全体的に歯茎が下がってしまっている方はどこから歯茎の再生をするのがオススメか

全体的に歯茎が下がってしまっている場合、全部の歯の歯茎を再生させるのは費用的に難しいということもあるかと思います。そういった場合、早く治したほうが良いところから治療を進められるのをお勧めしております。

 

ただ、歯茎の下がりが大きい歯や根っこの短い歯の歯茎の再生治療を優先されるほうが良いと思いますが、見た目できになるところを先にやりたい、試しに目立たないところでやってみたいなど色々ご希望があると思いますので、ご希望の箇所を勧められるのが良いと思います。

歯茎の再生治療(結合組織移植術)は従来の移植法に比べて見た目が綺麗な治療法です。

全体的に歯茎が下がってしまっています。
全体的に歯茎が下がってしまっています。

全体的に歯茎が下がってしまっています。奥歯などもかなり歯茎が下がってしまっていますが、まずは前歯の見た目の気になるところから歯茎の再生治療を行います。

 

前歯の歯の長さが左右でちがってしまっています。

歯茎の再生治療の症例
歯茎の再生治療の症例

前歯の歯茎の長さはほぼ左右で対象になり、見た目は改善されました。

 

歯茎の再生治療の症例に関しましては、下記のページにまとめております。下記のリンクをクリックしてご覧ください。

 

歯茎の再生治療の症例ページ


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。