歯ぐきの再生で歯周病の予防

歯ぐきの再生治療を行う事で、歯周病の予防が可能です.

歯ぐきの再生治療では、単なる歯茎の移植をして歯茎の位置を回復するだけでなく、歯と歯茎をつなげる歯根膜と言われるコラーゲンなどの組織も回復します.

また、歯茎の厚みが増す事で歯茎が将来的に下がりにくくなります.

そのため、歯茎が下がって、歯根膜が失われてしまった方の歯茎と歯根膜の組織を回復したうえ、将来的に歯茎が下がる事を貌する事ができます.つまり、歯周病が進行して歯根膜が失われる事を予防する事ができます.

歯ぐきの再生をしていない歯科医院もあります.

歯茎が下がってしまって、歯ぐきの再生治療をしていない歯医者に行くと多くの場合歯ぐきの再生治療に否定的な話をされます.典型的な話として

  • 歯ぐきの再生をしても歯茎と歯の根っこはくっついていない。
  • 歯周ポケットが深くなる

と言った話をされる先生もいらっしゃるようです.おそらく再生治療の事をご存じない先生方だと思います.

歯ぐきの再生治療で歯周病を予防します.

歯ぐきの再生で歯周病の予防
歯ぐきの再生で歯周病の予防

歯茎が下がってしまっている状態。このまま放置しておくとさらに歯茎が下がって歯根膜組織が失われる事が予想されます。つまり、歯周病が進行していってしまう事が予想されます。

歯ぐきの再生で歯周病の予防
歯ぐきの再生で歯周病の予防

歯茎の再生治療で歯茎の厚みを増し、歯茎を回復させた状態。

最初の状態に比べて、歯周病の進行を予防できます。

ただいま無料カウンセリング実施中

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839


歯茎の再生の量について

歯茎はどこまで回復しますか?というご質問をよくいただきます。ご参考に。

 

歯ぐきの再生治療に関しましては、下がった歯茎を回復させる治療になります.歯茎の再生量は元の歯茎の位置が限界となります.歯の長さを元々の長さより短くする事は基本的に難しいとお考えください.

 

変色した歯の色の濃い部分を歯茎で完全に覆い隠すといった審美的な治療は難しい場合が多いです.

 


変色した歯の歯茎の再生治療

変色した歯の歯ぐきの再生治療
変色した歯の歯ぐきの再生治療

テトラサイクリンの変色している歯ですが,歯茎が下がってしまい,より色の濃い部分が露出してしまっています.完全に歯茎で歯の変色を覆う事は難しいのですが,歯茎の下がった部分は覆えます.

 

また、歯が少し削れてしまっているため、知覚過敏になる心配もあります.削れてしまっている部分を歯茎で覆います.

 

変色した歯の歯ぐきの再生
変色した歯の歯茎再生

上の歯の歯茎を回復させる再生治療を行いました.

 

歯茎を再生する事で、歯の根っこの黒い部分が少し目立たなくなりました.この治療は変色している部分を覆う治療ではなく、下がった歯茎を回復させる治療となります.

 

歯茎の下がった部分を覆っていますので、ホワイトニングをされても知覚過敏になりにくくなります.

 

また、重要な事ですが,歯茎の再生治療では、下がった歯茎の回復を回復する事ができますが,どこまででも歯の表面を皮膚で覆えるわけではありません。あくまでも元々あった歯茎の位置が回復できる限界となります.

 

歯茎の再生と審美歯科のページ


続きを読む

下の前歯の歯茎はよく下がってしまいます.

あなたの下の前歯の歯茎が下がってしまっていませんか?

 

下の前歯は見えないから、歯茎が下がってしまっても気にならないと言う方でも、歯が抜けてしまうリスクが高くなってしまう事を知ってしまったら、放置しておけないとお考えになるかもしれません.

 

下の前歯の歯茎が下がり続けてしまっている場合は要注意ですので、お早めにご相談ください.

 


歯茎の下がりやすい場所

下の前歯の歯茎が下がったというケースが一番起こりやすいケースとなります。

 

下の前歯の歯茎や歯を支えている骨がお口の中で一番薄いために最も歯茎の下がりやすい部分となります.

 

丁寧な歯ブラシの方法を身につける必要があります。ただ、下がってしまった歯茎は自然に回復しません。回復させるには歯茎の再生治療が必要になります.

