歯茎再生の治療 ~歯周病から歯を守る~

  歯茎が下がってしまうとどうなってしまうのでしょう?

と御心配をされている方へ

 

年齢とともに歯茎が下がってくる方、歯周病が進行して歯茎が痩せてしまった方、歯茎を回復する方法ということを歯医者に説明されたことがない方。 

このページでは歯茎が下がった時に回復する歯茎の再生のご紹介させていただきます。

神田ふくしま歯科 

 福嶋広

歯茎が下がるのは年齢のせいではありません。歯茎が下がる原因があります。

歯茎が年齢とともに自然に歯茎が下がってしまうと思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかしながら、自然に歯茎が下がる量はほんとにわずかで、歯周病や歯ブラシの状況などによって歯茎が下がることの方が大きいのです。若い方でも非常に歯茎が下がってしまうこともあります。

歯茎が下がると単に見た目が悪くなるだけでなく、歯周病や虫歯にかかりやすくなり、放置しておくと歯を抜くことになるケースもあります。

歯茎の再生について

年々歯茎が下がってしまってきた、矯正後に歯が長くなってしまった、審美歯科ごに歯茎の黒い部分が出てきてしまったなど、歯茎の退縮に関する相談を受ける事がよくあります。

 

歯の根っこの部分が出てくると、将来的に歯が抜けてしまうのではないかと心配になってしまうようです。確かに、露出した歯の根っこは虫歯,歯周病のリスクが高くなるため,状況が良くなる事は無い上、将来的に悪くなる事は確実です。

 

歯茎を回復する方法として、歯茎再生があります。歯茎再生によって歯の根っこの露出部分を覆います。

 

歯茎再生を行う事で見た目の問題以上に,歯ブラシがしやすくなるので歯科の病気の予防になります。

 

歯茎再生の詳しい内容をこのページにまとめさせて頂いております。ご参考になさってください。

この歯茎の再生専門ページの便利な使用方法

歯茎の再生専門ページでは、左の項目にあなたのご希望に近い内容を予想して項目を分類させていただいています。気になさっている項目をクリックしてください。また、非常によくお問い合わせいただいている項目に関しましては下にまとめましたので、下の文章の青いアンダーラインの文字をクリックしてください。

また、歯茎の再生のトピックスはこのページの下のブログをご覧ください。頻繁に更新していますので、興味のある方は何週かごとにこのページをご覧ください。

 

歯茎の再生のご案内 きれいな仕上がりの歯茎の再生について

たとえばこんな場合に歯茎の再生ができます。

初診の状態
初診の状態

歯茎がさがって歯が長くなっています。

知覚過敏になっています。

間の歯茎も下がってしまいました。

移植後の状態
移植後の状態

歯茎が元の位置に戻りました。

痛みどめは必要ありませんでした。

右の前歯は仮歯が入っています。

上の歯茎は色素を取りました。

患者様は喜ばれています。


歯茎再生前
歯茎再生前

歯茎が下がって歯の根っこが露出しています.

歯茎再生後
歯茎再生後

歯茎再生後1ヶ月の状態。歯茎が歯の根っこを覆っています.


あなたの歯茎はどんだけ下がってますか?

料金は写真をクリック
料金は写真をクリック

こんなに歯茎がさがっても元に戻せます。

 

再生治療後
再生治療後

歯茎の位置が元に戻り、患者様も満足していただけました。

歯の並んでいない部分の再生は難しいのですが、なんとか満足していただきうれしいです。

歯茎の再生治療とは

歯ぐきの再生療法は、下がってしまった歯茎を元の状態に近づけ、再発しにくくする方法です。 

 

日本人は、遺伝的に歯茎や歯の周りを支えている歯槽骨という骨が薄いことが多く、年齢とともに歯茎がやせて歯が長く見えるようになってしまうことがよくあります。

 

 特に、強く歯ブラシをされる方、歯ぎしり・くいしばりをされる方、成人になって矯正をされた方などに歯茎が減ってしまう方が多いと感じます。

 

そんなやせてしまった歯茎を歯茎の移植と歯根膜を誘導する材料を使用することによって、再生させることができます。

 

歯茎がやせる原因は、歯周病以外にも遺伝的に歯茎が薄い・支える骨が薄い、歯ブラシの力が強すぎる、歯ぎしりなど歯に力がかかることがあるなどがあげられます。

 

そのため、まずは歯茎がやせてしまった原因を確認することが重要になります。

 

歯ブラシをじゃんけんのグーで握っている方は今日から鉛筆握りに変えましょう。また、歯ブラシは普通か柔らかいにしましょう。歯ぎしりをされる方はナイトガードを使ってください。

 

そして、歯茎の根っこが出てしまった方は、歯の根っこが削れてしまう前に再生治療をされた方が良いでしょう。

 

無料カウンセリングを行っています。

 

歯茎の再生治療は知覚過敏の方におすすめです.

歯茎が下がってしまうと知覚過敏が起こる事があります.歯磨きの仕方の確認、歯科医院での知覚過敏処置などの方法で知覚過敏の症状が落ち着く事もあります。

 

ただ、歯茎が下がってしまうと将来的に何度も知覚過敏が再発してしまう事も多いので、歯茎の再生治療で歯ぐきの下がった部分を覆う事で、長く知覚過敏の症状を予防する事ができます。

 

知覚過敏のページ

歯茎の再生治療の例 きれいな歯茎の再生例

歯ぐきの再生治療前
歯ぐきの再生治療前

差し歯の境界の歯ぐきが大きく退縮して下がっています.このまま差し歯をやり直すと長居は担ってしまいます。神経のある歯なので知覚過敏も起きてしまいます.

歯ぐきの再生治療後
歯ぐきの再生治療後

歯ぐきの再生治療と差し歯を仮歯にかえる治療を行っています.歯の大きさも長くならずに済みましたし、知覚過敏も起こりません。


歯茎の再生前
歯茎の再生前

歯茎が退縮しています.

見た目にも良くない状態です.

歯茎の再生後2週
歯茎の再生後2週

歯茎の長さが短くなったのがわかります.

歯茎の腫れも少なく、痛みもありませんでした.

安心して治療が受けていただけます.


歯ぐきの再生と審美歯科
歯ぐきの再生と審美歯科

歯ぐきが下がり歯が長くなってしまっています.

前歯の形も合わせて治したい場合は、再生治療と同時に審美歯科治療を行います.

歯ぐき再生治療後
歯ぐき再生治療後

歯ぐきが元の位置に戻り歯の形もきれいになっています.


