歯茎の再生治療例

当院では毎年100症例ほどの歯茎の再生治療を行っております。あなたの歯茎の状態に近いケースがございましたら参考になさってください。


歯茎の再生治療 ケース1 審美的な歯茎再生

歯茎の再生
歯茎の再生症例

 

  

 

   

上の前歯の差し歯の上の歯茎が下がり、差し歯の部分の歯の根っこが露出してしまっています。上の犬歯の長さも長くなってしまっています。

歯茎の再生症例
歯茎の再生症例

上の前歯6本の歯茎を再生治療で回復させました。歯茎の再生治療で、歯茎がもとの位置に戻り見た目もきれいです。仮歯が入った状態で歯茎の落ち着くのを待ちます。

歯茎の再生
治療後の状態

歯茎の再生治療後、歯茎が落ち着いた段階で前歯をオールセラミックにて治療しております.歯茎の状態も安定しております.


~歯茎の再生治療と審美歯科治療の注意~

 

歯茎の再生治療や審美歯科治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)です。また、オールセラミック の種類によって当院では1本6万円(税別)~15万円(税別)のセラミックを選んでいただいております。

 

料金に関しましては、最小単位の標準的な料金となります。本数の多い場合は、掛け算して計算していただく必要があります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているようなケースのうち、歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

歯茎の再生治療のリスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

審美歯科のリスク

 

 

審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。また、オールセラミック の色合いはかなり天然の歯に近いものになりますが、完全に同じものではありません。

 


歯茎の再生治療の無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839

03−3251−3921


歯茎の再生治療 ケース2

歯茎の再生症例
歯茎の再生症例

よく見かかるのですが、差し歯の歯茎が下がって歯が長く見えてしまっています。前歯の根っこが露出してしまっています。こういった場合でも歯茎の再生治療でもとの位置に戻すことが可能です。

歯茎の再生症例
歯茎の再生症例

上の前歯全体の歯茎をもとの状態に戻しました。

歯茎の厚みが増したことで、今後歯茎の下がりも予防できます。

長い差し歯を元の長さに戻したケース

歯茎の再生治療
歯茎の再生治療前

歯茎が下がってしまったまま差し歯の治療をしたため、歯の長さが非常に長くなってしまっています。

歯茎の再生治療
歯茎の再生治療後

歯茎の再生治療後にオールセラミックを修正して歯の長さを通常の長さにしました。

矯正治療後歯茎が下がったケース

矯正治療後歯茎が下がってしまうことがあります。こういったケースでも歯茎の再生治療が可能です。

矯正後の歯茎退縮
矯正後の歯茎退縮

学生の頃矯正をした後歯茎が下がってしまったケース

下の前歯の歯茎を再生しました.

矯正と歯茎の再生
矯正と歯茎の再生

歯茎の再生後1ヶ月の状態

歯茎が歯の根っこを覆っています.歯茎再生後は歯茎の厚みも増して今後歯茎が下がりにくくなります.

薄い歯茎の再生治療のケース

歯茎の再生
歯茎が薄い方の場合

歯茎が薄く歯茎が下がってしまった場合の歯茎の再生治療ケース。前歯6本の歯茎が下がり始めています.歯茎の薄い方は将来的に歯茎が下がってしまいますので,歯茎の再生治療を行う事で、歯茎の退縮を予防する事ができます.

歯茎の再生
審美的な歯茎の再生治療

審美的な歯茎の再生治療を行う事で,歯茎に目立った傷を残さずに歯茎の回復をする事ができました.元々の歯茎の位置まで歯茎を回復できています.また、歯茎の厚みが増した事で将来的な歯茎の退縮を予防できます.


下の前歯の歯茎が下がったケース

歯茎が下がる
歯茎が下がる

下の前歯の歯茎が下がって歯の根っこの色の濃い部分が露出してしまっています.歯茎の再生治療を行う事で歯茎の下がってしまった部分を回復する事ができます.

歯茎が下がってしまうと知覚過敏や見た目の問題,死守病や虫歯のリスクが上がる問題が起こってきますので、歯茎を回復するのが良いでしょう.

歯茎再生
歯茎再生

歯茎の再生治療で元々あった歯茎の位置に戻しました.歯の根っこの色の濃い部分をきれいに覆う事ができました.

歯茎の再生治療後の歯茎の外科の跡も残らず、きれいな歯茎に見えます.歯茎の厚みが増えました.

上の前歯の歯茎が下がってしまったケース

歯茎の退縮
上の前歯の歯茎の退縮
歯茎の再生
歯茎の再生後1ヶ月

下の前歯の歯茎が下がったケース

下の前歯の歯茎の退縮
下の前歯の歯茎の退縮
歯茎の再生
歯茎の再生2週間後
歯茎の再生
1ヶ月後

再生した歯茎が落ち着いてから矯正治療を行います.矯正治療中に歯茎がさらに下がってしまう可能性のある場合は、このケースのように矯正治療前に歯茎の再生治療を行います.

差し歯の下がった歯茎を覆ったケース

ほんの少し下がった差し歯の歯茎
ほんの少し下がった差し歯の歯茎
歯茎再生
治療後2週間の状態

少し覆いすぎた分の歯茎は1ヶ月後以降に整えます.


歯茎が壊死してしまったケースの歯茎再生

歯茎再生
歯茎再生前 前歯の歯茎の壊死

前歯の歯茎が壊死をしてしまい顎の骨が露出してしまっています.歯の保存は難しいのですが,歯茎を回復させて見た目を回復させるために歯茎再生を行います。また、審美的な見た目を回復させるためにオールセラミックの差し歯にて見た目を良くする治療を行いました.

歯茎が下がる
歯茎再生後に前歯のオールセラミック治療

歯茎再生治療によって歯茎のボリュウムを回復させて,また、見た目もオールセラミックの差し歯で改善させました.(もう少し歯茎にボリュウムが欲しいと言われてしまいましたが、なかなか大変です.再度トライする事は可能です.)

歯茎が少し下がってきた時に早めに回復させる歯茎再生治療は歯茎退縮予防ができますのでおすすめです.

歯茎再生
歯茎が少し下がってきています.歯茎再生前

このくらい歯茎が下がり始めた段階で歯茎再生を行う事で完全な回復と将来的な歯茎の退縮を予防する事が期待できます.

歯茎再生
歯茎再生後

歯茎を再生する事で歯茎が回復しているのがわかるかと思います.特に犬歯の歯茎がしっかりと回復しています.また、歯茎の厚みが増した事で将来的に歯茎が下がる事を予防する事ができます.歯茎のオペ後ですが,切った跡も見えずきれいな歯茎をしています.

歯茎がやせて来てレジンという詰め物で下がった歯茎を詰めていても歯ぐきの再生は可能です.

歯茎が下がる

犬歯とその前の歯の歯茎が下がってしまい,下がった歯茎にレジンという詰め物を詰めています.この状態でも歯ぐきの再生治療を行って歯茎を回復させる事が可能です.

歯茎再生
歯茎再生

歯茎の取れる量の関係で2本だけの歯ぐきの再生治療となりました。歯茎が回復して元々の歯茎の位置に落ち着きました。見た目がとてもきれいです.

奥歯の歯茎が下がってしまった場合の歯ぐきの再生治療

奥歯の歯茎再生
奥歯の歯茎再生

奥歯の歯茎が下がって歯の根っこの少し黒い部分が露出してしまっています.

このまま吸収が進行すると歯の根っこと根っこの間が露出して歯周病の進行が加速する事が予想されます.

 

この程度歯茎が下がった段階でも歯ぐきの再生治療を行う事をお勧めしております.さらに歯茎が下がると回復が難しい場合もあります.

奥歯の歯茎再生
奥歯の歯茎再生

したの奥歯の下がった歯茎を、歯ぐきの再生治療しました。歯茎の位置が元に戻りました.

歯茎の厚みがしっかりと厚くなりますので今後歯茎が下がりにくくなります.

奥歯の根っこが削れてえぐれてしまっても歯茎を回復させる事が可能です.

奥歯の歯茎再生
奥歯の歯茎再生

よく見かけますが,歯茎が下がった所の歯の根っこが削れてえぐれてしまっています.形をと問えて歯ぐきの再生治療を行う事で歯茎で覆います.

奥歯の歯茎再生
奥歯の歯茎再生

反対側も歯が削れています。左右ともに歯茎の再生治療を行いました.

上の写真の治療後です。

奥歯の歯茎再生
奥歯の歯茎再生

上の写真は鏡で取っていますので、像が反対になりますが,右の奥歯の歯ぐきの再生後の状態です.歯茎に傷が残っていないのできれいです.

奥歯の歯茎再生
奥歯の歯茎再生

左側の歯茎もきれいに回復しました.


下がっている歯茎の本数が多い場合は期間を分けて行います.

歯茎下がる
歯茎下がる

上も下も多くの歯の本数で歯茎が下がってしまっている場合は、期間を分けて歯茎の再生治療を行います.

歯ぐきの再生治療
歯ぐきの再生治療

まずは上の歯の下がっている歯茎に再生治療を行いました.下の歯より上の歯の方が短く見えるのは、歯茎が再生されたためです.3ヶ月程待ってから下の歯ぐきの再生治療を行います.

歯ぐきの再生治療
歯ぐきの再生治療

上下の歯ぐきの再生治療が終わった後の状態。歯の長さがだいぶ短くなったのがわかるかと思います.

歯茎が下がってしまって毎日が不安だった生活も歯茎が回復してご満足いただけました.

