歯の間を削って再度矯正して歯と歯の間をつめて隙間を無くします。

 

歯と歯の間の隙間を埋める治療に関しましては、下記のリンクページをクリックしてご覧ください。

 

歯と歯の間の隙間の治療のページ

 


~歯と歯の間の隙間の治療の注意~

 

歯と歯の間の隙間を埋める治療は保険外診療となります。当院では、部分矯正上下前歯で総額20万円(税別)と検査台の1万5千円(税別)がかかります。

 

 

リスク

 部分矯正治療を行う際には 歯と歯の間の歯を削ることになります。しみない程度に削りますのでしみることはほぼありません。ただ、一旦削ってしまった歯は自然に回復することはありません。


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

0120−25−1839

03−3251−3921

メモ: * は入力必須項目です


歯茎が下がると支えている組織もなくなります。

歯茎が下がるときは歯が抜けやすい状態になります。

 

これは、歯茎があるときは歯と歯茎の間にコラーゲン繊維を介した結合がありますが、歯茎が下がってしまうことによって歯と歯茎の結合が無くなります。

 

場合によっては歯茎が下がってしまうことで歯を支えている骨もなくなってしまいます。これは骨が歯茎が下がってしまうと歯茎の周囲の骨が無くなってしまうためです。歯茎だけが下がって骨が残って露出することがないのは歯茎が下がるのに合わせて骨もなくなってしまうためです。

 

また、弱い歯茎は歯周病にかかりやすい状態になります。

 

歯茎が薄い場合は炎症を起こしやすいので,歯ブラシで歯茎と歯の境をしっかり磨く必要があります。

 

歯茎が薄いとしっかりと歯茎の境を磨きすぎると歯茎が下がってしまいます。歯茎が下がると、歯ブラシがしにくくなり,歯周病のリスクが高くなります。

 

そのため,歯茎が薄いという事は歯周病を予防する上で不利になります。歯茎が薄い場合は、歯茎の再生などを行う事で、歯茎の厚みを増やす事ができます。

 

歯茎の厚みが薄い場合や周囲の骨の厚みがないいわゆる下がりやすい歯茎に関しての注意などに関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。クリックしてご覧ください。

 

下がりやすい歯茎に関してのページ

 

矯正治療をされる場合は特に歯茎が下がりやすくなる傾向があります。矯正治療前に歯茎が下がりやすい状態でないかの確認を行ってから治療を開始される事をお勧めしております。歯肉の部分を不用意に磨かないように、矯正装置がついている間は音波式の歯ブラシを使用する事もお勧めしております。

 

歯茎の再生治療を希望される方はただいま無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上  JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

03−3251−3921

0120−25−1839


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

下がった歯茎に詰め物がしてあっても歯ぐきの再生が可能です.

従来、歯茎が下がってしまって知覚過敏や虫歯になってしまいますと、レジンという詰め物で下がって露出した歯の根っこに蓋をしていました。

 

歯茎の再生治療は、レジンで蓋をしている歯の根っこの部分も歯茎で覆うことができます。ただ、その際にはレジンを含めて虫歯もしっかりと取り除きます。

歯茎の再生治療
歯茎の再生治療

歯茎が下がってしまった所にレジンと言うプラスティック系の白い詰め物をしています.歯が長く見えていますので見た目が悪いです.

歯茎の再生治療
歯茎の再生治療

歯茎が下がって長く見えていた歯の長さがもとの長さになりました.歯ぐきの再生治療の方法も跡が残りにくい方法をとりましたので、歯茎もとてもきれいです。

 

歯ぐきの再生治療に関しましてはトップページからしっかりとご覧ください.

 

歯茎の再生治療のページ

 

 

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分(東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839

03-3251-3921


~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真を見ていただいてわかるように回復した歯茎が剥がれてしまっているということはありません。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。

 

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

歯茎が下がった場合の審美歯科治療

 あなたは歯茎が下がって見た目を気にされていませんか?歯茎の将来の状態についても気になりませんか。

 

審美歯科治療と言って、歯の見た目をよくする治療があります。歯茎が下がって長い歯になってしまった差し歯の見た目を改善することが可能です。

 

歯茎が下がってしまうと見た目が悪くなる?

 歯茎が下がってしまった場合、そのまま審美歯科や差し歯治療をしないようにしたほうがよいです。歯茎が下がると歯茎に位置によって差し歯の長さが長くなってしまうからです。これはよく見かける失敗例です。

 

 また、よく差し歯の歯茎が下がってしまった場合、レジンというプラスティックの詰め物を下がった歯茎にくっつけている方がいらっしゃいます.こういったケースでは見た目が悪い以上に、将来さらに歯茎が下がって歯が長くなってしまいます.下がった歯茎の部分は歯の根っこが黒く見えてしまうという問題もあります。

 

下がってしまった歯茎を再生治療で元に戻し、歯茎を戻してから審美歯科治療を行うときれいになります.元の差し歯以上にきれいな仕上がりとなります.

 

歯茎の再生と審美歯科の詳しいページをご参考ください.

 

審美歯科治療後の差し歯の歯茎が下がってしまって歯茎が黒くなってしまう事があります。そんな下がってしまった歯肉に対しても歯茎の再生治療は有効な方法です。

 

通常の歯科医院では、歯茎の再生治療を行っておりませんので、ご相談になられても対応してもらえないかと思います。

 

無料カウンセリングを行っておりますので、歯茎が下がって気になさっている方は、お越しください。

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839

03−3251−3921

 

営業時間

11:00~20:00

昼休み

14:00~15:30

休診日

日曜日、祝日


~歯茎の再生治療と審美歯科治療の注意~

 

歯茎の再生治療や審美歯科治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)です。また、オールセラミック の種類によって当院では1本6万円(税別)~15万円(税別)のセラミックを選んでいただいております。

 

料金に関しましては、最小単位の標準的な料金となります。本数の多い場合は、掛け算して計算していただく必要があります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているようなケースのうち、歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

歯茎の再生治療のリスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

審美歯科のリスク

 

 

 

審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。また、オールセラミック の色合いはかなり天然の歯に近いものになりますが、完全に同じものではありません。


メモ: * は入力必須項目です

歯茎の下がりやすさと歯茎再生について

歯茎には下がりやすい歯茎と下がりにくい歯茎があります。基本的に歯茎が薄いと下がりやすく歯茎が厚いと下がりにくくなります。また、歯の周囲を支えている骨が薄い場合は歯茎が下がりやすくなっています。

 

歯茎を通して歯の根っこのふくらみが見えるような方は歯茎が薄いとお考えください。また、欠陥が透けて見える歯茎が歯の近くまである方はすでに歯茎が下がってしまっているか、今後さらに下がりやすい歯茎の典型です。

 

また、歯並びの悪い場合、飛び出して並んでいる歯の周囲の骨が薄い場合が多いことが知られています。飛び出している歯の歯茎はさがりやすいため、より慎重にケアをする必要があります。

 

歯茎が下がりやすい方は、硬い毛の歯ブラシで歯を磨いたり、ごしごし磨くだけでも歯茎が下がってしまうことがよくあります。

 

歯茎が薄い方は歯茎再生をして歯茎を厚くしないと将来的に歯茎が下がる可能性が高くなります。

 

歯茎を厚くするには移植を伴う歯茎の再生処置が必要になります。

歯茎の再生治療の流れに関しましては下記のページに詳しい内容を記載させていただいております。ご興味のある方はクリックしてご覧ください。

歯茎の再生治療の流れのページ

また、ただいま歯茎の再生治療に関しましてご希望の方は無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください。無料カウンセリングにて歯茎の状況を確認の上治療方法のご説明をさせていただき、お見積もりのお渡しをいたします。

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

03−3251−3921                                                        0120−25−1839

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上  

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

歯茎の再生治療後の感想 患者さまから

歯茎の再生治療後に出血を気にされた患者様からのメールをいただきました。

 

みなさん気にされることなので、ご紹介させていただきます。歯茎の再生治療後にしばらく出血がにじむ程度に出てしまうことは特に問題ありません。2~3日すると落ち着きます。

 

注意することは、歯茎に刺さりそうな硬いとがったものを噛まないようにしていただくことです。歯茎に突き刺さってしまうと大きな出血を起こすことがあります。

 

典型的な出血に関するご心配について、いただいたメールを参考になさってください。基本的に大きな出血がなければ心配ございません。

 

出血の確認でいただいたメール

本日はありがとうございました。

術中は痛みもなくよかったです。

 

患者さまからのご質問


現在上の皮膚を取った箇所からは少し出血しているようです。

下の移植箇所周辺は腫れている感じです。

 


これらは問題ないでしょうか?
(手術という物が初めてなので、正常異常がわかりません)

 

返信内容

 

本日はお疲れ様でした。

 

ご安心ください。

 

2~3日は血がにじみますが正常です。触らないように気をつけてください。

 

下の歯の腫れは、皮膚を入れたので膨らんでいるだけだと思います。完全に落ち着いた段階で厚みが3割ほど減ります。

 

それではお大事に

 歯茎の再生治療に関する詳しいページは下記のリンクページとなります。クリックしてご覧ください。

 

歯茎の再生

 

 また、ただいま歯茎の再生治療をお考えの方に無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください。無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積りのお渡しをいたします

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

0120−25−1839

03−3251−3921


~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真や治療法のご説明の内容を掲載する際には、料金や治療のリスクを表示することになっております。治療を検討される際には、注意も合わせてご確認ください。

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

歯茎の厚みと歯ぐきの再生

歯茎の厚みが薄い場合厚い場合のよって歯茎の下がりやすさが変わりますが,歯茎の内部の骨の厚みや高さによっても歯茎の位置が変わります。

 

歯茎が下がってしまったと言うとき、単に歯茎だけが下がっている場合と、歯茎の中の骨が吸収している事が原因で歯茎が下がってしまっている場合があります。

 

歯茎を再生する場合,失われたものを再生させる必要がありますので、単に歯茎を増やすために移植を行うケースと、歯茎の中の骨を作るために骨を再生させたうえで歯茎を再生するケースが出てきます。

 

歯周病の方の歯茎の退縮を再生させる方法は、骨の位置によって変わります。骨がしっかりと再生されれば自然と歯茎も再生されていきます。そのため、歯茎だけを再生させることは困難です。歯茎の中の骨を再生させたうえで歯茎の再生治療を行います。

 

歯茎は骨の上に乗っており、再生させるには歯茎の厚みの限界があります。

骨の再生治療に関しましては、下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。クリックしてご覧ください.

 

骨の再生のページ

 


~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真や治療法のご説明の内容を掲載する際には、料金や治療のリスクを表示することになっております。治療を検討される際には、注意も合わせてご確認ください。

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

~骨の再生治療の注意~

 

骨の再生治療は保険外診療となります。当院では骨の再生治療1回の処置で4〜6本の骨の再生治療を行いますが、20万円(税別)かかります。

 

骨の再生治療は、完全に元の骨の状態に戻せるわけではありません。このケースのようにある程度骨の回復をさせたとしても、完全に歯の揺れが止まらない場合は、歯の揺れを止めるために連結固定をします。固定が必要があることが多いです。

 

 

骨の再生治療は外科処置となります。骨の再生治療後に炎症を起こしたりしないよう、外科治療前にしっかりと歯茎の炎症を取ることが必要になります。


お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上  JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

03−3251−3921

0120−25−1839


前歯の歯茎が下がった時の再生治療

歯の並んでいる位置や、かみ合わせによって1本だけの歯茎が下がってしまう事があります。

 

特に前歯の歯茎が1本だけ下がってしまった場合、見た目が悪くなってしまいます。こういった場合は1本だけの歯茎を再生させることも可能です。


前歯の歯茎が下がったケース

前歯1本の歯茎再生
前歯1本の歯茎再生 治療前

全体的に歯茎が下がっていますが、上の前歯1本だけを歯茎の再生治療したいというご希望にも対応しております.

 

前歯の歯茎が下がって歯の根っこが見えてしまっています.外科的な処置が苦手なので目立つところを最小限に治したいという事で前歯1本だけの歯茎を再生させることにしました。

前歯1本の歯茎再生
前歯1本の歯茎再生 治療後

上の前歯の下がってしまった歯茎を回復させています.歯茎の位置が整った段階で前歯の審美歯科治療をされるようです.この状態でしたら、審美歯科治療を行えばきれいな歯並びとなります.