歯ぐきの治療例をもっと大きな写真で見たい方はこちらのページをご覧ください.歯ぐきの再生症例

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6Fスターバックス上

JR神田駅北口から徒歩1分です

03-3251-3921

0120-25-1839

歯ぐきの再生ケース

歯茎の退縮の予防をかねて2ミリ程歯茎が下がった段階で歯茎を回復させる事をお勧めしております.

歯茎再生は下がり始めたときが一番良いタイミングです.さらに進行して周囲の骨が無くなってしまう前にしっかりと歯茎を回復して歯茎を厚くして歯茎の退縮が再発する事を予防すると良いでしょう。

歯茎再生
歯茎再生後

歯茎再生によって歯茎が回復した上、歯茎の厚みが増しました。


特に犬歯の歯茎がより大幅に回復しました.


その他歯茎の再生ケースのいろいろ

歯茎の再生 ケース1 審美歯科ケース

歯茎の再生 歯茎の再生術後

歯の長さを元あった状態に戻します。

歯茎を再生した後で、歯をセラミックにしました。画面左側の前歯は天然の歯です。

歯茎の再生治療 歯茎再生治療の術前

歯が全体的に長くなってしまっています。仮歯が入っています。

歯茎の再生 ケース2 審美歯科ケース

歯茎の再生治療 歯茎の再生治療 術後

歯茎のラインが左右対称になったところで、前歯をオールセラミックのブリッジで治しました。

歯茎の再生治療 歯茎の再生治療 術前

前歯の歯茎のラインが左右非対称で、歯の長さが不ぞろいに見えます。

前歯6本に歯茎の再生治療と古くなってしまった前歯のブリッジをオールセラミックで治す計画を立てました。

歯茎の再生治療 ケース3 審美歯科ケース

歯ぐきの再生治療 再生治療後

 

画面右手の犬歯に歯ぐきの再生治療を行っています。歯の長さがが元の長さになりました。

左右の犬歯の長さも同じ長さまで回復しましたので、見た目がきれいです。

 

ホワイトニングとオールセラミック治療を行っています。

歯ぐきの再生治療 再生治療前の状態

 

 

歯ぐきの再生治療前の状態

歯ぐきの再生 ケース4 矯正治療ケース

歯茎の再生 骨の再生 固い歯茎を作った例

矯正中歯茎の中から歯の根っこが透けて見えています。

歯茎と骨を再生させて厚みを出しました。

歯ぐきの再生治療 ケース5 

歯茎の再生治療 歯茎の再生治療

画面右の犬歯の歯茎を移植により再生しています。

歯茎の再生治療 治療前

画面左の犬歯の歯茎が上にあがっています。

いわゆる歯茎のやせた状態です。

歯茎の再生治療で、上の写真のように左右の犬歯の長さが同じになりました。

歯茎再生に関するトピックスまとめ

歯茎再生トピックス 矯正治療と歯茎の退縮

矯正治療時の歯茎の退縮
矯正治療時の歯茎の退縮

矯正治療が原因で歯茎が下がってしまう事があります。

お写真のケースでは歯並びは良くなっていますが,歯茎が下がってしまっています。これは,顎の骨の外に歯の根っこが移動してしまったために歯茎が無くなってしまったようです。

歯を抜かずに並べた場合によく起こります。

歯茎再生トピックス 歯茎の下がりやすさ

歯茎が薄い
歯茎が薄い

歯茎が薄い方は歯茎が下がりやすい傾向があります。

写真の方のように、歯の周りの歯茎が血管が透けて見えるような薄い粘膜しか無い場合は非常に歯茎が下がりやすいので要注意です。

歯茎再生トピックス 歯茎再生と審美歯科 歯茎をきれいに再生するケース

歯茎再生と審美歯科
歯茎再生と審美歯科の治療後

歯茎が下がってしまった差し歯を治療する場合は、歯茎の位置をまずは戻してから審美歯科治療を行います.

治療前の歯茎が下がった状態
治療前の歯茎が下がった状態

差し歯の入っている部分の歯茎が下がってしまっています.このままの状態で差し歯を交換すると長い歯になってしまいます.歯茎の再生をしてからオールセラミックにて治療を行います.

歯茎再生トピックス 知覚過敏について

知覚過敏
知覚過敏

歯ブラシをするたびに知覚過敏を感じてしまう場合,歯茎が下がってしまっている事があります。歯茎が下がった部分を歯茎再生で回復させる事で知覚過敏の症状が治まります。

歯茎の再生トピックス インプラントの歯茎の再生について

インプラントの歯茎の再生
インプラントの歯茎の再生

インプラントを入れた部分の歯茎が下がってしまって歯茎の部分が黒く見えます。インプラントの金属部分が見えてしまっています。歯茎再生でインプラントの露出部分を覆う事ができます。

 

インプラントの歯茎再生

歯茎の再生治療ブログ  歯茎の再生トピックス

2017年

1月

23日

歯茎の腫れと歯周病

歯茎が腫れていなくても歯周病が進行することがあります。

歯茎の腫れは歯茎の外の炎症が影響しやすく、歯茎の内部の炎症はそれほど腫れないこともあります。そのため、歯茎が腫れているか腫れていないかで歯周病を判断することは確実ではありません。

しっかりと歯ブラシをして一時的に歯茎が引き締まっても歯茎の内部の炎症が進行してしまっては歯周病の治療の意味がありません。しっかりと歯茎の内部の炎症を確認する必要があります。

歯周病治療には歯茎の腫れを引かせることが重要です。

歯周病の状態が軽度で、歯茎が腫れているだけしたら、1か月ほどの歯ブラシと歯石とりを行ってから歯茎の再生治療を行います。歯茎が腫れてしまっていると、再生治療時に歯茎を傷付けてしまいやすく、麻酔も効きにくい場合があります。そのため、歯茎の腫れている方はまずお掃除を行い歯茎の腫れを引かせて歯茎からの出血が無いようにします。

 

また、歯茎が腫れたり、歯茎が下がってしまう原因は歯ブラシによるところもありますので、歯茎が腫れている場合は、しっかりとこの機会に歯ブラシを上手になっていただきます。歯茎の再生後も丁寧に歯ブラシをしないと歯茎が下がってしまったり、歯周病が再発して歯茎が腫れてしまいます。

 

歯周病の治療に関しては歯周病初期の場合を参考にしてください。

 

歯周病の炎症をお取りした場合、歯茎が下がって知覚過敏などの症状が出てしまうことがあります。知覚過敏の症状が出てしまった場合はお薬などを使用して症状を緩和していきます。

 

重度な歯周病の場合は、歯茎のみの再生ではなく、歯の内部の骨を再生させなくてはいけない場合もあります。歯の内部の骨が吸収してしまっている場合は、まずは骨を回復させないと歯茎は回復しません。

続きを読む 0 コメント

2017年

1月

22日

審美歯科と歯ぐきの再生

審美歯科治療で歯の形や大きさをきれいにしたいとお考えの方はまず、歯茎の位置をご確認ください。歯茎が下がって長くなってしまっている場合は、歯茎の位置を回復させたり、短くしたりして歯茎の位置を調整する必要があります.

