10年で7割の方の差し歯の歯茎が下がって黒く見えると報告されています。

差し歯の歯茎が下がってしまったという方が非常に多くなってきています。歯茎が薄い方は特に差し歯の歯茎が黒くなってしまって目立ってしまっているのではないでしょうか。

 

今回は、差し歯の歯茎が下がった時にも歯茎の再生治療で歯茎を回復させて、元の見た目に回復させる新しい審美歯科治療法をご紹介いたします。


歯茎を回復させる新しい審美歯科治療法

歯茎の再生と審美歯科
歯茎の再生と審美歯科

歯茎の再生治療を行う場合、仮歯の厚みを調整することが必要なため、再生治療は仮歯を装着した状態で行います。

 

仮歯を入れた状態で3ヶ月ほど待ち、歯ぐきが安定した時点で最終的なセラミック治療を行います。

歯茎の再生治療前
歯茎の再生治療前

大きく歯茎が下がってしまっています。歯茎の再生治療前に前に適合の悪い差し歯を外して、適合の良い仮歯に変えます。これは、歯茎の再生を行っても差し歯の適合が悪いと炎症が起こり再度歯茎が下がってしまう事があるためです.

 

仮歯に変えた後に歯茎の再生治療を行います。

審美歯科治療を行う場合は、歯茎の位置を仮歯の位置に合わせて歯茎の再生を行います.

差し歯の歯茎が下がってしまった場合、審美歯科治療に平行して歯ぐきの再生治療を行います.歯ぐきの再生と審美歯科治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.クリックしてご覧ください.

歯茎の再生と審美歯科のページ