歯ぐきの再生治療例 歯が抜けそうな場合もOK

歯ぐき再生
歯ぐき再生

クリックで拡大

歯ぐき再生
歯ぐき再生

クリックで拡大


歯ぐきの再生治療例 審美歯科と合わせて

歯ぐき再生
歯ぐき再生

クリックで拡大

歯ぐき再生
歯ぐき再生

クリックで拡大


歯ぐきの再生治療例 上の左右八重歯だけもOK

全体的に歯茎が下がってしまっている場合でも、とりあえず一番気になる所だけの歯ぐきの再生治療を行う事が可能です.

歯茎再生
歯茎再生

クリックで拡大

歯茎再生
歯茎再生

クリックで拡大


歯茎再生
歯茎再生

 

クリックで拡大

歯茎再生
歯茎再生

クリックで拡大



歯ぐきの再生治療例 まずは上の歯だけでもOK

歯茎再生
歯茎再生

クリックで拡大

歯茎再生
歯茎再生

クリックで拡大

歯茎再生
歯茎再生

クリックで拡大

歯茎再生
歯茎再生

クリックで拡大



歯ぐきの再生治療例

歯茎再生
歯茎再生

クリックで拡大

歯茎再生
歯茎再生

クリックで拡大


歯茎再生
歯茎再生

クリックで拡大

歯茎再生
歯茎再生

クリックで拡大


歯ぐきの再生治療例 前歯を抜いてしまった場合

歯茎再生
歯茎再生

クリックで拡大

歯茎再生
歯茎再生

クリックで拡大


矯正治療後の歯茎の退縮を歯ぐきの再生治療で回復した場合。

歯茎再生
歯茎再生

矯正治療後に歯が並んでも、こんな長い歯になったら嫌だという事です。歯が抜けてしまうのではないかと心配になります.

歯茎再生
拡大写真
歯茎再生
歯茎再生

歯茎の再生治療後の状態。完全ではないですが,かなり歯茎が回復して見た目も良くなりました.

下の前歯の歯ぐきの再生ケース

歯茎再生
歯茎再生

下の前歯の歯茎が下がってしまって歯の根っこの黒い部分が見えてしまっています.

歯茎の再生治療
歯茎の再生治療後

下の前歯に対して歯ぐきの再生治療して歯茎が回復しました.歯の根っこの黒い部分を覆いました.


下の前歯の裏側の歯ぐきの再生治療

歯茎再生
歯茎再生

前歯の裏側の歯茎が下がってしまう事もあります.歯茎が薄いのが原因です。

歯茎の再生治療
歯茎の再生治療後

下がってしまった歯茎を回復させたうえで歯茎の厚みを回復しました.



無料カウンセリングお問い合わせ


 

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

JR神田駅北口より徒歩1分(東京駅の隣の駅です。)

03−3251−3921

0120−25−1839

メモ: * は入力必須項目です


歯茎の再生治療、その他治療例

歯ブラシが強くて歯茎が下がってしまったケース

歯茎の再生治療
歯茎の再生治療前

歯ブラシをしすぎて歯茎が下がってしまったケース

歯茎の再生治療
歯茎の再生治療後

歯茎の再生治療で歯茎が回復しました。

多数の歯の歯茎が下がってしまったケース

歯茎の再生治療
歯茎の再生治療前

全体的に歯茎が下がってしまっています。

歯茎の再生治療
歯茎の再生治療後

今回は上の歯の歯茎10本の歯茎の再生治療を行っています。

 

このケースのように、とりあえず一部のみ歯茎の再生治療を行うことも可能です。

奥歯の歯茎も含めて歯茎の再生治療をしたケース

歯茎の再生治療
歯茎の再生治療前

矯正治療後、下の歯の歯茎が奥歯を含めて下がってしまっています。歯茎の再生治療を行います。

歯茎の再生治療
歯茎の再生治療後

歯茎の厚みを厚くして、歯茎の回復をしました。

下の前歯の歯茎が下がってしまったケース

歯茎の再生治療
歯茎の再生治療前

歯茎が下がって、歯の根っこが露出してしまっています。

歯茎の再生治療
歯茎の再生治療後

歯茎の再生治療で歯茎が回復しました。歯茎の厚みを増すことで、歯茎が将来的に下がりにくくなります。

70歳の方でも歯茎の再生が可能です。

歯茎再生
治療前

お年をとられるとともに歯茎が下がってしまうことがあります。全体的に歯茎が下がってしまっていますし、ご自身の皮膚が薄くなってしまっていますので、ドナーの皮膚を使用して全体的に歯茎の再生治療を行いました。

歯茎の再生治療
歯茎の再生治療後

全体的に歯茎の厚みが増し歯茎が回復してきています。歯の削れてしまっている部分はレジンによって回復させています。


歯茎の再生などの無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839

03−3251−3921


メモ: * は入力必須項目です


歯茎の再生治療例に関するブログ

下の前歯の裏側の歯ぐきの再生

あなたの下の前歯の裏の歯茎は大丈夫でしょうか?

 

歯茎の退縮は、場所によっては治療が難しくなります。歯の裏側の歯茎が下がってしまうと比較的治療が難しくなります。歯茎が下がらないように気をつけたほうが良いでしょう。

 

今回は、下の前歯の裏側の歯茎の再生を行ったケースをご紹介いたします。薄い歯茎を厚くし、丈夫にしています。

 


下の前歯の裏の歯茎は下がりやすい!?

下の前歯の歯茎が下がってしまった場合
下の前歯の歯茎が下がってしまった場合

下の前歯の歯茎が下がってしまった場合も歯ぐきの再生治療を行います.

 

下の前歯の裏側の歯茎は、お口の中でも特に骨の厚みが薄い部分です。そのため、歯茎が下がってしまうことがよくあります。

 

お写真の方の下の前歯の歯茎は非常に薄く歯の根っこが歯茎を通して透けて見えてしまうくらい薄い状態です。現状では2ミリほど歯茎が下がってしまっていますが、今後さらに下がってしまうことが予想されます。

 

歯茎の再生治療を行い歯茎の厚みを増すことが歯茎の退縮や骨の吸収を予防します。

下の前歯の歯茎が下がってしまった場合
下の前歯の歯茎が下がってしまった場合

歯茎の厚みが増し,歯茎の位置も回復しました.

 

歯茎の厚見ましたことで、しっかりと歯ブラシでこすっても歯茎が下がりにくくなります。歯の健康のためにはしっかりと歯ブラシのできる環境を作ることも大切です。

 


このケースは比較的歯茎の下がる量が少ないため、元の状態に近い状態に歯茎の位置が上がりました。ただ、歯の裏側の歯茎は比較的回復が難しい部分です。完全に回復が難しい場合もあります。


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万7千円(税込)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

続きを読む

下の前歯の裏側の歯茎の再生治療

下の前歯の裏は、歯茎の再生治療が難しい部位のの一つです。

慎重に皮膚の移植を行う必要があります。

 

下の前歯の裏側の歯茎の退縮に関しましては、治療の目標の一つに歯茎の厚みを増やすことがあります。歯茎の厚みを増すことで、将来的にこれ以上歯茎が下がりにくくなります。

 


下の前歯の裏側の歯茎が下がるってどういうことですか?

矯正治療後に歯の揺れと歯茎の退縮が起こっているケースです。

 

歯茎が下がって、歯の根っこのセメント質が露出して違う色に見えています。

 

また、歯茎が薄いため、さらに歯茎が下がってしまう危険性があります。

歯茎の再生ってどういうことですか?

歯の揺れを止めるために、ワイヤーで歯を固定した上で、歯茎の再生治療を行いました。

 

歯の裏側の歯茎の再生治療は完全に回復することが難しい場合が多いです。

 

歯茎の厚みが増したのがわかるかと思います。歯茎の回復は一部にとどまっておりますが改善しています。

 

歯茎の再生治療のページ


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万7千円(税込)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

歯茎再生のケース 歯周病予防に歯茎再生治療

あなたの歯茎は将来下がってしまうかもしれません。歯茎の薄い方は要注意です。

 

歯茎の再生治療を行うことで歯茎の厚みを出して歯茎を丈夫にします。

 

丈夫な歯茎は歯周病の炎症に対して抵抗力が増します。歯茎が厚いことで将来的に歯茎が下がってしまうことも予防します。

 

今回は、歯茎の厚みや位置を完全したケースを紹介いたします。


歯茎の再生治療で歯茎の厚みも増します。

歯ぐき再生アフター
歯ぐき再生

お写真では、上の前歯の歯茎が全体的に下がってきてしまっています.2ミリ程の歯茎の退縮です.歯茎が薄いため、歯茎が下がりやすい状態となっています。歯周病の炎症は起きていないのですが、歯茎が下がることで歯の健康状態が悪くなってしまいます。

 

こういった薄い歯茎の場合、歯茎の再生治療を行うことで、歯茎の厚みが増し、また、歯茎の位置を回復します。

上の前歯6本の歯茎再生ケース。
上の前歯6本の歯茎再生ケース。歯茎の厚みがまし、位置も元の状態に戻りました

傷跡も残らずにきれいに歯茎を再生させる事ができました.歯ぎしりによって歯茎が将来的に下がってしまう事もあるようですので、お休みのときはマウスピースを使用した方が良いかもしれません.

 

この段階で歯茎再生を行う事で歯周病や虫歯の予防をする事が可能になります.

 

歯茎が下がって露出した歯の根っこが虫歯になりやすい事や、下がった歯ぐきの部分が歯ブラシをしにくいと言ったために、虫歯や歯周病が進行してしまうケースが多いため,歯茎再生で虫歯や歯周病を予防する事はおすすめです.

