矯正後に歯茎が下がってしまった方へ 歯茎の再生治療

矯正治療の後歯茎が下がるケースを良く拝見いたします.矯正中に歯の根っこの位置が骨の位置よりはずれたところに移動すると歯茎が下がりやすくなります。

 

いったん歯茎が下がってしまうと歯ブラシなど、いろいろ工夫されてももとには戻りません。それどころか、日が経つに従って歯茎がさらに下がってしまいます.

 

歯茎の再生治療を行う事で歯茎をもとの状態に戻し、今後の歯茎の下がりを予防します.

 

詳しい内容は歯茎の再生のページへ

矯正後に歯ぐきの再生治療をしたケース

歯茎の退縮
歯茎の退縮

矯正治療後歯茎が下がってしまいました.

歯茎が薄くて、歯の根っこが歯茎を通して透けて見えます.

歯茎の再生治療を行います.

歯茎再生
歯茎再生

歯茎を再生する事で知覚過敏も予防できます.

また、歯茎の厚みが増した事で今後歯茎の下がる心配が減りました.



無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上  

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

03−3251−3921

0120−25−1839

 


~歯茎の再生治療の注意~

 

矯正治療後に歯茎が下がってしまうことがあります。

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療6本で14万円(税別)かかります。お写真のケースでは下の前歯6本の歯茎の再生治療を行っています。治療前に歯の根っこが透けて見えてしまっていましたが、治療後には歯茎の厚みも増して下がった歯茎の一部も覆うことができました。

 

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯と歯の間の骨が吸収して隙間ができているケースでは、歯と歯の間の歯茎の回復はあまり期待できません。見た目がきになる場合は、ダイレクトボンド法(保険外診療で1箇所3万円税別)にて隙間を埋めることも可能です。

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。