特に歯周病の方の審美歯科治療は歯ぐきの再生を含めて行う事で長い差し歯などにならないように長さを調整する事が可能になります.

なぜ歯茎が下がった状態で審美歯科治療をしないようにお勧めしているのでしょう?

審美歯科治療を行う場合、歯ぐきが歯周病で下がってしまっているケースがあります。そんなとき、審美歯科治療でオールセラミックを入れるのに先行して歯茎の再生を行うと歯の長さが長くならずにきれいな歯の形になります。

 

歯周病にかかったり、歯茎が下がってしまうと歯の根っこが露出して歯の長さが長く見えますが、歯茎の再生なしに審美歯科治療を行う場合、歯ぐきの境ぎりぎりまで歯を削りますので全体的に歯が長くなります。

 

平均的な前歯の長さは10〜11ミリですので歯茎が2ミリ下がっただけでかなり長く感じると思います。歯茎の再生で歯茎の位置を戻してから治療されることおお勧めします。

 

歯茎の再生と審美歯科のページ

続きを読む 0 コメント

2017年

1月

21日

歯茎の再生治療は何を再生させるのでしょうか?

歯茎の再生治療といって下がってしまった歯茎を回復させる治療のことはもうご存知でしょうか?

歯茎の再生治療では、露出した歯の根っこの上に歯茎が覆うようにする方法です。(多くの場合皮膚の移植を合わせて行います。)

歯茎の再生では、単に歯の根っこに歯茎が張り付いているだけでなく、結合組織という歯の根っこと歯茎をくっつけるコラーゲン線維の回復を行います。そのため、再生を促すエムドゲインというお薬を使用します。

この結合組織が回復しないと歯周ポケットと言って歯と歯茎の間に隙間ができてしまいます。

多くの歯医者の先生も理解されていないことですが、結合組織をしっかりと回復して再生治療を行うことが歯茎の再生治療を行う上で重要だと思います。

歯茎が下がると歯茎の中の結合組織も失います。

また、歯茎が下がってしまうと何が問題か?というご質問をいただくことがありますが、これも先ほどから何度も出てきている結合組織という歯と歯茎をくっつける組織がなくなってしまうことが問題です。

 

歯茎が下がると結合組織がなくなり、回復させるためには結合組織を回復させなくてはいけませんので、歯茎が下がらないようにしっかりと予防することも大切です。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839

 

続きを読む 0 コメント

2017年

1月

20日

差し歯の歯茎が下がってしまったときの治療

差し歯の歯茎が下がってしまって歯茎が黒く見える。

そんな時に歯茎を再生させて元の位置に歯茎を戻す方法があります.

ただ、差し歯の材質はメタルボンドでもオールセラミックでも良いのですが,適合が悪い差し歯や虫歯になってしまっている差し歯は歯茎の再生と合わせて差し歯の交換をする必要がある場合もあります.

差し歯を交換しないで歯ぐきの再生治療を行うケース

差し歯の歯茎が下がって歯の根っこの黒い部分が見えてきてしまったという場合、歯茎の再生法で差し歯の歯茎を回復させることができます。

差し歯は交換したくないけど歯茎を何とかしたいという場合に歯茎の再生法は有効な方法です。

差し歯を当院で行った場合でなくても、歯茎の再生治療だけを行うことができます。

続きを読む 0 コメント

2017年

1月

19日

歯と歯の間のすき間の治療法

歯茎が下がる
歯茎が下がる

歯と歯の間の歯茎と下の前歯は表側の歯茎も下がってしまっています.歯を抜かずに矯正した場合は歯茎が下がりやすくなりますし、歯の重なり合って歯と歯の間の骨が少ない部分の歯茎は下がりやすくなっています。

 

このケースでは再度矯正治療を増骨矯正で行い、矯正後に歯茎再生を行いました.

このケースのように歯と歯の間の隙間は歯茎の再生治療の難しい部分になります。

歯茎再生
歯茎再生

歯茎再生後骨の厚み、歯茎の厚みを増しました。後は定期的にメンテナンスを行います.

矯正治療を行うと上のお写真のように歯と歯の間の歯茎が下がりやすくなります。

歯と歯の間の歯茎が下がってしまうと通常の歯茎の再生治療では間の歯茎が戻りません。

そのため,歯と歯の間の歯茎が下がってしまった場合は、歯と歯の間に詰め物をつめて空間を封鎖するか、このケースのように歯と歯の間を削って再度矯正して歯と歯の間をつめて隙間を無くします。

続きを読む 0 コメント

2017年

1月

18日

歯茎の再生の量について

歯ぐきの再生治療に関しましては、下がった歯茎を回復させる治療になります.歯茎の再生量は元の歯茎の位置が限界となります.歯の長さを元々の長さより短くする事は基本的に難しいとお考えください.

変色した歯の色の濃い部分を歯茎で完全に覆い隠すといった審美的な治療は難しい場合が多いです.

変色した歯の歯茎の再生治療

変色した歯の歯ぐきの再生治療
変色した歯の歯ぐきの再生治療

テトラサイクリンの変色している歯ですが,歯茎が下がってしまい,より色の濃い部分が露出してしまっています.完全に歯茎で歯の変色を覆う事は難しいのですが,歯茎の下がった部分は覆えます.

 

また、歯が少し削れてしまっているため、知覚過敏になる心配もあります.削れてしまっている部分を歯茎で覆います.

