歯周病で歯茎が下がる?

歯周病で歯茎が下がるのでしょうか?

 

ご存知でしょうか?歯周病でなくても歯茎は下がります.歯茎が下がってしまった場合は歯周病のリスクが高くなりますので、歯茎が下がって歯周病になってさらに歯茎が下がってという悪循環になってしまう事もあります.

 

歯茎が下がり始めた段階で注意する必要があります.

 


歯茎が下がるのは加齢現象?

歯周病にかかると歯茎がやせて歯が長くなるということを聞いたことがある方もいらっしゃるかと思います。年齢とともに歯茎が下がる加齢現象と思われている方も多いようです.

 

基本的には歯周病でなければ歯茎が急激に下がる事はありません.

 

ただ、歯周病でなくても歯茎はさがります。

歯ブラシの強さが強かったり、歯ぎしりをされている方は歯茎が下がりやすくなります。

 

もちろん、年齢とともに、顎の骨の変化もあります。よく知られているのは、ほっぺた側の骨の厚みが年齢とともに薄くなってしまうということがあります。

 

そのため加齢とともに、歯茎がより下がりやすくなってしまいます。また、歯茎が下がってしまったら回復させるのが年齢とともに難しくなってしまいます。

 

歯茎が下がってしまう前に歯茎の厚みを増やして歯茎が下がりにくくすることは、将来的な歯茎の健康のためにお勧めできます。

 

歯茎が下がってしまった場合、歯茎の再生治療で元に戻せる場合があります。ご希望の方は歯茎の再生治療の カウンセリングを受けられてはいかがでしょうか。

 

歯茎の再生治療のページ

 

 


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎が下がってしまった時に歯茎を回復させる、歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。


歯茎の再生治療などのお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

03−3251−3921

0120−25−1839

営業時間

月・火・金11:00~20:00

水・木      11:00~18:00

土      11:00~19:00

昼休み

14:00~15:30

 

休診日

日曜日、祝日

 

となっております。

メモ: * は入力必須項目です