 

歯茎の再生と審美歯科に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただきます。

 

歯ぐきの再生と審美歯科のページ


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。


歯茎の再生治療などの無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上  JR神田駅北口より徒歩1分

0120−25−1839

03−3251−3921

メモ: * は入力必須項目です

歯茎の再生治療で歯周病から歯を守れるか?

歯周病が進行してしまう理由の一つに歯茎と歯の結合がはがれて歯周ポケットが発生してしまうということがあります。

 

歯茎が下がってしまうケースでは、歯茎の内部の結合もなくなりますが、歯茎自体がなくなってしまいますので、歯周病が進行した状態と言えます。

 

歯茎の再生治療を行うことで、歯茎の位置を回復させるだけでなく、歯と歯茎の結合を回復させますので、歯周病の進行を回復させる効果があります。歯茎の再生治療では歯茎と歯の結合を回復させることを目的として行います。

 

歯茎の再生治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。ご興味のある方は下記のリンクをクリックしてご覧ください。

 

歯茎の再生治療についてのページ

 

また、歯茎の再生治療をお考えの方は無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください。無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積りのお渡しをいたします。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F

03-3251-3921


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

歯茎再生のケース 歯周病予防に歯茎再生治療。

あなたの歯茎は将来下がってしまうかもしれません。歯茎の薄い方は要注意です。

 

歯茎の再生治療を行うことで歯茎の厚みを出して歯茎を丈夫にします。

 

丈夫な歯茎は歯周病の炎症に対して抵抗力が増します。歯茎が厚いことで将来的に歯茎が下がってしまうことも予防します。

 


歯茎の再生治療で歯茎の厚みも増します。

歯ぐき再生アフター
歯ぐき再生

お写真では、上の前歯の歯茎が全体的に下がってきてしまっています.2ミリ程の歯茎の退縮です.歯茎が薄いため、歯茎が下がりやすい状態となっています。歯周病の炎症は起きていないのですが、歯茎が下がることで歯の健康状態が悪くなってしまいます。

 

こういった薄い歯茎の場合、歯茎の再生治療を行うことで、歯茎の厚みが増し、また、歯茎の位置を回復します。

上の前歯6本の歯茎再生ケース。
上の前歯6本の歯茎再生ケース。歯茎の厚みがまし、位置も元の状態に戻りました

傷跡も残らずにきれいに歯茎を再生させる事ができました.歯ぎしりによって歯茎が将来的に下がってしまう事もあるようですので、お休みのときはマウスピースを使用した方が良いかもしれません.

 

この段階で歯茎再生を行う事で歯周病や虫歯の予防をする事が可能になります.

 

歯茎が下がって露出した歯の根っこが虫歯になりやすい事や、下がった歯ぐきの部分が歯ブラシをしにくいと言ったために、虫歯や歯周病が進行してしまうケースが多いため,歯茎再生で虫歯や歯周病を予防する事はおすすめです.

 

歯ぐき再生に関しての詳しいご説明は下記のリンクの歯ぐきの再生ページをクリックしてご覧ください.

 

歯ぐきの再生のページ

 

歯茎の再生のお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F 

03−3251−3921


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。


メモ: * は入力必須項目です

歯茎の再生後の腫れは1ヶ月程で落ち着きます.

歯ぐきの再生後の腫れはそれほど長い期間ではありません,通常1週間程で落ち着きます.

 

ただ、落ち着いて安定してくるには1ヶ月程期間がかかります.1ヶ月ほどすると歯茎が丈夫になってきます。

 

また、完全に歯茎が落ち着くまで3か月ほどお時間がかかります。

 

歯ぐきの再生後の歯茎の経過の参考例 〜前歯〜

歯茎再生
治療前

歯茎の再生治療前の状態。前歯全体の歯茎が退縮して、歯の長さが長くなってきています.

 

歯の付け根の部分の色が黄色い部分はセメント質という歯の根っこの部分になります.

 

この状態から歯茎の移植を伴う歯茎の再生治療を行いました。

歯茎再生
治療後3週

歯茎の再生から3週間後の状態。

 

前歯はオペ後は磨きをしないでいただいてます.移植後の皮膚は歯ブラシでこするとダメージが起こります.

 

前歯6本の歯茎の再生を行いました.前歯の皮膚が少し赤くなっていますが、だいたい皆さんこのような感じに治ります.

歯の大きさが小さくなったのがわかるかと思います。歯茎の付け根の黄色い部分を覆いました。知覚過敏の問題も解消されます。

 

2ヶ月程すると通常歯茎は完全に安定しますので通常の歯ブラシを使用して歯磨きをして頂きます.

 

歯ぐきの再生治療後の流れに関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.クリックしてご覧ください.

 

歯茎再生の流れについてのページ

 

また,歯ぐきの再生治療を希望される方は無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします.

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

0120−25−1839

03−3251−3921


~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真を見ていただいてわかるように回復した歯茎が剥がれてしまっているということはありません。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。

 

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

歯茎再生Blog 差し歯の歯茎が下がってしまった場合

差し歯を入れた歯の歯茎が下がってしまうと、見た目が悪く、差し歯が主張した感じに見えてしまいます.

 

こういった場合は、見た目を良くしたい場合は,差し歯を交換する事もあります.ただ、歯茎が下がったまま差し歯を交換すると差し歯の長さが長くなってしまいます.

 

そのため、差し歯の再治療を行う場合は、歯ぐきの再生治療を合わせて行う事をお勧めしております.

 

差し歯の歯茎が下がってしまった方

被せ物の歯茎が下がる
被せ物の歯茎が下がってしまうケース

前歯の差し歯は色もあっていませんが、歯茎の際の所の歯茎が下がり、歯の根っこが見えています.この状態を歯茎の退縮と呼んでいます.差し歯を入れていると歯茎の退縮が特に色が変わりますので目立ちます.

歯茎の再生を行う事で歯茎を回復させる事ができます.

 

歯肉が下がりやすいパターンとして、歯ブラシの圧が強くゴシゴシ磨いてしまう、歯並びが悪く飛び出している、適合の悪い差し歯が入っていると言ったケースがあります。

歯茎の再生を行う事によって、歯茎を回復させた上、歯茎を下がりにくくします。ただ、適合の悪い差し歯は適合の良い物に交換する必要があります。また、歯ブラシの方法は磨きすぎないように、歯並びは矯正治療をお勧めしております。

 

歯ぐきの再生治療と審美歯科のケースは下記のリンクページに詳しい症例などをご紹介させて頂いております.クリックしてご覧ください.

 

歯茎の再生と審美歯科のページ

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

0120−25−1839


~歯茎の再生治療と審美歯科治療の注意~

 

 

 

歯茎の再生治療や審美歯科治療は保険外診療となります。歯茎の再生治療1〜3本で万円(税別)です。また、審美歯科治療は保険外診療となります。オールセラミック で歯並びを治す場合、オールセラミック の種類によって当院では1本6万円(税別)~15万円(税別)のセラミックを選んでいただいております。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

歯茎の再生治療のリスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

審美歯科のリスク

 

審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。

 

歯茎の再生治療の料金について

歯茎が下がってしまったのを回復させる治療を希望される場合は、歯茎の再生治療を行います。

今回は歯茎の再生治療の料金をご説明いたします。

 

歯茎の再生治療の料金

歯周病や、歯茎の薄い方など、歯茎のさがってしまった方の歯茎をもとの位置に戻す方法を歯茎の再生治療と呼んでいます。

 

歯茎の再生治療は保険がききません。そのため、病院によって、お値段が大きく異なります。

 

病院によっては、歯茎の下がっている歯1っ本単位で料金を設定しているところもありますが、その場合、歯の本数が多いと高額な治療となります。

当院では、一回の治療で再生できる範囲で、定額の治療費とさせていただいております。通常2~3本単位の治療となります。

料金は、¥70,000-(税別)となります。

 

歯茎の再生が必要な部分の範囲によって料金が変わりますので、歯茎の再生を希望される部分をお決めいただきます。

 

ただし、歯周病の進行具合で歯茎の再生ではなく、骨の再生が必要な場合もございます。骨の再生治療は、歯周病の進行によって料金が変わります。また、インプラントの部分の歯茎が下がってしまった場合の料金は¥100,000(税別)となります。

 

歯茎の再生治療の料金に関しましては、下記のリンクページをクリックしてご覧ください。 

 

歯茎の再生料金のページ

 

歯茎の再生治療を希望される方は無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください。無料カウンセリングはご予約制となっております。ご予約をお取りいただいた上でご来院ください。

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

03−3251−3921

0120−25−1839


歯茎の再生治療の注意


 歯茎の再生治療はリスクもあります。外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。症例数をなるべくたくさん掲載しておりますので、いろいろなケースをご覧ください。

歯を抜いた後歯茎が窪んでしまった時の歯茎の再生治療

歯を抜いてブリッジ治療をする際に、歯を抜いた後の歯茎が大きく窪んでしまうことがあります。歯茎が窪んでしまうと大きなはがないって清掃しにくくなったり、見た目が悪くなったりしてしまいます。

今回は、歯を抜いた後の歯茎のくぼみを回復させる歯茎の再生治療をご紹介いたします。

ブリッジの歯の歯茎再生
ブリッジの歯の歯茎再生

 

 

 歯を抜いた後のくぼみに合う形の歯が入っているため、かなり大きな歯が前歯に入っています。

 

歯を抜いた後のくぼみが出来てしまうと形の悪い差し歯が入ってしまい、お掃除も難しくなります。形の良い差し歯にするために、歯茎を回復させてブリッジを入れることで歯ブラシもしやすくなります。

 

 

ブリッジの歯の歯茎再生
ブリッジの歯の歯茎再生

オールセラミックブリッジが入っています。

歯を抜いて窪んでしまった歯茎を歯茎の再生治療を行うことである程度回復することができ普通の大きさの歯が入りました。

 

清掃がしやすい形になりました。

 

歯茎の再生治療のページ


~歯茎の再生治療と審美歯科治療の注意~

 

歯茎の再生治療や審美歯科治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)です。また、オールセラミック の種類によって当院では1本6万円(税別)~15万円(税別)のセラミックを選んでいただいております。

 

料金に関しましては、最小単位の標準的な料金となります。本数の多い場合は、掛け算して計算していただく必要があります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているようなケースのうち、歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

歯茎の再生治療のリスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

審美歯科のリスク

 

 

 

審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。また、オールセラミック の色合いはかなり天然の歯に近いものになりますが、完全に同じものではありません。

差し歯の歯茎も下がります。

差し歯の境界が差し歯の治療後、時間とともに黒く見えるようになってしまう事があります。

 

これは、差し歯の部分の歯茎が下がってしまったためです.

 

天然の歯は少し歯茎が下がっても気付きにくいものですが,差し歯の場合は歯茎が黒くなるために下がったのがわかりやすくなります.

差し歯の歯茎が下がったケース

差し歯の歯茎が下がる
差し歯の歯茎が下がったケース

歯茎の下がりやすさは個人差があります.若いから歯茎が下がらないわけではありません。年を取ったから自然に歯茎が下がってしまうわけではないので、加齢現象というわけでもありません。

 

写真の方のように、奥歯の差し歯から歯の根っこが露出してしまっていたり、前歯の根っこが露出してきています.非常に薄い歯茎はこのケースのように若くても歯茎が下がってしまう事があります。

 

歯ブラシの強さに気をつける必要はありますが、それだけでは治りません.もともと遺伝的に薄い歯茎の場合は歯茎が下がりやすく、自然には回復しません。

 

下がってしまった歯茎は、歯茎再生で歯茎を回復させる事はできます.また、歯茎の再生治療で歯茎の厚みも厚くして将来的に歯茎が下がりにくくなります。

 

歯ぐきの再生治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.クリックしてご覧ください.