 

歯ぐき再生に関しての詳しいご説明は下記のリンクの歯ぐきの再生ページをクリックしてご覧ください.

 

歯ぐきの再生のページ

 

歯茎の再生のお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F 

03−3251−3921


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万7千円(税込)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。


メモ: * は入力必須項目です

歯を小さくする歯茎の再生治療?

あまり行わないケースですが、見た目の大きな歯を小さくするために、歯茎の再生治療を行う場合があります。

 

歯が長くて気になってしまう方の歯の大きさを小さくすることができる場合があります。

歯の大きさを小さくしたいというご希望の場合
歯の大きさを小さくしたいというご希望の場合

歯の大きさを小さくしたいというご希望の場合、お写真のような歯の形をしている場合は、歯茎の位置を歯茎の再生治療で、持ち上げることで、歯茎の位置が変わり、歯の大きさが小さく見えます。

歯の大きさを小さくしたいというご希望の場合の歯ぐき再生
歯の大きさを小さくしたいというご希望の場合

治療後の状態。前歯の大きさが少し小さくなったのがお分かりいただけるでしょうか?

 

歯の大きさはほんの少し変えるだけで、イメージが大きく変わります。

 

歯茎の再生治療のページ


~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真や治療法のご説明の内容を掲載する際には、料金や治療のリスクを表示することになっております。治療を検討される際には、注意も合わせてご確認ください。

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万7千円(税込)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839

03−3251−3921

歯茎の再生治療は下がった歯茎を覆います。

歯茎の再生治療は下がってしまった歯茎を回復させて覆います。多くの方は、ご存知ないようです。歯茎が下がってしまって気にされている方は、知っておいたほうが良い治療法だと思います。

 

歯茎の再生治療は、皮膚の移植を伴う場合の多い治療方法です。ただ、皮膚の移植と言っても傷跡がひどく残ってしまったり、色が大きく変わったりはしません。

 

また、単に見た目の改善だけではなく、歯の周囲組織を強力に回復しますので、歯周病の予防にも有効です。

 


歯茎の再生治療例

歯茎の再生治療
歯茎の再生治療

お写真では、歯茎が下がってしまって、歯の根っこが露出しています。少し色が黄色い部分が歯の根っこになります。

 

左側の前歯3本だけ歯茎の再生治療を行うことになりました。

歯茎の再生治療
歯茎の再生治療

歯茎の再生治療後半年のお写真です。

歯茎が下がってしまっていた部分の歯茎は回復して、歯の根っこを覆っています。特に色が変わって目立つわけではありません。

 

歯茎の厚みが増すことで、今後歯茎が下がりにくくなります。

 

歯茎の再生治療に関して詳しいページですので、最初から通してご覧いただくことをお勧めしております。

 

歯茎の再生治療のページのはじめのページ


お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

0120−25−1839


~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真を見ていただいてわかるように回復した歯茎が剥がれてしまっているということはありません。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。

 

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万7千円(税込)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

歯を抜いた後歯茎が窪んでしまった時の歯茎の再生治療

歯を抜いてブリッジ治療をする際に、歯を抜いた後の歯茎が大きく窪んでしまうことがあります。歯茎が窪んでしまうと大きなはがないって清掃しにくくなったり、見た目が悪くなったりしてしまいます。

今回は、歯を抜いた後の歯茎のくぼみを回復させる歯茎の再生治療をご紹介いたします。

ブリッジの歯の歯茎再生
ブリッジの歯の歯茎再生

 

 

 歯を抜いた後のくぼみに合う形の歯が入っているため、かなり大きな歯が前歯に入っています。

 

歯を抜いた後のくぼみが出来てしまうと形の悪い差し歯が入ってしまい、お掃除も難しくなります。形の良い差し歯にするために、歯茎を回復させてブリッジを入れることで歯ブラシもしやすくなります。

 

 

ブリッジの歯の歯茎再生
ブリッジの歯の歯茎再生

オールセラミックブリッジが入っています。

歯を抜いて窪んでしまった歯茎を歯茎の再生治療を行うことである程度回復することができ普通の大きさの歯が入りました。

 

清掃がしやすい形になりました。

 

歯茎の再生治療のページ


~歯茎の再生治療と審美歯科治療の注意~

 

歯茎の再生治療や審美歯科治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万7千円(税込)です。また、オールセラミック の種類によって当院では1本6万6千円(税込)~16万5千円(税込)のセラミックを選んでいただいております。

 

料金に関しましては、最小単位の標準的な料金となります。本数の多い場合は、掛け算して計算していただく必要があります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているようなケースのうち、歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

歯茎の再生治療のリスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

審美歯科のリスク

 

 

審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。また、オールセラミック の色合いはかなり天然の歯に近いものになりますが、完全に同じものではありません。

歯茎の再生治療 〜下の前歯〜

成人の方が矯正治療をされる際に、歯茎が下がりやすいかの確認をされることをお勧めしております。

30歳位以上の方の7割ほどが歯周病と言われていますので、成人矯正治療をされる方の中には歯周病が進行してしまっているかもしれません。

歯周病の方は天然の歯もインプラントの歯も歯茎が下がってしまうことがあります。また、歯並びが悪い場合は特に歯茎が下がりやすくなります。

矯正治療を始める前に、歯茎が下がりにくくするために歯茎の再生治療を行うことや骨を増やす増骨処置を行ってから矯正治療を行った方が良い場合もあります。

矯正治療前に歯茎の下がってしまっている部分の歯茎を再生させます。
矯正治療前に歯茎の下がってしまっている部分の歯茎を再生させます。

矯正治療前に歯茎の下がってしまっている部分の歯茎を再生させます。

矯正治療でさらに歯茎が下がらないように、歯茎の厚みを増して歯茎の位置も回復させています。
矯正治療でさらに歯茎が下がらないように、歯茎の厚みを増して歯茎の位置も回復させています。

矯正治療でさらに歯茎が下がらないように、歯茎の厚みを増して歯茎の位置も回復させています。

 

歯茎の再生治療のページ


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万7千円(税込)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

下がった歯茎に詰め物がしてあっても歯ぐきの再生が可能です.

従来、歯茎が下がってしまって知覚過敏や虫歯になってしまいますと、レジンという詰め物で下がって露出した歯の根っこに蓋をしていました。

 

歯茎の再生治療は、レジンで蓋をしている歯の根っこの部分も歯茎で覆うことができます。ただ、その際にはレジンを含めて虫歯もしっかりと取り除きます。

歯茎の再生治療
歯茎の再生治療

歯茎が下がってしまった所にレジンと言うプラスティック系の白い詰め物をしています.歯が長く見えていますので見た目が悪いです.

歯茎の再生治療
歯茎の再生治療

歯茎が下がって長く見えていた歯の長さがもとの長さになりました.歯ぐきの再生治療の方法も跡が残りにくい方法をとりましたので、歯茎もとてもきれいです。

 

歯ぐきの再生治療に関しましてはトップページからしっかりとご覧ください.

 

歯茎の再生治療のページ

 

 

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分(東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839

03-3251-3921


~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真を見ていただいてわかるように回復した歯茎が剥がれてしまっているということはありません。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。

 

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万7千円(税込)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

新しい審美歯科治療では歯茎の再生治療も併せて行います。

歯茎が下がった時の見た目が気になっていませんか?

 

新しい審美歯科治療では、歯茎の位置を回復させて見た目をきれいに変えることができます。

 

例えば、歯茎が退縮してしまい、歯が長くなってしまっては、見た目が悪くなってしまった方に有効な治療方法です。

 

歯茎が退縮しても、歯茎を回復させた上できれいな歯にする事ができます。

この方法は、歯茎の再生治療と審美歯科の方法を合わせて行います。

歯茎の再生と審美歯科を同時に行ったケース

歯茎の再生
歯茎と審美歯科

歯茎が長くなって今っています.セラミックの歯とご自身の歯ぐきの間に境界が見えています。この部分は歯の根っこになります。歯茎の再生では、歯の根っこの部分を歯ぐきで覆います。

審美歯科治療では、歯の長さを調整することが大切です。

歯茎と審美歯科
歯茎と審美歯科

歯茎を再生させました.歯の根っこの部分は歯ぐきで覆われ、セラミックの歯と歯ぐきの間の境界が歯ぐきで覆われました。

歯の大きさが平均的なものとなりました.このため、歯の大きさが自然になります。

審美歯科治療では大きさのバランスを取ることが大切になります。



特に歯茎が退縮して見た目が気になると言う方は歯茎の退縮に合わせて審美歯科治療を行います.歯ぐきの再生と審美歯科治療に関しての詳しいページは下記のリンクページとなります.クリックしてご覧ください.

