歯茎がやせてしまった場合の治療

歯茎の状態によっては、歯茎がやせてしまう事があります.歯ぎしりや、力の入った歯ブラシなどは歯茎がやせる原因の一つとなります.ただ、歯茎がやせてしまう一番大きな原因は歯茎が薄い事です.歯茎が薄いと年齢に関係なく歯茎はやせていきます.

このページでは歯茎がやせた場合の治療法や治療ケースを紹介していきます.

歯茎がやせた場合の治療ケース

歯茎がやせる
歯茎がやせる

歯茎がやせてしまう事は年齢に関係なく起こっています.若い方でも歯茎がやせてきてしまって御相談にいらっしゃいます.

 

歯茎がやせてしまった場合、どうして良いのか?どうしようもないのか?と言った事からわからない方も多いようです.

 

通常の歯科医院では歯茎がやせても対処方法が無いため、経過を確認する事になる場合があります.もちろん経過を確認しても歯茎は戻らないどころか、さらに歯茎が下がってしまう事の方が普通です.いよいよになった場合は歯を抜いてインプラントやブリッジにと治療が進んでしまう事になります.

 

当院では歯茎がやせた場合に歯ぐきの再生治療にて歯茎を回復させています.歯ぐきの再生治療は場合によっては歯茎の移植を伴う歯茎の回復方法です.

 

詳しくは歯茎の再生治療のページをご覧ください.

歯茎がやせてしまった場合に歯ぐきの再生治療を行ったケース
歯茎がやせてしまった場合に歯ぐきの再生治療を行ったケース

上の写真のやせた歯茎を歯ぐきの再生治療にて治療したケースです.上の奥歯の歯茎がやせてしまっていましたが、歯ぐきの再生治療にて歯茎が回復しています.このケースでは歯茎の再生治療がきれいに傷が残らない方法で行われています.


下の前歯の歯茎は特にやせてしまうことが多いです。

下の前歯は骨も歯茎も薄いため、歯茎がやせてしまいやすい部分です。お写真の状態まで歯茎がやせてしまうと今後さらに状態が悪くなってしまいますので、歯茎の再生治療で良い状態に戻すことがオススメです。

歯茎がやせてしまった上の写真の歯茎の再生治療後の写真。歯茎の厚みが出て歯茎が回復することで、将来的に歯茎がまたやせてしまうことを予防します。

お問い合わせ

歯茎がやせてしまって歯ぐきの再生治療を希望される方は、ただいま無料カウンセリングを行っております.無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします.

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科                    東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上  神田駅北口より徒歩1分                 0120−25−1839                 03−3251−3921


歯茎のやせる場合に関するBlog

歯茎再生のケース 歯周病予防に歯茎再生治療。

あなたの歯茎は将来下がってしまうかもしれません。歯茎の薄い方は要注意です。

 

歯茎の再生治療を行うことで歯茎の厚みを出して歯茎を丈夫にします。

 

丈夫な歯茎は歯周病の炎症に対して抵抗力が増します。歯茎が厚いことで将来的に歯茎が下がってしまうことも予防します。

 

今回は、歯茎の厚みや位置を完全したケースを紹介いたします。


歯茎の再生治療で歯茎の厚みも増します。

歯ぐき再生アフター
歯ぐき再生

お写真では、上の前歯の歯茎が全体的に下がってきてしまっています.2ミリ程の歯茎の退縮です.歯茎が薄いため、歯茎が下がりやすい状態となっています。歯周病の炎症は起きていないのですが、歯茎が下がることで歯の健康状態が悪くなってしまいます。

 

こういった薄い歯茎の場合、歯茎の再生治療を行うことで、歯茎の厚みが増し、また、歯茎の位置を回復します。

上の前歯6本の歯茎再生ケース。
上の前歯6本の歯茎再生ケース。歯茎の厚みがまし、位置も元の状態に戻りました

傷跡も残らずにきれいに歯茎を再生させる事ができました.歯ぎしりによって歯茎が将来的に下がってしまう事もあるようですので、お休みのときはマウスピースを使用した方が良いかもしれません.

 

この段階で歯茎再生を行う事で歯周病や虫歯の予防をする事が可能になります.

 

歯茎が下がって露出した歯の根っこが虫歯になりやすい事や、下がった歯ぐきの部分が歯ブラシをしにくいと言ったために、虫歯や歯周病が進行してしまうケースが多いため,歯茎再生で虫歯や歯周病を予防する事はおすすめです.

 

歯ぐき再生に関しての詳しいご説明は下記のリンクの歯ぐきの再生ページをクリックしてご覧ください.

 

歯ぐきの再生のページ

 

歯茎の再生のお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F 

03−3251−3921

続きを読む

前歯の歯茎が下がった時の再生治療

歯の並んでいる位置や、かみ合わせによって1本だけの歯茎が下がってしまう事があります。

 

特に前歯の歯茎が1本だけ下がってしまった場合、見た目が悪くなってしまいます。こういった場合は1本だけの歯茎を再生させることも可能です。


前歯の歯茎が下がったケース

前歯1本の歯茎再生
前歯1本の歯茎再生 治療前

全体的に歯茎が下がっていますが、上の前歯1本だけを歯茎の再生治療したいというご希望にも対応しております.

