矯正歯科を行っている先生からの紹介もいただいております。

歯並びと歯茎の退縮について
歯並びと歯茎の退縮について

歯は並んだけれとも歯茎が下がってしまっている。

 

お写真のような状態はいかがでしょうか?

 

見た目が悪いと思いますか?それとも歯が揺れているのが問題ですか?

 

歯周病が進行してしまう事が問題でしょうか?

 

歯列矯正を行っている途中に歯茎が下がってしまってお困りの先生から患者様のご紹介をいただくことが出てきましたので、ご紹介いただくときの流れをご説明させていただきます。

 

歯茎が下がっている部分を含めて無料カウンセリングをさせていただきます。ただ、通常の無料カウンセリングでは診断ができない場合は、状況を詳しく確認させていただくためにCTを撮影させていただきますので、片顎¥5,000-(税別)がかかります。

 

紹介状などご用意いただくものは特にございません。患者様の方から無料カウンセリングのご予約のお電話をいただければ大丈夫です。

 

当院としては通常通りのお見積もりをお出しします。ただ、矯正治療中の方の場合は歯茎が下がってしまっている部分のCTを撮影しますのでCTの料金が片顎¥5,000-(税別)が追加でかかります。

 

領収書の宛名など細かい指定のある場合はその旨ご連絡ください。

 

歯ぐきの再生治療のページはこちら

 

歯茎が下がってしまって、気になさっている方は、悩んでいないで今すぐフリーダイヤルでお電話ください.お電話がつながりましたら、歯茎が下がってしまっているので無料カウンセリングの予約を取りたいとお伝えください.

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F  スターバックス上

0120−25−1839

03−3251−3921

 

それではお待ちしております.


~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真や治療法のご説明の内容を掲載する際には、料金や治療のリスクを表示することになっております。治療を検討される際には、注意も合わせてご確認ください。

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。