歯茎と審美歯科のページはこちら

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120-25-1839

03−3251−3921


~歯茎の再生治療と審美歯科治療の注意~

 

歯茎の再生治療や審美歯科治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万7千円(税込)です。また、オールセラミック の種類によって当院では1本6万6千円(税込)~16万5千円(税込)のセラミックを選んでいただいております。

 

料金に関しましては、最小単位の標準的な料金となります。本数の多い場合は、掛け算して計算していただく必要があります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているようなケースのうち、歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

歯茎の再生治療のリスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

審美歯科のリスク

 

 

審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。また、オールセラミック の色合いはかなり天然の歯に近いものになりますが、完全に同じものではありません。

歯茎の再生治療の料金について

歯茎が下がってしまったのを回復させる治療を希望される場合は、歯茎の再生治療を行います。

今回は歯茎の再生治療の料金をご説明いたします。

 

歯茎の再生治療の料金

歯周病や、歯茎の薄い方など、歯茎のさがってしまった方の歯茎をもとの位置に戻す方法を歯茎の再生治療と呼んでいます。

 

歯茎の再生治療は保険がききません。そのため、病院によって、お値段が大きく異なります。

 

病院によっては、歯茎の下がっている歯1っ本単位で料金を設定しているところもありますが、その場合、歯の本数が多いと高額な治療となります。

当院では、一回の治療で再生できる範囲で、定額の治療費とさせていただいております。通常2~3本単位の治療となります。

料金は、¥77,000-(税込)となります。

 

歯茎の再生が必要な部分の範囲によって料金が変わりますので、歯茎の再生を希望される部分をお決めいただきます。

 

ただし、歯周病の進行具合で歯茎の再生ではなく、骨の再生が必要な場合もございます。骨の再生治療は、歯周病の進行によって料金が変わります。また、インプラントの部分の歯茎が下がってしまった場合の料金は¥110,000(税込)となります。

 

歯茎の再生治療の料金に関しましては、下記のリンクページをクリックしてご覧ください。 

 

歯茎の再生料金のページ

 

歯茎の再生治療を希望される方は無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください。無料カウンセリングはご予約制となっております。ご予約をお取りいただいた上でご来院ください。

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

03−3251−3921

0120−25−1839


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万7千円(税込み)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。症例数をなるべくたくさん掲載しておりますので、いろいろなケースをご覧ください。

 

歯と歯の間のすき間の治療法

歯と歯の間の隙間が気になる方の治療法のご紹介です。

 

歯と歯の間の歯茎が下がってしまうことはよくあります。病的なものではないので、そのままでも良いとはお伝えしておりますが、前歯の見た目が悪いなど、気になってしまうという方も多いようです。

 

単なる隙間なので、歯を動かして隙間を詰めるか、隙間を埋める詰め物を詰めて埋めるかのどちらかの方法で隙間を埋めることができます。


歯を動かして歯と歯の間の隙間を詰めたケース

歯茎が下がる
歯茎が下がる

歯と歯の間の歯茎と下の前歯は表側の歯茎も下がってしまっています.歯を抜かずに矯正した場合は歯茎が下がりやすくなりますし、歯の重なり合って歯と歯の間の骨が少ない部分の歯茎は下がりやすくなっています。

 

このケースでは再度矯正治療を増骨矯正で行い、矯正後に歯茎再生を行いました.

このケースのように歯と歯の間の隙間は歯茎の再生治療の難しい部分になります。

歯茎再生
歯茎再生

歯茎再生後骨の厚み、歯茎の厚みを増しました。後は定期的にメンテナンスを行います.

矯正治療を行うと上のお写真のように歯と歯の間の歯茎が下がりやすくなります。

 

歯と歯の間の歯茎が下がってしまうと通常の歯茎の再生治療では間の歯茎が戻りません。

 

そのため,歯と歯の間の歯茎が下がってしまった場合は、歯と歯の間に詰め物をつめて空間を封鎖するか、このケースのように歯と歯の間を削って再度矯正して歯と歯の間をつめて隙間を無くします。

 

歯と歯の間の隙間を埋める治療に関しましては、下記のリンクページをクリックしてご覧ください。

 

歯と歯の間の隙間の治療のページ

 


~歯と歯の間の隙間の治療の注意~

 

歯と歯の間の隙間を埋める治療は保険外診療となります。当院では、部分矯正上下前歯で総額22万円(税込)と検査台の1万6千5百円(税込)がかかります。

 

 

リスク

 部分矯正治療を行う際には 歯と歯の間の歯を削ることになります。しみない程度に削りますのでしみることはほぼありません。ただ、一旦削ってしまった歯は自然に回復することはありません。


続きを読む

前歯の歯茎が下がった時の再生治療

歯の並んでいる位置や、かみ合わせによって1本だけの歯茎が下がってしまう事があります。

 

特に前歯の歯茎が1本だけ下がってしまった場合、見た目が悪くなってしまいます。こういった場合は1本だけの歯茎を再生させることも可能です。


前歯の歯茎が下がったケース

前歯1本の歯茎再生
前歯1本の歯茎再生 治療前

全体的に歯茎が下がっていますが、上の前歯1本だけを歯茎の再生治療したいというご希望にも対応しております.

 

前歯の歯茎が下がって歯の根っこが見えてしまっています.外科的な処置が苦手なので目立つところを最小限に治したいという事で前歯1本だけの歯茎を再生させることにしました。

前歯1本の歯茎再生
前歯1本の歯茎再生 治療後

上の前歯の下がってしまった歯茎を回復させています.歯茎の位置が整った段階で前歯の審美歯科治療をされるようです.この状態でしたら、審美歯科治療を行えばきれいな歯並びとなります.

 

歯茎の再生と審美歯科に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただきます。

 

歯ぐきの再生と審美歯科のページ


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万7千円(税込)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。


歯茎の再生治療などの無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上  JR神田駅北口より徒歩1分

0120−25−1839

03−3251−3921

メモ: * は入力必須項目です

続きを読む

歯茎の再生ブログ 再生治療はどうするのか?

歯茎の移植前
歯茎の移植前

歯茎の移植前の状態です。下がってしまっている差し歯の部分を仮歯に変えた上で歯茎の再生治療を行います。

歯茎の移植後1週間の状態
歯茎の移植後1週間の状態

歯茎の移植後1週間の状態。左側に歯茎の移植を行った後少し腫れています。

 

この状態でもお痛みはありません。治癒の最中ですので触らないようにすることが大切です。

オールセラミック完成後の状態
オールセラミック完成後の状態

治癒後の状態です。

 

縫い後もなく綺麗な歯茎になっています。

歯茎の再生処置について

歯茎の再生治療では、痩せて下がってしまった歯茎をもとの位置に戻します。簡単な移植を伴う処置になります。簡単な麻酔を行い1カ所30分ほどで終了します。

 

歯茎の下がってしまったところを移植した皮膚で覆う事で、歯茎が再生されてきます。数週間で色が落ち着いてきます。

 

処置後は痛みどめを通常1錠飲んでいただく程度で後は痛みを感じることは通常ありません。

薬は抗生剤をお出しします。

 

料金は保険がきかず通常7万7千円(税込)~となります。

 

無料カウンセリングで料金に関しましては詳しくご説明いたします。

 

 

歯茎が下がってしまった場合、審美歯科治療やインプラント治療の経過を悪くしてしまいます。

 

 審美歯科治療を行って、きれいな歯が入っても歯茎が下がって歯茎が黒く見えてしまったり、歯茎が下がった部分から虫歯や歯周病が進行してしまっては審美歯科治療の結果を長く保つことができません。

 

 インプラント治療でも歯茎が下がってしまうことでインプラントに炎症が起こりやすくなってしまいます。

 

歯茎の再生治療行うことで歯茎の厚みを増して虫歯や歯周病を予防します。

歯茎 再生

 

歯ぐきの再生をお考えの方は、無料カウンセリングを行っておりますので、ご利用ください.無料カウンセリングにて治療方法のご説明,お見積もりのお渡しを行います.

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

0120−25−1839

03−3251−3921


~歯茎の再生治療と審美歯科治療の注意~

 

歯茎の再生治療や審美歯科治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万7千円(税込)です。また、オールセラミック の種類によって当院では1本6万6千円(税込)~16万5千円(税込)のセラミックを選んでいただいております。

 

料金に関しましては、最小単位の標準的な料金となります。本数の多い場合は、掛け算して計算していただく必要があります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているようなケースのうち、歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

歯茎の再生治療のリスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

審美歯科のリスク

 

 

審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。また、オールセラミック の色合いはかなり天然の歯に近いものになりますが、完全に同じものではありません。

歯茎の再生治療は差し歯の見た目を良くするためにも役に立ちます。

差し歯の歯茎が下がってしまって歯茎が黒い場合、歯茎が下がったところに差し歯を入れたりして差し歯の長さが長い場合など、差し歯と歯茎の問題は良くお見かけします。

 

差し歯の歯茎が黒くなる原因の大半が歯茎が下がって歯の根っこが見えてしまうことが原因です。また、差し歯の歯茎が下がったまま放置していると歯の根っこが虫歯になって場合によっては歯が折れてしまうこともあります。

 

また、歯茎が下がってしまった歯の差し歯治療をする際、下がったままの歯茎で差し歯を入れると長い差し歯になってしまいます。

 

歯茎の再生治療を行うことで、差し歯の歯茎が下がりにくくなるため、差し歯の歯茎が黒くなることを予防します。また、歯茎の再生治療は左右の歯の歯茎の位置を揃えることができますので、歯の大きさを左右で合わせることができます。


差し歯の見た目を良くする歯茎の再生治療例

歯茎の再生治療
歯茎の再生治療

差し歯の歯茎が下がって黒くなったところをレジンという詰め物で覆っていますが、詰めてあるのも見た目が悪くなってしまっています。

 

また、オールセラミックの差し歯の長さが左右でちがいます。

 

歯茎の再生治療
歯茎の再生治療

歯茎の再生治療を行った上で、差し歯の交換をしました。

 

歯茎の厚みが増したため歯茎が下がりにくくなります。また、歯茎の位置を修正して整えることで、差し歯の大きさが左右で揃います。

 

差し歯を、きれいに見せて、その上長くもたせるために、古くなってしまった差し歯をきれい新しくしたい場合は歯茎の再生治療を合わせて行うことをお勧めしております。

 

歯茎の再生と審美歯科のページ

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

03−3251−3921


~歯茎の再生治療と審美歯科治療の注意~

 

歯茎の再生治療や審美歯科治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万7千円(税込)です。また、オールセラミック の種類によって当院では1本6万6千円(税込)~16万5千円(税込)のセラミックを選んでいただいております。

 

料金に関しましては、最小単位の標準的な料金となります。本数の多い場合は、掛け算して計算していただく必要があります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているようなケースのうち、歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

歯茎の再生治療のリスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

審美歯科のリスク

 

 

審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。また、オールセラミック の色合いはかなり天然の歯に近いものになりますが、完全に同じものではありません。

歯茎が下がってしまったらお早めにご相談ください

これ以上歯ぐきが下がってしまっては歯の寿命にとって良くないということがあります。

 

歯茎が下がってしまうと歯を支えている歯の周囲の骨もなくなってしまいます。そのため、歯茎がどんどん下がってしまうと歯が歯周病にかかったようにどんどん骨が吸収してしまいます。

 

歯茎が下がり過ぎる前にご相談ください。

非常に歯茎が下がってしまった時の歯茎の再生治療

歯ぐきが下がる
歯ぐきが下がる

このお写真を見て、これ以上歯ぐきが下がってしまっては、歯に問題が起こるを思われる方はどれくらいいるのでしょうか?