 

続きを読む 0 コメント

2017年

1月

16日

歯茎が下がると支えている組織もなくなります。

歯茎が下がるときは歯が抜けやすい状態になります。

これは、歯茎があるときは歯と歯茎の間にコラーゲン繊維を介した結合がありますが、歯茎が下がってしまうことによって歯と歯茎の結合が無くなります。

場合によっては歯茎が下がってしまうことで歯を支えている骨もなくなってしまいます。これは骨が歯茎が下がってしまうと歯茎の周囲の骨が無くなってしまうためです。歯茎だけが下がって骨が残って露出することがないのは歯茎が下がるのに合わせて骨もなくなってしまうためです。

また、弱い歯茎は歯周病にかかりやすい状態になります。

歯茎が薄い場合は炎症を起こしやすいので,歯ブラシで歯茎と歯の境をしっかり磨く必要があります。

歯茎が薄いとしっかりと歯茎の境を磨きすぎると歯茎が下がってしまいます。歯茎が下がると、歯ブラシがしにくくなり,歯周病のリスクが高くなります。

そのため,歯茎が薄いという事は歯周病を予防する上で不利になります。歯茎が薄い場合は、歯茎の再生などを行う事で、歯茎の厚みを増やす事ができます。

歯茎の厚みが薄い場合や周囲の骨の厚みがないいわゆる下がりやすい歯茎に関しての注意などに関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。クリックしてご覧ください。

下がりやすい歯茎に関してのページ

 

矯正治療をされる場合は特に歯茎が下がりやすくなる傾向があります。矯正治療前に歯茎が下がりやすい状態でないかの確認を行ってから治療を開始される事をお勧めしております。歯肉の部分を不用意に磨かないように、矯正装置がついている間は音波式の歯ブラシを使用する事もお勧めしております。

歯茎の再生治療を希望される方はただいま無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください。

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上  JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

03−3251−3921

0120−25−1839

0 コメント

2017年

1月

15日

歯茎の厚みと歯ぐきの再生

歯茎の厚みが薄い場合厚い場合のよって歯茎の下がりやすさが変わりますが,歯茎の内部の骨の厚みや高さによっても歯茎の位置が変わります。

歯茎が下がってしまったと言うとき、単に歯茎だけが下がっている場合と、歯茎の中の骨が吸収している事が原因で歯茎が下がってしまっている場合があります。

歯茎を再生する場合,失われたものを再生させる必要がありますので、単に歯茎を増やすために移植を行うケースと、歯茎の中の骨を作るために骨を再生させたうえで歯茎を再生するケースが出てきます。

歯周病の方の歯茎の退縮を再生させる方法は、骨の位置によって変わります。骨がしっかりと再生されれば自然と歯茎も再生されていきます。そのため、歯茎だけを再生させることは困難です。歯茎の中の骨を再生させたうえで歯茎の再生治療を行います。

歯茎は骨の上に乗っており、再生させるには歯茎の厚みの限界があります。

骨の再生治療に関しましては、下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。クリックしてご覧ください.

骨の再生のページ

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上  JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

03−3251−3921

0120−25−1839

0 コメント

2017年

1月

14日

歯茎の再生後の歯ブラシの注意

歯茎の再生治療後の歯ブラシの注意はしっかりと守っていただいております。

これは、歯茎の再生治療の結果を左右してしまう重要なことですので、よく守っていただくようにして頂いております。

重要なのは、歯茎の再生治療後は1ヶ月ほど歯磨きをしないということです。これは、再生した歯茎が削れてしまうためですので重要です。

1ヶ月経過後は、非常にやわらかい硬さの毛先を使用してください。歯科医院で指定したものをお渡ししますのでお使いください。柔らかい毛の歯ブラシを回転させてゆっくりと磨いて頂きます。

もう一ヶ月してから通常の歯ブラシをして頂きます。

歯茎の治り具合によっては、期間を前後しますが,基本的に1ヶ月は磨かずにいて頂きます。

固いものを使用すると歯茎が削れてしまいます。

歯茎の再生治療の症例等をみたい方は下記のリンクページをくりっくしてご覧ください。

歯茎の再生のページ

歯茎の再生治療を希望される方はただいま無料カウンセリングを行っております。無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積りのお渡しをいたします。無料カウンセリングは御予約制となっております。

続きを読む 0 コメント

2017年

1月

13日

歯茎の再生後の歯ブラシの注意

歯茎の再生治療後の歯ブラシの注意はしっかりと守っていただいております。

これは、歯茎の再生治療の結果を左右してしまう重要なことですので、よく守っていただくようにして頂いております。

重要なのは、歯茎の再生治療後は1ヶ月ほど歯磨きをしないということです。これは、再生した歯茎が削れてしまうためですので重要です。

1ヶ月経過後は、非常にやわらかい硬さの毛先を使用してください。歯科医院で指定したものをお渡ししますのでお使いください。柔らかい毛の歯ブラシを回転させてゆっくりと磨いて頂きます。

もう一ヶ月してから通常の歯ブラシをして頂きます。

歯茎の治り具合によっては、期間を前後しますが,基本的に1ヶ月は磨かずにいて頂きます。

固いものを使用すると歯茎が削れてしまいます。

歯茎の再生治療の症例等をみたい方は下記のリンクページをくりっくしてご覧ください。

歯茎の再生のページ

歯茎の再生治療を希望される方はただいま無料カウンセリングを行っております。無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積りのお渡しをいたします。無料カウンセリングは御予約制となっております。

続きを読む 0 コメント

2017年

1月

12日

歯ぐきの再生後の歯茎の治り

歯ぐきの再生後にどのくらいで治っていくのかを知りたい方も多いので治療後の歯茎の変化をご説明します.

歯ぐきの再生治療の事を既にご存知の方ようのご説明ですが,歯ぐきの再生治療を簡単に言うと、例えば、矯正治療を行った後に歯茎が下がってしまう事がよくあります.歯茎が下がってしまったときに歯茎の再生治療と言う方法で、歯茎を回復させております.

歯ぐきの再生治療ご麻酔が切れてくると少しお痛みが出てくる場合がありますので、お渡ししたお痛み止めを飲んで頂ければ通常痛みは全く感じられなくなります.

歯ぐきの腫れが次の日ぐらいから出ますが、しっかりと抗生剤を飲んで頂ければ2〜3日がピークで1週間程で完全に落ち着きます.

歯茎の再生後、歯茎がどのように経過するかをお写真で紹介いたします.1週間もすると歯茎の腫れが落ち着き見た目も安定してきます.

ただし、歯茎がある程度安定して柔らかい歯ブラシで磨けるようになるまでに1ヶ月程待つ必要があります.

歯ぐきの再生後の歯茎の変化

歯ぐきの再生前の歯茎
歯茎の再生前の歯茎

矯正治療で歯並びが並んでいますが、下の前歯の歯茎が下がってしまっています.当院で歯茎の再生治療だけを行いました.


歯ぐきの再生治療前の歯茎は腫れたりはしていません。

続きを読む 0 コメント

2017年

1月

11日

炎症がある場合の歯茎の再生治療の流れ

歯石がついてしまっていたりして、歯茎が炎症を起こして歯茎から出血している場合などがあります。こういった場合に歯茎が下がって歯茎の再生治療を望まれるのでしたら、まずは歯茎の炎症を抑える必要があります。

また、歯周病の進行がないのに、歯茎が下がってしまった方は、歯茎の再生治療によってさらに歯茎が下がってしまうことを予防することができます。

また、下がった歯茎を元に戻すこともできます。歯茎の再生治療は、歯茎の移植を伴うもので、歯茎の厚みが増します。歯茎の厚みが増すことで将来的に歯茎が下がってしまうのを予防することができます。あくまでも歯周病の炎症がない場合に可能な治療です.歯周病の炎症がある場合は、歯周病の治療を行う必要があります.

