インプラント部分の歯茎再生例

インプラントの歯茎が下がって金属が露出してしまった時の歯茎の再生治療例


インプラント部分の歯茎再生
インプラント部分の歯茎再生

前歯のインプラントの歯茎が下がってしまい、インプラントのアバットメントという金属が露出してしまております。

 

せっかくインプラント治療をしても金属が見えてしまうと見た目が悪く、審美的な問題が出てしまったと言えると思います。

 

前歯のインプラント治療で最近このような問題がよく起こっており、ご相談にいらっしゃる方が増えております。

 

今回は、金属の露出した部分を覆う歯茎の再生治療のご紹介をいたします。

インプラント部分の歯茎再生
インプラント部分の歯茎再生

インプラント部分の歯茎の再生治療後の状態です。

 

金属の露出部分を歯茎の移植を伴う再生治療を行うことにより金属の露出部分を見えなくすることができました。

 

このケースでは、セラミックはそのままの状態で治療が行えましたが、場合によってはセラミックを交換しないと直せない場合もあります。

 

無料カウンセリングを行っておりますので、ご利用ください。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

0120−25−1839

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

JR神田駅北口より徒歩1分(東京駅の隣の駅です。)

 


インプラントの歯茎の再生治療の注意


インプラント部分の歯茎の再生治療は、インプラントの周囲の骨の状況やインプラントの土台の形、上にかぶせてある仮歯の形の影響を受けます。そのため、通常の歯茎の再生治療よりインプラントの歯茎の再生治療は困難になる場合が多いです。

そのため、ご希望の位置まで歯茎の位置を回復させることができない場合もあります。


歯茎の再生治療および、セラミック治療は保険外診療となります。このケースでは、インプラントの歯茎の再生治療10万円(税別)かかりました。


また、歯茎の再生治療はリスクもあります。外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。症例数をなるべくたくさん掲載しておりますので、いろいろなケースをご覧ください。