歯茎がやせてしまった場合の治療

歯茎の状態によっては、歯茎がやせてしまう事があります.歯ぎしりや、力の入った歯ブラシなどは歯茎がやせる原因の一つとなります.ただ、歯茎がやせてしまう一番大きな原因は歯茎が薄い事です.歯茎が薄いと年齢に関係なく歯茎はやせていきます.

このページでは歯茎がやせた場合の治療法や治療ケースを紹介していきます.

歯茎がやせた場合の治療ケース

歯茎がやせる
歯茎がやせる

歯茎がやせてしまう事は年齢に関係なく起こっています.若い方でも歯茎がやせてきてしまって御相談にいらっしゃいます.

 

歯茎がやせてしまった場合、どうして良いのか?どうしようもないのか?と言った事からわからない方も多いようです.

 

通常の歯科医院では歯茎がやせても対処方法が無いため、経過を確認する事になる場合があります.もちろん経過を確認しても歯茎は戻らないどころか、さらに歯茎が下がってしまう事の方が普通です.いよいよになった場合は歯を抜いてインプラントやブリッジにと治療が進んでしまう事になります.

 

当院では歯茎がやせた場合に歯ぐきの再生治療にて歯茎を回復させています.歯ぐきの再生治療は場合によっては歯茎の移植を伴う歯茎の回復方法です.

 

詳しくは歯茎の再生治療のページをご覧ください.

歯茎がやせてしまった場合に歯ぐきの再生治療を行ったケース
歯茎がやせてしまった場合に歯ぐきの再生治療を行ったケース

上の写真のやせた歯茎を歯ぐきの再生治療にて治療したケースです.上の奥歯の歯茎がやせてしまっていましたが、歯ぐきの再生治療にて歯茎が回復しています.このケースでは歯茎の再生治療がきれいに傷が残らない方法で行われています.


下の前歯の歯茎は特にやせてしまうことが多いです。

下の前歯は骨も歯茎も薄いため、歯茎がやせてしまいやすい部分です。お写真の状態まで歯茎がやせてしまうと今後さらに状態が悪くなってしまいますので、歯茎の再生治療で良い状態に戻すことがオススメです。

歯茎がやせてしまった上の写真の歯茎の再生治療後の写真。歯茎の厚みが出て歯茎が回復することで、将来的に歯茎がまたやせてしまうことを予防します。

お問い合わせ

歯茎がやせてしまって歯ぐきの再生治療を希望される方は、ただいま無料カウンセリングを行っております.無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします.

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科                    東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上  神田駅北口より徒歩1分                 0120−25−1839                 03−3251−3921


歯茎のやせる場合に関するBlog

奥歯の歯茎が下がっても歯茎の再生が可能です。

歯茎が最近、だんだんと下がってきて気になるようになった。と感じられている方が、最近多いようです。

歯の磨きすぎ、歯茎が薄いなどが歯茎の下がってしまう原因になっていることが多いようです。

奥歯の歯茎の再生のご紹介です。

奥歯の歯ぐき退縮
奥歯の歯ぐき退縮

奥歯の歯ぐきが退縮して下がってしまった場合の治療ケースです.歯茎が下がると歯の根っこの部分が露出して歯が長くなってしまいます.


お写真のケースでは知覚過敏が奥歯に出てしまって、知覚過敏の改善のために歯ぐきの再生治療で歯ぐきで歯の根っこを覆います.

奥歯の歯ぐきの再生
奥歯の歯ぐきの再生

奥歯の歯ぐきを再生させて歯の根っこを覆っています.歯の根っこを覆う事で水がしみる症状が改善されたようです.


このケースでは改善されましたが,歯ぐきを覆っても知覚過敏があまり改善されない場合は歯ぎしりなどの別の原因なども考える必要がある場合があります.

歯ぐきの再生治療に関しましては下記のページに詳しい内容を記載させて頂いております.ご興味のある方はクリックしてご覧ください.

歯ぐきの再生治療のページ

また、歯ぐきの再生治療をご希望の方はただいま無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

0120−25−1839


続きを読む

歯周病で歯茎が下がってしまうと歯茎が再生できない場合もあります。

歯茎が下がり始めてもそれほど気にされない方が大勢いらっしゃいます。何事もない場合もありますが、歯周病が進行しているサインであることもあります。歯周病が進行して歯茎が下がりつつある場合は、歯周病の進行が急速に進行していることがあります。

 

もう少し早く御相談いただければ良かったのに。

 

と、歯茎の再生治療のご相談を受けて思う事があります.歯周病が進行し、歯の周囲の骨が無くなってしまっている場合は歯ぐきの再生治療が非常に限定的となります。歯茎が下がり始めてしまった場合はお早めにご相談いただくようにお勧めしております.

 


歯ぐきの再生は限定的となる場合

歯ぐきの再生が難しいケース
歯ぐきの再生が難しいケース

歯の周囲の骨が無くなってしまい、歯茎が下がってしまっています.まずは骨の再生治療を行いその後に歯ぐきの再生治療を行います.