 

歯茎再生のページ


歯茎の再生治療の注意

 

 歯茎が下がって歯の根が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

歯茎の再生治療および、セラミック治療は保険外診療となります。このケースでは、歯茎の再生治療1〜3本で7万円(税別)オールセラミック 治療1本で7万円(税別)かかります。

 

また、歯茎の再生治療はリスクもあります。外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません

 

 


お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上  JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

03−3251−3921

0120−25−1839

歯茎が下がってしまうと差し歯の見た目が悪くなります。こんな時の解決法

差し歯の歯茎が下がってしまって見た目が悪くなってしまっていませんか?

 

ご注意いただきたいのは、差し歯の歯茎が下がってしまったり、差し歯の歯茎が黒くなってしまった場合、差し歯の内部に虫歯が進行してしまっている場合もあります。

 

それから、見た目の問題としては、歯茎が下がった状態のままで差し歯の治療を行うと長い歯になってしまうことがあります。

 

長い歯ってなんでしょう?

下がった歯ぐきに合わせて差し歯を入れてしまったケース
下がった歯ぐきに合わせて差し歯を入れてしまったケース

上のお写真が長い歯の典型的な見た目です。

 

下がった歯ぐきに合わせて差し歯を入れてしまっているので、見た目に長くなってませんか?

 

歯の長さが長い差し歯は見た目が悪く感じてしまいませんか。

 

そこで、差し歯治療を行う前に歯ぐきの再生治療を行う事をお勧めしております。

 

差し歯の歯茎の再生治療って聞きなれないでしょうけど、結合組織移植術という方法で、世界では40年以上前から行われている治療法なのです。分かりやすく言うと、歯茎を移植によって回復させる方法です。

歯茎の再生ってどんなこと?

下がった歯ぐきを回復させる
下がった歯ぐきを回復させる

お写真は典型的な歯茎の再生治療後の状態です。

 

これは、差し歯を外して仮歯に交換して歯ぐきの再生治療を行った状態なのです。まだ治療中なのですが、歯茎を回復させた状態です。

 

この後しばらく待って歯ぐきが引き締まった時に歯ぐきの位置の整形を行って歯ぐきの位置を整えます.

 

歯茎の再生治療のことをお分かりいただけたでしょうか?

 

下がった歯ぐきに差し歯を入れようとしている方。急いで治したいというお気持ちはわかりますが、ちょっと待ってください。差し歯の治療に合わせて歯ぐきの再生治療をしてもらうようにしてください.

 

歯茎の再生治療を行っていない場合はご相談ください。

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では1~3本の歯茎の再生治療を行う場合¥70、000-(税別)かかります。

 

ただいま初回のみの無料カウンセリングを行っておりますので、歯ぐきが下がってしまって差し歯を入れようとされている方で歯ぐきの再生治療をしたいとお考えの方はご連絡ください.予約が混んでしまっているため、セカンドオピニオンのみの方は有料(¥5,000−税別)となります.

 

歯茎の再生と差し歯の治療に関しての詳しい治療内容が知りたいという方は下記のリンクページをクリックしてご覧ください。

 

歯茎の再生治療と審美歯科のページ

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839


~歯茎の再生治療と審美歯科治療の注意~

 

 

 

歯茎の再生治療や審美歯科治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)です。また、オールセラミック の種類によって当院では1本6万円(税別)~15万円(税別)のセラミックを選んでいただいております。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているようなケースのうち、歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

歯茎の再生治療のリスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

審美歯科のリスク

 

 

審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。また、オールセラミック の色合いはかなり天然の歯に近いものになりますが、完全に同じものではありません。

 

歯ぐきの再生治療って何?

歯茎がやせてしまった場合に回復させる歯ぐきの再生治療ってご存知ですか?

 

当院では,見た目を気にされて歯ぐきの再生をされる方もいらっしゃいます.今回は、犬歯が長い見た目を気にされて歯ぐきの再生治療を行ったケースをご紹介いたします.

 

歯茎の再生治療は、下がってしまった歯茎を回復させるだけでなくきれいな歯茎にすることが可能です。

歯ぐきの再生治療って傷が目立つの?

歯茎下がる
歯茎下がる

一見、何の変哲も無い歯並びと歯茎ですが,よく見ていただくとお写真右側の犬歯の歯茎が下がって長くなっています.歯がのびてしまっているように見えます.

きれいな歯ぐきの再生治療
きれいな歯ぐきの再生治療

こういったケースでは歯ぐきの再生治療を行う事で、歯茎を回復させる事が可能になります.犬歯の長さが短くもとの長さになっているのがわかるかと思います.

当院ではきれいな歯ぐきの再生治療を行っています.

 

このケースの様に歯ぐきの再生治療は外科的な処置ですが,歯茎を切った跡はほとんど見えません.

 

当院では歯ぐきの再生治療のケースが豊富ですので、このケースのようにきれいに歯ぐきの再生を行う事も可能です.歯茎が大きく失われている場合は歯茎を引っ張り上げるため少し跡がつく事もあります.

 

 

歯ぐきの再生治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.クリックしてご覧ください.

 

歯ぐきの再生治療の詳しいページ

 

 


~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真を見ていただいてわかるように回復した歯茎が剥がれてしまっているということはありません。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。

 

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

歯ぐきの再生後のお痛みについて

歯ぐきの再生治療はいたいの?

 

それほど緊張される事はありません.緊張して損したという感想をしばしばいただきます.処置は30〜60分程で終わりますし,感覚を感じる場合は麻酔を追加して痛みがない状態にしてから処置を続けております.

 

そうはいっても痛いんでしょという方へ

歯茎の再生治療と言うとお痛みを気にされる方が多いと思います。歯茎の再生治療は、通常ほとんどの方があまり痛みを感じない処置になります。

 

歯茎の再生治療では、簡単な皮膚の移植も行う場合があります。移植する皮膚の量は、非常に小さい範囲のものであり、薬のカプセルの幅程度の長さですので、麻酔が切れても痛みは痛み止めを飲まずに我慢できる程度のものですし、ほとんど腫れません。

 

歯茎の移植をしますというと引いてしまう方もいらっしゃいます。これは単にイメージだけの問題かと思います。

 

やけどなどでおしりの皮膚を移植するといった大掛かりな治療と言うイメージがあるのかもしれません。

 

歯茎の再生に使用する皮膚は感染などの心配は少なく、痛みや腫れの心配はほとんどありません。

 

歯茎の再生治療後には抗生剤と痛み止めをお渡しします。もしお痛みが出てしまっても痛み止めを飲んで頂けると痛みはほとんどのケースで抑えられます。抗生剤は感染予防に必ずお飲みください。

 

ただし、注意をしなくてはいけないのが出血です.尖ったものを食べたり、皮膚を取った部分を触ったりしていると、出血や血豆が出来てしまいます.歯ブラシなどで触る事もしないようにしていただいております.

 

また、歯茎の再生治療を行った部分の歯茎は術後触らないようにしてください。押したりするともちろん痛いでしょうし、皮膚がずれてしまう事もあります。お食事の注意事項などもございますので、歯茎の再生治療の流れについてもご覧ください。

 

歯茎 再生

ただいま歯茎の再生治療を希望される方は、無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします.無料カウンセリングは御予約制とさせて頂いております.

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F スターバックス上 JR神田駅北口より徒歩1分

0120-25-1839

03-3251-3921


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

審美歯科と歯茎の位置 歯茎の再生で歯並びを良く見せる

歯茎の再生で歯の見た目もよくなります。

 

歯茎が下がってしまうと、歯の長さが長く見えてしまいます.

 

例えば、前歯の差し歯治療を行う場合,歯茎の位置が左右で対称でないために歯の長さが不ぞろいになってしまうことがあります。

 

歯茎の再生治療では、歯ぐきの位置を下げることで歯茎の位置を調整することができます。そのため、歯の長さを左右対称に同じ長さにすることができます。

 

歯の長さが左右対称でないと、歯並びが良くても少し違和感を感じます。

 

歯茎再生と審美歯科の詳しいページ

左右の歯の長さがちがう場合の治療例

前歯の差し歯の長さが左右でちがう
前歯の差し歯の長さが左右でちがう

前歯に差し歯が入っていますが,左右で長さがちがいます.これは歯茎が下がった位置に合わせて差し歯を入れてしまったために起こってしまいました。

 

差し歯の長さをそろえるためには差し歯を交換する事になりますが,歯ぐきの再生治療を行って歯茎の位置を左右でそろえます.

歯ぐきの再生と審美歯科で歯の長さをそろえました
歯ぐきの再生と審美歯科で歯の長さをそろえました.

歯の長さが左右で対称になり審美的な見た目になりました.


審美歯科治療というと美容のことかと思われがちですが、従来の差し歯など、見た目に非常に不自然な物が多かった歯科治療を自然な感じに見せるというご希望も多くいただきます。

 

自然な歯並びや見た目にするためには歯茎が下がってしまっていては差し歯が不自然に見えてしまいます。歯茎の再生治療は自然な歯に見せるためには重要なポイントになります。

 

歯茎の再生治療と審美歯科


~歯茎の再生治療と審美歯科治療の注意~

 

お写真を見ていただいてわかるように回復した歯茎が剥がれてしまっているということはありません。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。

お写真では、上前歯6本の歯茎の再生治療と合わせてオールセラミック 5本の治療を行っております。

 

歯茎の再生治療や審美歯科治療は保険外診療となります。歯茎の再生治療6本で14万円(税別)オールセラミック 5本で30万円(税別)かかりました。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

歯茎の再生Blog 下がった歯茎の知覚過敏をおさえる方法

歯茎が下がってしまって、お水がしみるなど知覚過敏の症状が出てしまっているということはありませんか?

 

知覚過敏のお薬などは色々と商品が出ております。今回は、そういったお薬の説明ではなく、下がった歯茎を再生させて元に戻すことによって知覚過敏を予防する方法のご紹介です。

 

歯茎の再生治療は、歯医者によっては行っていないことが多いのですが、当院では非常に多くの症例を行っておりますので、このページにてご紹介させていただきます。

 

このページは歯ぐきの再生治療に関連する項目のご紹介しております.文章中の関連項目のリンクはクリックして頂くと関連ページが開くようにしております.

 

歯周病で歯茎が下がってしまうと、知覚過敏になってしまうことがあります。通常、知覚過敏が起きると知覚過敏用の歯磨き粉を使用したり、歯科医院でレジンという詰め物をして知覚過敏を抑えます。

 

こういった方法は症状を緩和させるのには有効ですが、原因となる歯茎の下がりを元に戻す訳ではないので、知覚過敏の処置を何年も繰り返していくことになります。

 

歯茎の再生治療では、知覚過敏の根本的な原因である歯茎の下がりを元に戻しますので、効果が続きます。

 

歯茎の再生治療は歯周病の進行が軽度なほど有効ですので、早いうちに行うことをお勧めしています。

 

歯茎の再生治療をお考えの方は無料カウンセリング料金や治療法のご説明をいたします。

 

無料カウンセリングのお問い合わせはお電話かメールでお受けしております。

無料カウンセリングのページ

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上  

JR神田駅北口より徒歩1分

0120−25−1839                 03−3251−3921


~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真を見ていただいてわかるように回復した歯茎が剥がれてしまっているということはありません。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。

 

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

全体的な歯茎の再生治療

矯正治療後全体的に歯茎が下がってしまったという方がいらっしゃいます。こういった方は、歯周病の炎症は起こっていない場合が多く、炎症がないので歯茎の再生治療をすぐに行うことができます。

 

矯正治療で歯が長くなってしまっても中にはご本人が気づいていないこともありますが、歯が長くなってしまている場合は、歯の寿命が短くなってしまうので早めに歯茎の再生治療をされることをお勧めしております。

 

 

矯正治療後に全体的に歯茎が下がってしまうってどういうことでしょうか?

