歯茎再生の難しいケース

歯周病が進行している場合は歯茎の再生が部分的になります。

歯を支える骨がない場合は歯茎の再生治療が限定的となります。
歯を支える骨がない場合は歯茎の再生治療が限定的となります。

お写真の状態は歯周病が進行して、歯の内部の骨も吸収しています。

歯を支える骨がない場合は歯茎の再生治療が限定的となります。

完全に元には戻りません。

歯を支える骨がない場合は歯茎の再生治療が限定的となります。
歯を支える骨がない場合は歯茎の再生治療が限定的となります。

歯ぐきの再生治療後の状態です。

ほっぺた側の歯茎が一部回復していますが、歯と歯の間の歯茎はあまり変化しておりません。

 

 

お写真のような、歯周病のケースでの歯茎の再生治療の目的は歯茎の厚みを出して将来的に歯茎が下がりにくくすることが目的になります。


歯茎の再生治療はどこまで治せるか?

歯茎再生といってもすべてのケースで元に戻るわけではありません.また、完全に元の状態に回復する場合と、完全には戻らない場合があります。

 

歯茎が完全に戻らないケースは、骨の吸収が起こっているケースや歯と歯の距離が離れているケースで起こります。もちろん、部分的には回復しますし、今後歯茎が下がりにくくなるというメリットはあります。

 

歯周病などで歯茎が下がってしまうとあごの骨が無いためなかなか歯茎は元の位置まで再生しません.まずは歯周病の状態を確認する事が必要になります。

 

特に歯と歯の間の骨がない場合は歯茎の再生が難しい治療となります。歯と歯の間の歯茎に関しては見た目の改善に審美歯科治療を行います.歯と歯の間の隙間を減らして目立たなくします.

 

また、歯周病が進行中の方は歯茎の再生治療前に炎症をお取りする必要があります。歯茎の再生治療前に細菌検査などで歯周病の状態を確認してから歯茎の再生治療に入ったほうが良い場合があります。

 

まずは無料カウンセリングを行いますので無料カウンセリングのご予約をお取りください.

無料カウンセリングのページ

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

03−3251−3921

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上


上のいいねボタンをクリックしてください。