歯茎再生が難しいケース

歯茎が下がってしまったケースの中には歯茎再生が難しいケースがあります.

 

歯周病が進行してしまい、周囲の骨がないケースでは歯自体を残せないケースもあります.また、歯の先端まで歯茎が下がってしまった場合も歯茎再生が難しいケースがあります.

 

通常、歯周病が進行してしまった場合、歯を支えている骨の再生を行った後で歯茎を再生する事になります.

歯茎再生が困難なケース1

歯茎再生
歯茎再生

歯茎が下がってしまい、表だけでなく裏側まで歯周病が進行してしまったケースです.長い間放置してしまうと歯を残せなくなります.このケースでは、歯を抜いて抜いた部分の歯茎のくぼみを歯茎再生で厚みを作りました。ブリッジのやり直しを行っています。

歯茎再生
歯茎再生

奥歯を含めてオールセラミックで治療しています.歯を抜いた部分の歯茎も再生し、厚みが十分に確保できました.審美的には満足のいく結果となりました.

歯と歯の間の骨が無くなってしまっているケース

あなたの歯と歯の間の歯茎が下がってしまっていて、その歯茎の下の顎の骨が歯周病で吸収してしまっている場合は、歯茎をもとの状態に回復させる事が難しいです.

治療前
治療前

歯周病が進行してしまい、歯をささせる骨が歯の全周に減ってしまっています.また,歯が揺れてしまっています.

このようなケースでは歯ぐきの再生が限定的となります.

歯ぐきの再生治療後
歯ぐきの再生治療後

歯の長さはかなり元の状態に回復しましたが、やはり歯と歯の間の歯茎を回復させる事は難しい感じです.


差し歯を入れて見た目を改善する事になります.

歯茎再生の難しいケースについて

矯正治療をされた方の場合,歯と歯の間の歯茎が下がってしまうことがあります。歯並びが重なってしまっていたのをきれいに並べる場合に起こりやすいのですが,その場合は、歯と歯の間の骨が少ないために、歯茎が下がります。

歯茎再生は限定的になることが多いです。

歯茎再生の難しいケースに関連するブログ

2017年

9月

18日

歯と歯の間のすき間の治療法

歯茎が下がる
歯茎が下がる

歯と歯の間の歯茎と下の前歯は表側の歯茎も下がってしまっています.歯を抜かずに矯正した場合は歯茎が下がりやすくなりますし、歯の重なり合って歯と歯の間の骨が少ない部分の歯茎は下がりやすくなっています。

 

このケースでは再度矯正治療を増骨矯正で行い、矯正後に歯茎再生を行いました.

このケースのように歯と歯の間の隙間は歯茎の再生治療の難しい部分になります。

歯茎再生
歯茎再生

歯茎再生後骨の厚み、歯茎の厚みを増しました。後は定期的にメンテナンスを行います.

矯正治療を行うと上のお写真のように歯と歯の間の歯茎が下がりやすくなります。

歯と歯の間の歯茎が下がってしまうと通常の歯茎の再生治療では間の歯茎が戻りません。

そのため,歯と歯の間の歯茎が下がってしまった場合は、歯と歯の間に詰め物をつめて空間を封鎖するか、このケースのように歯と歯の間を削って再度矯正して歯と歯の間をつめて隙間を無くします。

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

0120−25−1839

続きを読む 0 コメント

2017年

7月

01日

歯の裏側の歯茎が下がってしまうことがあります。

歯を支える顎の骨で一番薄い部分は下顎の前歯を支える骨です。そのため、下の前歯の歯茎は歯の中で一番歯茎が下がりやすい部分です。

下の前歯は、歯科用のCTなどで確認すると、歯の周囲を支える顎の骨が1ミリ以下であることも珍しくありません。

また、下の前歯の裏側の歯茎は歯茎の再生治療が難しい部位でです。歯茎が痩せてしまうと再生治療が難しいため、歯茎が下がらないように予防されることは大切です。

下の前歯の裏側の歯茎がすでに下がってしまった場合は、歯茎の厚みを厚くしてこれ以上歯茎が下がらないようにされることをお勧めしております。

下の写真が前歯の裏側の歯茎の痩せてしまったケースです。

歯茎が下がって、歯の根っこが見えています。歯の色より濃い色をしている部分が歯の根っこです。

歯がゆれてしまっていますので、歯の固定もする必要がありました。

こういったケースでは歯茎を元の位置に戻すのは難しいのですが、これ以上歯茎が下がらないように歯茎を厚くすることで歯周病の進行を予防することができます。

下の前歯の裏側の歯茎は完全に回復させるのが難しいのですが、厚みがしっかりと増えているのがわかるかと思います。

 

