歯肉が下がった時の治療は歯肉再生治療です。

あなたは歯肉が下がってしまった時にどうしたら良いとお考えでしょうか?

最近歯茎が下がって歯が長くなってきた感じがしていませんか?昔の歯の方が短かったと感じる部分はありませんか?

 

歯茎が下がってしまうことは加齢現象ではありません。不適切な歯の磨き方や、歯ぎしり等によって起こります。

 

また、歯茎が下がりやすい部分は歯茎が弱いため、歯周病や虫歯が発生しやすく歯を抜くことになる原因になります。

 

歯肉が下がってしまったときの解決法の一つに歯肉再生治療と言う方法がありますのでご紹介いたします.

歯肉再生治療のケース

歯肉が下がる
歯肉が下がる

歯肉が下がって気になるという方も多いと思います。

特に前歯の歯肉が下がってしまった場合、見た目にも悪いため気になるようです。

前歯の歯肉は特に薄いために下がりやすい傾向があります。こういった場合に歯肉再生治療という方法があります。

歯肉再生
歯肉再生

歯肉を再生させてあげた状態です。

厚みも増したので今後歯肉が下がりにくい状態になっています。

歯茎は歯の根っこを守る働きがありますので、しっかりと歯茎を回復させる事をお勧めしております.

 

歯肉再生治療に関して詳しい内容を知りたい方は下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.クリックしてご覧ください.

歯肉再生に関するページ

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

03−3251−3921

0120−25−1839

 


~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真を見ていただいてわかるように回復した歯茎が剥がれてしまっているということはありません。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。

お写真では、下の前歯3本の歯茎の再生治療を行っております。

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療本で万円(税別)かかりました。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。