歯茎の再生治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。クリックしてご覧ください。

歯茎の再生治療のページ

 

歯周病が進行してしまって骨も吸収してしまった場合は、歯茎の再生が完全に行われない場合があります。歯周病が進行した場合,歯槽膿漏などの場合は、まずは歯を支える骨を再生してその後歯茎の再生を行います。

歯茎の再生治療を希望される場合は、ただいま無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください。

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上  JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

03−3251−3921

0120−25−1839

0 コメント

2017年

1月

10日

歯周病治療をする場合,歯の揺れを固定して止めます.

歯周病で歯が揺れてしまっている場合、歯周病治療の効果が出にくくなります.そのため、歯ぐきの再生治療や骨の再生治療を行う場合,歯の揺れを止めるために歯の固定と言う事を行います.

歯の固定は揺れている歯を何本かまとめる事で歯の揺れを抑えます.

歯周病の方は通常、歯を支える骨が吸収してなくなってきています。歯茎の内部の骨が歯周病の炎症によって吸収してしまっています.

そのため、歯周病の方の再生治療は骨の再生治療と行う事になります.吸収してしまった骨を再生させて回復させる事で、歯周病を治します。

 骨の再生治療は、骨の吸収度によって再生治療の方法や材料が変わります。骨の再生治療は、歯石をお取りしただけではほとんど再生しないため、再生材料を使用する事になります.

 まずは、歯周病が進行してしまった場合、歯石とりと歯ブラシ、歯の揺れの固定をまずは行います。歯茎の腫れが落ち着いた段階で骨の再生治療を行います。骨の吸収が大きければ多くの材料を複合して使用します。人工の骨、骨の誘導を促進する材料、皮膚の侵入を抑える幕などを合わせて使用することがあります。

骨の再生治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.クリックしてご覧ください.

骨の再生のページ

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

0120−25−1839

 

お電話でのお問い合わせは、営業時間中に承っております。営業時間外はメールにてお問い合わせください。

メールお問い合わせ

続きを読む 0 コメント

2017年

1月

09日

歯ぐきの再生治療ケース

歯茎がやせてしまった場合、歯茎を回復させるために、歯ぐきの再生治療を行う事があります.今回は下の前歯の歯茎が下がってしまっている場合の歯ぐきの再生治療をご紹介します.

歯茎のやせてしまっていた部分の変色した歯の根っこが見えなくなっているのがわかるかと思います.

 

また、傷跡や変色も見られないきれいな歯ぐきの再生治療ができました.簡単なようですが,きれいな歯ぐきの再生治療はどこの歯科医院でもできるわけではない難しい治療になります.

 

歯ぐきの再生治療のページも合わせてご覧ください.

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京と千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

歯茎の再生 1ヶ月
歯茎の再生 1ヶ月
続きを読む 0 コメント

2017年

1月

07日

歯茎再生は昔からある治療方法です。

あまり歯医者にも知られていないようですが,歯ぐきの再生治療は昔からある治療方法です.最新の治療方法と言うわけではありません.

歯ぐきの再生治療は、従来の方法に少し改良が加えられてより見た目を良くできるようになったという変化はあります。顕微鏡や拡大鏡を使用して細かい器具を使用する事でより傷跡を残さないように治療を行う事が可能になりました.また、エムドゲインなどの再生材料を使用する事でより良い再生がおこるようになりました.

歯茎再生は35年の歴史があります。日本ではあまり一般的ではありませんが、それは保険で認められていない事と、できる先生が少ないためでしょう。

歯茎が下がってしまっても歯茎再生を行えば歯茎が回復します。歯茎が下がってしまってもあきらめなくてよい場合があります.

歯茎が下がってしまった方は無料カウンセリングを行っていますので、お問い合わせください。

歯ぐきの再生治療のトップページは下記のリンクから戻る事が出来ます.歯ぐきの再生治療のトピックなどもクリックしてご覧ください。

歯茎再生のページ

 

歯茎再生のページでは、歯茎再生のケースをお写真でご紹介しております。また、矯正治療後や、インプラントの部分の歯茎が下がってしまった場合の歯茎再生ケースのご説明もいたします。

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上  JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

03−3251−3921

0120−25−1839

0 コメント

2017年

1月

06日

インプラントの周囲の歯茎が下がる問題があります。

最近、インプラントの周囲の歯茎が下がってしまったと言う御相談が増えてきました.

インプラントが炎症を起こして悪くなってしまっているケースでは内部の骨が大きく吸収してしまっているため,歯茎の差性が難しいのですが,炎症が無く歯茎が下がっている場合は、インプラントの周囲でも歯ぐきの再生が可能です.

インプラントの歯茎が下がらないように歯茎を強化しておく事をお勧めします.

インプランと周囲の歯茎の移植
インプラント周囲の歯茎の移植

インプラントを入れた部分の歯茎が下がってしまい金属部分が露出してしまう事があります.得にインプラントに炎症がない場合でも歯茎が下がる事があります.

 

これはインプラントの周囲の骨がない場合や歯茎が薄い場合におきやすくなります.インプラント治療を行った場合は歯茎の厚みも作る遊離歯肉移植術などを行う事で、歯茎の厚みを増す事で歯茎が下がる事を予防する事ができます.

 

インプラントの部分に白い仮歯が入っています.

 

仮歯の周囲の歯茎が少し白っぽいのがわかるかと思いますが、この部分は皮膚が硬く角化している歯茎になります.

 

歯茎は、粘膜と角化歯肉という2種類の歯茎があります。

ほっぺたの皮膚のように薄い部分と上あごの歯の内側にある皮膚だと厚みも固さもちがいます.

厚くて固い歯茎は歯茎の退縮を予防します。

 

インプランと周囲に写真のような角化した歯茎があると炎症も起こしにくく、歯茎が下がりにくくなります

 

インプラントの歯茎の退縮

続きを読む 0 コメント

2017年

1月

05日

差し歯の歯茎も下がります。

差し歯の境界が差し歯の治療後、時間とともに黒く見えるようになってしまう事があります。

これは、差し歯の部分の歯茎が下がってしまったためです.

天然の歯は少し歯茎が下がっても気付きにくいものですが,差し歯の場合は歯茎が黒くなるために下がったのがわかりやすくなります.

