上の前歯の歯茎が全部下がってどうしようと不安な方へ

上の前歯が笑った時に歯茎が下がってしまっているのが目立っていないか気になるという場合。

 

歯周病が進行したりして、さすがにこんなに歯茎が下がってしまうと経過を見ていくのも不安だと言う場合があります.

 

歯の根っこの露出は今後の虫歯や歯周病で歯が抜けるリスクを高めますので、放置して経過を見るのはあまりお勧めしません.

 

歯茎が下がったときは歯ぐきの再生治療を行います.

 


前歯の歯茎が下がったときの歯茎の再生治療例

前歯6本の歯茎が下がったケース
前歯6本の歯茎が下がったケース

歯茎が下がってしまってどうしたらいいかわからないという方に、お写真のような極端なケースをご紹介いたします。

 

歯茎が削れて歯が長くなってしまっています。下がってしまっているところで約5ミリほど歯茎が下がってしまっています。あなたの歯茎は、ここまでは下がってしまっていないと思いますが、いかがでしょうか?

 

歯茎が下がってしまう原因はいろいろ考えられますが、この状態になると自然には歯茎は回復しません。

 

そのため、歯茎を回復させるために、歯茎の再生治療を行うことになりました。

前歯6本の歯茎が下がったケース
治療後2週間の状態

歯茎の再生治療で歯茎の位置を元に合った位置に戻しました.歯茎の再生治療でこのように歯茎を回復させることができます。

 

歯茎が下がってしまった場合の一つの解決法として、歯茎の再生治療をご検討されると良いと思います。何もしないで放置しておく方も多いですが、歯茎は基本的に回復せずにさらに下がってしまうことが多いです。早期に治療を行った方が歯茎の回復が期待できます。

 

歯茎が下がってお悩みの方はまずは無料カウンセリングにお越しになられてはいかがでしょうか。

 

まだ歯茎の腫れが残っており、完全な状態ではないのですが,順調に回復しております.

 

歯茎の再生治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。クリックしてご覧ください。

 

歯茎の再生治療のページ

 

 


~歯茎の再生治療の注意~

 

まず注意していただきたいのですが、歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。利用金は標準的な価格になります。治療本数が多い場合はその分費用がかかります。

 

通常、炎症がなく、骨が吸収していない場合は歯茎が下がってしまった部分の歯茎の回復は可能です。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

歯茎の再生治療のリスク

 外科的な治療ですので、治療後に歯茎を切った部分を糸でしっかりと縫う必要があります。傷口に尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

また、歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。できる限り多くの回復が見込める治療を行っております。

 


歯茎の再生治療などのお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

メモ: * は入力必須項目です