差し歯の歯茎が下がったときの歯ぐきの再生

差し歯の歯茎が下がるってご存知でしょうか?

 

差し歯の治療をされた方の歯茎が下がると歯茎が黒く見えてしまう事があります.これは天然の歯より差し歯の方が歯茎が下がってしまった時に目立つためにおこります.

 

そのため,差し歯の場合は歯茎が下がらないようにしないと見た目の悪い歯になってしまいます.

 

差し歯の歯茎が下がってしまった場合でも歯ぐきの再生治療は可能です。差し歯を外してやり直さなくては行けない場合もありますが,そのまま差し歯を使用したまま治療が可能な場合もあります.

 

歯茎が下がったら御相談下さい。

歯茎の退縮
歯茎の退縮

  

   

審美歯科治療や矯正治療で歯茎が下がることがあります。審美歯科や矯正を行って歯並びが良くなったけど、歯が長くなったという事が起こっています.

 

せっかくきれいな歯並びになったのに、喜びも半減でしょう.歯医者に相談しても歯茎は下がっていないと言われてしまったり、様子を見ましょうと言われたりして、解決方法がわからないという方も多いようです.

 

歯茎が下がる原因は、歯を支えているあごの骨は前歯の部分で特に骨がなく、裂開という歯の根っこがあごの骨から飛び出してしまっている状態であることがよくあります。こういった状態の歯を矯正で移動すると歯茎が下がってしまいます。

 

歯茎を下げないためには骨や歯茎の厚みを足して、矯正中も歯茎の経過をしっかりと観察することが必要です。

 

矯正後に歯茎が下がった部分を元に戻すには歯茎の再生治療を行うことになりますが、歯と歯の間の歯茎を戻すのは限界があります。

 

また、歯周病の進行具合によって歯茎の再生できる範囲が変わってきてしまいます.

 

下がった歯茎は歯茎の再生治療で歯茎を回復させる事が可能です.あまりご存知のない方が多いのは歯茎の再生治療を行っている歯科医院が少ないためです.当院では歯茎の再生治療を通常の歯科治療として行っております.

 

歯茎が下がってしまった方は、無料カウンセリングを行っておりますので、お越しになってはいかがでしょうか。

 

詳しくは歯茎再生の専門ページへ

 

 

再生治療後
再生治療後

上の写真の治療後の結果です.歯茎の再生治療と差し歯の治療を行いました.

 

歯茎の位置を歯茎の再生治療で整えたことで、見た目が審美的な仕上がりとなりました。


~歯茎の再生治療と審美歯科治療の注意~

 

歯茎の再生治療や審美歯科治療は保険外診療となります。保険外診療は病院によって料金がことなりますので、十分確認してから治療を開始されることをお勧めします。

当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)です。また、オールセラミック の種類によって当院では1本6万円(税別)~15万円(税別)のセラミックを選んでいただいております。

 

料金に関しましては、最小単位の標準的な料金となります。本数の多い場合は、掛け算して計算していただく必要があります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているようなケースのうち、歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

歯茎の再生治療のリスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

審美歯科のリスク

 

 

 

審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。また、オールセラミック の色合いはかなり天然の歯に近いものになりますが、完全に同じものではありません。


歯茎の再生治療のお問い合わせ・無料カウンセリング

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

0120−25−1839

03−3251−3921

営業時間

月・火・金11:00~20:00

水・木      11:00~18:00

土      11:00~19:00

昼休み

14:00~15:30

 

休診日

日曜日、祝日

 

となっております。

メモ: * は入力必須項目です