歯茎再生

日常生活で歯を見る機会は少ないかと思います。ただ、改めて見ると歯が長くなったように見えることがあると思います。

年齢とともに、歯ブラシによって磨り減った歯茎の範囲が広がり、歯の根っこが露出してきているのかもしれません。

歯茎が下がってしまって、問題がないのであればそのままでもいいのですが、歯の周囲の骨も合わせて無くなってしまいますので、歯の寿命が短くなってしまう可能性があります。

歯茎が下がってしまったら、歯茎再生治療によって歯茎を回復させることをお勧めしております。


歯が長くなってしまった場合の治療法
歯が長くなってしまった場合の治療法

次第に、下の歯が長くなってしまったという状態

歯が長くなってしまった場合の治療法
歯が長くなってしまった場合の治療法

歯茎再生で歯茎を回復しました。

 

歯茎の再生治療のページ


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。