下の前歯の歯茎の再生ケース

下の前歯の歯茎が下がる
下の前歯の歯茎が下がった状態

下の前歯の歯茎は薄い場合が多く、特に歯並びが悪いと大きく歯茎が下がってしまう事が多いようです.

 

お写真のケースでは、歯茎が薄く下がった歯茎の部分に汚れが付いて色が変わってしまっています.こういったケースは歯茎の再生治療を行う事で歯茎を回復する事ができます.

続きを読む

前歯の歯茎が下がったのを回復させる方法

病的に歯茎が下がるってどういうこと?

 

前歯の歯茎が下がってしまうことがあります。もちろん加齢現象としてもわずかに下がることがありますが、30代40代で歯茎が2ミリ3ミリと下がってしまうことは通常起こりません。

 

前歯の歯茎が下がってしまった場合、見た目が悪くなってしまう事を気にされる方も多いのかと思います。

 

通常の歯科医院では経過を見ていきましょうと言われて、回復させてくれませんが、歯茎の再生治療を行うことで下がった前歯の歯茎が回復できる場合が多いです。

 

前歯の歯茎が下がってしまったという方へ

歯茎の退縮
歯茎の退縮

歯茎が退縮してしまったといった事はありませんか?

 

歯茎が下がって歯周病が進行したり、知覚過敏が起こってしまうようでしたら、お早めに歯茎を回復された方が良いでしょう.歯茎の退縮が進行して歯周病が進行すると歯を抜かなくてはいけなくなる場合もあります.

 

歯茎が対祝してしまった場合は歯茎の再生治療で歯茎を回復させる事が可能になります.

 

治療後の状態や注意事項など、歯茎の再生治療に関して他のページもご確認ください。

 

歯茎が下がってしまったときの治療のページ

 

 


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。上記の写真の方のように前歯6本の歯茎が下がってしまっている場合、14万円(税別)となります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 


続きを読む

下の前歯の歯が黒く見えるのは歯茎が下がってしまったからかもしれません.

歯茎が黒くなった気がする、気になる。という方へ。

 

歯茎が下がると歯の根っこのセメント質という部分が露出するため、通常見える歯の部分のエナメル質とはちがい、少し黒く見えます。

 

人によっては、歯の根っこの色が褐色をしている場合もあり、そういった場合は審美的にも気になってしまうということがあります。


歯の根っこの褐色な部分が露出して黒く見える場合の治療ケース

下の前歯の歯茎の付け根の部分が黒く見える
下の前歯の歯茎の付け根の部分が黒く見える

お写真では、下の前歯の歯茎が黒く見えています。

 

一見、下の前歯の歯茎の付け根の部分が黒く見えるのは、歯の変色に見えますが,これは、歯の根っこが下がって露出したものです.

 

この方のように、歯の根っこのセメント質の部分が褐色をしている場合、歯茎が下がってしまうと、歯の根っこの褐色部分が露出して黒く見えます。

 

こういったケースでは、露出した歯茎を歯ぐきの再生治療で回復させる事で審美的にもよくすることが可能です.

歯茎再生
歯茎再生

お写真は歯茎の再生治療後の状態です。

 

露出していた褐色の歯の根っこは歯茎で覆われました。見えている部分は歯のエナメル質の部分ですので、通常の歯の色に見えます。

 

このケースでは特に、傷跡が残らないように歯ぐきの再生治療を行いました.変色した歯の根っこを覆う事で、黒く見えていた歯の見た目が自然にきれいになりました.

歯ぐきの再生治療は、単に歯茎を乗っけているだけでなく、失われた歯ぐきと歯の根っこの結合を再生させる治療法です.

 

歯ぐきの再生治療で見た目だけではなく、歯の寿命を長くします.

 

詳しくは歯ぐきの再生で歯周病予防 のページをご覧ください.

 

 

続きを読む

上の前歯の歯茎が全部下がってどうしようと不安な方へ

上の前歯が笑った時に歯茎が下がってしまっているのが目立っていないか気になるという場合。

 

歯周病が進行したりして、さすがにこんなに歯茎が下がってしまうと経過を見ていくのも不安だと言う場合があります.

 

歯の根っこの露出は今後の虫歯や歯周病で歯が抜けるリスクを高めますので、放置して経過を見るのはあまりお勧めしません.

 

歯茎が下がったときは歯ぐきの再生治療を行います.

