歯茎の再生ブログ 再生治療はどうするのか?

歯茎の移植前
歯茎の移植前

歯茎の移植前の状態です。下がってしまっている差し歯の部分を仮歯に変えた上で歯茎の再生治療を行います。

歯茎の移植後1週間の状態
歯茎の移植後1週間の状態

歯茎の移植後1週間の状態。左側に歯茎の移植を行った後少し腫れています。

 

この状態でもお痛みはありません。治癒の最中ですので触らないようにすることが大切です。

オールセラミック完成後の状態
オールセラミック完成後の状態

治癒後の状態です。

 

縫い後もなく綺麗な歯茎になっています。

歯茎の再生処置について

歯茎の再生治療では、痩せて下がってしまった歯茎をもとの位置に戻します。簡単な移植を伴う処置になります。簡単な麻酔を行い1カ所30分ほどで終了します。

 

歯茎の下がってしまったところを移植した皮膚で覆う事で、歯茎が再生されてきます。数週間で色が落ち着いてきます。

 

処置後は痛みどめを通常1錠飲んでいただく程度で後は痛みを感じることは通常ありません。

薬は抗生剤をお出しします。

 

料金は保険がきかず通常7万円~となります。

 

無料カウンセリングで料金に関しましては詳しくご説明いたします。

 

 

歯茎が下がってしまった場合、審美歯科治療やインプラント治療の経過を悪くしてしまいます。

 

 審美歯科治療を行って、きれいな歯が入っても歯茎が下がって歯茎が黒く見えてしまったり、歯茎が下がった部分から虫歯や歯周病が進行してしまっては審美歯科治療の結果を長く保つことができません。

 

 インプラント治療でも歯茎が下がってしまうことでインプラントに炎症が起こりやすくなってしまいます。

 

歯茎の再生治療行うことで歯茎の厚みを増して虫歯や歯周病を予防します。

歯茎 再生

 

歯ぐきの再生をお考えの方は、無料カウンセリングを行っておりますので、ご利用ください.無料カウンセリングにて治療方法のご説明,お見積もりのお渡しを行います.

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

0120−25−1839

03−3251−3921