インプラントの歯茎の再生は難しい?

インプラントの歯茎は、インプラントの角度や、インプラントの周囲にある骨の状態によって、一旦下がってしまうと再生が難しい場合が多いです。

特にインプラントを前歯の入れる場合は、将来的な歯茎に関しても先生としっかり相談されることをお勧めします。歯茎が下がってしまった時に回復するのは難しい場合が多いためです。

前歯4本の歯茎が下がってしまっています。
前歯4本の歯茎が下がってしまっています。

前歯4本の歯茎が下がってしまっています。

天然の歯3本の歯茎は問題なく回復できそうですが、インプラント部分の歯茎は土台の位置が飛び出してしまっているために難しい状態です。

天然の歯の歯茎は回復しましたが、インプラントの部分はあまり変わりませんでした。
天然の歯の歯茎は回復しましたが、インプラントの部分はあまり変わりませんでした。

天然の歯の歯茎は回復しましたが、インプラントの部分はあまり変わりませんでした。こういったケースでは、インプラントの土台を外して土台の角度から変えていく必要があります。土台をそのままだとさらに難しい状況となります。

 

インプラントの歯茎の再生のページ


~インプラントの歯茎の再生の注意~

 

インプラントの歯茎の再生は保険外診療となります。インプラントの種類などによって料金がかわります。連続する1~3本あたり10万円(税別)の料金となります。

 

また、場合によっては人工の皮膚を使用する必要があります。人工の皮膚代は別途かかります。

 

また、インプラントのアバットメント(土台)を交換する必要がある場合は、アバットメントの料金がかかる場合があります。カスタムアバットメントと言って、歯茎を圧迫しない形のアバットメントをオーダーで作成するため、7万円(税別)かかります。

 

リスクについて

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません

 

また、インプラントの歯茎の再生の場合、歯茎の量が大きく損なわれてしまっている場合も多く、再度歯茎の移植を行う必要な場合もあります。その際には移植の料金は半額となります。