前歯の歯茎の下がった位置と審美性についての解決法

前歯の歯茎が下がってしまうと、見た目にも悪く見えます。これは歯が平均的な歯と比較して長く見えるということと、下がった部分の歯の形がまっすぐなためにいびつな歯の形に見えるためだと思います。

 

歯の長さが長いと出っ歯な感じにも見えてしまいます。こういった歯茎の下がった状態は通常のお近くの歯科医院では治療方法がなく、お困りになられる方も多いようです。

 

歯茎が下がったときの見た目を改善する方法として、一部の歯医者では、歯茎の再生治療が行われています。

 

歯茎の再生治療は、外科的な処置で下がった歯茎を回復させます。

 

歯茎が下がって少し色の変わってしまって露出している歯の根っこの部分をしっかりと覆うことで見た目も回復します。

 

前歯の歯茎の下がった位置と審美に関するケース

前歯の歯茎と審美歯科
前歯の歯茎と審美歯科

前歯の歯茎が下がってしまうと、歯の長さが長く見えるようになります.そのため、歯の形の審美的な違和感を感じてしまう場合があります.

前歯の歯茎と審美歯科
前歯の歯茎と審美歯科

歯茎の再生治療で歯茎を回復させる事で前歯の見た目を改善する事が可能になります.歯の長さが平均的な歯の長さに変りました。

 

歯の色や形をさらにきれいにしたい場合は、ラミネートべニアと言って歯の表面にセラミックを接着する方法できれいにすることも可能ですのでご相談されると良いと思います。

 

歯茎の再生治療に関しての症例や、料金、注意点などそれぞれ左の項目に記載させていただいております。また、トップページからはトピックとしてもご案内させていただいております。歯茎再生のトップページは下記のリンクページからご覧ください。

 

歯茎再生の詳しいページ


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。


歯茎の再生の無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F スターバックス上 JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120-25-1839

03-3251-3921