歯ぐきの再生治療は歯を長持ちさせる治療です.

歯周病や歯ぎしり、歯の磨き過ぎによって歯茎が下がってしまった場合に歯茎を回復させる事が歯の寿命を長くします.

  • 歯茎が下がってしまっていても放置してしまう原因はかかりつけの先生が歯ぐきの再生治療を行っていないからかもしれません.
  • 歯茎が下がるとそれに合わせて歯の内部の歯を支えている歯と歯茎をつなげるコラーゲン繊維や顎の骨も無くなってしまっています.
  • 歯ぐきの再生治療を行う事で、歯と歯茎をつなげる繊維が回復されると報告されています.

歯茎が下がってしまったままで大丈夫ですか?

歯がだんだん長くなっていく
歯がだんだん長くなっていく

歯がだんだん長くなっていくのを放置してしまうと、2ミリ3ミリと歯がだんだんと長くなっていきます.

 

歯茎が下がらないように様子を見ていても進行は止まる事がありません.徐々に歯茎が下がり続けます.そしてしばらくすると歯が揺れてきます。

 

下がった歯茎を回復させるのは歯周病の予防処置の一貫と言えるでしょう。

 

歯ぐきの再生治療のページ

 

ただいま歯茎の再生治療の無料カウンセリングを行っております.歯茎の再生治療は保険外治療ですので、料金のお見積もり、治療方法のご説明を無料カウンセリングにて行います.

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

03−3251−3921