歯茎の再生治療
歯茎の再生治療

お写真のケースは、矯正治療後、矯正の先生に歯が長くなっていると指摘されて歯が長くなったのに気づいてご来院されました。

 

お写真を見ていただくと、歯と歯茎のつけての歯の色が少し恋色をしているのがわかるかと思います。この部分は歯根といって、本来歯茎に覆われていた部分になります。

 

このまま放置しておくと、さらに歯茎が下がってしまって、歯がダメになってしまう可能性がありますので、さらに歯茎が下がる前に歯茎の再生治療で歯茎を回復させることをお勧めしております。

歯茎の再生治療
歯茎の再生治療

上下2回に分けてご自身の皮膚を使用しての歯茎の再生治療を行った状態です。

 

歯茎の下がっている量が大きかったため、部分的に修正が必要な箇所もありますが、全体的には大きく歯茎が回復しました。

 

こういったケースでは、人工の皮膚を使用する方法もありますが、人工の皮膚は数年後に後戻りを起こす可能性が高いので、ご自身の皮膚を使用することをお勧めしております。

 

歯茎の再生治療と矯正のページ

 

 


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

歯の裏側の歯茎が下がってしまうことがあります。

歯を支える顎の骨で一番薄い部分は下顎の前歯を支える骨です。そのため、下の前歯の歯茎は歯の中で一番歯茎が下がりやすい部分です。

下の前歯は、歯科用のCTなどで確認すると、歯の周囲を支える顎の骨が1ミリ以下であることも珍しくありません。

また、下の前歯の裏側の歯茎は歯茎の再生治療が難しい部位でです。歯茎が痩せてしまうと再生治療が難しいため、歯茎が下がらないように予防されることは大切です。

下の前歯の裏側の歯茎がすでに下がってしまった場合は、歯茎の厚みを厚くしてこれ以上歯茎が下がらないようにされることをお勧めしております。

下の写真が前歯の裏側の歯茎の痩せてしまったケースです。

歯茎の再生治療
歯茎の再生治療

歯茎が下がって、歯の根っこが見えています。歯の色より濃い色をしている部分が歯の根っこです。

歯がゆれてしまっていますので、歯の固定もする必要がありました。

こういったケースでは歯茎を元の位置に戻すのは難しいのですが、これ以上歯茎が下がらないように歯茎を厚くすることで歯周病の進行を予防することができます。

歯茎の再生治療
歯茎の再生治療

下の前歯の裏側の歯茎は完全に回復させるのが難しいのですが、厚みがしっかりと増えているのがわかるかと思います。

 

歯茎の再生治療のページ

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

03−3251−3921


~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真を見ていただいてわかるように回復した歯茎が剥がれてしまっているということはありません。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。

 

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

歯茎が下がってしまったらお早めにご相談ください。

これ以上歯ぐきが下がってしまっては歯の寿命にとって良くないということがあります。

 

歯茎が下がり過ぎる前にご相談ください。

歯ぐきが下がる
歯ぐきが下がる

このお写真を見て、これ以上歯ぐきが下がってしまっては、歯に問題が起こるを思われる方はどれくらいいるのでしょうか?

 

歯を支えている顎の骨、歯茎が無くなるともちろん歯は取れてしまいます。その前になんとかした方が良いとお考えになる方は多いのではないでしょうか。

 

矯正治療で歯並びが良くなっても歯茎が下がってしまっては、歯の寿命も短くなってしまうことが予想されます。

 

歯茎が下がりすぎる前にご相談ください。多くの歯科医院では、歯茎を回復させる治療はご存じないか、歯茎の移植は歯周病を進行させると間違って認識してしまっています。

 

ご安心ください。歯茎は歯の周囲の組織を伴って再生されます。

 

 

歯茎の再生
歯茎の再生

とりあえず片側の歯茎の再生治療を行った後の状態。

 

露出していた歯の根っこを覆っています。風をかけても動かないしっかりとした歯茎ができています。歯周病は進行していません。

 

歯茎の再生治療のページ


~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真や治療法のご説明の内容を掲載する際には、料金や治療のリスクを表示することになっております。治療を検討される際には、注意も合わせてご確認ください。

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

03−3251−3921                                                        0120−25−1839

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上  

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

歯周病で歯茎が下がった方へ

歯周病で歯茎が下がってしまった方は、歯の先端や歯の周囲に歯周病が進行する前に歯周病の治療や歯茎の再生治療を行うことをお勧めします。

 

歯茎が大きく下がってしまった場合には歯を残せない場合もあります。

 

歯茎が下がりすぎると残せない場合もあります。

歯茎が下がってしまう
歯茎が下がってしまう

歯周病が進行してしまった場合,歯茎が下がってしまう事があります.歯周病の進行具合によりますが,再生治療を行って歯周病を回復させる事が可能な場合があります.

 

もちろん、あまり重度にならないうちに歯周病治療を行う事が重要ですが,歯周病が進行してしまった場合はどの段階でも早めに治療を行う事が歯周病の進行を抑える・再生させるためには重要な事になります.

 

歯周病の進行が最終段階になると歯の周囲の骨やもちろん歯茎が無くなってしまいます.そして、周囲の歯の骨もなくなってしまう事もあります.最終段階になると歯周病の治療は難しく歯を抜く事で歯周病菌を除去する事になります.

 

歯周病が進行し始めて歯茎が下がってきてしまった段階でしたら,まず、歯周病治療を行い,骨の再生治療を行う事で、数年後に骨とともに歯茎が回復してくる事を期待する事ができます.

 

骨の再生治療に関しては下記のページに詳しく記載しております。クリックしてご覧ください.

 

骨の再生治療のページ


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。


また、骨の再生治療をお考えの方は無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします.

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

03−3251−3921

歯茎が下がっている方を良く見かけます.歯茎の再生治療で回復させる事もできます.

差し歯の歯茎を含めて、歯茎が下がってしまう事があります.

歯茎が下がってしまった場合、歯ぐきの再生治療で歯茎を回復させる事が可能です.

歯茎が下がるってどういう事でしょう?

歯茎が下がる
歯茎が薄いケース

歯茎が下がる方は普通によくいらっしゃいます.

写真のように歯茎から血管が透けて見える歯茎は下がりやすい粘膜と呼ばれています。角化した丈夫な歯茎が厚みを持っていると歯茎が下がりにくくなります.

歯茎再生を行う事で歯茎の質が良くなります.歯茎の回復と維持のために歯茎再生治療はおすすめです.

 

特に差し歯の部分は歯茎が下がってしまうとお写真のように歯茎が黒く見えてしまい、審美的な問題も起こってしまいます。

 

お写真のケースでは、角化歯肉と言ってコラーゲンに富んだ丈夫な歯茎が少ないために、歯茎の下がりやす以上対となっております。歯茎の質を改善する事で歯茎が下がりにくい状態となります。

 

歯茎の下がってしまった方の治療のページ

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

03−3251−3921

0120−25−1839


~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真や治療法のご説明の内容を掲載する際には、料金や治療のリスクを表示することになっております。治療を検討される際には、注意も合わせてご確認ください。

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

差し歯の歯ぐきの再生を行う新しい審美歯科治療

最近、差し歯の歯茎が下がって歯茎が黒くなってしまったという御相談を受ける事があります.

差し歯の歯茎が下がってしまったり、差し歯の長さが左右でちがう場合に、歯ぐきの再生治療を併用する事で見た目を改善する事ができます.

差し歯の形と歯ぐきの再生治療のバランス良くする行う事が従来の審美歯科では行われていませんでした。新しい審美歯科治療では、歯ぐきの再生治療を行う際に差し歯の形を修正して歯茎になじむようにします.

新しい審美歯科治療では歯茎の位置も整えます.

歯茎の再生と審美歯科
歯茎の再生と審美歯科

歯茎の再生治療の特殊な使用法ですが,審美歯科治療といって前歯を差し歯にする治療を行う場合,よりきれいな歯を入れるために歯の長さを左右で整える必要があります。

 

上の写真のように前歯2本の長さが左右でほんの少しちがってしまうケースでは、歯茎の再生治療を行う事で、歯茎のラインを整えて歯の長さを均等にします。

 

細かい作業ですので、精密な歯茎の再生治療が必要になります.

 

歯茎の再生と審美歯科のページ

 

また、歯茎の炎症がなかなかひかない方は歯周病菌が原因の場合もあります。このような場合は細菌検査にて歯周病菌を確認されることをお勧めしております。

 

歯茎の再生治療と審美歯科治療を希望される方は無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

医療法人社団歯健会 神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分(東京駅の隣の駅です。)

03-3251-3921

0120-25-1839

 


~歯茎の再生治療と審美歯科治療の注意~

 

歯茎の再生治療や審美歯科治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)です。また、オールセラミック の種類によって当院では1本6万円(税別)~15万円(税別)のセラミックを選んでいただいております。

 

料金に関しましては、最小単位の標準的な料金となります。本数の多い場合は、掛け算して計算していただく必要があります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているようなケースのうち、歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

歯茎の再生治療のリスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

審美歯科のリスク

 

 

 

審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。また、オールセラミック の色合いはかなり天然の歯に近いものになりますが、完全に同じものではありません。

下の前歯の歯茎の再生治療

下の前歯の歯茎が下がることは多いのですが、歯茎が下がった時に、通常の歯科医師が取る方法はレジンという詰め物で下がった歯茎を覆います。

 

この方法は、特に歯茎を直したわけではないので、しばらくするとまた歯茎が下がってしまうことになります。

 

特に歯茎が薄い下の前歯に関しましては、歯茎が下がってしまう場合は歯茎の再生治療を行い、歯茎を回復させた上で、歯茎の厚みを増やして歯茎が下がりにくくすることをお勧めしております。

 

下の前歯の歯茎を回復させて厚くするってどういうことですか?

下の前歯の歯茎が下がってレジンという光で固める詰め物で下がった歯茎を覆っています。
下の前歯の歯茎が下がってレジンという光で固める詰め物で下がった歯茎を覆っています。

下の前歯の歯茎が下がってレジンという光で固める詰め物で下がった歯茎を覆っています。

 

お写真の歯茎の状態では、歯茎の厚みが薄いと判断しております。

歯茎の再生治療とレジン充填で歯茎の位置を左右で揃えました。
歯茎の再生治療とレジン充填で歯茎の位置を左右で揃えました。

歯茎の再生治療とレジン充填で歯茎の位置を左右で揃えました。

 

歯茎の位置を上にあげ、歯茎の厚みが厚くなったのがお分かりいただけるでしょうか。

 

歯茎の再生治療では、このように、歯茎の厚みを厚くすることで、歯茎が将来下がりにくくなるようにしております。

 

歯茎の再生治療トップページ


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

知覚過敏の時は歯が削れているかも知れません.

知覚過敏は歯が温度や触った刺激に歯が敏感になってしまっている症状の事ですが,原因に歯の根っこが削れてしまっている場合があります.

 

歯茎が下がって歯の根っこが露出すると歯の根っこは削れやすいため知覚過敏になってしまう事があります.

 

歯ブラシをしても痛いという場合はたいてい歯茎が下がってしまい歯の根っこが露出しています。刺激を加えないというのも一つの方法ですが、歯ぐきの再生により歯茎をもとの状態に戻すことで歯の根っこに刺激が伝わることを防ぐこともできます。

 

歯ぐきの再生って何?と言う方は下記のリンクページから歯ぐきの再生に関して御確認ください.

 

歯茎の再生のページ

 

ただ、知覚過敏だからといっていきなり歯茎の再生治療を行うのではなく、まずは知覚過敏の予防で出来る事を勧められると良いでしょう.

 

歯茎が下がってしまって知覚過敏の方は、とりあえずは歯磨き粉を使用しないで1週間磨いて頂く事をお勧めしております。歯磨き粉の研磨剤が影響して知覚過敏となってしまう事が多いようで、歯磨き粉を使用しないだけで知覚過敏が落ち着く事が多いようです。

 

知覚過敏が落ち着いて歯茎の下がっているのが気になる場合に歯ぐきの再生治療で歯の根っこの露出した部分を覆うと知覚過敏の予防になります.

 

歯ぐきの再生治療を希望される方はただいま無料カウンセリングを行っております.無料カウンセリングは御予約制となりますのでお問い合わせください。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上 

 JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

0120−25−1839

03−3251−3921


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

歯ぐきの再生治療の際には歯の根っこの詰め物を外します.