 


前歯の歯茎が下がったときの歯茎の再生治療例

前歯6本の歯茎が下がったケース
前歯6本の歯茎が下がったケース

歯茎が下がってしまってどうしたらいいかわからないという方に、お写真のような極端なケースをご紹介いたします。

 

歯茎が削れて歯が長くなってしまっています。下がってしまっているところで約5ミリほど歯茎が下がってしまっています。あなたの歯茎は、ここまでは下がってしまっていないと思いますが、いかがでしょうか?

 

歯茎が下がってしまう原因はいろいろ考えられますが、この状態になると自然には歯茎は回復しません。

 

そのため、歯茎を回復させるために、歯茎の再生治療を行うことになりました。

前歯6本の歯茎が下がったケース
治療後2週間の状態

歯茎の再生治療で歯茎の位置を元に合った位置に戻しました.歯茎の再生治療でこのように歯茎を回復させることができます。

 

歯茎が下がってしまった場合の一つの解決法として、歯茎の再生治療をご検討されると良いと思います。何もしないで放置しておく方も多いですが、歯茎は基本的に回復せずにさらに下がってしまうことが多いです。早期に治療を行った方が歯茎の回復が期待できます。

 

歯茎が下がってお悩みの方はまずは無料カウンセリングにお越しになられてはいかがでしょうか。

 

まだ歯茎の腫れが残っており、完全な状態ではないのですが,順調に回復しております.

 

歯茎の再生治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。クリックしてご覧ください。

 

歯茎の再生治療のページ

 

 


続きを読む

骨が薄いと歯茎が下がる?

歯茎が下がってしまうのは遺伝?

 

歯茎が下がってしまっている方の多くは歯を支える骨が薄い状態です。歯茎の外側から歯の根っこの位置がわかる場合は骨が薄いと判断して良いと思います。

こういった骨が薄い状態で矯正治療などをすると歯茎が大きく下がってしまう可能性があります。下の前歯の歯茎が下がってしまうケースの多くで骨が薄い状態となっています。


歯茎の下がりやすさについて

歯茎の退縮は、歯を支えている骨と歯茎の厚みに影響を受けると言われています。骨や歯茎の厚みは遺伝的に決まっているようですが、歯茎の再生治療で、厚みを厚くすることが可能です。

骨や歯茎の厚みによって歯茎の退縮しやすさが変わります。歯茎から歯の根っこが透けて見えてしまう場合などはかなり歯茎も骨も薄いと言えます。

 歯茎と骨の厚みを分類したものに、メイナードの分類というものがあります。

歯茎と骨の厚みによって4つのタイプに分けています。

 

タイプ1:骨と付着歯肉(歯茎)が厚い 

タイプ2:骨は厚いが付着歯肉は薄い

タイプ3:骨は薄いが付着歯肉は厚い

タイプ4:骨も付着歯肉も薄い

 

となっており、歯肉退縮の診断は

タイプ1は歯肉退縮は起こらない

タイプ2・3は起こりにくい

タイプ4は起こりやすい

となっています。

つまり、歯茎の再生治療で、歯茎の厚みをしっかりと厚くすることで歯茎の退縮は起こりにくくなります。メイナードの分類でいうと、タイプ4からタイプ3の歯茎に変化するために、歯茎が下がりにくくなります。

 

 歯茎の再生のページ

 

歯茎の再生治療を希望される方はただいま無料カウンセリングを行っております。無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積りのお渡しをいたします。

 


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

続きを読む

歯茎が下がったときは虫歯に注意

歯の根っこの部分は虫歯になりやすいってご存知ですか?

 

歯茎が下がって歯の根っこが露出してしまった場合は、歯の根っこの虫歯に気をつけなくてはいけません。

 

歯の根っこの露出してしまった部分は、削れやすい上酸にも弱いため、磨き残しても問題ですし、磨きすぎるとげずれてしまう可能性もありますので、慎重な歯ブラシをされる事をお勧めしております.

 

歯茎が露出した部位と言うのは3大虫歯の好発部位と言われていて、(歯と歯の間、歯の咬む面の溝、根面カリエス(歯の根っこの露出した部分の虫歯))虫歯にかかりやすいのでご注意いただいております.

