歯茎が全体的に下がってしまっている場合の歯茎の再生治療の流れ

あなたは、歯茎が全体的に下がってお悩みではありませんか?

歯がダメになってしまうのではないか?と歯の将来を心配されていませんか?

歯周病の進行具合にもよりますが、全体的に歯茎を回復させることができるかもしれません。

歯茎が全体的に下がってしまっている場合
歯茎が全体的に下がってしまっている場合

歯茎が全体的に下がってしまっている場合やは、歯茎の再生治療を約10本づつ行っていきます。

全体的な歯茎の再生治療
全体的な歯茎の再生治療

お写真の方の場合は、まず下の歯10本に歯茎の移植を伴う歯茎の再生治療を行いました。

 

3ヶ月ほど待って、今度は上の歯10本の歯茎の再生治療を行います。

 

20本以上の歯の歯茎が下がってしまっている場合は、さらに3ヶ月ほど待ってから残りの歯の歯茎の再生治療を行います。

 

そのため、全部の歯の歯茎が下がってしまっている方は、通常28本歯がありますので、3回の移植を伴う歯茎の再生処置を行います。

 

全部の歯の歯茎が下がってしまってどうすれば良いか分からない方も多いようですが、治療は可能ですし、まとめて治療を行いますので、回数もそれほど多くなくて済みます。

 

たくさんの歯の歯茎の下がりをまとめて歯茎の再生治療をされたい方のページ

 

ただいま、たくさんの歯の歯茎が下がってしまってお悩みのかたは無料カウンセリングを行っておりますので、この機会にお越しください。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

0120−25−1839

 

ただ、注意点ですが、歯茎の下がり具合が大きい場合や、非常に歯茎が薄いところがある場合で1回の歯茎の再生治療で回復しない場合は、歯茎の再生治療の修正や再移植が必要な場合があります。修正の場合は無料で、再移植の場合は、お値引き価格で治療をさせていただいております。