歯茎の再生治療をする際に受けるご質問の一つに、下がってしまった部分にレジンという白い詰め物をしましたが、それはどうするのですか?と聞かれる事があります。

 

どう言うことかと言いますと、歯茎が下がってしまって、歯の根っこが露出すると知覚過敏になってしまったり、削れてきてしまいます。その際に、多くの歯科医院では露出してしまった歯の根っこをレジンという接着性のある詰め物で覆います。

 

この、歯の根っこを覆っているレジンをどうするか?というご質問を受けます。

 

外すとしみてしまったりはしますが、歯茎の再生治療前には一旦取り除かせていただいております。歯の根っこと歯茎はくっ付きますが、レジンと歯茎はくっつかないためです。

 

ただ、レジンが、歯の先端寄りまで広範囲に詰めてあった場合は、歯茎の再生治療前に修正するか、治療後に安定してから詰め治します。

歯ぐきの再生治療の流れ
歯ぐきの再生治療の流れ

歯ぐきの再生治療の流れですが,いきなり行うわけでは無く、歯ぐきの再生治療が可能な環境をまずは整えます.

 

例えば、歯ぐきの再生治療を行う際には下がった歯茎に詰めてあった詰め物を外して歯の根っこを詰め物が覆っていない状態にします.その後に歯ぐきの再生治療を行います.詰め物を残しておくと歯茎が歯の根っこと結合しないため、しっかりと処置前に、治療部分の詰め物をお取りします.

 

歯の詰め物を取り除いた場合、歯ぐきの再生後2ヶ月程して歯茎の位置が落ち着いたら歯茎の多い具合に合わせて再度歯茎の詰め物を入れ直す事もあります.虫歯や知覚過敏の無い場合は詰め物を入れずに経過を見ていきます.

 

歯ぐきの再生治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.歯ぐきの再生治療をお考えの方はクリックしてご覧ください.

 

歯ぐきの再生治療のページ

 

また、歯ぐきの再生治療を希望される方は無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.無料カウンセリングは予約制となります.ご予約をお取りいただいてからご来院ください.

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

0120−25−1839


~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真や治療法のご説明の内容を掲載する際には、料金や治療のリスクを表示することになっております。治療を検討される際には、注意も合わせてご確認ください。

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

上のシェアボタンをクリックしてご覧ください。

歯ぐきの再生治療前にお掃除します

歯茎が下がってしまった方の歯茎の再生治療を行う際には、歯茎が腫れているとよくありません。

 

歯茎が下がってしまって、歯ブラシがしっかりとできなかったと言われる方も多いので、歯茎の再生前に掃除をする必要があることもあります。


歯茎が下がってしまっていても、歯茎が炎症を起こしていたり、歯石がついてしまっている場合は、まず歯石をお取りしたり歯ぐきの腫れを引かせる処置を行う必要があります.


歯ぐきの腫れが落ち着いた段階で歯ぐきの再生治療を行います.

歯ぐきの再生治療までの流れ

歯茎が腫れている状態では歯茎が炎症を起こしていますので、歯茎の炎症を取ってから歯茎の再生治療を行います。

 

歯石がついている場合など歯茎の再生治療の前にしっかりと歯石を取り除き、歯茎の炎症を抑えてから歯茎の再生治療を行います。

 

歯茎が腫れている状態では外科後にお痛みが出てしまう原因にもなりますし、歯茎を切りますので歯茎の内部に細菌が入り込んで炎症を広げてしまう可能性もあります。

 

短期間に炎症を抑える方法として、歯周内科治療という方法もあります。

歯周内科治療は細菌検査を行って原因となるカビが成熟してしまっていた場合、カビ取りシロップを歯ブラシにつけて磨くことで除菌する方法です。

 

歯周内科治療に関しては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.

 

歯周内科のページ

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921                 

0120−25−1839


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

歯ぐきの再生治療のみを出来るか?

かかりつけの先生が歯ぐきの再生治療をできない場合どうするの?という方へ

 

歯ぐきの再生治療を行っている歯科医院が少ないため、インプラント後の歯茎の退縮、差し歯の歯茎が下がって黒く見える場合,矯正治療後の歯茎の退縮など、かかりつけの先生がいるけど、その病院で歯ぐきの再生治療が出来ないと言う場合があります.

 

当院では、そういったかかりつけの先生が別にいらっしゃる方に対して、歯ぐきの再生治療だけを治療する事も可能です.

 

遠方からご来院される方もいらっしゃいますが,普段のメンテナンスはお近くのかかりつけの医院でされて歯ぐきの再生治療だけ当院で行う事も可能です.

 


歯ぐきの再生治療の御相談

いろいろな国の方に矯正をした時のの歯茎の下がりのご質問をいただきます。矯正治療を行うと歯茎が下がってしまうことが多いようです。典型的なご質問にご回答いたします。

 

Q.現在成人矯正中です。歯茎がとても下がり続けて悩んでおります。
歯と歯の間も隙間が開いてしまってとても見苦しい状態です。


矯正中の医師は独り言ので歯茎が痩せたな~とだけしか言わず、特に治療などの話をしてもらっていません。


他の歯医者で矯正中の私でもこちらで歯茎の治療のみは可能でしょうか。

 

A.歯茎の治療のみを当院で行うことは可能です。矯正の先生を含めて、多くの歯科の先生は歯茎の再生治療を行っておりませんので、歯茎の再生治療のみを当院で行ってそのほかの治療はかかりつけの先生で行う方もいらっしゃいます。

 

遠方からいらっしゃる方は定期的なメンテナンスはお近くの歯医者さんで行うことも多いようです。

 

矯正と歯茎の退縮に関するページ


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 


歯ぐきの再生治療の無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839

03−3251−3921

メモ: * は入力必須項目です

差し歯の歯茎が下がった場合、歯茎の再生治療が有効です。

差し歯の見た目をよくするために、下がった歯茎を再生させて元の状態に戻すことをお勧めしています。

 

歯茎の再生治療を行うことで、左右の歯の大きさをそろえることができるようになり、審美歯科治療の結果をさらに審美的に行うことができることがあります。

 

差し歯の部分の歯茎が下がったままでは、左右で長さの違う差し歯になってしまいます。特に前歯の差し歯の場合は目立ってしまいます。

 

例えば、歯茎が下がって長くなってしまった八重歯を審美歯科治療する際に、歯茎を元の状態に回復させることで平均的な長さのセラミックを入れることができるようになります。

 

差し歯の治療前に八重歯を歯茎再生し、審美歯科を行ったケース

八重歯の歯茎の退縮
八重歯の歯茎の退縮

八重歯の歯周病が進行し、歯茎も下がってしまっています.

ご希望は審美的に歯並びを良くしたいという事で、上の歯を審美歯科と歯茎の再生を行い、下の歯を部分矯正する事になりました.

歯茎の治療中の状態
歯茎の治療開始から3ヶ月後

上の歯の歯茎のラインをそろえる為に歯茎の下がってしまっている部分の歯茎再生を行い、仮歯を入れました.又、下の歯並びは部分矯正を行っています.治療開始から3ヶ月後の状態

 

差し歯の長さが左右でちがうといったことが気になる場合、歯茎の再生治療を行っております。詳しく知りたい方は下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。クリックしてご覧ください。

 

歯茎と審美歯科治療に関するページ


~歯茎の再生治療と審美歯科治療の注意~

 

お写真を見ていただいてわかるように回復した歯茎が剥がれてしまっているということはありません。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。

お写真では、上前歯6本の歯茎の再生治療と合わせてオールセラミック 6本の治療を行っております。

 

歯茎の再生治療や審美歯科治療、部分矯正治療は保険外診療となります。歯茎の再生治療6本で14万円(税別)オールセラミック 6本で60万円(税別)、部分矯正治療下の前歯10万円(税別)かかりました。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

 

 

また、審美歯科で歯並びを治す場合、歯の神経を取り除かないと知覚過敏や痛みが出てしまう場合があります。


下の歯の裏側の歯茎の再生

下の前歯は、歯茎が下がってしまうと歯茎を回復させるのが難しい部位です。

そのため、凄く下がってしまう前に、少し歯茎が下がり始めた段階に歯茎の再生治療を行って、歯茎の厚みを出しておくことで、今後の歯茎が下がることを予防する方法が有効です。

歯の裏側の歯茎が薄い場合などは、お早めに歯茎の再生治療をされた方が良いかもしれません。

下の前歯の裏側の歯茎の再生治療ケース

歯茎が薄く、ほんの少し歯茎が下がり始めています
歯茎が薄く、ほんの少し歯茎が下がり始めています

歯茎が薄く、ほんの少し歯茎が下がり始めています。

歯茎が薄く、ほんの少し歯茎が下がり始めています
歯茎が薄く、ほんの少し歯茎が下がり始めています

将来的な歯茎の退縮予防も兼ねて歯茎の再生治療を行い、歯茎の厚みを増しました。

 

歯茎の再生治療の難しいケースのページ

 


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

歯周病で下がった歯茎を歯茎の再生治療で治します。

あなたの歯茎は歯周病で下がってしまっていませんか?

 

歯茎が下がって歯周病の問題が大きくなる前に歯茎の再生治療で回復させる方法があるのはご存知でしょうか?今回は歯周病で下がってしまった歯茎に対する歯茎の再生治療に関してご紹介いたします。

 

歯周病には感染があり、炎症反応の結果起きるものと、感染がないけど、歯ブラシや歯ぎしりなどの機械的な刺激で歯茎が歯からはがれてしまう歯周病があります。

 

感染のある歯周病は、歯ブラシなどで出血したり歯茎が腫れたりします。しっかりと歯石を取り、感染を除去することが必要です。いわゆる歯槽膿漏と言われているように歯茎が腫れて膿が出てしまっているケースは感染のある歯周病に分類できます.感染を除去する事がまず必要になります.

 

感染のない歯周病は歯茎を再生させることで元に戻ります。歯茎が腫れていないのに歯茎が下がってしまっているケースはこの感染のないケースと言えます.

 

歯周病が進行してしまっている場合の歯茎の再生は非常に難しい治療となります。歯茎の内部の骨を再生させる必要があります. 

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

0120−25−1839


~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真を見ていただいてわかるように回復した歯茎が剥がれてしまっているということはありません。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。

 

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

新しい審美歯科治療では歯茎の再生治療を行います。

歯茎が下がった時の見た目が気になっていませんか?

 

新しい審美歯科治療では、歯茎の位置を回復させて見た目をきれいに変えることができます。

 

例えば、歯茎が退縮してしまい、歯が長くなってしまっては、見た目が悪くなってしまった方に有効な治療方法です。

 

歯茎が退縮しても、歯茎を回復させた上できれいな歯にする事ができます。

この方法は、歯茎の再生治療と審美歯科の方法を合わせて行います。

歯茎の再生と審美歯科を同時に行ったケース

歯茎の再生
歯茎と審美歯科

歯茎が長くなって今っています.セラミックの歯とご自身の歯ぐきの間に境界が見えています。この部分は歯の根っこになります。歯茎の再生では、歯の根っこの部分を歯ぐきで覆います。

審美歯科治療では、歯の長さを調整することが大切です。

歯茎と審美歯科
歯茎と審美歯科

歯茎を再生させました.歯の根っこの部分は歯ぐきで覆われ、セラミックの歯と歯ぐきの間の境界が歯ぐきで覆われました。

歯の大きさが平均的なものとなりました.このため、歯の大きさが自然になります。

審美歯科治療では大きさのバランスを取ることが大切になります。



特に歯茎が退縮して見た目が気になると言う方は歯茎の退縮に合わせて審美歯科治療を行います.歯ぐきの再生と審美歯科治療に関しての詳しいページは下記のリンクページとなります.クリックしてご覧ください.

歯茎と審美歯科のページはこちら

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120-25-1839

03−3251−3921


~歯茎の再生治療と審美歯科治療の注意~

 

 

 

歯茎の再生治療や審美歯科治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)です。また、オールセラミック の種類によって当院では1本6万円(税別)~15万円(税別)のセラミックを選んでいただいております。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているようなケースのうち、歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

歯茎の再生治療のリスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

審美歯科のリスク

 

 

審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。また、オールセラミック の色合いはかなり天然の歯に近いものになりますが、完全に同じものではありません。

 

矯正治療中の歯茎の再生について

矯正治療中の歯茎退縮ですが、よくあるご質問です。ご参考になさってください。可能であればご来院されることをお勧めしております。


Q.