差し歯の歯茎が下がったケース

差し歯の歯茎が下がる
差し歯の歯茎が下がったケース

歯茎の下がりやすさは個人差があります.若いから歯茎が下がらないわけではありません。年を取ったから自然に歯茎が下がってしまうわけではないので、加齢現象というわけでもありません。

 

写真の方のように、奥歯の差し歯から歯の根っこが露出してしまっていたり、前歯の根っこが露出してきています.非常に薄い歯茎はこのケースのように若くても歯茎が下がってしまう事があります。

 

歯ブラシの強さに気をつける必要はありますが、それだけでは治りません.もともと遺伝的に薄い歯茎の場合は歯茎が下がりやすく、自然には回復しません。

 

下がってしまった歯茎は、歯茎再生で歯茎を回復させる事はできます.また、歯茎の再生治療で歯茎の厚みも厚くして将来的に歯茎が下がりにくくなります。


歯ぐきの再生治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.クリックしてご覧ください.

 

歯茎再生のページ

続きを読む 0 コメント

2017年

1月

04日

差し歯の歯茎が下がった場合、歯茎の再生治療が有効です。

差し歯の見た目をよくするために、下がった歯茎を再生させて元の状態に戻すことをお勧めしています。

歯茎の再生治療を行うことで、左右の歯の大きさをそろえることができるようになり、審美歯科治療の結果をさらに審美的に行うことができることがあります。

差し歯の部分の歯茎が下がったままでは、左右で長さの違う差し歯になってしまいます。特に前歯の差し歯の場合は目立ってしまいます。

例えば、歯茎が下がって長くなってしまった八重歯を審美歯科治療する際に、歯茎を元の状態に回復させることで平均的な長さのセラミックを入れることができるようになります。

差し歯の治療前に八重歯を歯茎再生し、審美歯科を行ったケース

八重歯の歯茎の退縮
八重歯の歯茎の退縮

八重歯の歯周病が進行し、歯茎も下がってしまっています.

ご希望は審美的に歯並びを良くしたいという事で、上の歯を審美歯科と歯茎の再生を行い、下の歯を部分矯正する事になりました.

続きを読む 0 コメント

2017年

1月

03日

歯茎の再生治療後のお食事について

歯茎の再生治療後に一番問題になるのが、歯茎からの出血です。出血しないようにするために、お食事の注意事項を守っていただいております。

皮膚を採取した場所の皮膚は糸で縫っておりますが、皮膚は1か月ほど弱い状態となっております。歯ブラシでこすったり、尖ったお食事が当たったりすることで、傷口が開いてしまったり、毛細血管を痛めたりして出血してしまう事があります。

歯ブラシをしたり、尖った物をかまないでいただければ大丈夫です.尖ったものは、固くなくても尖ったものは避けてください。例えば、固焼きそばやポテトチップス、天ぷらなども避けてください。

通常の血圧の上がるような運動、アルコールの摂取などは、1日控えていただければ、通常の方は、出血を心配される必要はないでしょう。

歯茎の再生治療の流れに関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいておりますのでクリックしてご覧ください。

歯茎の再生治療の流れのページ

 

また、歯周病の際に行う骨の再生治療に関しても同じようにお食事を注意して頂いております。特に骨の再生治療を行う場合,初期の歯茎の状態が治療の結果を左右してしまいますので,再生治療を行った歯茎を痛めないように気をつけて頂いております。

歯周病の治療に関してご興味のある方は下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。

歯周病のページ

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上  JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です)

03−3251−3921

0120−25−1839

メールお問い合わせ

続きを読む 0 コメント

2017年

1月

01日

歯ぐきの再生ケース 歯茎の退縮に帯する治療法のご紹介

下の歯の犬歯の歯肉が下がってしまう事がよくあります.そういった歯茎の退縮に対しての歯ぐきの再生治療のケースをご紹介いたします.

下の犬歯の歯ぐきが下がった場合の再生ケース

歯茎が退縮してしまう事があります.特に下の前歯や犬歯の歯茎が下がってしまう場合が多いようです.こういった場合に歯ぐきの再生治療で回復させる事が可能です.

続きを読む 0 コメント

2016年

12月

31日

矯正治療前の歯茎の再生治療について

成人の方で矯正治療を行う方は歯茎の退縮の確認をしてください.

矯正治療中に歯茎が下がってくる場合もありますし、矯正治療後に歯茎が下がる事もあります.

矯正治療前に歯茎が下がってしまっている方は、矯正装置を装着後すぐに、まず人工骨を歯茎の中に入れて骨の幅を増やします。そして矯正終了後歯の揺れが落ち着いてから歯茎の再生を行います。

この方法は増骨矯正法の方法を行います。骨の幅を増やしてから歯茎を再生させた方が、歯茎が将来的に下がるリスクが大幅に減ります。また、歯の後戻りを予防します。

矯正治療と歯茎の再生のページ

 

矯正治療と歯茎の再生のページでは、矯正前後の歯茎の再生治療のご説明や、矯正後に歯と歯の間の歯茎が下がらないようにする方法などのご説明をしております。矯正治療をされている方や、矯正後に歯茎が下がってしまった方はこちらのページをご覧ください。

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

0120−25−1839

メールお問い合わせ

続きを読む 0 コメント

2016年

12月

29日

歯茎再生Blog 差し歯の歯茎が下がってしまった場合

差し歯を入れた歯の歯茎が下がってしまうと、見た目が悪く、差し歯が主張した感じに見えてしまいます.

こういった場合は、見た目を良くしたい場合は,差し歯を交換する事もあります.ただ、歯茎が下がったまま差し歯を交換すると差し歯の長さが長くなってしまいます.

そのため、差し歯の再治療を行う場合は、歯ぐきの再生治療を合わせて行う事をお勧めしております.

差し歯の歯茎が下がってしまった方

被せ物の歯茎が下がる
被せ物の歯茎が下がってしまうケース

前歯の差し歯は色もあっていませんが、歯茎の際の所の歯茎が下がり、歯の根っこが見えています.この状態を歯茎の退縮と呼んでいます.差し歯を入れていると歯茎の退縮が特に色が変わりますので目立ちます.

歯茎の再生を行う事で歯茎を回復させる事ができます.

 

歯肉が下がりやすいパターンとして、歯ブラシの圧が強くゴシゴシ磨いてしまう、歯並びが悪く飛び出している、適合の悪い差し歯が入っていると言ったケースがあります。

歯茎の再生を行う事によって、歯茎を回復させた上、歯茎を下がりにくくします。ただ、適合の悪い差し歯は適合の良い物に交換する必要があります。また、歯ブラシの方法は磨きすぎないように、歯並びは矯正治療をお勧めしております。


歯ぐきの再生治療と審美歯科のケースは下記のリンクページに詳しい症例などをご紹介させて頂いております.クリックしてご覧ください.