 

歯を支えている顎の骨、歯茎が無くなるともちろん歯は取れてしまいます。その前になんとかした方が良いとお考えになる方は多いのではないでしょうか。

 

矯正治療で歯並びが良くなっても歯茎が下がってしまっては、歯の寿命も短くなってしまうことが予想されます。

 

歯茎が下がりすぎる前にご相談ください。多くの歯科医院では、歯茎を回復させる治療はご存じないか、歯茎の移植は歯周病を進行させると間違って認識してしまっています。

 

ご安心ください。歯茎は歯の周囲の組織を伴って再生されます。

 

 

歯茎の再生
歯茎の再生

とりあえず片側の歯茎の再生治療を行った後の状態。

 

露出していた歯の根っこを覆っています。風をかけても動かないしっかりとした歯茎ができています。歯周病は進行していません。

 

歯茎の再生治療のページ


~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真や治療法のご説明の内容を掲載する際には、料金や治療のリスクを表示することになっております。治療を検討される際には、注意も合わせてご確認ください。

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万7千円(税込)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

03−3251−3921                                                        0120−25−1839

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上  

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

歯茎が下がって見た目が悪くなってしまった場合の新しい歯科治療は歯茎の再生治療です。

歯茎は年々下がってしまうため、歯の長さは年々長く見えるようになります。

また、差し歯や詰め物を歯茎の境まで行っている場合は、年々黒ずんできてしまいます。

 

見た目をきれいにリセットしたいというのであれば、下がった歯茎を歯茎の再生治療で回復させる、詰め物が黒くなってしまったら交換するなどの処置を行うことで、見た目が以前のように(あるいは以前より良い状態に)回復します。


歯茎の再生治療と差し歯の治療を行ったケース

歯茎再生の前
歯茎再生の前

歯茎が下がってしまって歯の根っこが見えています.この状態では審美的には見えません。

歯茎の再生治療を行う事で、見た目にもきれいになります.また、審美歯科治療を行うのでしたら、歯茎を回復してから治療を行う事をお勧めしております.歯の長さが長くならないようにする事ができます.

歯茎再生の後
歯茎再生の後

歯茎の再生治療を行う事で下がってしまった歯茎をもとの状態に戻す事ができました.前歯4本を審美歯科治療で行っていますが、長さを長くしないで済みました.前歯の長さが不揃いな部分は追加で歯茎の再生治療を行う事で歯茎のラインをそろえる事ができます.



お写真のような歯茎の下がった状態で審美歯科を行う場合は、歯茎の再生治療を行ってから審美歯科をすることが重要です。歯の見た目の審美性は歯の長さによるものも多いため、歯茎の再生治療を行わずに審美歯科を行うと長い歯が出来てしまいます。

 

審美歯科と歯ぐきの再生治療に関しましては下記のページに詳しい内容を記載させて頂いております.治療をお考えの方はクリックしてご覧ください.

 

審美歯科と歯茎の再生のページ

 

また、ただいま歯ぐきの再生治療と審美歯科治療をご希望されている方に無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.無料カウンセリングは御予約制となりますのでご来院前にご連絡ください.

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

03−3251−3921

0120−25−1839


~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真や治療法のご説明の内容を掲載する際には、料金や治療のリスクを表示することになっております。治療を検討される際には、注意も合わせてご確認ください。

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万7千円(税込)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

全体的な歯茎の再生治療

矯正治療後全体的に歯茎が下がってしまったという方がいらっしゃいます。こういった方は、歯周病の炎症は起こっていない場合が多く、炎症がないので歯茎の再生治療をすぐに行うことができます。

 

矯正治療で歯が長くなってしまっても中にはご本人が気づいていないこともありますが、歯が長くなってしまている場合は、歯の寿命が短くなってしまうので早めに歯茎の再生治療をされることをお勧めしております。

 

 

矯正治療後に全体的に歯茎が下がってしまうってどういうことでしょうか?

歯茎の再生治療
歯茎の再生治療

お写真のケースは、矯正治療後、矯正の先生に歯が長くなっていると指摘されて歯が長くなったのに気づいてご来院されました。

 

お写真を見ていただくと、歯と歯茎のつけての歯の色が少し恋色をしているのがわかるかと思います。この部分は歯根といって、本来歯茎に覆われていた部分になります。

 

このまま放置しておくと、さらに歯茎が下がってしまって、歯がダメになってしまう可能性がありますので、さらに歯茎が下がる前に歯茎の再生治療で歯茎を回復させることをお勧めしております。

歯茎の再生治療
歯茎の再生治療

上下2回に分けてご自身の皮膚を使用しての歯茎の再生治療を行った状態です。

 

歯茎の下がっている量が大きかったため、部分的に修正が必要な箇所もありますが、全体的には大きく歯茎が回復しました。

 

こういったケースでは、人工の皮膚を使用する方法もありますが、人工の皮膚は数年後に後戻りを起こす可能性が高いので、ご自身の皮膚を使用することをお勧めしております。

 

歯茎の再生治療と矯正のページ

 

 


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万7千円(税込)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

歯茎が下がってしまった方の審美歯科治療のご紹介

歯茎が下がって、見た目が悪くなっても気になりませんか?

 

多くの方は、治療法をご存じないので、歯が長くなってしまっていても放置してしまうことが多いようです。

 

歯茎が下がった時の新しい歯科治療は歯茎の再生治療です。ご存じなかった方は、確認された方が良いと思います。


歯茎の下がってしまった時の審美歯科

歯ならびと歯の長さ
歯ならびと歯の長さ

歯ならびと歯の長さを気にしてご来院されました。

 

矯正治療を行わないことと歯の色を白くしたいということで、歯茎の再生治療とオールセラミックでの審美歯科治療を行いました。

歯茎が回復したため、歯の長さが短くなっています
歯茎が回復したため、歯の長さが短くなっています

治療後の状態。歯茎が回復したため、歯の長さが短くなっています。また、オールセラミック治療で歯並びも改善されています。

 

歯茎の再生治療と審美歯科のページ


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

03−3251−3921

0120−25−1839


~歯茎の再生治療と審美歯科治療の注意~

 

歯茎の再生治療や審美歯科治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万7千円(税込)です。また、オールセラミック の種類によって当院では1本6万6千円(税込)~16万5千円(税込)のセラミックを選んでいただいております。

 

料金に関しましては、最小単位の標準的な料金となります。本数の多い場合は、掛け算して計算していただく必要があります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているようなケースのうち、歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

歯茎の再生治療のリスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

審美歯科のリスク

 

 

審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。また、オールセラミック の色合いはかなり天然の歯に近いものになりますが、完全に同じものではありません。

歯の裏側の歯茎が下がってしまうことがあります。歯茎の再生が有効です。

歯を支える顎の骨で一番薄い部分は下顎の前歯を支える骨です。そのため、下の前歯の歯茎は歯の中で一番歯茎が下がりやすい部分です。

 

下の前歯は、歯科用のCTなどで確認すると、歯の周囲を支える顎の骨が1ミリ以下であることも珍しくありません。

 

また、下の前歯の裏側の歯茎は歯茎の再生治療が難しい部位でです。歯茎が痩せてしまうと再生治療が難しいため、歯茎が下がらないように予防されることは大切です。

 

下の前歯の裏側の歯茎がすでに下がってしまった場合は、歯茎の厚みを厚くしてこれ以上歯茎が下がらないようにされることをお勧めしております。

下の写真が前歯の裏側の歯茎の痩せてしまったケースです。

下の前歯の裏側の歯茎が下がってしまったケース

歯茎の再生治療
歯茎の再生治療

歯茎が下がって、歯の根っこが見えています。歯の色より濃い色をしている部分が歯の根っこです。

歯がゆれてしまっていますので、歯の固定もする必要がありました。

こういったケースでは歯茎を元の位置に戻すのは難しいのですが、これ以上歯茎が下がらないように歯茎を厚くすることで歯周病の進行を予防することができます。

歯茎の再生治療
歯茎の再生治療

下の前歯の裏側の歯茎は完全に回復させるのが難しいのですが、厚みがしっかりと増えているのがわかるかと思います。

 

歯茎の再生治療のページ

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

03−3251−3921


~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真を見ていただいてわかるように回復した歯茎が剥がれてしまっているということはありません。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。

 

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万7千円(税込)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

下の歯の裏側の歯茎の再生

下の前歯は、歯茎が下がってしまうと歯茎を回復させるのが難しい部位です。

 

そのため、凄く下がってしまう前に、少し歯茎が下がり始めた段階に歯茎の再生治療を行って、歯茎の厚みを出しておくことで、今後の歯茎が下がることを予防する方法が有効です。

 

歯の裏側の歯茎が薄い場合などは、お早めに歯茎の再生治療をされた方が良いかもしれません。

 

今回は、下の前歯の裏側の歯茎の再生治療を行なったケースのご紹介です。

下の前歯の裏側の歯茎の再生治療ケース

歯茎が薄く、ほんの少し歯茎が下がり始めています
歯茎が薄く、ほんの少し歯茎が下がり始めています

歯茎が薄く、ほんの少し歯茎が下がり始めています。

歯茎が薄く、ほんの少し歯茎が下がり始めています
歯茎が薄く、ほんの少し歯茎が下がり始めています

将来的な歯茎の退縮予防も兼ねて歯茎の再生治療を行い、歯茎の厚みを増しました。

 

歯茎の再生治療の難しいケースのページ

 

歯茎の再生治療を希望される方はただいま無料カウンセリングを行っております.