矯正治療中の者です。

装置が上下についている状態ですが、診ていただくことは可能でしょうか。

左下の前歯、犬歯ら辺の歯茎を指で押すと少しですが出血します。歯石を取るなど掃除をしてもらったのですが、まだ出血があります。かかりつけの医師には「過度の圧力がかかっている可能性がある」と言われました。この部分だけ歯茎が下がってきており、とても気になって仕方がありません。歯茎再生も考えております。このような状況で、診ていただくことは可能でしょうか。

 

A.

矯正治療中の歯茎からの出血は、通常はブラシで磨けていないことが原因となります。矯正器具が邪魔をしてしっかりと磨けない場合は、小さい毛先の歯ブラシを使用していただくか、矯正用の糸ようじを使用していただいて細かく磨くことをお勧めしておりますが、いかがでしょうか。

 

また、矯正治療中の歯茎の下がりに関しましては、緊急の場合以外は矯正治療後に歯茎の再生治療を行います。

まずは現状を拝見いたします。

 


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

0120−25−1839

03−3251−3921

メモ: * は入力必須項目です

糖尿病の方にお勧めの歯周病治療

糖尿病で歯周病の方は、歯周病の治療が重要だということが知られてきています。

 

歯周病は糖尿病の治療の効果を出にくくするリスクがあり、糖尿病の方は歯周病を治さないと糖尿病が治りにくくなることがわかってきています。

 

ただ、歯周病の方は体の抵抗力が弱いためか歯周病が進行しやすく、治療の効果が出にくい場合が多いようです。

 

こうした、糖尿病で歯周病が治りにくい方には、歯周内科治療がお勧めです。

 

歯周内科治療では、歯周病の原因菌、カビをお薬で除去してしまいますので、短期間にお口の中がきれいな状態になります。そして、問題のある部分の歯石を除菌後に取り除くため、体の内部に歯石をお取りし後細菌が侵入して感染を起こすリスクも低くなりますし、腫れにくくなります。

 

歯周内科治療が糖尿病の方におすすめなのは、重度の歯周病に対しても外科処置をしなくてはいけないケースが減ることです。歯周内科治療を行うことで、歯茎が引き締まってくれるため、外科的に歯茎を開いて歯茎の内部の歯石を取り除く必要が少なくなります。糖尿病の方はあまり外科的な対応をしないほうが良いので、この点でもお勧めかと思います。

 

歯周内科治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。クリックしてご覧ください。

 

歯周内科治療のページ

 

糖尿病は感染に対して体の抵抗が弱くなってしまうために歯周病などの細菌による感染がおきやすくなります。歯周病の治療をするときは糖尿に関しても治療される方がよいでしょう。

 

特に,再生治療など外科的な処置をする場合はしっかりと炎症を落ち着かせてからの処置にしています。まずは間然しやすいという事を認識してしっかりと歯ブラシを行う事が大切です。

 

また、糖尿病のリスクのある方は、喫煙習慣を変える事もお勧めしております。喫煙によって再生治療の成功率は大幅に下がってしまう事が知られています。

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上  

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です)

03−3251−3921                

0120-25-1839

 

営業時間

11:00~20:00(水木は18時まで)

昼休み

14:00~15:30

 

休診日

日曜日、祝日

 

となっております。

歯茎の再生ブログ 再生治療はどうするのか?

歯茎の移植前
歯茎の移植前

歯茎の移植前の状態です。下がってしまっている差し歯の部分を仮歯に変えた上で歯茎の再生治療を行います。

歯茎の移植後1週間の状態
歯茎の移植後1週間の状態

歯茎の移植後1週間の状態。左側に歯茎の移植を行った後少し腫れています。

 

この状態でもお痛みはありません。治癒の最中ですので触らないようにすることが大切です。

オールセラミック完成後の状態
オールセラミック完成後の状態

治癒後の状態です。

 

縫い後もなく綺麗な歯茎になっています。

歯茎の再生処置について

歯茎の再生治療では、痩せて下がってしまった歯茎をもとの位置に戻します。簡単な移植を伴う処置になります。簡単な麻酔を行い1カ所30分ほどで終了します。

 

歯茎の下がってしまったところを移植した皮膚で覆う事で、歯茎が再生されてきます。数週間で色が落ち着いてきます。

 

処置後は痛みどめを通常1錠飲んでいただく程度で後は痛みを感じることは通常ありません。

薬は抗生剤をお出しします。

 

料金は保険がきかず通常7万円~となります。

 

無料カウンセリングで料金に関しましては詳しくご説明いたします。

 

 

歯茎が下がってしまった場合、審美歯科治療やインプラント治療の経過を悪くしてしまいます。

 

 審美歯科治療を行って、きれいな歯が入っても歯茎が下がって歯茎が黒く見えてしまったり、歯茎が下がった部分から虫歯や歯周病が進行してしまっては審美歯科治療の結果を長く保つことができません。

 

 インプラント治療でも歯茎が下がってしまうことでインプラントに炎症が起こりやすくなってしまいます。

 

歯茎の再生治療行うことで歯茎の厚みを増して虫歯や歯周病を予防します。

歯茎 再生

 

歯ぐきの再生をお考えの方は、無料カウンセリングを行っておりますので、ご利用ください.無料カウンセリングにて治療方法のご説明,お見積もりのお渡しを行います.

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

0120−25−1839

03−3251−3921


~歯茎の再生治療と審美歯科治療の注意~

 

歯茎の再生治療や審美歯科治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)です。また、オールセラミック の種類によって当院では1本6万円(税別)~15万円(税別)のセラミックを選んでいただいております。

 

料金に関しましては、最小単位の標準的な料金となります。本数の多い場合は、掛け算して計算していただく必要があります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているようなケースのうち、歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

歯茎の再生治療のリスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

審美歯科のリスク

 

 

 

審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。また、オールセラミック の色合いはかなり天然の歯に近いものになりますが、完全に同じものではありません。

八重歯の歯茎が下がってしまった時の歯茎の再生治療

歯並びが悪い、あるいは歯が飛び出してしまっている八重歯や出っ歯の歯茎は下がりやすいことが知られています。

これは、飛び出して並んでいる歯の周囲の歯茎は薄いために歯茎がダメージを受けた時に回復しないことも影響しています。

歯茎が現状以上に下がらないようにするために、歯茎の厚みを増す歯茎の再生治療や、増骨矯正治療は有効な方法です。

八重歯の歯茎が下がってしまったケース

八重歯の歯は4本とも歯茎が下がってしまっています
八重歯の歯は4本とも歯茎が下がってしまっています

八重歯の歯は4本とも歯茎が下がってしまっています。下の前歯も出てしまっている部分の歯茎が下がってしまっています。

 

このケースのように、八重歯の歯や出っぱった歯の歯茎は下がりやすいことがわかっています。

 

八重歯の歯茎を再生させた状態
八重歯の歯茎を再生させた状態

八重歯の歯茎を再生させた状態。1回の処置で下がってしまっていた歯茎を再生させることができました。(9箇所の歯茎の再生治療を行っております。)

 

ただ、やはり歯を支える骨はないため、この後増骨矯正治療を行って歯の周囲の骨の厚みを増やしておくことをお勧めしております。

 

増骨矯正治療のページ

 

歯茎の再生治療のページ


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。


歯茎の再生治療などの無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

03−3251−3921

0120-25-1839

メモ: * は入力必須項目です

ブリッジの差し歯の歯茎を増やす治療

ブリッジの歯茎が窪んで物が詰まりやすくなったりはしていませんか?

 

歯を抜いてブリッジの差し歯を入れる場合にもとの歯があったときの歯茎に比べて歯茎が窪んでしまう事があります.

 

歯茎が窪んだ状態で差し歯のブリッジを入れると長い歯になってしまいますしいびつな形となってしまいます.

 

そのため、特に前の歯のブリッジの歯茎が窪んでしまったときに歯茎の窪みを回復させる為に歯ぐきの再生治療を行う事があります.

 

歯ぐきの再生治療を行う事でブリッジの差し歯の見た目が良くなります.

 


ブリッジの差し歯の歯ぐきの再生

歯を抜くと歯茎がくぼんできてしまいます。くぼんだ歯茎を回復させる場合にも歯茎の再生治療が有効な場合があります。

特に前歯の審美歯科治療を行う場合は本の数ミリの歯の長さのちがいで見た目の印象が大きく変わってしまいますので、歯茎の位置が重要になります.

オールセラミックブリッジ
オールセラミックブリッジ

前歯2本が無く、隣の2本の歯茎が下がって虫歯になってしまっています.歯茎を覆い、前歯2本も長く見えないようにセラミックを外して仮歯に変えた後、歯茎の再生治療を行いました.

オールセラミックブリッジ
オールセラミックブリッジ

歯茎の再生治療後に仮歯を調整した後の状態。

 

長かった仮歯を短くすることができました。また、前歯の歯茎の厚みが増して仮歯の上に乗ってきています。

 

歯茎の厚みが増すことで、仮歯と歯茎の接触が大きくなり、息が漏れるのを防いだり、物が詰まりにくくなります。



歯ぐきの再生治療に関するページは下記のリンクページをクリックしてご覧ください.

 

歯茎の再生のページ

 

 


~歯茎の再生治療と審美歯科治療の注意~

 

歯茎の再生治療や審美歯科治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)です。また、オールセラミック の種類によって当院では1本6万円(税別)~15万円(税別)のセラミックを選んでいただいております。

 

料金に関しましては、最小単位の標準的な料金となります。本数の多い場合は、掛け算して計算していただく必要があります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているようなケースのうち、歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

歯茎の再生治療のリスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

審美歯科のリスク

 

 

 

審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。また、オールセラミック の色合いはかなり天然の歯に近いものになりますが、完全に同じものではありません。


歯茎の再生治療など無料カウンセリングのお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839

03-3251-3921

メモ: * は入力必須項目です

歯茎が下がって見た目が悪くなってしまった場合の新しい歯科治療は歯茎の再生治療です。

歯茎は年々下がってしまうため、歯の長さは年々長く見えるようになります。

また、差し歯や詰め物を歯茎の境まで行っている場合は、年々黒ずんできてしまいます。

 

見た目をきれいにリセットしたいというのであれば、下がった歯茎を歯茎の再生治療で回復させる、詰め物が黒くなってしまったら交換するなどの処置を行うことで、見た目が以前のように(あるいは以前より良い状態に)回復します。


歯茎の再生治療と差し歯の治療を行ったケース

歯茎再生の前
歯茎再生の前

歯茎が下がってしまって歯の根っこが見えています.この状態では審美的には見えません。

歯茎の再生治療を行う事で、見た目にもきれいになります.また、審美歯科治療を行うのでしたら、歯茎を回復してから治療を行う事をお勧めしております.歯の長さが長くならないようにする事ができます.

歯茎再生の後
歯茎再生の後

歯茎の再生治療を行う事で下がってしまった歯茎をもとの状態に戻す事ができました.前歯4本を審美歯科治療で行っていますが、長さを長くしないで済みました.前歯の長さが不揃いな部分は追加で歯茎の再生治療を行う事で歯茎のラインをそろえる事ができます.



お写真のような歯茎の下がった状態で審美歯科を行う場合は、歯茎の再生治療を行ってから審美歯科をすることが重要です。歯の見た目の審美性は歯の長さによるものも多いため、歯茎の再生治療を行わずに審美歯科を行うと長い歯が出来てしまいます。

 

審美歯科と歯ぐきの再生治療に関しましては下記のページに詳しい内容を記載させて頂いております.治療をお考えの方はクリックしてご覧ください.

 

審美歯科と歯茎の再生のページ

 

また、ただいま歯ぐきの再生治療と審美歯科治療をご希望されている方に無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.無料カウンセリングは御予約制となりますのでご来院前にご連絡ください.

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

03−3251−3921

0120−25−1839


~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真や治療法のご説明の内容を掲載する際には、料金や治療のリスクを表示することになっております。治療を検討される際には、注意も合わせてご確認ください。

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

歯ぐきの再生治療ケース

歯ぐきの再生治療
歯ぐきの再生治療

歯茎がやせてしまった場合、歯茎を回復させるために、歯ぐきの再生治療を行う事があります.今回は下の前歯の歯茎が下がってしまっている場合の歯ぐきの再生治療をご紹介します.

歯ぐきの再生治療
歯ぐきの再生治療

歯茎のやせてしまっていた部分の変色した歯の根っこが見えなくなっているのがわかるかと思います.