 

前歯の歯茎が下がって歯の根っこが見えてしまっています.外科的な処置が苦手なので目立つところを最小限に治したいという事で前歯1本だけの歯茎を再生させることにしました。

前歯1本の歯茎再生
前歯1本の歯茎再生 治療後

上の前歯の下がってしまった歯茎を回復させています.歯茎の位置が整った段階で前歯の審美歯科治療をされるようです.この状態でしたら、審美歯科治療を行えばきれいな歯並びとなります.

 

歯茎の再生と審美歯科に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただきます。

 

歯ぐきの再生と審美歯科のページ

続きを読む

歯茎が下がっている方を良く見かけます.歯茎の再生治療で回復させる事もできます.

差し歯の歯茎を含めて、歯茎が下がってしまう事があります.

歯茎が下がってしまった場合、歯ぐきの再生治療で歯茎を回復させる事が可能です.

歯茎が下がると、知覚過敏といって水が染みてしまったり、差し歯の付け根が黒く見えてしまったりします。また、歯周病の不安も出てきますので、歯茎が下がってきたらご相談いただくのが良いと思います。

歯茎が下がるってどういう事でしょう?

歯茎が下がる
歯茎が薄いケース

歯茎が下がる方は普通によくいらっしゃいます.

写真のように歯茎から血管が透けて見える歯茎は下がりやすい粘膜と呼ばれています。角化した丈夫な歯茎が厚みを持っていると歯茎が下がりにくくなります.

歯茎再生を行う事で歯茎の質が良くなります.歯茎の回復と維持のために歯茎再生治療はおすすめです.

 

特に差し歯の部分は歯茎が下がってしまうとお写真のように歯茎が黒く見えてしまい、審美的な問題も起こってしまいます。

 

お写真のケースでは、角化歯肉と言ってコラーゲンに富んだ丈夫な歯茎が少ないために、歯茎の下がりやす以上対となっております。歯茎の質を改善する事で歯茎が下がりにくい状態となります。

 

歯茎の下がってしまった方の治療のページ

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

03−3251−3921

0120−25−1839


続きを読む

歯と歯の間のすき間の治療法

歯と歯の間の隙間が気になる方の治療法のご紹介です。

 

歯と歯の間の歯茎が下がってしまうことはよくあります。病的なものではないので、そのままでも良いとはお伝えしておりますが、前歯の見た目が悪いなど、気になってしまうという方も多いようです。

 

単なる隙間なので、歯を動かして隙間を詰めるか、隙間を埋める詰め物を詰めて埋めるかのどちらかの方法で隙間を埋めることができます。


歯を動かして歯と歯の間の隙間を詰めたケース

歯茎が下がる
歯茎が下がる

歯と歯の間の歯茎と下の前歯は表側の歯茎も下がってしまっています.歯を抜かずに矯正した場合は歯茎が下がりやすくなりますし、歯の重なり合って歯と歯の間の骨が少ない部分の歯茎は下がりやすくなっています。

 

このケースでは再度矯正治療を増骨矯正で行い、矯正後に歯茎再生を行いました.

このケースのように歯と歯の間の隙間は歯茎の再生治療の難しい部分になります。

歯茎再生
歯茎再生

歯茎再生後骨の厚み、歯茎の厚みを増しました。後は定期的にメンテナンスを行います.

続きを読む

歯茎の再生治療は差し歯の見た目を良くするためにも役に立ちます。

差し歯の歯茎が下がってしまって歯茎が黒い場合、歯茎が下がったところに差し歯を入れたりして差し歯の長さが長い場合など、差し歯と歯茎の問題は良くお見かけします。

 

差し歯の歯茎が黒くなる原因の大半が歯茎が下がって歯の根っこが見えてしまうことが原因です。また、差し歯の歯茎が下がったまま放置していると歯の根っこが虫歯になって場合によっては歯が折れてしまうこともあります。

 

また、歯茎が下がってしまった歯の差し歯治療をする際、下がったままの歯茎で差し歯を入れると長い差し歯になってしまいます。

 

歯茎の再生治療を行うことで、差し歯の歯茎が下がりにくくなるため、差し歯の歯茎が黒くなることを予防します。また、歯茎の再生治療は左右の歯の歯茎の位置を揃えることができますので、歯の大きさを左右で合わせることができます。


差し歯の見た目を良くする歯茎の再生治療例

歯茎の再生治療
歯茎の再生治療

差し歯の歯茎が下がって黒くなったところをレジンという詰め物で覆っていますが、詰めてあるのも見た目が悪くなってしまっています。

 

また、オールセラミックの差し歯の長さが左右でちがいます。

 

歯茎の再生治療
歯茎の再生治療

歯茎の再生治療を行った上で、差し歯の交換をしました。

 

歯茎の厚みが増したため歯茎が下がりにくくなります。また、歯茎の位置を修正して整えることで、差し歯の大きさが左右で揃います。

 

差し歯を、きれいに見せて、その上長くもたせるために、古くなってしまった差し歯をきれい新しくしたい場合は歯茎の再生治療を合わせて行うことをお勧めしております。

 

歯茎の再生と審美歯科のページ

続きを読む