歯周病が進行したときは骨の再生で歯を残す

歯周病の進行は歯茎の内部で起こります
歯周病の進行は歯茎の内部で起こります

歯周病の進行は歯茎の内部で起こります.歯の周囲を支えている骨が吸収してしまいます。お写真は歯茎をめくった状態の写真ですが,細い先の器具で歯の周囲の骨の吸収した窪みの底を確認しています.

 

歯周病が進行して骨が吸収してしまうと通常ではその吸収してしまった骨が回復する事がありません.骨の再生治療と言う方法で骨を回復する方法で歯周病の進行を止めて回復させます。

 

歯周病が進行して歯の周囲の骨が無くなってしまうと歯を抜かなくてはいけなくなりますので、骨の再生治療で少しでも歯の周囲の骨を回復する事は歯に取って望ましい事です.歯を残せる事になる場合もあります.

 

しっかりと歯の周囲の汚れや炎症を起こしている歯茎を取り除いてきれいにしてから、人工の骨や細胞を誘導する生体材料を使用して失われた骨を再生させる治療を行います.

 

骨の再生治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.ご興味のある方はクリックしてご覧ください.

 

骨の再生治療のページ

 

また、骨の再生治療をお考えの方は無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

 


~骨の再生治療の注意~

 

骨の再生治療は保険外診療となります。当院では骨の再生治療1回の処置で4~6本の骨の再生治療を行いますが、20万円(税別)かかります。

 

骨の再生治療は、完全に元の骨の状態に戻せるわけではありません。このケースのようにある程度骨の回復をさせたとしても、完全に歯の揺れが止まらない場合は、歯の揺れを止めるために連結固定をします。固定が必要があることが多いです。

 

 

 

骨の再生治療は外科処置となります。骨の再生治療後に炎症を起こしたりしないよう、外科治療前にしっかりと歯茎の炎症を取ることが必要になります。

このブログの記事(骨の再生治療)に興味を持った方は上の共有ボタンのクリックをお願いいたします。