歯茎が下がってしまった時の歯茎の再生治療ケース

今回は、奥歯の歯茎が下がってしまった場合の治療ケースをご紹介いたします。

 

歯茎が下がると、歯の根っこが露出してきます。少し色が濃く、歯の部分とは色がちがうので歯の根っこが露出すると見ればわかると思います。

 

歯茎の再生治療を行う事で、完全に覆える場合が多いのですが、虫歯を削っている部分などでは部分的に覆うことになることもあります。

 

奥歯は、歯ブラシをする際に知らず知らずに力が入ってしまいます。そのため、奥歯の付け根の歯茎が薄いと、歯茎が下がってしまう事がしばしば起こります。

 

歯茎が下がってしまうと、歯の内部の歯を支える骨も下がってしまいますので、歯の寿命が短くなってしまう場合もあります。

 

歯茎が下がってしまった場合、放置しないで、歯茎の回復させる治療をすることをお勧めしております。

初回のカウンセリングでは、お口の中の状況を拝見し、治療歴や現在の状況お話を伺ったうえで、治療法などのご説明を行います。

 

無料カウンセリングにお越しになられてはいかがでしょうか?

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

03-3251-3921

東京都千代田神田鍛冶町3-2-6F

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。