 


歯茎が下がったときは虫歯予防が大事

歯茎が下がってくると虫歯になりやすくなるってご存知ですか?歯茎が下がって歯が長くなってしまった場合、歯の根っこが露出してしまっています。

 

通常、歯茎の中に隠れている歯の根っこの部分はセメント質と言って削れやすく、酸に対して溶けやすい部分です。この部分が歯茎の退縮で下がって露出すると、削れてしまったり虫歯になることが多くなります。

 

下がった歯茎の部分の虫歯は虫歯の好発部位として、歯と歯の間、かむ面の虫歯とともに知られています。歯茎が下がってしまったら要注意と言えます。

 

歯茎の再生治療では下がってしまった歯茎を元に戻すことで露出してしまった歯の根っこを覆い、虫歯になりにくくします。

 

ただ、歯茎の再生治療は、歯周病が進行してしまうと難しい場合がありますので、ご相談ください。

 

歯ぐきの再生治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.クリックしてご覧ください.

 

歯茎の再生のページ


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

続きを読む

歯茎再生のケース 歯周病予防に歯茎再生治療。

あなたの歯茎は将来下がってしまうかもしれません。歯茎の薄い方は要注意です。

 

歯茎の再生治療を行うことで歯茎の厚みを出して歯茎を丈夫にします。

 

丈夫な歯茎は歯周病の炎症に対して抵抗力が増します。歯茎が厚いことで将来的に歯茎が下がってしまうことも予防します。

 


歯茎の再生治療で歯茎の厚みも増します。

歯ぐき再生アフター
歯ぐき再生

お写真では、上の前歯の歯茎が全体的に下がってきてしまっています.2ミリ程の歯茎の退縮です.歯茎が薄いため、歯茎が下がりやすい状態となっています。歯周病の炎症は起きていないのですが、歯茎が下がることで歯の健康状態が悪くなってしまいます。

 

こういった薄い歯茎の場合、歯茎の再生治療を行うことで、歯茎の厚みが増し、また、歯茎の位置を回復します。

上の前歯6本の歯茎再生ケース。
上の前歯6本の歯茎再生ケース。歯茎の厚みがまし、位置も元の状態に戻りました

傷跡も残らずにきれいに歯茎を再生させる事ができました.歯ぎしりによって歯茎が将来的に下がってしまう事もあるようですので、お休みのときはマウスピースを使用した方が良いかもしれません.

 

この段階で歯茎再生を行う事で歯周病や虫歯の予防をする事が可能になります.

 

歯茎が下がって露出した歯の根っこが虫歯になりやすい事や、下がった歯ぐきの部分が歯ブラシをしにくいと言ったために、虫歯や歯周病が進行してしまうケースが多いため,歯茎再生で虫歯や歯周病を予防する事はおすすめです.

 

歯ぐき再生に関しての詳しいご説明は下記のリンクの歯ぐきの再生ページをクリックしてご覧ください.

 

歯ぐきの再生のページ

 

歯茎の再生のお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F 

03−3251−3921


続きを読む

前歯の歯茎が下がった時の再生治療

歯の並んでいる位置や、かみ合わせによって1本だけの歯茎が下がってしまう事があります。

 

特に前歯の歯茎が1本だけ下がってしまった場合、見た目が悪くなってしまいます。こういった場合は1本だけの歯茎を再生させることも可能です。


前歯の歯茎が下がったケース

前歯1本の歯茎再生
前歯1本の歯茎再生 治療前

全体的に歯茎が下がっていますが、上の前歯1本だけを歯茎の再生治療したいというご希望にも対応しております.

 

前歯の歯茎が下がって歯の根っこが見えてしまっています.外科的な処置が苦手なので目立つところを最小限に治したいという事で前歯1本だけの歯茎を再生させることにしました。

前歯1本の歯茎再生
前歯1本の歯茎再生 治療後

上の前歯の下がってしまった歯茎を回復させています.歯茎の位置が整った段階で前歯の審美歯科治療をされるようです.この状態でしたら、審美歯科治療を行えばきれいな歯並びとなります.