歯茎の再生治療のページ

 

歯茎の再生治療や歯周病の治療をお考えの方は、ただいま無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください。

無料カウンセリングは御予約制とさせていただいております。フリーダイヤルにお電話いただいて、お電話がつながりましたら無料カウンセリングのご予約を取りたいとお伝えください。(営業時間内の受付となります。)

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 

0120−25−1839

0 コメント

2017年

6月

28日

歯と歯の間の隙間を改善する治療法

歯と歯の間の歯茎が下がってしまって隙間が空いてしまうことがあります。物が詰まりやすい、見た目が悪いなどの理由で隙間を改善したいという方もいらっしゃいます。

今回は、歯と歯の間の隙間の治療例をご紹介いたします。

歯と歯の間の歯茎が下がってしまっています。また、歯の付け根の歯茎も下がってしまっています。

 

噛み合わせも噛まなくなってしまているため、この方の場合は、部分矯正治療と歯茎の再生治療を行いました。

 

歯の接触している部分を少し削って歯と歯の間の距離を縮めています。また、歯茎の再生治療を行うことで、歯の長さもとの長さになりました。

 

歯と歯の間の隙間の治療に関しましては下記のリンクページをクリックしてご覧ください。

 

歯と歯の間の隙間の治療のページ

 

歯と歯の間の隙間を治したいとお考えの方は、ただいま無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください。

無料カウンセリングは御予約制とさせていただいております。フリーダイヤルにお電話いただいて、お電話がつながりましたら無料カウンセリングのご予約を取りたいとお伝えください。(営業時間内の受付となります。)

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 

0120−25−1839

0 コメント

2017年

6月

21日

歯茎の再生が難しい部位の歯茎は下がらないように予防することをお勧めします。

歯茎の再生治療が難しい部分として、下の前歯の裏側の歯茎があります。この部位の歯茎が下がると、歯茎の再生治療で完全に回復できない場合があります。

下の前歯を支える顎の骨は、一般的にどなたも歯の中で一番薄い部分です。そのため、歯茎が下がりやすい部位でもあります。

矯正治療をされた方の中には、歯の根っこの位置が顎の骨から少し飛び出してしまっている場合もありますので、下の前歯の裏側の歯茎が下がってしまうことが起こりやすくなっています。

下の前歯の裏側の歯茎は一度下がってしまうと、回復が難しいので、下がり始めたと感じたらなるべく早めに歯茎の再生治療を行い、歯茎の厚みを厚くして将来的に歯茎が下がらないように予防されることをお勧めしております。

下の前歯の裏側の歯茎が薄く、ほんの少し歯茎が下がり始めてしまっています。将来的に歯茎が下がるのを予防するために歯茎の再生治療を行いました。

 

下の前歯の裏側の歯茎が厚く丈夫になっています。将来的な歯茎の退縮予防に役に立ちます。

 

歯茎の再生治療に関してご存知ない方は、下記のリンクページをクリックしてご覧ください。

 

歯茎の再生治療のページ

 

また、歯茎の再生治療を希望される方は、ただいま無料カウンセリングを行っておりますので、この機会にご利用ください。

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839

0 コメント

2017年

6月

18日

歯茎の再生治療 〜下の前歯〜

成人の方が矯正治療をされる際に、歯茎が下がりやすいかの確認をされることをお勧めしております。

30歳位以上の方の7割ほどが歯周病と言われていますので、成人矯正治療をされる方の中には歯周病が進行してしまっているかもしれません。

歯周病の方は天然の歯もインプラントの歯も歯茎が下がってしまうことがあります。また、歯並びが悪い場合は特に歯茎が下がりやすくなります。

矯正治療を始める前に、歯茎が下がりにくくするために歯茎の再生治療を行うことや骨を増やす増骨処置を行ってから矯正治療を行った方が良い場合もあります。

矯正治療前に歯茎の下がってしまっている部分の歯茎を再生させます。

矯正治療でさらに歯茎が下がらないように、歯茎の厚みを増して歯茎の位置も回復させています。

 

歯茎の再生治療のページ

0 コメント

歯科医院紹介

神田ふくしま歯科

03-3251-3921

0120-25-1839

東京都千代田区神田鍛冶町3-2サンミビル6Fスターバックス上

営業時間

11:00~20:00

昼休み

14:00~15:30

 

休診日

木曜日、日曜日、祝日

 

となっております。

歯科専門HP