下がった歯ぐきをレジンと言うプラスティックで埋めている場合の歯ぐきの再生治療

歯茎が下がってしまった場合、よく歯科治療ではレジンという詰め物を露出した根っこに詰めます。歯茎が下がってしまった場合、露出した歯の根っこが虫歯になることが多いですし、また、歯ブラシなどでけずれてしまうこともあります。そのため、多くの場合レジンというプラスティック素材で光で固まるものを歯の根っこの部分に詰める治療を行います。

歯茎が下がってしまって歯が長くなって気にされている方の多くは、このレジンという詰め物を使用して治療を経験されているのではないでしょうか?

詰め物をすること自体は問題ないのですが、歯茎の再生治療をする際には、このレジンを一度完全に取り除いてからでなくては歯茎の再生治療を行っても歯茎が歯の根っこにくっつきません。そのため、歯茎の再生治療前にレジンをお取りしてから治療を行います。

すでに虫歯になってしまっていた部分の歯の根っこは歯茎の再生治療後2ヶ月ほど経過して歯ぐきが安定してから虫歯の部分にレジンを詰め直しします。

歯茎の再生治療例。歯の根っこの露出部にレジンという詰め物が入っています。

下がった歯ぐきにレジンと言うプラスティックを詰めてしみるのを防いでいる場合があります.お写真で言うと、歯の根っこの露出している部分についている歯とは色のちがう光でくっつく詰め物です.


このレジン歯の根っこに付着してしまっていると歯ぐきの再生治療ができませんので、歯ぐきの再生治療前にレジンを取り除きます.そして、歯ぐきの再生後に歯ぐきの上に見えている部分がしみてしまう場合は術後2ヶ月程してレジンを入れます.



歯ぐきの再生治療後の状態。
歯ぐきの再生治療後の状態。

歯ぐきの再生治療後はの根っこの一部分が見えています.このままでも良いのですが,しみたり、気になる場合は再度レジンで歯の根っこを覆います.

 

このケースでは気にならないと言う事でそのまま経過を見ています.


歯茎が下がってしまっている部分をレジンで埋めてあっても歯茎の再生治療が可能です。

前歯の歯茎が下がっている部分に詰め物がしています。歯茎の再生治療前にまず全部お取りします。

歯茎の再生治療後に落ち着いたら、歯の削れてしまっている部分をレジンで埋めなおします。


そのほか、歯ぐきの再生の注意点や、歯ぐきの再生治療の症例は別のページに詳しく解説しております.


歯ぐきの再生の注意点のページ

歯ぐ気の再生治療例のページ

通常、保険外診療を行っている歯科医院ではカウンセリング料が5千円〜高いところで10万円ほどの費用がかかります。

当院では、なるべく多くの方に歯茎が下がってしまってお困りの方に、気軽にカウンセリングを受けられるようカウンセリング料を無料とさせていただいております。(ただいま混雑しており先まで予約を取れない場合もございますので、なるべくお早めにご予約をお取りになることをお勧めしております。)

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839


関連ブログ

新しい審美歯科治療では歯茎の再生治療も併せて行います。

歯茎が下がった時の見た目が気になっていませんか?

 

新しい審美歯科治療では、歯茎の位置を回復させて見た目をきれいに変えることができます。

 

例えば、歯茎が退縮してしまい、歯が長くなってしまっては、見た目が悪くなってしまった方に有効な治療方法です。

 

歯茎が退縮しても、歯茎を回復させた上できれいな歯にする事ができます。

この方法は、歯茎の再生治療と審美歯科の方法を合わせて行います。

歯茎の再生と審美歯科を同時に行ったケース

歯茎の再生
歯茎と審美歯科

歯茎が長くなって今っています.セラミックの歯とご自身の歯ぐきの間に境界が見えています。この部分は歯の根っこになります。歯茎の再生では、歯の根っこの部分を歯ぐきで覆います。

審美歯科治療では、歯の長さを調整することが大切です。

歯茎と審美歯科
歯茎と審美歯科

歯茎を再生させました.歯の根っこの部分は歯ぐきで覆われ、セラミックの歯と歯ぐきの間の境界が歯ぐきで覆われました。

歯の大きさが平均的なものとなりました.このため、歯の大きさが自然になります。

審美歯科治療では大きさのバランスを取ることが大切になります。



特に歯茎が退縮して見た目が気になると言う方は歯茎の退縮に合わせて審美歯科治療を行います.歯ぐきの再生と審美歯科治療に関しての詳しいページは下記のリンクページとなります.クリックしてご覧ください.

歯茎と審美歯科のページはこちら

 

続きを読む

下がった歯茎に詰め物がしてあっても歯ぐきの再生が可能です.

