歯茎の再生治療の流れ

歯茎の再生治療は下がってしまった歯茎を元に戻すのですが、処置の流れは皆さん共通ですのでご説明します.

  1. 歯茎の検査
  2. 歯石取り
  3. 歯茎の再生処置
  4. 消毒1回目
  5. 消毒2回目
  6. 消毒3回目
  7. メンテナンス1回目
  8. 定期的なメンテナンスへ
  9. 必要なら2ヶ月後、歯茎の修正
  10. 必要なら3ヶ月後再度、歯茎の再生処置

歯石を取る必要がある場合について

かかりつけの先生がいらっしゃる場合は、歯茎の再生治療前に歯茎の腫れている場合は、まず歯茎の腫れを引くまで歯石を取って来ていただいております。当院でも歯茎の腫れがある場合は歯石をお取りして、オペ前に歯茎が引き締まるのを待つ必要があります。

歯茎の腫れ
歯茎が腫れている状態

歯茎再生前に歯茎の周りに付着している歯石をお取りして歯茎を引き締める必要がある状態.

この状態では、歯茎の再生を行えませんので、歯石をお取りして、歯茎を引き締めます.

歯茎再生前に数回の歯茎の治療が必要になります.

歯茎の再生治療を受ける時の注意

特に通常の歯科治療と注意点は変わりませんが、治療後に血圧の上がることは避けていただいております。運動、飲酒、お風呂に長く浸かる、などの行為は処置部位からの出血につながる可能性がありますので避けてください。

また、しばらくは天ぷら、唐揚げなど尖った食品は避けていただいております。これも歯茎に刺さって出血の原因になる可能性がありますので、食べないようご注意戴いております。

消毒にご来院の必要性

歯茎再生オペ
オペ後2週間の歯茎の状態

歯茎再生後から1ヶ月は歯茎がまだ完全に固まっていませんので、歯ブラシをすると削れてしまいます.歯ブラシをせずにうがいのみとしていただいております.

清潔を保つために2週4週目にクリーニングを行いきれいに歯についた汚れをお取りします.

 

1ヶ月間はご自身では決して磨かないようにしてください。

オペ後はこちらの指示が出るまでは磨かないでください.汚れてしまっても病院の方で消毒します.

歯ぐきの再生後に歯磨きをしないでください.

再生した歯茎が下がってしまう事がありますのでご注意ください.汚れがついていても気にしないでください.

歯茎の退縮治療前
歯茎の退縮治療前

治療前はしっかりと磨いてください.歯茎が腫れてしまっていると炎症を起こしてしまうかもしれません.

歯ぐきの再生後1週間
歯ぐきの再生後1週間

お写真のくらい、汚れてしまっていても磨かないでください.こちらの方でしっかりと消毒をいたします.


お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839



歯茎の再生の流れに関するBlog

矯正治療中の歯茎の再生について

矯正治療中に歯茎が下がってきているというご相談をお受けする機会が多くなっていますので、矯正治療中の歯茎の再生治療に関しての内容です。

 

基本的に、矯正治療中に歯茎の再生治療は行っておりません。歯茎の再生治療は、矯正治療前か、矯正治療後に行います。

 

これは、矯正治療中に歯がゆれてしまっているため、歯茎と歯根の結合がはがれやすくなってしまうためです。

 

ただ、当院では、矯正治療中にあまりに歯茎の下がりが大きくなってしまった場合は、そのまま放置しておくと歯の寿命に問題が出てしまうかもしれませんので、揺れてしまっている歯の歯茎の再生治療と同様に、歯を固定してはの揺れを止めた状態で歯茎の再生治療を矯正治療中に行うこともあります。

続きを読む

歯茎の再生ブログ 患者様の感想

歯茎を再生させると言っても何をするのかわからず、処置をする前に怖いのではないかと思ってしまう患者様がよくいらっしゃいます。

 

実際に処置をされた患者様は、あまりに簡単な処置のために、びっくりすることが多いです。実際2~3割の患者様は痛みどめも飲まずに済んでいるようです。

 

心配されている患者様ように、治療を受けられた患者様に感想を書いてもらっています。もちろんすべての方が同じではないのですが、参考にしていただいてよいと思います。

 

 

続きを読む

歯ぐきの再生治療後2週間もすれば、歯茎はかなり落ち着きます.

歯ぐきの再生治療後に腫れなどで勤務などができるか心配される方がいらっしゃいます。通常2〜3日で腫れはピークになり、1週間もすると落ち着きます.2週間経つとほぼ治療前の感じになります.もちろん、歯茎が厚くなった分は歯茎の感覚が変わります.

ただ、まだ歯ブラシをしてしまうと歯茎が下がってしまいますので移植した部分の歯ブラシはしないようにしてください.

続きを読む

歯茎が下がった差し歯の審美歯科治療

よくあるご相談ですが、差し歯の長さが長過ぎて気になっていませんか?

 

年齢と共に歯茎が下がってしまうことがよくあります。天然の歯でも差し歯が入っている歯でも歯茎が下がることがよくあります。

 

ただ、歯茎が下がってしまった状態で、差し歯の治療や差し歯の交換を行う場合,そのままの歯茎の状態ではすごく長い歯になってしまいます.

 

下のお写真のケースをご覧いただければわかりやすいと思いますが、歯茎の下がってしまった位置にあわせて差し歯が5本入ってしまっています。歯の長さが非常に長くなってしまって見た目が悪くなってしまっています。

 

こういった場合は、歯茎の再生治療(結合組織移植術)という方法で歯茎の位置を元の位置に回復させることにより、歯の長さを通常の長さに戻して見た目を改善します

 

一般的に、下がった歯茎に合わせて差し歯を入れてしまっている場合は、差し歯の上に歯茎の再生治療を行っても歯茎が差し歯とくっつきません。歯茎の再生治療を行うために、差し歯を新しくする必要があります。差し歯を仮歯に変えた後に、歯茎の再生治療を行う事によって、審美的な長さの歯を入れる事ができるようになります.

 

差し歯の長さが長くて気になる方は歯ぐきの再生治療と審美歯科治療を合わせて行う事をお勧めしております.

続きを読む

歯茎の再生治療は痛いの?

あなたがもし、歯茎の再生治療をお考えでしたら朗報です、痛みのことはあまり気にしなくて済むと思います。

 

歯茎の再生治療では、歯茎のなくなったところを皮膚で覆います。外科的な処置になります。そのため、すごく痛い処置だと思われる方も多いのですが、30分程で終わる処置ですし、ほとんど痛みは感じないで済みます.

 

 実際、当院の再生を受けられる方のほとんどが痛みをほとんど感じず、術後も痛み止めを飲まなくても我慢できる程度の痛みであることがほとんどです。

 

ただ、歯茎の薄い方や、歯茎の下がっている量が大きい方は,通常よりお痛みが出てしまう事があります.お痛みが出てしまった場合は、しっかりと痛み止めを飲んでいただくのが良いでしょう.

 

基本的にお痛みに関しましては、ご心配なさらなくて大丈夫です。歯茎のお痛みは歯茎の炎症がある場合に起こります.歯茎の炎症を起こさない歯茎の再生処置は通常お痛みがほとんどありません.

 

 歯茎の再生治療に関しまして下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。クリックしてご覧ください。

 

歯茎の再生の詳しいページ

 

 また、歯茎の再生治療を希望される方は無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください。無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします。無料カウンセリングはご予約制となります。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上 

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839                

03-3251-3921

続きを読む