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

0120−25−1839

03−3251−3921

 


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万7千円(税込)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

下の前歯の歯茎の再生治療例

下の前歯の歯茎が下がることは多いのですが、歯茎が下がった時に、通常の歯科医師が取る方法はレジンという詰め物で下がった歯茎を覆います。

 

この方法は、特に歯茎を直したわけではないので、しばらくするとまた歯茎が下がってしまうことになります。

 

特に歯茎が薄い下の前歯に関しましては、歯茎が下がってしまう場合は歯茎の再生治療を行い、歯茎を回復させた上で、歯茎の厚みを増やして歯茎が下がりにくくすることをお勧めしております。

 

下の前歯の歯茎を回復させて厚くするってどういうことですか?

下の前歯の歯茎が下がってレジンという光で固める詰め物で下がった歯茎を覆っています。
下の前歯の歯茎が下がってレジンという光で固める詰め物で下がった歯茎を覆っています。

下の前歯の歯茎が下がってレジンという光で固める詰め物で下がった歯茎を覆っています。

 

お写真の歯茎の状態では、歯茎の厚みが薄いと判断しております。

歯茎の再生治療とレジン充填で歯茎の位置を左右で揃えました。
歯茎の再生治療とレジン充填で歯茎の位置を左右で揃えました。

歯茎の再生治療とレジン充填で歯茎の位置を左右で揃えました。

 

歯茎の位置を上にあげ、歯茎の厚みが厚くなったのがお分かりいただけるでしょうか。

 

歯茎の再生治療では、このように、歯茎の厚みを厚くすることで、歯茎が将来下がりにくくなるようにしております。

 

歯茎の再生治療トップページ


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万7千円(税込)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

ブリッジの差し歯の歯茎を増やす治療

ブリッジの歯茎が窪んで物が詰まりやすくなったりはしていませんか?

 

歯を抜いてブリッジの差し歯を入れる場合にもとの歯があったときの歯茎に比べて歯茎が窪んでしまう事があります.

 

歯茎が窪んだ状態で差し歯のブリッジを入れると長い歯になってしまいますしいびつな形となってしまいます.

 

そのため、特に前の歯のブリッジの歯茎が窪んでしまったときに歯茎の窪みを回復させる為に歯ぐきの再生治療を行う事があります.

 

歯ぐきの再生治療を行う事でブリッジの差し歯の見た目が良くなります.

 


ブリッジの差し歯の歯ぐきの再生

歯を抜くと歯茎がくぼんできてしまいます。くぼんだ歯茎を回復させる場合にも歯茎の再生治療が有効な場合があります。

特に前歯の審美歯科治療を行う場合は本の数ミリの歯の長さのちがいで見た目の印象が大きく変わってしまいますので、歯茎の位置が重要になります.

オールセラミックブリッジ
オールセラミックブリッジ

前歯2本が無く、隣の2本の歯茎が下がって虫歯になってしまっています.歯茎を覆い、前歯2本も長く見えないようにセラミックを外して仮歯に変えた後、歯茎の再生治療を行いました.

オールセラミックブリッジ
オールセラミックブリッジ

歯茎の再生治療後に仮歯を調整した後の状態。

 

長かった仮歯を短くすることができました。また、前歯の歯茎の厚みが増して仮歯の上に乗ってきています。

 

歯茎の厚みが増すことで、仮歯と歯茎の接触が大きくなり、息が漏れるのを防いだり、物が詰まりにくくなります。



歯ぐきの再生治療に関するページは下記のリンクページをクリックしてご覧ください.

 

歯茎の再生のページ

 

 


~歯茎の再生治療と審美歯科治療の注意~

 

歯茎の再生治療や審美歯科治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万7千円(税込)です。また、オールセラミック の種類によって当院では1本6万6千円(税込)~16万5千円(税込)のセラミックを選んでいただいております。

 

料金に関しましては、最小単位の標準的な料金となります。本数の多い場合は、掛け算して計算していただく必要があります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているようなケースのうち、歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

歯茎の再生治療のリスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

審美歯科のリスク

 

 

審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。また、オールセラミック の色合いはかなり天然の歯に近いものになりますが、完全に同じものではありません。


歯茎の再生治療など無料カウンセリングのお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839

03-3251-3921

続きを読む

きれいな治りの歯茎の再生治療について

歯茎の再生治療って、外科治療だから傷が残るの?大丈夫?という方へ

 

歯茎の再生治療を行う場合、きれいな仕上がりでなくてはあまり意味がありません。特に前歯などに関しましては、見た目をきれいにする歯茎の再生治療が必要です。

見た目のきれいな歯茎の再生治療を行うと、治療後1週間もするとご自身の歯茎にほとんどなじんできます。

きれいに歯茎を再生することで、自然な歯茎の見た目になります。


歯茎の再生処置から1週間度の歯茎

歯茎の再生1週後
歯茎の再生1週後

歯茎の再生治療を行った後1週後の状態です.まだ歯茎が少し赤いですが、歯茎の再生が起こっている最中で毛細血管が増えて赤くなっている状態です.仮歯を入れて歯茎の治りを待ちます.見た目はそれほど悪くありませんので日常生活の不都合も少ないと思います.1ヶ月程で普通の歯茎の色になります.

歯茎再生治療の治療前
歯茎再生治療の治療前

初診にいらっしゃったときの状態。

審美歯科をご希望されましたが、歯茎が下がってしまっているため、歯の長さを元に戻して歯の長さをきれいにする事にしました.このケースでは古くなった差し歯を仮歯に変えてから歯茎の再生治療を行いました。

 

歯茎再生のページ

 

審美歯科治療を行う場合は、歯茎の位置を整えるために歯茎の再生治療を行う事をお勧めする場合があります.歯の長さが長いと見た目に悪いからです.また、歯茎の再生治療を行う事で、歯茎の厚みがまして歯茎が将来的に下がる事を予防できます.

 

 


歯茎の再生治療の無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です)

0120−25−1839


~歯茎の再生治療と審美歯科治療の注意~

 

歯茎の再生治療や審美歯科治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万7千円(税込)です。また、オールセラミック の種類によって当院では1本6万6千円(税込)~16万5千円(税込)のセラミックを選んでいただいております。

 

料金に関しましては、最小単位の標準的な料金となります。本数の多い場合は、掛け算して計算していただく必要があります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているようなケースのうち、歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

歯茎の再生治療のリスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

審美歯科のリスク

 

 

審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。また、オールセラミック の色合いはかなり天然の歯に近いものになりますが、完全に同じものではありません。

メモ: * は入力必須項目です

歯茎が下がった差し歯の見た目をよくする方法

あなたの差し歯は長くなってしまって気になりませんか?

 

差し歯の歯茎が下がってしまった場合、歯茎が黒く見えてしまいます。また、そのままの歯茎で差し歯を作り直すと歯が長い差し歯が入ることになります。

 

歯茎が下がった場合には通常とは異なる審美歯科治療が必要になります。ただの審美歯科治療をする前にご検討ください。

 

歯茎が下がった場合の審美歯科治療には歯茎の再生治療が必要です。

 

今回は、歯茎が下がってしまった時に歯の長さを回復して見た目を改善する審美歯科治療のご紹介をいたします。


歯茎が下がった時の審美歯科治療のケース

治療後

審美歯科と歯茎の再生
歯茎の再生と審美歯科治療を行ったケース

歯茎の再生とオールセラミックで自然な感じのはにしました。

 

歯の大きさを標準的な長さにする事ができました.歯の長さを短くすることで審美的に見えます。

治療前

審美歯科と歯茎の再生
歯茎が下がってしまっている状態

仮歯の上の歯茎が下がって歯の根っこの黒い部分が見えてしまっています。このように、歯茎が下がってしまっても歯茎を再生できます.