 

歯茎の再生と審美歯科に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただきます。

 

歯ぐきの再生と審美歯科のページ


続きを読む

将来的に差し歯の歯茎が下がらないための予防処置

差し歯の歯茎が下がってしまうと黒く見えてしまったり、歯の長さが長く見えてしまったりします。

歯茎の厚みを増すことで、差し歯の歯茎が下がりにくくなります。

歯茎が少し下がり始めています
歯茎が少し下がり始めています

歯茎が少し下がり始めています。差し歯の歯茎が腫れてしまっていて再治療を行うのと合わせて歯茎を丈夫にするために、歯茎の再生治療を行いました。

歯茎を引き締めたあとに前歯の差し歯を交換しました
歯茎を引き締めたあとに前歯の差し歯を交換しました

歯茎を引き締めたあとに前歯の差し歯を交換しました。

 

歯茎の再生治療のページ


~歯茎の再生治療と審美歯科治療の注意~

 

歯茎の再生治療や審美歯科治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)です。また、オールセラミック の種類によって当院では1本6万円(税別)~15万円(税別)のセラミックを選んでいただいております。

 

料金に関しましては、最小単位の標準的な料金となります。本数の多い場合は、掛け算して計算していただく必要があります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているようなケースのうち、歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

歯茎の再生治療のリスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

審美歯科のリスク

 

 

 

審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。また、オールセラミック の色合いはかなり天然の歯に近いものになりますが、完全に同じものではありません。

知らなきゃ損をする歯ぐきの再生治療

まずは、下の2枚のお写真をご覧ください.

審美歯科できれいになった人と、せっかく審美歯科治療を行ったのに結果を残せなかった人のお写真です。

オールセラミックの歯茎が下がる
オールセラミックの歯茎が下がる

歯茎が下がってしまって黒く見えています.せっかくのオールセラミックが見た目と言う点では台無しになってしまっています.

オールセラミックの歯茎の再生
オールセラミックの歯茎の再生

同じ方の歯ぐきの再生治療後のお写真です。最初から、歯ぐきの再生治療を審美歯科治療と合わせて行っていれば、このような感じに良い結果が出たのにと後悔されていました.


はっきりと言えるのは、審美歯科治療を行う際に、歯ぐきの再生治療をご存じないと将来的に損をしてしまいます.オールセラミックを交換する一番の理由は歯茎が下がってしまって見た目が悪くなるためです.

歯茎が下がってしまうたびにオールセラミックを交換しているかたもいらっしゃいますが,その度にオールセラミックの料金をお支払いになる費用の損に加えてだんだんと歯が長くなってしまってみた目が悪くなってしまうという2重に損をしてしまう状態になります.

そのため、オールセラミックを長持ちさせたいと言う方は審美歯科治療を行う際に歯ぐきの再生治療を合わせて行うようにお勧めしております.


続きを読む

歯周病でもインプラントにしないようにする治療方法

近年、インプラント治療の成功率(残っているだけの場合も含めて)が上がってきたこともあって、あっさりと歯を抜いてインプラントをお勧めする風潮があると思います。

 

確かに、インプラント治療のおかげでしっかりとモノをかめるようになったりして恩恵を受けている方が多いのも事実です。

 

しかしながらやはり正常な状態の天然の歯よりインプラントの方が良いということはないので、天然の歯を良い状態で残すことは重要なことになります。

 

あなたがもし天然の歯が歯周病にかかってしまった場合、歯を抜いてインプラントを勧められる場合がありますが、歯を抜く前に骨の再生治療を検討されたでしょうか?

 

骨の再生治療は、歯を抜かずに残すための方法です。歯の周囲の骨が歯周病で溶けてしまっていても、骨の再生治療で回復させることが可能な場合があります。

 

もし歯を抜いたときはインプラント治療ということになるかと思いますので、再生治療で歯を残すようにするか、インプラント治療をするかとの比較になるかと思います。

 

再生治療に関しては完全に骨を再生させることができるわけではありません。ただ、骨の吸収してしまった歯の周りの骨を一部回復しますので、もし将来的に歯がどうしてもだめになってしまってインプラントになるにしても、何もしないでインプラントとなる場合と比較してあごの骨を増やすという意味では、有効な方法といえます。

 

通常、歯周病で歯を抜いた場合はGBR法と言ってインプラントを入れる時にあごの骨を作ることになります。場合によっては骨の再生治療より費用が掛かる場合もあります。 

 

 再生治療前にはしっかりとした検査を行った上で治療をすることをお勧めします。インプラントより再生治療の方が有効な場合が多いと思います。

骨の再生治療の料金に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。クリックしてご覧ください。

 

再生治療の料金のページ

 

また、ただいま骨の再生治療を希望される方は無料カウンセリングを行っております。ご予約の上お越しください。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上  

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

03−3251−3921

0120-25-1839


~骨の再生治療の注意~

 