 

歯茎の再生と審美歯科のページ

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

0120−25−1839

続きを読む 0 コメント

2016年

12月

28日

矯正後の歯茎の退縮を歯ぐきの再生で治したケース

矯正治療の後歯茎が下がる事が最近知られてきています.何となく歯が長くなってしまったと言う場合と、明らかに下がってしまって見た目じょう気になってしまうと言う場合もあります。

特に歯茎の粘膜に至る歯茎の退縮に関しましては早めに治した方が良いとご説明させていただいております.

矯正専門医の先生からのご紹介をいただく事もあります.

矯正後の歯茎の退縮治療ケース

矯正治療後にきれいな歯並びになったと言う事ですが,歯茎が下がってしまい、治療のご紹介をいただきました.

歯茎の退縮は歯茎の粘膜に達していますので歯磨きが困難になってしまう事、さらに退縮が進行する可能性がある事、見た目を考えると歯茎をもとの状態に回復される事がおすすめとなります.

続きを読む 0 コメント

2016年

12月

22日

歯茎が下がっている方を良く見かけます.歯茎の再生治療で回復させる事もできます.

差し歯の歯茎を含めて、歯茎が下がってしまう事があります.

歯茎が下がってしまった場合、歯ぐきの再生治療で歯茎を回復させる事が可能です.

歯茎が下がるってどういう事でしょう?

歯茎が下がる
歯茎が薄いケース

歯茎が下がる方は普通によくいらっしゃいます.

写真のように歯茎から血管が透けて見える歯茎は下がりやすい粘膜と呼ばれています。角化した丈夫な歯茎が厚みを持っていると歯茎が下がりにくくなります.

歯茎再生を行う事で歯茎の質が良くなります.歯茎の回復と維持のために歯茎再生治療はおすすめです.

 

特に差し歯の部分は歯茎が下がってしまうとお写真のように歯茎が黒く見えてしまい、審美的な問題も起こってしまいます。

 

お写真のケースでは、角化歯肉と言ってコラーゲンに富んだ丈夫な歯茎が少ないために、歯茎の下がりやす以上対となっております。歯茎の質を改善する事で歯茎が下がりにくい状態となります。

 

歯茎の下がってしまった方の治療のページ

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

03−3251−3921

0120−25−1839

続きを読む 0 コメント

2016年

12月

21日

審美歯科と歯茎の位置 歯茎の再生で歯並びを良く見せる

歯茎の再生で歯の見た目もよくなります。

歯茎が下がってしまうと、歯の長さが長く見えてしまいます.

例えば、前歯の差し歯治療を行う場合,歯茎の位置が左右で対称でないために歯の長さが不ぞろいになってしまうことがあります。

歯茎の再生治療では、歯ぐきの位置を下げることで歯茎の位置を調整することができます。そのため、歯の長さを左右対称に同じ長さにすることができます。

歯の長さが左右対称でないと、歯並びが良くても少し違和感を感じます。

 

歯茎再生と審美歯科の詳しいページ

左右の歯の長さがちがう場合の治療例

前歯の差し歯の長さが左右でちがう
前歯の差し歯の長さが左右でちがう

前歯に差し歯が入っていますが,左右で長さがちがいます.これは歯茎が下がった位置に合わせて差し歯を入れてしまったために起こってしまいました。


差し歯の長さをそろえるためには差し歯を交換する事になりますが,歯ぐきの再生治療を行って歯茎の位置を左右でそろえます.

続きを読む 0 コメント

2016年

12月

20日

歯茎再生の注意事項 再生治療後の食事について

歯ぐきの再生治療後は1ヶ月間なんでも食べてよいわけではありません.

歯茎再生の後食生活に気をつけていただいております.処置後の歯茎がが再生中は非常に弱い歯茎になっているため、尖った食べ物をさけていただいております.歯茎が弱いため刺さってしまう可能性があります。

つまり、尖った食べ物が歯茎に刺さると出血する場合があります。場合によってはかなり出血してしまうことがあります。

そのため例えば、天ぷら、唐揚げ、フランスパン、ポテトチップスなど尖った物はさけてください.

歯茎再生から1ヶ月はさけていただいた方が良いと思います.

歯茎再生は時期を選んで処置を行います.ご都合につきましてはご予約をお取りする時に確認させていただきます.

歯ぐきの再生のメインページは下記のリンクページです.

歯茎の再生のページ

 

歯茎の再生のページでは、再生治療の症例を写真で紹介しております。また、歯茎の再生治療の注意点などを詳しくご説明させていただいております。歯茎の再生にご興味のある方は上記のリンクページをご覧ください。

歯ぐきの再生治療を希望される方は、ただいま無料カウンセリングを行っております。無料カウンセリングにてご希望の部分の治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします.無料カウンセリングは御予約制となります.

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上  JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

03−3251−3921

0120−25−1839

 

0 コメント

2016年

12月

19日

歯茎の回復と歯茎再生

歯と歯の間の歯茎が下がってしまった場合は、歯ぐきの再生治療単独では回復が難しい事があります.

歯と歯の間の隙間の治療の参考例のご紹介です.

歯と歯の間の隙間を埋める方法

歯茎が下がる
歯茎が下がる

歯茎が下がってしまったケース

全体的に歯茎が薄く歯の根っこが外から見て膨らんで見えてしまうこういったケースは歯茎が下がりやすいケースです。

このケースでは、歯の根っこの周りの骨も増やした上で歯茎再生で歯茎を回復させます

このケースでは歯と歯の間の距離があるため矯正治療で歯を寄せています。

歯茎再生
歯茎再生

歯茎の中の骨と移植した歯茎で厚みを足しています.

歯の根っこの周りの骨と皮膚の厚みが増していますので、今後は歯茎が下がりにくくなります.


続きを読む 0 コメント

2016年

12月

18日

歯茎再生治療後の歯ブラシについての注意

非常に重要ですのでご注意ください.

歯ぐきの再生治療後の歯ブラシは禁止しております。

歯茎再生治療後の歯ブラシは1ヶ月ほどしないようにしてください。歯茎再生治療を行った部分以外は磨いてもかまいませんが、処置した部分は歯ブラシをすると歯茎が削れてしまいます。決して磨かないようにしてください。

お掃除は病院の方で行います。

また、歯ブラシをしないと気持ちが悪いでしょうから、うがい薬をお渡しします。あまり強くゆすがないように軽くぶくぶくとうがいをしてください。

歯ぐきの再生治療後の歯ブラシに関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.クリックしてご覧ください.

