2017年

3月

03日

歯茎が下がった差し歯の審美歯科治療

差し歯の長さが長過ぎて気になっていませんか?

歯茎が下がってしまった差し歯の治療を行う場合,そのままでは長い歯になってしまいます.下がった歯茎に合わせて差し歯を入れてしまっている場合は、差し歯を新しくするのと同時に歯茎の再生治療も行う事によって、審美的な長さの歯を入れる事ができるようになります.

差し歯の長さが長くて気になる方は歯ぐきの再生治療と審美歯科治療を合わせて行う事をお勧めしております.

差し歯の長さを改善した歯ぐきの再生ケース

下がった歯茎に合わせて作成した差し歯
下がった歯茎に合わせて作成した差し歯

前歯の審美歯科治療を行ったという患者様ですが,歯の長さが不揃いできれいな感じには見えません.

 

このケースでは既に下がった歯茎に合わせてセラミックを作成してしまっているため、歯茎を回復させるには差し歯を外して1から作り直す必要があります.差し歯を仮歯に変えた状態で歯茎の再生治療を行います.

下がった歯茎を再生した状態
下がった歯茎を再生した状態

差し歯を仮歯に変えて歯茎の再生治療を行いました.少し多めに歯茎を移動しています.このまま2ヶ月程待って歯茎が安定してから最終的な差し歯の治療をお作りします.

 

差し歯と歯茎の再生のページ

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

03−3251−3921

歯科医院紹介

神田ふくしま歯科

03-3251-3921

0120-25-1839

東京都千代田区神田鍛冶町3-2サンミビル6Fスターバックス上

営業時間

11:00~20:00

昼休み

14:00~15:30

 

休診日

木曜日、日曜日、祝日

 

となっております。

歯科専門HP