歯を抜いた後のブリッジの歯茎も下がってしまう事があります.

歯茎の再生治療ではの見た目を改善することができる場合があります。

 

今回は、歯を抜いた後に歯茎が下がってしまったり、窪んでしまったところを改善することで、見た目が改善することがあります。ブリッジの歯茎が下がってしまうということは、どう言うことかわからない方も多いと思いますので、ご紹介いたします。


ブリッジの歯茎が下がるってどういうことでしょうか?

ブリッジの歯茎のくぼみの歯茎を再生
ブリッジの歯茎のくぼみの歯茎を再生

 歯を抜いてブリッジを入れた場合、しばらくしてダミーの歯と歯茎の間に隙間が出来てしまう事があります.

 

お写真のケースですが,左の2番目の歯が無い3本の歯のブリッジをしておりますが,2番目の歯茎が少し下がってしまって,隙間が出来てしまっています.

 

歯を抜いた後時間とともに歯茎がお写真のように下がってしまったと言う御相談を受ける場合が多いのですが,こういったケースでは、ブリッジの歯を抜いた部分の歯の形が悪い場合におこりやすくなります.

 

ブリッジの形を修正する事で歯茎が下がりにくくなります。また、窪んでしまった歯茎の部分は歯ぐきの再生治療を行う事で歯茎が盛り上がりやすくなります。

 

ブリッジ治療を行うさいは、歯茎が下がらないような治療を行っている歯科医院を選ばれる方が良いかもしれません.

 

歯と歯の間の歯茎が下がったときの治療のページ

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 

03−3251−3921

0120−25−1839


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。