歯と歯の間に隙間が出来たときの治療方法

あなたは、歯と歯の間の隙間を気にされていませんか?

 

息が漏れる、見た目が悪い、ものが挟まる、掃除がしにくい・・・といった症状として感じることや、将来的にさらに歯茎が下がってしまうなんとなく感じる不安など歯を将来的に長持ちさせたいとお考えの方は歯と歯の間の隙間を気にされてご来院されます。

 

今回は、歯と歯の間の隙間を埋める方法の一つをご紹介いたします。

 

歯と歯の間の隙間の治療例

歯並びが原因と思われる歯茎の退縮
歯並びが原因と思われる歯茎の退縮

歯と歯の間の歯茎が下がってしまう原因の一つに歯並びが考えられます.歯と歯の間が広すぎたり、歯並びが凸凹の場合は歯と歯の間の隙間が出来やすくなります.

 

このケースでは、噛み合わせを改善するためにマウスピース矯正を行い,また、歯茎の退縮に対しては上下で歯ぐきの再生治療を行いました.

歯と歯の間の隙間を埋める治療
歯と歯の間の隙間を埋める治療

治療後の状態です.

歯の長さや歯並びが改善しています.審美的にも前歯の変色した歯をオールセラミックにて治療した事できれいに見えます.

 

歯と歯の間の隙間の治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.クリックしてご覧ください。

 

歯と歯の間の隙間の治療のページ

 

 

 


~歯と歯の間の隙間治療の注意~

 

 

 お写真のケースでは、マウスピース矯正、下の前歯6本の歯茎再生治療を行なっております。マウスピース矯正や歯茎再生治療は保険外診療となります。このケースでは、マウスピース矯正上下1回10万円、歯茎再生治療6本で14万円かかりました。

 

お写真のケースでは下の前歯6本の歯茎の再生治療を行っています。治療前に歯の根っこが透けて見えてしまっていましたが、治療後には歯茎の厚みも増して下がった歯茎の一部も覆うことができました。

 

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯と歯の間の骨が吸収して隙間ができているケースでは、歯と歯の間の歯茎の回復はあまり期待できません。見た目がきになる場合は、ダイレクトボンド法(保険外診療で1箇所3万円税別)にて隙間を埋めることも可能です。


歯と歯の間の治療の無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

0120-25-1839

03-3251-3921

メモ: * は入力必須項目です