骨の再生治療は保険外診療となります。骨の再生治療を行う場合、当院では、20万円(税別)かかります。

 

骨の再生治療は、完全に元の骨の状態に戻せるわけではありません。ある程度骨の回復をさせたとしても、完全にはの揺れが止まらない場合は、歯の揺れを止めるために連結固定をします。固定が必要があることが多いです。

 

 

骨の再生治療は外科処置となります。骨の再生治療後に炎症を起こしたりしないよう、外科治療前にしっかりと歯茎の炎症を取ることが必要になります。

歯茎再生は昔からある治療方法です。

あまり歯医者にも知られていないようですが,歯ぐきの再生治療は昔からある治療方法です.最新の治療方法と言うわけではありません.

 

歯ぐきの再生治療は、従来の方法に少し改良が加えられてより見た目を良くできるようになったという変化はあります。顕微鏡や拡大鏡を使用して細かい器具を使用する事でより傷跡を残さないように治療を行う事が可能になりました.

 

また、エムドゲインなどの再生材料を使用する事でより良い再生がおこるようになりました.

 

歯茎再生は35年ほどの歴史があります。日本ではあまり一般的ではありませんが、それは保険で認められていない事と、できる先生が少ないためでしょう。

 

歯茎が下がってしまっても歯茎再生を行えば歯茎が回復します。歯茎が下がってしまってもあきらめなくてよい場合があります.

 

歯茎が下がってしまった方は無料カウンセリングを行っていますので、お問い合わせください。

 

歯ぐきの再生治療のトップページは下記のリンクから戻る事が出来ます.歯ぐきの再生治療のトピックなどもクリックしてご覧ください。

 

歯茎再生のページ

 

歯茎再生のページでは、歯茎再生のケースをお写真でご紹介しております。また、矯正治療後や、インプラントの部分の歯茎が下がってしまった場合の歯茎再生ケースのご説明もいたします。

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上  JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

03−3251−3921

0120−25−1839


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1〜3本で万円(税別)かかります。

 

歯茎の再生治療のリスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

 

歯周病で歯茎が下がってしまうと歯茎が再生できない場合もあります。

歯茎が下がり始めてもそれほど気にされない方が大勢いらっしゃいます。何事もない場合もありますが、歯周病が進行しているサインであることもあります。歯周病が進行して歯茎が下がりつつある場合は、歯周病の進行が急速に進行していることがあります。

 

もう少し早く御相談いただければ良かったのに。

 

と、歯茎の再生治療のご相談を受けて思う事があります.歯周病が進行し、歯の周囲の骨が無くなってしまっている場合は歯ぐきの再生治療が非常に限定的となります。歯茎が下がり始めてしまった場合はお早めにご相談いただくようにお勧めしております.

 


歯ぐきの再生は限定的となる場合

歯ぐきの再生が難しいケース
歯ぐきの再生が難しいケース

歯の周囲の骨が無くなってしまい、歯茎が下がってしまっています.まずは骨の再生治療を行いその後に歯ぐきの再生治療を行います.

歯ぐきの再生治療後の経過
歯ぐきの再生治療後の経過

歯茎の下がってしまった部分の一部を再生させていますが、歯と歯の間や表側の一部は歯茎で覆えない状態です.こういったケースでの完全回復は今の所難しいと考えております。(このケースでは骨の再生治療を行った後6ヶ月待ってから歯ぐきの再生治療を行っております.)

 

歯周病が進行する前に歯ぐきの再生治療を行いに起こしください.骨の吸収が無い場合は完全に回復する事が出来ます.

 

歯ぐきの再生治療のページは下記のリンクページをクリックしてご覧ください.

 

歯ぐきの再生治療のページ

 

 

続きを読む

歯茎の再生治療は痛いの?

あなたがもし、歯茎の再生治療をお考えでしたら朗報です、痛みのことはあまり気にしなくて済むと思います。

 

歯茎の再生治療では、歯茎のなくなったところを皮膚で覆います。外科的な処置になります。そのため、すごく痛い処置だと思われる方も多いのですが、30分程で終わる処置ですし、ほとんど痛みは感じないで済みます.

 

 実際、当院の再生を受けられる方のほとんどが痛みをほとんど感じず、術後も痛み止めを飲まなくても我慢できる程度の痛みであることがほとんどです。

 

ただ、歯茎の薄い方や、歯茎の下がっている量が大きい方は,通常よりお痛みが出てしまう事があります.お痛みが出てしまった場合は、しっかりと痛み止めを飲んでいただくのが良いでしょう.