 

また、傷跡や変色も見られないきれいな歯ぐきの再生治療ができました.簡単なようですが,きれいな歯ぐきの再生治療はどこの歯科医院でもできるわけではない難しい治療になります.

 

歯ぐきの再生治療のページも合わせてご覧ください.

 

歯茎の再生 1ヶ月
歯茎の再生 1ヶ月

~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真を見ていただいてわかるように回復した歯茎が剥がれてしまっているということはありません。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。

 

お写真では、下の前歯6本の歯茎の再生治療を行っております。

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。歯茎の再生治療6本で14万円(税別)かかりました。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

歯茎の再生と痛みについて

歯茎再生をお考えの方でお痛みが心配な方、歯科治療自体が怖い方がいらっしゃると思います。歯科治療に関しましてはまず痛いという先入観があるのかもしれません。

 

歯茎の再生治療は親知らずを抜く治療などに比べるとかなりお痛みのない治療となります。治療中もそうですが、治療後の痛みも比較的少ない治療となります。

 

虫歯治療が可能な方はほぼ歯茎の再生治療も大丈夫でしょう。

 

歯茎の再生治療は、皮膚の移植を伴う外科処置ですが、麻酔をしていますので術中の痛みはほぼ感じないでしょうし、時間も30分~60分ほどで終わります。痛いというより緊張したという感想をよくお聞きします。

 

再生治療後のお痛みは通常痛み止めを我慢できる程度です。半数の方が痛み止めを飲まずに過ごされる感じです。お痛みの感じ方は個人差がありますが、痛みが続くことはありません。

 

どうしても怖いという方は、静脈内鎮静法という全身麻酔で処置をします。内視鏡の検査などでも使用されているようです。

 

麻酔の先生を呼んで無意識のうちに処置をします。

 

歯茎の再生とお痛みに関しましては下記のンリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。クリックしてご覧ください。

 

歯茎の再生と痛み

 

お痛みを気にされている方はご心配ありません。お痛みどめを飲んでいただくだけで痛みは落ち着きます。

 

歯茎の再生治療を希望される方はただいま無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください。無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積りのお渡しをいたします。無料カウンセリングは御予約制とさせていただいております。

 

 


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F スターバックス上 

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です)

03-3251-3921              

 0120-25-1839

営業時間

月・火・金11:00~20:00

水・木      11:00~18:00

土      11:00~19:00

昼休み

14:00~15:30

 

休診日

日曜日、祝日

 

となっております。

メモ: * は入力必須項目です

洗口剤の使用方法

歯周病に効果のある洗口剤(うがい薬)がいろいろあります。効果のある場合もございますが、使い続けることには賛成できません。

 

当院では、歯茎の再生治療後に歯ブラシをできない期間に消毒効果のある洗口剤を使用していただいております。完全な効果があるわけではないので、1週間おきにお掃除に来院していただいております。歯茎の再生治療後1か月後から柔らかい歯ブラシで歯を磨き始めていただきます。

 

洗口剤は細菌を選ばずすべての菌を殺してしまいます。

口の中の細菌はたくさんいますが、バランスよく生息しているため、何か特定の菌が増殖することは起きにくいと考えられます。ところが、洗口剤で細菌を消毒するとほっぺたや舌など、消毒しやすい部分の菌は消毒され、歯周病の菌のように洗口剤の効果が効きにくいところの菌が生き残ってしまう可能性が高いと思われます。

生き残った菌はライバルの菌がいないので自由に増殖することが可能になるでしょう。

その結果問題の菌を増殖させてしまうのではないでしょうか?

 

最近、パーフェクトぺリオという次亜塩素酸の消毒剤の話題がありますが、この洗口剤も細菌を選ばずに消毒するものなので、一時的に細菌が死んでも細菌の比率に問題が出てくるのではないかと思います。大学が推奨していたような誤報もありました。

使用するのは、追跡調査の結果が出てくるのを待ったほうがいいかもしれません。

 

歯周病のページ

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

0120−25−1839

03−3251−3921

いろいろなタイプの歯茎の下がり方

様々なタイプの歯茎の下がり方があります.

 

全体的に下がってしまう方,下の前歯に限定して下がってしまう方,歯並びの悪い所の歯茎が下がってしまう方、犬歯に限定して歯茎が下がってしまっている方など、いろいろなタイプの歯茎の下がり方があります.

 

歯磨きがいつも強く当たってしまう部分、顎の骨の薄い部分、噛み合わせの強く当たってしまっている部分などが歯茎が下がってしまいやすい場所になります.

 

歯茎が下がってしまった場合、歯ブラシの仕方、歯ぎしりの管理、噛み合わせの調整、歯の固定、歯ぐきの再生治療などを複合的に行う事で、下がった歯茎を回復させております.


様々なタイプの歯茎の下がり方

歯茎が下がってしまうと何が問題になるのでしょうか?

 

もちろん見た目に悪いという事があります。差し歯の歯茎が下がってしまった場合は、歯茎が黒く見えてしまいますし、見た目を改善するために歯茎を回復したいという方もいらっしゃいます.

 

ただ、多くの方に取って歯茎の下がる事で歯が抜けてしまうのではないかという心配の方が見た目以上に重要に感じられていらっしゃるのではないでしょうか。

 

歯茎が下がると歯茎もなくなりますし、歯を支えている歯の周囲の骨もなくなります.そのため、根っこの長さに近いところまで歯茎が下がってしまうと歯の根っこを支えている骨が完全にないという状態になります.この状態では歯を抜く事になってしまいます.

 

歯茎が下がりやすい歯茎の薄い方は、歯茎の厚みを増やし、下がった歯茎を回復させる歯茎の再生治療を行う事で、歯茎の下がりを予防する事ができます.

 

ご自身の歯を守るために歯茎の下がってしまった方は歯茎の再生治療をお勧めしています.

 歯ぐきの再生治療の流れに関しましては下記のリンクページをクリックしてご覧ください.

歯ぐきの再生治療の流れのページ


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です)

0120-25-1839

03-3251-3921

歯茎の位置を整える審美歯科は歯茎の再生治療が有効です。

歯並びを審美歯科で治す場合、歯茎の位置が上下にずれてしまう場合があります。歯茎の再生治療を行うことで歯茎の位置を修正することができます。

歯茎の位置を変えるための歯茎の再生治療

歯周病と歯並び 
歯周病と歯並び 治療前

歯並びの悪い方の審美歯科治療では、歯茎の位置を修正する必要があります。歯並びが悪い場合は、歯の位置に伴って歯茎の位置が悪いために、歯だけを直しても大きさの不揃いな歯になってしまうためです。

 

修正方法は、矯正をするか、セラミック治療と外科的に歯茎の位置をかえるかを選んでいただいております。

 

この場合は、セラミックと外科的に歯茎の整形・再生を行いました。歯ぐきのないところは歯茎の再生を行い、歯ぐきの多いところは歯ぐきの整形を行います。

 

歯周病の方は、少し方法が変わって、歯ぐきの中の歯石を取ることと、歯周ポケットがなくなる歯周外科という方法を行います。

 

歯茎の再生治療は下がってしまった歯茎を回復させる方法です。移植を伴う場合が多いです。歯茎の再生治療に関しましては下記のリンクページをクリックしてご覧ください。

 

歯茎の再治療のページ

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

0120−25−1839


歯茎の再生治療の注意


お写真を見ていただいてわかるように歯茎が回復しております。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。お写真では、画面上前歯6本の再生治療を行っております。また、合わせてオールセラミック6本の治療を行なっております。


歯茎が下がって歯の根が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。


歯茎の再生治療および、セラミック治療は保険外診療となります。このケースでは、歯茎の再生治療14万円(税別)オールセラミック治療36万円(税別)かかりました。


また、歯茎の再生治療はリスクもあります。外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。症例数をなるべくたくさん掲載しておりますので、いろいろなケースをご覧ください。

歯茎の再生治療は差し歯の見た目を良くするためにも役に立ちます。

差し歯の歯茎が下がってしまって歯茎が黒い場合、歯茎が下がったところに差し歯を入れたりして差し歯の長さが長い場合など、差し歯と歯茎の問題は良くお見かけします。

 

差し歯の歯茎が黒くなる原因の大半が歯茎が下がって歯の根っこが見えてしまうことが原因です。また、差し歯の歯茎が下がったまま放置していると歯の根っこが虫歯になって場合によっては歯が折れてしまうこともあります。

 

また、歯茎が下がってしまった歯の差し歯治療をする際、下がったままの歯茎で差し歯を入れると長い差し歯になってしまいます。

 

歯茎の再生治療を行うことで、差し歯の歯茎が下がりにくくなるため、差し歯の歯茎が黒くなることを予防します。また、歯茎の再生治療は左右の歯の歯茎の位置を揃えることができますので、歯の大きさを左右で合わせることができます。


差し歯の見た目を良くする歯茎の再生治療例

歯茎の再生治療
歯茎の再生治療

差し歯の歯茎が下がって黒くなったところをレジンという詰め物で覆っていますが、詰めてあるのも見た目が悪くなってしまっています。

 

また、オールセラミックの差し歯の長さが左右でちがいます。

 

歯茎の再生治療
歯茎の再生治療

歯茎の再生治療を行った上で、差し歯の交換をしました。

 

歯茎の厚みが増したため歯茎が下がりにくくなります。また、歯茎の位置を修正して整えることで、差し歯の大きさが左右で揃います。

 

差し歯を、きれいに見せて、その上長くもたせるために、古くなってしまった差し歯をきれい新しくしたい場合は歯茎の再生治療を合わせて行うことをお勧めしております。

 

歯茎の再生と審美歯科のページ

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

03−3251−3921


~歯茎の再生治療と審美歯科治療の注意~

 

 

 

歯茎の再生治療や審美歯科治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)です。また、オールセラミック の種類によって当院では1本6万円(税別)~15万円(税別)のセラミックを選んでいただいております。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているようなケースのうち、歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

歯茎の再生治療のリスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

審美歯科のリスク

 

 

審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。また、オールセラミック の色合いはかなり天然の歯に近いものになりますが、完全に同じものではありません。

歯茎の出血が引いても歯周病は治っていない?

歯ブラシする時に出血しなくなったから大丈夫!?

 

歯ブラシをした時に出血があるとしっかりと磨かなくてはいけないと考えるかとおもいますが、慌ててしっかりと磨き始めて出血がおちついたからといって、歯周病が治ったわけではないということはよくある話です。

 

歯ぐきが腫れた時に、歯ぐきの中に入り込んだ歯石が徐々に歯周病を進行させてしまっているかもしれません。

 

歯磨き粉を良くすれば歯周病は治るの?

 

歯周病は自覚症状として、歯茎の腫れや出血がわかりやすいので、歯磨き粉の宣伝では、歯茎の腫れや出血を抑えるような表現のものが多いと思います。

 

歯茎の出血が抑えられると安心感がありますが,実際は歯周病が治った訳ではありませんので、歯磨き粉を変えても安心できる物ではありません。

 

歯茎の腫れや出血は細菌の感染の結果としておきるものですので、原因の細菌を取り除かなくては一時的な効果となってしまいます。細菌を取り除いていないのに歯茎が引き締まると、治ったものと勘違いして放置してしまう傾向がありますので、逆に危険だと思います。歯磨き粉では細菌を取り除けません。ご注意を

 

歯周病のページ

 

歯磨き粉の中には歯を強化するフッ素や歯の表面の着色を落とす研磨剤などの成分が入っていますので、歯磨き粉を使用すること自体はお勧めしております。歯周病でも虫歯でも治るとか、歯磨きが万能だと考えないことが重要です。

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

03−3251−3921


営業時間

11:00~20:00

昼休み

14:00~15:30

 

休診日

日曜日、祝日

 

となっております。

歯周病で下がった歯茎を戻す方法の一つに部分矯正法があります.

あなたは歯科治療中に歯茎が下がってきてお困りではありませんか?