 

歯の形を元に戻します.長い歯は年齢を感じさせてしまいますので歯茎の再生治療を行って歯の長さを元に戻すことで若い見た目となります。



長い歯は審美的に年を取ったイメージに感じられてしまいます。歯茎を回復させる事によって健康な若さを感じる歯になります。

 

歯茎再生は一般の歯科医院では行っていませんので、歯茎再生を行っている医院をお探しください。見つからない場合は東京の神田にお越し下さい。

 歯茎の再生治療は神田ふくしま歯科へ

 

歯茎の回復と審美歯科のページ

 

歯茎の回復と審美歯科治療にご興味のある方はまずは無料カウンセリングにお越し下さい。無料カウンセリングにて治療方法・治療期間のご説明、お見積もりのお渡しを行います。

 

無料カウンセリングのお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分

0120−25−1839


~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真を見ていただいてわかるように回復した歯茎が剥がれてしまっているということはありません。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。

 

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万7千円(税込み)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

歯茎が下がってしまったときの歯ぐきの再生治療は審美的な見た目に改善します.

歯周病で歯茎が炎症して歯茎が下がってしまった!

そんな時に見た目を回復する審美歯科治療のご紹介です!!

 

歯茎が下がってしまった時の審美歯科治療では、歯茎を増やして回復させることで、見た目が改善する場合があります。

 

歯茎が下がってしまった部分は歯の長さが長くなってしまいます。そこで、歯茎が下がってしまった部分の歯茎を歯茎の再生治療で回復させます。

 

今回は、歯周病で骨が吸収してしまった方の審美歯科治療をご紹介いたします。


歯周病で歯茎が下がってしまった場合の審美歯科治療

差し歯の歯茎が下がる
治療前

歯茎が下がってしまった状態で前歯の審美歯科を行うと歯の大きさがきれいにならない場合があります.お写真は仮歯の状態です.

差し歯の歯茎が下がる
差し歯の歯茎が下がる

歯ぐきの再生治療をセラミック治療に合わせて行う事で、見た目が改善します。

 

詳しく知りたい方は下記の審美歯科と歯ぐきの再生のページをクリックしてご覧ください。

 

審美歯科と歯ぐきの再生治療のページ

 

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

0120−25−1839

03−3251−3921

 


~歯茎の再生治療と審美歯科治療の注意~

 

歯茎の再生治療や審美歯科治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万7千円(税込)です。また、オールセラミック の種類によって当院では1本6万6千円(税込)~16万5千円(税込)のセラミックを選んでいただいております。

 

料金に関しましては、最小単位の標準的な料金となります。本数の多い場合は、掛け算して計算していただく必要があります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているようなケースのうち、歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

歯茎の再生治療のリスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

審美歯科のリスク

 

 

審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。また、オールセラミック の色合いはかなり天然の歯に近いものになりますが、完全に同じものではありません。

歯茎の再生治療例 〜前歯6本〜

前歯6本歯茎が下がって見た目が気になる部分の歯茎をまずは再生させたい!!

 

前歯の歯茎が下がってしまうと、歯が長く見えて嫌ですよね。また、下がって露出した歯の根っこ部分をレジンという詰め物で詰めた部分が年々色がついて汚く見える!なんて問題を歯茎の再生治療は解決できるかもしれません。

 

前歯の歯茎が下がってしまって、光で固まるレジンという詰め物を下がった歯茎に貼り付けている方が大変多くいらっしゃいます。この光で固まるレジンという詰め物は時間とともに変色してしまう物が多く、歯茎が黒く見えて汚く見える原因となります。

 

また、下がった歯茎は虫歯になりやすいため、虫歯のリスクも高くなってしまいます。

 

当院では、虫歯予防・歯周病予防・見た目の改善のために歯茎の再生治療を行うことをお勧めしております。

 

今回は、前歯6本の下がった歯茎を再生させたケースをご紹介いたします。


前歯6本程度でしたら1回の処置で歯茎を回復させることができます。

下がった歯茎に光で固まるレジンという詰め物を詰めています。
下がった歯茎に光で固まるレジンという詰め物を詰めています。

よくあるケースですが、下がった歯茎に光で固まるレジンという詰め物を詰めています。時間とともにレジンが変色して黒く見えます。また、歯茎が下がって露出した歯の根っこの一部に虫歯が発生していたり、削れてしまっています。

 

こういった薄い歯茎の方は、歯茎が下がりやすく、歯茎が下がってしまったら、歯茎の中にある顎の骨も吸収してしまいますので、歯周病予防のためにも歯茎の再生治療をして歯茎を回復させることをお勧めしております。

 

残念ながら、多くの歯科医院では歯茎の再生治療を行っていないため骨や歯根膜が回復することをご説明していないようです。ご自身の歯を守るためにしっかりと歯茎の再生治療を知ることが重要かもしれません。

歯茎の再生治療後の歯茎の状態。
歯茎の再生治療後の歯茎の状態。

歯茎の再生治療後の歯茎の状態。

 

下がってしまっていた虫歯の部分は歯茎が覆っています。エムドゲインの使用と合わせて歯茎の移植を行うことで、丈夫な歯茎及び歯根膜を再生させることができます。

 

歯茎の再生治療のページ


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

0120-25-1839

東京都千代田神田鍛冶町3-2-6F

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です)

 


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万7千円(税込)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

歯茎の再生治療は、差し歯の長さを短くするためにも有効な方法です。

あなたの差し歯の長さは長くないですか?

 

差し歯の長さが長くなってしまう原因は、歯茎が下がってしまっている状態でそのまま差し歯を作ってしまうことによります。差し歯の長さを改善するためには歯茎の位置を改善するひつようがあります。

 

歯茎の再生治療は、差し歯の長くなってしまっている歯でも歯茎を回復させることができるため、見た目の改善などにも有効な方法です。

 

下がってしまった歯茎に差し歯を入れると差し歯の長さが長くなってしまいます。歯茎の再生治療はそう言った差し歯が長くなってしまった場合に差し歯の長さの見た目を短くすることができます。


差し歯の長さを短くするための歯茎の再生治療

差し歯の歯茎再生
差し歯の歯茎再生

前歯の差し歯の長さが長く見えます。

こういった差し歯の長さを歯茎の再生治療で短くすることができます。ただ、差し歯は外して交換する必要があります。

 

差し歯の歯茎再生
差し歯の歯茎再生

歯茎の再生治療と歯茎の再生治療を行いました。

前歯の差し歯の長さが短くなっています。


前歯の歯茎の再生治療と審美歯科に関しましては、下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。クリックしてご覧ください。

 

前歯の歯茎の再生と審美歯科治療のページ


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 

0120-25-1839

03-3251-3921


続きを読む

歯茎再生のケース 歯周病予防に歯茎再生治療という選択肢があります。

歯周病の予防に新しい提案ができます。

 

歯周病の予防というと、しっかりとご自身で歯を磨くことと定期的に歯科医院で歯についたバイオフィルムという炎症の原因物質や歯石を取ることが一般的です。

 

ただ、それだけでは、歯茎が薄くて歯茎が下がりやすい方や、柔らかい歯茎の部分に歯周病の炎症がある方の歯周病の予防には不十分です。

 

歯茎の炎症を起こりにくくしたり、下がりにくくする必要があります。

 

近年知られてきていますが、歯茎の厚みを厚くしたり、丈夫な歯茎を作ることで、歯茎の炎症を起こしにくくしたり、歯茎が下がりにくくすることができます。

 

具体的には、歯茎の再生治療(結合組織移植術)や硬い歯茎の移植(角化歯肉移植術)を行うことで歯茎の厚みや硬さを出して歯茎を丈夫にします。

 

丈夫な歯茎は歯周病の炎症に対して抵抗力が増します。歯茎が厚いことで将来的に歯茎が下がってしまうことも予防します。


歯茎の再生治療で歯茎の厚みも増します。

上の前歯の歯茎が全体的に下がってきてしまっています
上の前歯の歯茎が全体的に下がってきてしまっています

上の前歯の歯茎が全体的に下がってきてしまっています.2ミリ程の歯茎の退縮です.歯茎の再生治療を行うことで、歯茎を回復させます。

上の前歯6本の歯茎再生ケース。
上の前歯6本の歯茎再生ケース。歯茎の厚みがまし、位置も元の状態に戻りました

傷跡も残らずにきれいに歯茎を再生させる事ができました.歯ぎしりによって歯茎が将来的に下がってしまう事もあるようですので、お休みのときはマウスピースを使用した方が良いかもしれません.

 

(注意)歯茎の再生治療の効果には個人差があります。また、個人の希望の位置まで戻す治療ではありません。元々の歯茎の位置に戻す方法です。

 

 

 

歯ぐき再生に関しての詳しいご説明は下記のリンクの歯ぐきの再生ページをクリックしてご覧ください.

 

歯ぐきの再生のページ

 

歯茎の再生治療で歯周病を予防したいと言う方はまずは無料カウンセリングにお越し下さい。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839

03−3251−3921


~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真や治療法のご説明の内容を掲載する際には、料金や治療のリスクを表示することになっております。治療を検討される際には、注意も合わせてご確認ください。

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万7千円(税込)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

歯茎再生ビフォーアフター

歯茎を回復させる場合、見た目も綺麗な方がいいですね。

 

歯茎再生は見た目の改善も重要な要素になります.

当院では、歯茎再生後の見た目を極力きれいなものとする様に治療を行っております.

 

歯茎の位置などに関しましても、ある程度調整する事ができます。

 

歯茎再生の治療ケースに関しましては、下記のリンクページにさらに多くのケースを紹介させて頂いております.クリックしてご覧下さい。

歯茎再生の症例ページ


見た目に自然な歯茎の再生治療法について

歯茎の再生治療
歯茎の再生

こんな歯茎が再生できます.

 

歯茎が下がった、歯茎が退縮した、歯茎が後退したなどいろいろな言い方がありますが,お写真のように歯茎が無くなって歯の根っこが(歯の色がちがう部分)出てしまった場合,歯茎の再生治療が有効になります.