従来、歯茎が下がってしまって知覚過敏や虫歯になってしまいますと、レジンという詰め物で下がって露出した歯の根っこに蓋をしていました。

 

歯茎の再生治療は、レジンで蓋をしている歯の根っこの部分も歯茎で覆うことができます。ただ、その際にはレジンを含めて虫歯もしっかりと取り除きます。

歯茎の再生治療
歯茎の再生治療

歯茎が下がってしまった所にレジンと言うプラスティック系の白い詰め物をしています.歯が長く見えていますので見た目が悪いです.

歯茎の再生治療
歯茎の再生治療

歯茎が下がって長く見えていた歯の長さがもとの長さになりました.歯ぐきの再生治療の方法も跡が残りにくい方法をとりましたので、歯茎もとてもきれいです。

 

歯ぐきの再生治療に関しましてはトップページからしっかりとご覧ください.

 

歯茎の再生治療のページ

 

 

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分(東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839

03-3251-3921


続きを読む

歯ぐきの再生治療の際には歯の根っこの詰め物を外して行います.

歯茎の再生治療をする際に受けるご質問の一つに、下がってしまった部分にレジンという白い詰め物をしましたが、それはどうするのですか?と聞かれる事があります。

 

どう言うことかと言いますと、歯茎が下がってしまって、歯の根っこが露出すると知覚過敏になってしまったり、削れてきてしまいます。その際に、多くの歯科医院では露出してしまった歯の根っこをレジンという接着性のある詰め物で覆います。

 

この、歯の根っこを覆っているレジンをどうするか?というご質問を受けます。

 

外すとしみてしまったりはしますが、歯茎の再生治療前には一旦取り除かせていただいております。歯の根っこと歯茎はくっ付きますが、レジンと歯茎はくっつかないためです。

 

ただ、レジンが、歯の先端寄りまで広範囲に詰めてあった場合は、歯茎の再生治療前に修正するか、治療後に安定してから詰め治します。

歯ぐきの再生治療の流れ
歯ぐきの再生治療の流れ

歯ぐきの再生治療の流れですが,いきなり行うわけでは無く、歯ぐきの再生治療が可能な環境をまずは整えます.

 

例えば、歯ぐきの再生治療を行う際には下がった歯茎に詰めてあった詰め物を外して歯の根っこを詰め物が覆っていない状態にします.その後に歯ぐきの再生治療を行います.詰め物を残しておくと歯茎が歯の根っこと結合しないため、しっかりと処置前に、治療部分の詰め物をお取りします.

 

歯の詰め物を取り除いた場合、歯ぐきの再生後2ヶ月程して歯茎の位置が落ち着いたら歯茎の多い具合に合わせて再度歯茎の詰め物を入れ直す事もあります.虫歯や知覚過敏の無い場合は詰め物を入れずに経過を見ていきます.

 

歯ぐきの再生治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.歯ぐきの再生治療をお考えの方はクリックしてご覧ください.

 

歯ぐきの再生治療のページ

 

また、歯ぐきの再生治療を希望される方は無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.無料カウンセリングは予約制となります.ご予約をお取りいただいてからご来院ください.

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

0120−25−1839


~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真や治療法のご説明の内容を掲載する際には、料金や治療のリスクを表示することになっております。治療を検討される際には、注意も合わせてご確認ください。

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万7千円(税込)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

続きを読む

下の前歯の歯茎の再生治療例

下の前歯の歯茎が下がることは多いのですが、歯茎が下がった時に、通常の歯科医師が取る方法はレジンという詰め物で下がった歯茎を覆います。

 

この方法は、特に歯茎を直したわけではないので、しばらくするとまた歯茎が下がってしまうことになります。

 

特に歯茎が薄い下の前歯に関しましては、歯茎が下がってしまう場合は歯茎の再生治療を行い、歯茎を回復させた上で、歯茎の厚みを増やして歯茎が下がりにくくすることをお勧めしております。

 

下の前歯の歯茎を回復させて厚くするってどういうことですか?

下の前歯の歯茎が下がってレジンという光で固める詰め物で下がった歯茎を覆っています。
下の前歯の歯茎が下がってレジンという光で固める詰め物で下がった歯茎を覆っています。

下の前歯の歯茎が下がってレジンという光で固める詰め物で下がった歯茎を覆っています。

 

お写真の歯茎の状態では、歯茎の厚みが薄いと判断しております。

歯茎の再生治療とレジン充填で歯茎の位置を左右で揃えました。
歯茎の再生治療とレジン充填で歯茎の位置を左右で揃えました。

歯茎の再生治療とレジン充填で歯茎の位置を左右で揃えました。

 

歯茎の位置を上にあげ、歯茎の厚みが厚くなったのがお分かりいただけるでしょうか。

 

歯茎の再生治療では、このように、歯茎の厚みを厚くすることで、歯茎が将来下がりにくくなるようにしております。

 

歯茎の再生治療トップページ


続きを読む

歯茎の再生治療例   〜前歯6本の再生治療例〜 

前歯6本歯茎が下がって見た目が気になる部分の歯茎をまずは再生させたい!!