歯茎再生と歯ブラシのページ

 

歯茎の再生後の歯ブラシに関しての注意は上のページに詳しく書いておりますので、治療を受けられる方はご覧ください。歯ブラシや歯間ブラシをする事で歯茎の再生が失敗する事もありますので、注意して頂く必要があります。特に歯間ブラシの使用はしないようにしてください。

歯ぐきの再生治療を希望される方は無料カウンセリングを行っております.

歯茎の再生お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6Fスターバックス上  JR神田駅北口より徒歩1分 

0120-25-1839

03−3251−3921

0 コメント

2016年

12月

14日

歯茎の再生治療のビフォーアフター追加

歯茎の再生治療例を追加しました.

歯ぐきの再生治療は、全体的に歯茎が下がってしまっていても全部をやらずに気になる所だけを試しに治療する事も可能です。

歯茎の下がってしまった方は、歯ぐきの再生治療で歯茎が回復します.

ただ、歯ぐきの再生治療を行っている歯科医院が少ない事と、歯ぐきの再生治療をきれいに行う事は難しいので、悩んだらまずはお問い合わせください.

歯ぐきの再生治療の症例ページ

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

03−3251−3921

0 コメント

2016年

12月

12日

矯正後に歯茎が下がってしまった方へ 歯茎の再生治療

矯正治療の後歯茎が下がるケースを良く拝見いたします.矯正中に歯の根っこの位置が骨の位置よりはずれたところに移動すると歯茎が下がりやすくなります。

いったん歯茎が下がってしまうと歯ブラシなど、いろいろ工夫されてももとには戻りません。それどころか、日が経つに従って歯茎がさらに下がってしまいます.

歯茎の再生治療を行う事で歯茎をもとの状態に戻し、今後の歯茎の下がりを予防します.

詳しい内容は歯茎の再生のページへ

矯正後に歯ぐきの再生治療をしたケース

歯茎の退縮
歯茎の退縮

矯正治療後歯茎が下がってしまいました.

歯茎が薄くて、歯の根っこが歯茎を通して透けて見えます.

歯茎の再生治療を行います.

歯茎再生
歯茎再生

歯茎を再生する事で知覚過敏も予防できます.

また、歯茎の厚みが増した事で今後歯茎の下がる心配が減りました.


続きを読む 0 コメント

2016年

12月

11日

歯茎の再生治療後はどうなるの?

歯茎の再生治療後の状態を想像して心配になる方へ


歯茎の再生治療後の歯茎の状態の変化についてご説明いたします。

歯茎の再生治療後その日はまだ移植した皮膚や切った皮膚は完全にくっついていない状態となります。引っ張れば取れる状態です。1日すると出血していた状態も落ち着き、だんだんと皮膚がくっつき始めます。歯茎は腫れた状態となります。2~3日腫れる状態となることが多いです。人によっては1週間ほど腫れていると感じられることもあります。

1週間もすると移植した皮膚と元あった皮膚はくっついて引っ張っても離れない状態となります。ただ、まだ弱い皮膚ですので歯ブラシなどでこすることは厳禁です。

2週間もするとかなりなじんで皮膚が同化してきます。少し腫れている場合もありますが、かなり安定した状態となります。

1か月するとかなり皮膚も強くなり、安定しますので柔らかい歯ブラシでこすっても大丈夫になります。

歯茎の再生治療の経過例

歯茎が下がった状態
歯茎が下がった状態

歯茎が薄く、歯茎が下がってしまっています.下がった歯茎に知覚過敏予防にレジンというプラスティックが詰めてあります.歯茎再生を行って歯茎を回復させます.

続きを読む 0 コメント

2016年

12月

10日

歯茎の再生治療の流れ 歯茎の修正

歯茎の再生治療後の歯茎の形の修正について

歯茎の再生治療では、なるべく多くの再生を期待するため歯茎を厚めに作ります.そのため、厚みがありすぎて歯ブラシがしにくくなってしまう事もあります.

再生治療後2ヶ月待って歯茎が完全に落ち着いた段階で、歯茎の厚みを調整する事もあります.表面を麻酔してバーで削るだけですのですぐに終わりますし、お痛みもございません。

歯茎の再度の修正する事で角化した歯茎を作る事も可能です.角化した歯茎は炎症の予防もできるので修正もお勧めしています.

また、唇が歯茎を引っ張る場合は小帯という繊維を切断する場合もあります.歯茎が引っ張られる事で歯茎が下がってしまうケースがあるためです.

歯茎の再生治療のトップページに戻る場合は下記のリンクページをクリックして戻ることができます。

歯茎の再生治療のページ

歯茎の再生治療を希望される方はただいま無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください。無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします。

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上  JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

03−3251−3921

0120−25−1839

 

 

0 コメント

2016年

12月

09日

矯正治療後に絶望的に歯茎が下がってしまった方の歯ぐきの再生治療

矯正治療後に歯茎が下がってしまって悩まれている方が大勢いらっしゃっております.歯の根っこも短いし治らないと言われて歯を諦めている方も回復するかもしれません.

今回は、矯正治療後に歯の根っこが短くなって歯の先端付近まで歯茎が下がってしまった場合の歯ぐきの再生治療例のご紹介をいたします.

矯正治療で歯並びは良くなったけど歯茎が下がってしまった場合の治療例

矯正治療後に歯茎が下がってしまったケース 治療前
矯正治療後に歯茎が下がってしまったケース 治療前

歯茎が下がってしまった所にレジンという詰め物をしていますが,歯茎は下がってしまったため歯の長さが長くなってしまっています.

 

こういったケースでも歯ぐきの再生治療は可能です.

続きを読む 0 コメント

歯茎の退縮と感染について

歯周病は感染している場合と感染していない場合があります.

 

歯茎の退縮は感染していても、感染していなくてもおきます.

 

感染していると炎症症状があります。たとえば、歯茎から出血するとか、歯茎が腫れるという症状が出ます.

 

感染してしまっている場合は、歯を支えている骨の吸収がある場合が多く、骨の再生が必要になることが多いです.

 

また、感染していない歯茎の退縮は歯茎の再生を行うだけで歯茎が元の位置に戻ることが多いです.

 

歯科医院紹介

神田ふくしま歯科

03-3251-3921

0120-25-1839

東京都千代田区神田鍛冶町3-2サンミビル6Fスターバックス上

営業時間

11:00~20:00

昼休み

14:00~15:30

 

休診日

木曜日、日曜日、祝日

 

となっております。

歯科専門HP