急いで歯ぐきの再生治療が必要な場合。

もしあなたの歯茎が下がり続けているとしたら要注意です.歯茎の粘膜を超えて歯茎が下がらない様にする事が大切です.

歯茎の退縮は感染がない歯周病が進行してしまった状態です。歯茎と歯の接着が失われてしまっています。

歯茎の退縮した状態を歯茎の再生治療で解消して歯茎を安定させます。


歯茎が粘膜を超えて下がってしまった状態とは?

歯茎の退縮
歯茎の退縮

お写真は、歯茎が退縮してしまい、歯が長くなってしまっています。歯茎の退縮が、ほっぺたの柔らかい歯茎(頬粘膜といいます)のところまで進行してしまっています。

歯茎の腫れはありませんが歯茎が失われていますので、歯周病の進行したのと同じような状態となっています。

また、歯茎が薄いので、現状を安定させることは難しと言われています。

 

それは、歯磨きが難しい上、歯茎が薄いため歯磨きをしすぎるとさらに歯周病が進行して歯茎が退縮してしまうからです。



歯ぐきの再生治療に関しまして詳しいご説明を下記のリンクページに記載させて頂いております.クリックしてご覧ください.

歯茎の再生のページ

歯ぐきの再生治療をご希望の方はただいま無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします。

まずは無料カウンセリングのご予約をお取りください.

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

03−3251−3921

0120−25−1839