下の前歯の歯茎の再生治療

下の前歯の歯茎が下がることは多いのですが、歯茎が下がった時に、通常の歯科医師が取る方法はレジンという詰め物で下がった歯茎を覆います。

 

この方法は、特に歯茎を直したわけではないので、しばらくするとまた歯茎が下がってしまうことになります。

 

特に歯茎が薄い下の前歯に関しましては、歯茎が下がってしまう場合は歯茎の再生治療を行い、歯茎を回復させた上で、歯茎の厚みを増やして歯茎が下がりにくくすることをお勧めしております。

 

下の前歯の歯茎を回復させて厚くするってどういうことですか?

下の前歯の歯茎が下がってレジンという光で固める詰め物で下がった歯茎を覆っています。

 

お写真の歯茎の状態では、歯茎の厚みが薄いと判断しております。

歯茎の再生治療とレジン充填で歯茎の位置を左右で揃えました。

 

歯茎の位置を上にあげ、歯茎の厚みが厚くなったのがお分かりいただけるでしょうか。

 

歯茎の再生治療では、このように、歯茎の厚みを厚くすることで、歯茎が将来下がりにくくなるようにしております。

 

歯茎の再生治療トップページ