 

前歯の歯茎が下がってしまうと、歯が長く見えて嫌ですよね。また、下がって露出した歯の根っこ部分をレジンという詰め物で詰めた部分が年々色がついて汚く見える!なんて問題を歯茎の再生治療は解決できるかもしれません。

 

前歯の歯茎が下がってしまって、光で固まるレジンという詰め物を下がった歯茎に貼り付けている方が大変多くいらっしゃいます。この光で固まるレジンという詰め物は時間とともに変色してしまう物が多く、歯茎が黒く見えて汚く見える原因となります。

 

また、下がった歯茎は虫歯になりやすいため、虫歯のリスクも高くなってしまいます。

 

当院では、虫歯予防・歯周病予防・見た目の改善のために歯茎の再生治療を行うことをお勧めしております。

 

今回は、前歯6本の下がった歯茎を再生させたケースをご紹介いたします。


前歯6本程度でしたら1回の処置で歯茎を回復させることができます。

下がった歯茎に光で固まるレジンという詰め物を詰めています。
下がった歯茎に光で固まるレジンという詰め物を詰めています。

よくあるケースですが、下がった歯茎に光で固まるレジンという詰め物を詰めています。時間とともにレジンが変色して黒く見えます。また、歯茎が下がって露出した歯の根っこの一部に虫歯が発生していたり、削れてしまっています。

 

こういった薄い歯茎の方は、歯茎が下がりやすく、歯茎が下がってしまったら、歯茎の中にある顎の骨も吸収してしまいますので、歯周病予防のためにも歯茎の再生治療をして歯茎を回復させることをお勧めしております。

 

残念ながら、多くの歯科医院では歯茎の再生治療を行っていないため骨や歯根膜が回復することをご説明していないようです。ご自身の歯を守るためにしっかりと歯茎の再生治療を知ることが重要かもしれません。

歯茎の再生治療後の歯茎の状態。
歯茎の再生治療後の歯茎の状態。

歯茎の再生治療後の歯茎の状態。

 

下がってしまっていた虫歯の部分は歯茎が覆っています。エムドゲインの使用と合わせて歯茎の移植を行うことで、丈夫な歯茎及び歯根膜を再生させることができます。

 

歯茎の再生治療のページ

続きを読む

歯の隙間が気になる方へ。歯と歯の間の隙間を改善する治療法

歯と歯の間の歯茎が下がってしまって隙間が空いてしまうことがあります。物が詰まりやすい、見た目が悪いなどの理由で隙間を改善したいという方もいらっしゃいます。

今回は、歯と歯の間の隙間の治療例をご紹介いたします。

歯茎の再生治療
歯茎の再生治療

歯と歯の間の歯茎が下がってしまっています。また、歯の付け根の歯茎も下がってしまっています。

 

噛み合わせも噛まなくなってしまているため、この方の場合は、部分矯正治療と歯茎の再生治療を行いました。

 

歯茎の再生治療
歯茎の再生治療

歯の接触している部分を少し削って歯と歯の間の距離を縮めています。また、歯茎の再生治療を行うことで、歯の長さもとの長さになりました。

 

歯と歯の間の隙間の治療に関しましては下記のリンクページをクリックしてご覧ください。

 

歯と歯の間の隙間の治療のページ

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

03−3251−3921


続きを読む

下がった歯ぐきに詰め物をしていませんか?歯ぐきの再生治療の際には歯の根っこの詰め物を外します.

歯ぐきの再生治療の流れですが,いきなり行うわけでは無く、歯ぐきの再生治療が可能な環境をまずは整えます.

 

例えば、歯ぐきの再生治療を行う際には下がった歯茎に詰めてあった詰め物を外して歯の根っこを詰め物が覆っていない状態にします.その後に歯ぐきの再生治療を行います.詰め物を残しておくと歯茎が歯の根っこと結合しないため、しっかりと処置前に、治療部分の詰め物をお取りします.

 

歯の詰め物を取り除いた場合、歯ぐきの再生後2ヶ月程して歯茎の位置が落ち着いたら歯茎の多い具合に合わせて再度歯茎の詰め物を入れ直す事もあります.虫歯や知覚過敏の無い場合は詰め物を入れずに経過を見ていきます.