 

基本的にお痛みに関しましては、ご心配なさらなくて大丈夫です。歯茎のお痛みは歯茎の炎症がある場合に起こります.歯茎の炎症を起こさない歯茎の再生処置は通常お痛みがほとんどありません.

 

 歯茎の再生治療に関しまして下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。クリックしてご覧ください。

 

歯茎の再生の詳しいページ

 

 また、歯茎の再生治療を希望される方は無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください。無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします。無料カウンセリングはご予約制となります。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上 

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839                

03-3251-3921


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

歯周病と歯茎再生について

歯周病は感染性のものと感染してないものがあります。歯茎が下がってしまう場合の歯周病も感染している場合としてない場合があります。

 

今回は、歯周病の感染が起こって骨が吸収してしまった場合の治療法をご紹介いたします。

 

まず、歯周病で細菌が感染してしまうと歯茎の中の骨が炎症のために吸収してしまいます。このため、歯周病で歯茎が下がってしまった場合、中の骨を再生させることが必要になります。

 

歯茎の内部の骨が吸収してしまうと治療がたいへんになりますし、ご自身でもしっかりと磨けるように歯ブラシの練習をしていただくことになります。通常の歯ブラシに加えて歯間ブラシや糸ようじなども使用して歯周病の周囲の歯茎の炎症を引かせます。

 

歯茎の炎症が引いた状態になった後に、歯茎の内部の歯石を取りますが、深い部分にまで骨の吸収が起こってしまった場合は、歯茎の上から歯石を取るだけでは不十分で、歯周外科処置を行います。歯周外科では、歯茎をめくってしっかりと目で見える状態にしたうえで歯石をきれいに取り除きます。歯茎をめくらない状態で歯石をお取りしても一部取り残してしまい歯周病が再発したり、治らない戸言うこともよく起こります。

 

また、骨の吸収が大きい場合、希望される方は骨を再生させるために骨の再生の材料を歯茎の内部に入れます。

 

歯周病の処置が終わった後もご自身で歯茎が腫れないようにしっかりとお掃除していただくことに加えて3か月に1度ほどメンテナンスにご来院いただくようにしていただいております。

 

歯周病でも感染がないと歯茎が下がってしまった場合皮膚の移植を伴う歯茎の再生法で歯茎をもとの位置に戻すことができます。歯に汚れがついている場合は簡単なお掃除をしてから歯茎の再生を行います。

 

近年、歯周病の炎症に関しましては、細菌検査にて確認させていただいております。実際に歯周病の原因菌がいる場合は歯周病の処置を行ってから歯茎の再生治療を行います。

 

歯茎の再生治療に関して詳しい内容を下記のリンクページに記載させていただいております。必要のある方はクリックしてご覧ください。

 

歯ぐきの再生のページ

 

歯茎の再生治療を希望される方はただいま無料カウンセリングを行っております。無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積りのお渡しをいたします。無料カウンセリングは御予約制となっております。

 

無料カウンセリングお問い合わせ             

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上  

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839                

03-3251-3921


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません

下の前歯の裏側の歯茎が下がって気になる方へ。歯茎の再生治療

いろいろな部分の歯茎が下がってしまうことがあります。

 

特に下の前歯は表側も裏側も歯茎が下がってしまうとこがあります。

 

ただ、歯茎の裏側は歯茎の再生治療が難しい部分ですが、ある程度の歯茎の回復が期待できます。

 

下の前歯の裏側の歯茎の再生治療例

下の前歯の裏側の歯茎が下がってしまって気になるという方もいらっしゃいます。

こういった部分にも歯茎の再生治療を行える場合があります。

下の前歯の裏側の歯茎が下がってしまった時の歯茎の再生治療
下の前歯の裏側の歯茎が下がってしまった時の歯茎の再生治療
下の前歯の裏側の歯茎が下がってしまった時の歯茎の再生治療
下の前歯の裏側の歯茎が下がってしまった時の歯茎の再生治療

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F スターバックス上

0120-25-1839

03-3251-3921

続きを読む

歯周病は再発する可能性があります。

歯周病は細菌の感染症ですので、細菌を取り除くと炎症は落ち着きます。

 