続きを読む

直した方が良い歯茎の退縮について

歯茎が下がってしまう方がいらしゃいます。歯が長くなって見えるかもしれません。

 

通常、歯茎が下がってしまっても治療方法を歯医者から伝えられることがなく、そのまま歯茎がさらに退縮しないよう見守るしかないのかと判断される患者様もいらっしゃいます。

 

もちろん、歯茎が下がっても問題がないわけではありません。歯茎が下がると歯を支えている骨もなくなって歯の寿命も短くなってしまいます。やはり歯茎は退縮しない方が良いです。

 

歯茎が退縮してしまったら、歯茎の再生治療を行って回復させることがお勧めです。ただ、ほんの少しの歯茎の退縮ではそこまでしなくてもと思われる方もいらっしゃると思います。

 

今回はそこまで歯茎が下がってしまったら歯茎を再生させた方が良いのでは、という歯茎の状態をご説明します。

歯茎の退縮も歯によって異なります。

全体的に歯茎が退縮してしまっています。
全体的に歯茎が退縮してしまっています。

お写真の方は、全体的に歯茎が退縮してしまっています。

 

よく見ていただくと、歯茎に少し白っぽい歯茎と赤い感じで血管が透けている歯茎があると思います。歯に近い方が少し白っぽい歯茎になっています。

 

白っぽい歯茎は角化歯肉と言って、丈夫な歯茎です。赤い歯茎は粘膜と言って弱い歯茎です。

 

そのため、赤い歯茎の部分まで歯茎が退縮してしまった場合、さらに急速に歯茎が下がってしまう可能性があるため歯茎の再生治療を行い歯茎を回復した上、歯茎の厚みも作って歯茎が退縮しないようにすることをお勧めしております。

上下6本の歯茎の再生治療を行っています。
上下6本の歯茎の再生治療を行っています。

お写真左側だけ上下6本の歯茎の再生治療を行っています。

 

歯茎の厚みが増して、歯茎が回復したのがわかるかと思います。

 

歯茎の再生治療は、保険外診療となります。歯茎の再生治療の料金は、下記のリンクページに記載しております。クリックしてご覧ください。

 

歯茎の再生治療の料金のページ

続きを読む

矯正治療で下がった歯茎と歯茎再生

矯正治療をされた方、歯茎が下がってしまったということはありませんか?

 

矯正治療を経験された方で歯茎が下がることが多いように感じます。もちろん矯正後も問題のない方も多いのですが、特に歯を抜かずに矯正治療を行った方に歯茎が下がってしまう方が多いようです。

 

歯茎が下がってしまってご相談にいらっしゃる方の中には歯並びはいいけど歯茎が下がってしまっているという方も多くいらっしゃいます。

 

矯正治療によって歯の位置が顎の外側に来てしまうと歯茎が下がりやすくなります。また、歯と歯の間の歯茎が下がってしまう方もよくいらっしゃいます。

 

歯茎再生は下がってしまった歯茎をもとの位置に戻す方法です。矯正治療で歯茎が下がってしまっても歯茎再生で戻すことができます。ただ、歯と歯の間の歯茎に関しては歯茎再生で戻せる量が限定的となります。

 

歯と歯の間の歯茎の下がった部分は再生治療が難しいので、もし歯と歯の間の隙間が気になる場合は、レジンという詰め物で埋めるか、ラミネートべニアなどの審美歯科治療で埋めるようになります。

歯茎再生に関しては症例の紹介や、注意点の詳しい解説を下記のリンクページで行っております。ご興味のある方は下記のリンクをクリックしてご覧ください。

歯茎再生のページ

矯正治療を行った方の歯並びは綺麗に並んでいますので、歯茎の移植は比較的容易に行うことができます。

 また、当院では歯茎再生を希望される方に対して無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください。無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積りのお渡しをいたします。

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

0120−25−1839

03−3251−3921


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

犬歯の歯茎の退縮

八重歯がさらに長くなってしまった!とお悩みの方へ

 

犬歯は八重歯とか糸切り歯とか特徴がある形をしているためにいろいろな名前で呼ばれている事が多いのですが,この歯は歯茎の退縮を起こしやすい事で知られています.

 

犬歯の歯茎が退縮しまうと歯の長さが長くなってしまってより犬歯が目立つようになります.退縮してしまった歯茎は歯茎の再生治療にて歯茎を回復させる事が可能になります.

 


犬歯の歯茎は退縮しやすい?

歯と歯茎の付け根の部分の歯茎が退縮する事が多いのですが,特に犬歯の歯茎の付け根は歯茎が退縮しやすい様です。

 

犬歯の歯茎が退縮してしまった場合に歯茎の再生治療は有効です。退縮した歯茎を回復した上、歯茎の厚みを増やして歯茎が退縮しにくくします.

 

犬歯の歯茎の再生ケース

続きを読む