 

歯ぐきの再生治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.歯ぐきの再生治療をお考えの方はクリックしてご覧ください.

 

歯ぐきの再生治療のページ

 

また、歯ぐきの再生治療を希望される方は無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.無料カウンセリングは予約制となります.ご予約をお取りいただいてからご来院ください.

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

0120−25−1839


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万7千円(税込)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

上のシェアボタンをクリックしてご覧ください。

歯茎が下がってしまって詰め物をしている場合の歯茎の再生治療について

歯茎が下がってしまうと、多くの歯科医院では歯の根っこの部分にレジンという詰め物をして歯がしみたりしにくくします。

 

歯茎の再生治療を行う際には、レジンと歯茎は付きませんので一度レジンをお取りすることになります。

下の前歯の歯茎が下がってしまっているところにレジンという詰め物がしてあります
下の前歯の歯茎が下がってしまっているところにレジンという詰め物がしてあります

下の前歯の歯茎が下がってしまっているところにレジンという詰め物がしてあります。

 

こういった場合は、歯茎の再生治療前に一度レジンを綺麗にすべて外します。レジンが残ってしまうと歯茎が歯の根っこにくっつかなくなってしまうためです。

 

治療前にレジンをお取りすると歯の根っこの部分がくぼんでしまいますが、そのくぼみを歯茎で覆います。

 

ただ、レジンで詰めている範囲が広い場合などは歯茎で覆いきれませんので、歯茎の再生治療後、歯茎が落ち着いてから改めて詰め物を入れ直します。

下の前歯の歯茎の再生治療後の状態です
下の前歯の歯茎の再生治療後の状態です

 

 

 

下の前歯の歯茎の再生治療後の状態です。歯茎が落ち着いたので詰め物で歯のくぼみを改善しています。

 

歯茎の再生治療後に歯茎が落ち着いてから、歯の根っこの削れている部分にレジンという詰め物をして虫歯などで削れてしまった歯のくぼみを埋めます。

 

詳しくは下記のリンクページをクリックしてご覧ください。

 

下がった歯茎をレジンで埋めている場合の歯茎の再生治療のページ

 

また、ただいま歯茎の再生治療を希望される方に無料カウンセリングを行っております。この機会にご利用ください。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

03−3251−3921

0120−25−1839


~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真や治療法のご説明の内容を掲載する際には、料金や治療のリスクを表示することになっております。治療を検討される際には、注意も合わせてご確認ください。

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万7千円(税込)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

歯茎の再生治療をした場合の見た目は自然です。

歯茎の再生治療は移植処置とお伝えすると、皮膚の色が変わったり移植した部分の歯茎の状態を気にされる方がいらっしゃいます。

歯茎の再生治療は、表面の皮膚を移植するのではなく、歯茎の内部のコラーゲンを材料として使用するだけですので、歯茎の色は自然な感じで周囲と馴染みます。

前歯の歯茎が下がってしまっています
前歯の歯茎が下がってしまっています

前歯の歯茎が下がってしまっています。前歯ですので、見た目も気になります。

そのため、単純に歯茎が増えるだけではダメで、見た目を改善するには綺麗に歯茎を再生させる必要があります。

 

歯茎の再生治療後の状態
歯茎の再生治療後の状態

歯茎の再生治療後の状態。

歯茎の位置は変わっていますが、どの部分を歯茎の再生治療を行ったかほとんど分からないとお思います。

前歯の歯茎の再生治療は目立たない治療方法が必要です。

 

歯茎の再生治療と見た目のページ


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万7千円(税込)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

犬歯の歯ぐきの再生治療ビフォーアフター

歯ぐき再生 ビフォー
歯ぐき再生 ビフォー

歯茎が下がる、歯茎が後退する、歯茎がやせるなど、歯茎がだんだんと減ってしまって歯の長さが長く見えるようになってしまう表現はいろいろあります.昔から歯茎が下がって歯が長くなる事を気にされている方が多かったためだと思います.

 

歯茎の下がってしまった場合の歯ぐきの再生治療のビフォーアフターを紹介します.

歯ぐき再生 アフター
歯茎再生 アフター

犬歯の歯茎が下がってしまっていますのでとりあえず犬歯を中心に歯ぐきの再生治療を行いました.

 

歯の長さが短くなり、見た目に良好です.

 

歯ぐきの再生治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.クリックしてご覧ください.

歯ぐきの再生治療のページ

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

03−3251−3921


~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真や治療法のご説明の内容を掲載する際には、料金や治療のリスクを表示することになっております。治療を検討される際には、注意も合わせてご確認ください。

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万7千円(税込み)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。