 

このお写真の場合,下の前歯の歯茎が下がってしまい,歯の根っこが見えてしまっています.この歯の根っこを覆うという意味で、根面被覆法と呼ぶ事もあります.

 

皮膚の移植を行いますので、手術直後は歯茎が腫れますが,2ヶ月程待つと歯茎の厚みが落ち着いてきます.

もしも、歯茎の厚みが厚すぎると感じた場合は、2ヶ月後に歯茎の厚みを調整いたします.

歯茎の再生
歯茎の再生

歯茎の再生治療後2週間の状態。歯茎が下がった歯の根っこを皮膚で覆っています.歯茎が少し腫れていますが,この後経過を見ていきます.

 

歯ぐきの再生治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.ご興味のある方はクリックしてご覧ください.

 

歯ぐきの再生治療のページ

 

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

03−3251−3921


~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真を見ていただいてわかるように回復した歯茎が剥がれてしまっているということはありません。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。

 

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万7千円(税込み)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません

歯茎の再生治療は1回の来院で可能な場合もあります。

何回も通うことができないという方。

 

歯茎の再生治療を行っている病院が少ないため、遠方からいらっしゃる方もいらっしゃいます。当院では、少ない回数のご来院、たとえば1回のご来院でも治療が可能になるようにする方法もございます。今回は、来院回数を少なくする方法をご説明いたします。


まずはメールでお問い合わせください。

遠方からのご来院で来院回数を少なくするためには、歯周病の診断や、消毒をお近くの病院で行っていただく必要があります。

 

 歯茎が下がってしまっている場合、まずは歯周病が進行していないかを判断する必要があります。そのため、お近くの病院でレントゲンを撮影して歯と歯の間の骨が歯周病で吸収していないかを確認していただきます。歯周病が進行してしまっている場合は、残念ながら、1回の診療で歯茎の再生治療を行うことは難しいです。骨の再生治療を行うなど長期間の治療が必要になります。歯周病で骨の吸収がない場合は、1回のご来院で歯茎の再生治療が可能な可能性があります。

 

つぎに、歯茎の再生治療を行った後に、消毒と縫った糸を取ってくれるお近くの病院を探す必要があります。1週間後に消毒と糸を取る処置、2週間後に消毒4週間後にも消毒を行うことをお勧めしております。(かかりつけの先生にお願いできるのであれば良いのですが、難しい場合は他の先生にお願いする必要があるかもしれません。)

 

歯周病の確認、消毒のできる病院が確保できたら、次に下がってしまった歯茎の範囲を確認してください。料金は下がってしまった歯の本数分になりますので、ご自身で料金を確認していただいてご検討ください。

料金

  • 1〜3本   ¥77,000−(税込)
  • 4〜6本   ¥154,000−(税込)
  • 7〜9本   ¥231,000−(税込)
  • 10〜12本 ¥308,000−(税込)

となります。

料金は当日のお支払いになります。

料金も大丈夫と言うことでしたら、メールでご予約をお取りください。

 

1回の来院での歯茎の再生に関する詳しいページ


歯茎の再生ご予約メール問い合わせ

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です


1回の来院で歯茎の再生治療をしたケース

1回の来院で歯茎の再生治療をしたケース
1回の来院で歯茎の再生治療をしたケース 治療前

お写真左側の上下6本の歯茎の再生を希望されたケース

歯茎が下がってしまって歯の根っこが露出してしまっています。海外からのご来院で当日に検査と歯茎の再生治療を行いました。消毒、縫った糸取は海外の日本人向けの歯科医院で行われました。

歯茎の再生治療の料金は15万4千円(税込)でした。

続きを読む

10年で7割の方の差し歯の歯茎が下がって黒く見えると報告されています。

差し歯の歯茎が下がってしまったという方が非常に多くなってきています。歯茎が薄い方は特に差し歯の歯茎が黒くなってしまって目立ってしまっているのではないでしょうか。

 

今回は、差し歯の歯茎が下がった時にも歯茎の再生治療で歯茎を回復させて、元の見た目に回復させる新しい審美歯科治療法をご紹介いたします。


歯茎を回復させる新しい審美歯科治療法

歯茎の再生と審美歯科
歯茎の再生と審美歯科

歯茎の再生治療を行う場合、仮歯の厚みを調整することが必要なため、再生治療は仮歯を装着した状態で行います。

 

仮歯を入れた状態で3ヶ月ほど待ち、歯ぐきが安定した時点で最終的なセラミック治療を行います。

歯茎の再生治療前
歯茎の再生治療前

大きく歯茎が下がってしまっています。歯茎の再生治療前に前に適合の悪い差し歯を外して、適合の良い仮歯に変えます。これは、歯茎の再生を行っても差し歯の適合が悪いと炎症が起こり再度歯茎が下がってしまう事があるためです.

 

仮歯に変えた後に歯茎の再生治療を行います。

審美歯科治療を行う場合は、歯茎の位置を仮歯の位置に合わせて歯茎の再生を行います.

差し歯の歯茎が下がってしまった場合、審美歯科治療に平行して歯ぐきの再生治療を行います.歯ぐきの再生と審美歯科治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.クリックしてご覧ください.

歯茎の再生と審美歯科のページ

 

 


~歯茎の再生治療と審美歯科治療の注意~

 

歯茎の再生治療や審美歯科治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万7千円(税込)です。また、オールセラミック の種類によって当院では1本6万6千円(税込)~16万5千円(税込)のセラミックを選んでいただいております。

 

料金に関しましては、最小単位の標準的な料金となります。本数の多い場合は、掛け算して計算していただく必要があります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているようなケースのうち、歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

歯茎の再生治療のリスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

審美歯科のリスク

 

 

審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。また、オールセラミック の色合いはかなり天然の歯に近いものになりますが、完全に同じものではありません。

歯茎の再生ブログ インプラントの歯茎が下がってしまった場合

インプラントを入れた方はそれで終わりではありません。インプラントのトラブルはインプラントを入れた後に起こり始めます。

 

インプラントの問題の一つに歯茎が下がってしまうという事があります。

 

インプラントを入れた部分の歯茎が下がってしまうと、インプラントの金属が透けて見えてしまいます。特に前歯のインプラントに関しては歯茎が下がって黒く見えると、見た目の問題が出てしまう事があります。

 

以下に紹介するケースは、インプラントの歯茎が下がってしまった場合に、歯茎の再生治療を行い回復したケースです。

 

インプラントの歯茎が下がってしまったケース

歯茎が下がってインプラントが露出した
歯茎が下がってインプラントが露出した

画面左の前歯にインプラント治療をされてその後歯茎が下がってしまったという事で、御相談にいらっしゃいました.インプラントを行った病院で歯茎の再生治療を受けたようですが、失敗に終わったようです.インプラントのチタンが見えてしまっています.

歯茎が下がってインプラントが露出した
歯茎が下がってしまっています.

前歯の周りの骨が吸収しくぼんだ形となってしまっているため、歯茎が下がりやすかった物と思われます.周りと同じレベルまで歯茎を入れてボリュウムを出す計画を立てました.

インプラントの歯周病の状態ですが、感染は起きていないようです


インプラントの歯茎再生
歯茎再生後2週間の状態

歯茎の再生治療を行いました.術後1週間のためまだ少し腫れています.少し多めに歯茎を増やして今後歯茎が安定した段階で歯茎の位置を左右で整えます.セラミックの歯はそのまま使用する事ができました.料金はインプラントの場合、1本¥110,000−(税込み)となります。保険はききません。

 

インプランの歯ぐきの再生に関しては下記のリンクページに詳しく記載させて頂いております.ご興味のある方はクリックしてご覧ください.

 

インプラントの歯茎のページ

 

インプラントの歯茎のお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F

03−3251−3921


~インプラントの歯茎の再生の注意~

 

インプラントの歯茎の再生は保険外診療となります。インプラントの種類などによって料金がかわります。1~3本あたり11万円(税込み)の料金となります。

 

また、インプラントのアバットメント(土台)を交換する必要がある場合は、アバットメントの料金がかかる場合があります。カスタムアバットメントと言って、歯茎を圧迫しない形のアバットメントをオーダーで作成するため、7万7千円(税込み)かかります。また、上部構造のオールセラミック 等も再度作成します。

 

リスクについて

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません

何箇所も同時に歯茎の再生治療をすることもできます。

多数の歯の歯茎が下がってしまう事があります。まとめて治療をすることも可能です。

 

何箇所もの歯茎が下がってしまうことがあります。あっちもこっちも歯茎が下がってどうしようもない。とお悩みの方には朗報です。

 

10本程度の歯茎が下がってしまっても、1度の処置で歯茎の再生治療が可能です。

 

例えば、下の写真の方のように上下左右の犬歯や前歯が下がってしまっている場合に1度の処置で歯茎の再生治療を行うことができます。

 

多数の歯茎再生をまとめてやったケース

歯茎の退縮と歯並び
歯茎の退縮と歯並び

治療前 前歯を中心に歯茎が下がってしまっています。

歯茎の退縮と歯並び
歯茎の退縮と歯並び

治療後 歯並びは変わっていませんが、犬歯や前歯の歯茎が回復しています。

 

歯茎の再生治療のページ

無料カウンセリングお問い合わせ

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分  東京駅のとなりの駅です。

0120−25−1839

03−3251−3921


~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真や治療法のご説明の内容を掲載する際には、料金や治療のリスクを表示することになっております。治療を検討される際には、注意も合わせてご確認ください。

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万7千円(税込み)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。