短期間に歯ぐきの腫れを取る治療法

歯茎が腫れてしまっていて、歯ブラシをすると出血する場合、ご自身で対処するのは難しいです。歯科医院に行かれるとよでしょう。

今回は、短期間に歯茎の腫れを取る方法をご紹介いたします。

 

抗菌療法といって、炎症がひどい場合抗生剤を歯石取りと合わせて称することで、歯茎の腫れば引きやすくなります。

歯周内科治療
歯周内科治療

歯茎が腫れている場合は歯ぐきの再生治療など外科的な処置は基本的に行っておりません.

細菌が体内に入ってしまう事になりますし、麻酔が効きにくい、出血が多いなどの理由で外科的な処置は行いません.

 

歯茎が腫れて歯周病が進行している場合は、歯周内科治療で短期間に歯周病菌を除去し、歯ぐきの腫れを引き締める事ができます.

歯周内科治療
歯周内科治療

歯周内科治療後1週間の歯茎。

従来の歯周病治療では考えられないスピードで歯茎が引き締まりました.

 

歯周内科治療のページ

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839