しかし、お掃除がしにくい場合は歯周病が再発しますし、進行した歯周病では歯茎の中の歯石を取ること自体が難しかったりします。

 

歯周病治療をするうえで歯周病治療後の長期安定の障害となる要素を解消することが重要です。

 

その要素とは、

•深い歯周ポケットがある

•歯石を取りにくい歯の根っこの形をしている

•骨の吸収が垂直的な部分がある

•歯茎の厚みの不足している

•歯並びの不良で重なっている

•深い虫歯がある

 

などのことが挙げられます。

これら、歯周病の安定を阻害する要素を解消していくことで、歯周病治療を何度も繰り返さなくて済むようになります

 

歯茎の再生治療は、炎症のない歯茎を増やす方法です。歯周病の感染がある場合はまずは歯周病治療を行い、再発のない状態になってから歯茎の再生治療を行います。

歯ぐきの再生治療に関しまして治療を希望される方は無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

0120−25−1839


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

知覚過敏は歯茎が下がっている時に起こる?

知覚過敏のある歯はありませんか?

 

水がしみる方など、知覚過敏の方は歯茎が下がってしまっていることが原因になることがほとんどです。鏡を見て、歯のながさが周りのはより長くなってしまっている歯があれば、その歯は歯茎が下がってしまっている状態です。

 

知覚過敏に対して従来、知覚過敏用の歯磨き粉を使用したり、歯の根っこの表面に詰め物をして対処してきました。しかし、下がった歯茎はなおせませんでした。これに対して最近紹介させて頂いているのが歯茎の再生治療というものですが、下がった歯茎を上げる治療法です。あまり一般的な方法ではないので、治療ができる先生は少ないのですが、歯茎の再生治療を行うことで歯茎を上げることができます。

 

通常下がりやすい歯茎は、歯ブラシなどによりさらに大きく下がっていきます。将来的に歯周病や、虫歯のリスクもあり、歯を抜くことになる場合もあります。インプラント治療などにならないためにも、歯茎を元に戻しておくことはゆうこうになります。お値段は、保険が利きませんが、インプラントほどの料金はかかりません。

 

治療が遅くなるとどんどんなおしにくくなるので、歯茎の下がってしまった方は早めに治療をされることをお勧めします。消費税が上がる前がよいのではないでしょうか。

 

 歯茎の再生治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいておりますのでクリックしてご覧ください。

 

歯茎の再生治療のページ

歯茎の再生治療は保険外治療となります。そのため、歯茎の再生治療を希望される方にただいま無料カウンセリングを行っております。無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積りのお渡しをいたします。

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分(東京駅の隣の駅です。)

03−3251−3921

0120-25-1839


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

歯茎の再生治療の料金について

歯茎が下がってしまったのを回復させる治療を希望される場合は、歯茎の再生治療を行います。

今回は歯茎の再生治療の料金をご説明いたします。

 

歯茎の再生治療の料金

歯周病や、歯茎の薄い方など、歯茎のさがってしまった方の歯茎をもとの位置に戻す方法を歯茎の再生治療と呼んでいます。

 

歯茎の再生治療は保険がききません。そのため、病院によって、お値段が大きく異なります。

 

病院によっては、歯茎の下がっている歯1っ本単位で料金を設定しているところもありますが、その場合、歯の本数が多いと高額な治療となります。

当院では、一回の治療で再生できる範囲で、定額の治療費とさせていただいております。通常2~3本単位の治療となります。

料金は、¥70,000-(税別)となります。

 

歯茎の再生が必要な部分の範囲によって料金が変わりますので、歯茎の再生を希望される部分をお決めいただきます。

 

ただし、歯周病の進行具合で歯茎の再生ではなく、骨の再生が必要な場合もございます。骨の再生治療は、歯周病の進行によって料金が変わります。また、インプラントの部分の歯茎が下がってしまった場合の料金は¥100,000(税別)となります。

 

歯茎の再生治療の料金に関しましては、下記のリンクページをクリックしてご覧ください。 

 

歯茎の再生料金のページ

 

歯茎の再生治療を希望される方は無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください。無料カウンセリングはご予約制となっております。ご予約をお取りいただいた上でご来院ください。

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

03−3251−3921

0120−25−1839


歯茎の再生治療の注意


 歯茎の再生治療はリスクもあります。外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。症例数をなるべくたくさん掲載しておりますので、いろいろなケースをご覧ください。

続きを読む