 

歯周病が進行して歯茎が下がってしまう方が多くいらっしゃいます。だんだんはが長くなってきたという方は、歯が長くなったのではなく、歯茎が下がって歯が長く見えるようになったということが起こっています。

 

歯周病で歯茎が下がってしまった場合、単純に歯茎の再生だけでは歯茎が回復しません。歯周病が進行してしまった場合は、歯の周囲を支える骨が吸収してしまっています。骨がない場合は歯茎の再生治療がうまくいきません。

 

特に、前歯の歯科治療中に歯茎が下がって見た目が悪いという御相談を受ける事がよくあります.奥歯の歯茎より前歯の方が目立ってしまいますので、審美歯科と合わせて治療を希望される事が多いようです。

 

今回は、歯周病で前歯の歯茎が下がってしまった時に見た目を改善する部分矯正方という治療法のご紹介です.

 

部分矯正方は、歯を移動しますので、歯を支える骨も合わせて移動する事が可能になります。下がってしまった歯ぐきを改善し歯の見た目を良くする事ができます。

 

ただ、どこの歯医者でも行っている治療ではないので、多くの歯科医院で説明を受けられないという問題があります。症例を合わせて解説をいたします。

歯茎が下がったときの治療例

部分矯正法
治療前

歯周病で歯茎が下がってしまった場合、歯周ポケットが無いなら部分矯正法で歯茎の位置をそろえる事ができます.画面右側の仮歯が長いのを気にされてご来院されました.

歯周病のポケットは少なくなっていました.部分矯正法で歯茎のラインをそろえる事にしました.

部分矯正法
治療中 

画面の右側の前歯から2番目の歯を部分矯正法で仮歯の裏側からゴムで引っ張っています.物が詰まりやすいという事以外にそれほど生活に支障はありません.歯茎がだいぶ並んできました.

 

歯周病治療と歯並びに関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.クリックしてご覧ください.

 

歯周病と歯並びのページ

 

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

0120-25-1839

03−3251−3921


~歯茎の再生治療と審美歯科治療の注意~

 

 

 

歯茎の再生治療や審美歯科治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)です。また、オールセラミック の種類によって当院では1本6万円(税別)~15万円(税別)のセラミックを選んでいただいております。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているようなケースのうち、歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

歯茎の再生治療のリスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

審美歯科のリスク

 

 

審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。また、オールセラミック の色合いはかなり天然の歯に近いものになりますが、完全に同じものではありません。

 

奥歯の歯茎の下がりを止める歯茎の再生治療

奥歯の歯茎が下がってしまうことがあります。

 

どこまで歯茎が回復するかは、歯と歯の間の骨がどこまで残っているかによって決まります。

 

歯と歯の間の骨がある程度下がってしまうと完全に元の状態にはなりませんが、ある程度回復させることができます。

 

歯茎が下がってしまっています
治療前

上下左右、いろいろな場所の歯茎が下がってしまっています。

今回は、上の前歯と左の奥歯の歯茎の再生を行いました。

上の歯の歯茎の再生治療
治療後

歯と歯の間の骨の状態によって、歯茎の回復状態が異なるのですが、全体的に歯茎が回復しています。

 

歯茎の再生治療のペーじ

 

ただいま、歯茎の再生治療を希望される方は、無料カウンセリングを行っております。この機会にご利用ください。


~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真や治療法のご説明の内容を掲載する際には、料金や治療のリスクを表示することになっております。治療を検討される際には、注意も合わせてご確認ください。

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F スターバックス上

0120-25-1839

03-3251-3921

歯茎の再生治療後の注意

歯茎の再生治療後に歯ブラシをしてしまって歯茎がはがれてしまう方がいらっしゃいます。

 

歯茎の再生治療では糸で歯茎の位置を固定していますので、歯ブラシをすることは避けてください。糸がほつれてしまったり、歯茎が動いて歯茎がちぎれてしまう事もあります。

 

歯間ブラシや糸ようじもしてはいけません。

 

ほっぺたを引っ張って中を覗こうとすることもやめてください。傷口を広げてしまう可能性があります。お口の中の皮膚は体の表面の皮膚より薄く弱いため決して塗った部分の皮膚を引っ張らないようにしてください。

 

糸で縫っている部分はうがいをするだけにしてください。

 

歯茎再生後は1ヶ月間、歯ブラシで歯を磨かずにうがい薬でうがいして頂くようになります。消毒は、薬用効果のある洗口剤をお渡しします。また、消毒にお越しいただいた際にお掃除をいたします。

 

1ヶ月すぎても通常の歯ブラシを使用せずに、柔らかい毛先の歯ブラシで丁寧に磨いて頂きます。

 

歯茎が3ヶ月して固くなった状態でとなった後も固い毛先の歯ブラシでゴシゴシ磨きをしてはいけません。少し柔らかい毛先か、市販されている普通の固さの歯ブラシで丁寧に磨く習慣をつけて頂きます。

 

歯茎がまた下がらないように歯ブラシでゴシゴシ磨かない事が重要になります。

 

歯茎再生に関しましては、下記のリンクページをご覧ください。

 

歯茎再生のページ


お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

0120−25−1839

メモ: * は入力必須項目です

歯茎の再生治療例 〜前歯6本〜

前歯の歯茎が下がってしまって、光で固まるレジンという詰め物を下がった歯茎に貼り付けている方が大変多苦いらっしゃいます。

この光で固まるレジンという詰め物は時間とともに変色してしまう物が多く、歯茎が黒く見えて汚く見える原因となります。

また、下がった歯茎は虫歯になりやすいため、虫歯のリスクも高くなってしまいます。

当院では、虫歯予防・歯周病予防・見た目の改善のために歯茎の姿勢治療を行うことをお勧めしております。

前歯6本程度でしたら1回の処置で歯茎を回復させることができます。

下がった歯茎に光で固まるレジンという詰め物を詰めています。
下がった歯茎に光で固まるレジンという詰め物を詰めています。

よくあるケースですが、下がった歯茎に光で固まるレジンという詰め物を詰めています。時間とともにレジンが変色して黒く見えます。また、歯茎が下がって露出した歯の根っこの一部に虫歯が発生していたり、削れてしまっています。

 

こういった薄い歯茎の方は、歯茎が下がりやすく、歯茎が下がってしまったら、歯茎の中にある顎の骨も吸収してしまいますので、歯周病予防のためにも歯茎の再生治療をして歯茎を回復させることをお勧めしております。

 

残念ながら、多くの歯科医院では歯茎の再生治療を行っていないため骨や歯根膜が回復することをご説明していないようです。ご自身の歯を守るためにしっかりと歯茎の再生治療を知ることが重要かもしれません。

歯茎の再生治療後の歯茎の状態。
歯茎の再生治療後の歯茎の状態。

歯茎の再生治療後の歯茎の状態。

 

下がってしまっていた虫歯の部分は歯茎が覆っています。エムドゲインの使用と合わせて歯茎の移植を行うことで、丈夫な歯茎及び歯根膜を再生させることができます。

 

歯茎の再生治療のページ


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

あなたも歯ぐきの再生で良い歯茎にしませんか?

歯茎の下がりやすさ,歯周病の炎症の置きやすさなどは、歯茎の種類によって変わります.

 

良い歯茎、悪い歯茎のちがいは、歯茎の厚みと固さです.歯茎が厚いと歯茎が下がりにくくなります。歯茎がしっかりと固いと歯周病の炎症がおこりにくくなります.

 

歯ぐきの再生治療で良い歯茎にする事が出来ます.

歯茎が退縮してしまった状態

歯茎の再生ケース 治療前
歯茎の再生ケース 治療前

歯茎が下がってしまうことは良く起こってしまいます.

お写真おケースでは、歯茎が下がってしまっている部分の噛み合わせの当たりが強いためか歯茎が下がってしまっています.歯並びが悪い場合に歯茎が下がりやすくなると言われています.

 

歯茎の再生ケース 治療後
歯茎の再生ケース 治療後

上の前歯6本に歯茎の移植を伴う歯茎の再生治療を行いました.歯茎が下がってしまった部分が回復しているのがわかるかと思います.

歯の長さが短くなった感じに見えます.

歯茎の厚みを厚くする事ができましたので、歯茎が下がる事を予防できると考えられます.


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。


ただいま無料カウンセリングを行っております.ご希望の方はご来院ください.

歯茎再生のページ

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

03−3251−3921

歯茎の再生治療を当日希望される方の注意

歯茎の再生治療をすぐに行いたいという方へ。

 

遠方からいらっしゃったり、何かのご都合で急ぎたいという場合は、あらかじめ準備が必要ですが、当日に歯茎の再生を行うことも可能です。

歯茎の再生治療
歯茎の再生治療

歯茎の再生治療は、通常しっかりとした検査を行った上で行うのが良いのですが、遠方からご来院の方に対して、なるべく回数を少なくするように工夫して治療を行っております。

 

ただ、そのためには、あらかじめ歯の状態をご連絡していただく必要があります。ご来院前に歯や歯茎の状況を確認した上でお越しいただかないと治療ができないということになってしまう場合も出てきてしまいます。

 

たとえば、お写真のように差し歯の歯茎が下がってしまっている場合は、場合によっては差し歯を仮歯に変えた状態でないと歯茎の再生治療が行えません。あらかじめ歯や歯茎の状況を確認しておくことが必要になります。

 

短期間での治療を希望される方は、メールでのやり取りが必要ですのでよろしくお願いいたします。

 

詳しくは、1回の来院で歯茎の再生治療を希望される方へのページをご覧ください。


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。


 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

03−3251−3921

差し歯の歯茎が黒いのは、歯茎が下がってしまったからでない場合もあります。

差し歯の上の歯茎が黒いのですが治せますか?

 

差し歯の歯茎が黒い場合、原因を確認する必要があります。金属の粉が歯茎の中に入り込んでしまっている場合は、金属の粉を取り除く必要があります。

 

金属の入っているはぐきってどんな感じですか?

 

言葉で説明するのは難しいので、下のお写真をご覧ください。

典型的な金属が歯茎に入り込んだ状態

このお写真のように、歯茎が下がってしまったわけでもないのに、差し歯の周囲が黒い場合があります。

 

歯茎が黒くなってしまう原因は、歯茎の中に差し歯を削った時の金属の粉が入ってしまっているのが原因です。

 

治療方法を教えてください。

 

こういった場合は歯茎の金属を取り除く必要があります。ただ、単に歯茎を削っただけでは歯茎がなくなってしまいますので、歯茎の再生治療を合わせて行います。

歯茎を移植して、歯茎の厚みを厚くした後に、歯茎に入り込んでしまっている金属を取り除きます。

差し歯の歯茎が黒くてお悩みの方は、只今無料カウンセリングを行っておりますので、この機会にご利用ください。

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上 

JR神田駅北口より徒歩1分(東京駅のとなりの駅です。)

0120−25−1839


~歯茎の再生治療と審美歯科治療の注意~

 

歯茎の再生治療や審美歯科治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)です。また、オールセラミック の種類によって当院では1本6万円(税別)~15万円(税別)のセラミックを選んでいただいております。

 

料金に関しましては、最小単位の標準的な料金となります。本数の多い場合は、掛け算して計算していただく必要があります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているようなケースのうち、歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

歯茎の再生治療のリスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

審美歯科のリスク

 

 

 

審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。また、オールセラミック の色合いはかなり天然の歯に近いものになりますが、完全に同じものではありません。

歯ぐきの再生治療では歯ぐきと歯を結合させます.

歯ぐきの再生治療では、単に歯ぐきの見た目が回復するだけでなく、歯ぐきと歯が結合するように処置を行います.一時的な結合でなくしっかりと結合するように歯の表面を処理していきます。

 

歯ぐきと歯は正常な場合,コラーゲン繊維を介して結合しております.歯ぐきが下がってしまうと当然このコラーゲン繊維の結合は無くなります.歯ぐきの再生治療を行う場合,このコラーゲン繊維の結合を回復させる事を目的に行います.

 

歯と歯茎が結合しようとしている間は、歯をなるべく揺らさないようにしております。歯ぎしりをする方はナイトガードを使用していただいたり、矯正後に歯の揺れがまだ残っている方はワイヤーなどで固定して動かない状態にしてから歯茎の再生治療を行う場合もあります。

 

 また、歯の周囲を支えている骨まで回復するかというとあまり期待できないと思います。そのため、歯周病で骨が吸収してしまったケースでは歯茎の再生治療を行うことが難しい場合があります