セラミックの歯茎が下がった時に歯ぐきの再生治療で回復させます.

セラミックの歯の歯茎が下がってしまって、セラミックの継ぎ目が露出してしまう事はよくありますが,一般的な歯科医院では治療方法が無いのが現状です.

 

歯茎が下がってしまった時に歯茎を回復させるために行う歯ぐきの再生治療のご紹介です.

 

歯ぐきの再生治療を行う事でセラミックの継ぎ目を見えなくする事が出来る場合もあります.セラミックを交換する場合でも、下がった歯茎を回復させるので元の歯の大きさに回復したセラミックを入れる事が出来ます.

 

セラミックを交換するかしないかはセラミックの適合が悪くなっていないかどうかで判断します。

 

歯ぐきの再生治療はセラミックを長持ちさせるためには重要な治療になって来ています.料金は保険外治療となり高額となりますが,セラミックを歯茎の下がってしまうたびに交換する従来の治療を考えると、割安なのかもしれません.

 

歯ぐきの再生治療は一般的ではないので症例数が豊富な歯科医院にご相談される事をお勧めしております。

 


セラミックの歯茎が下がってしまって継ぎ目が露出してしまったケースの治療

歯茎が下がる
歯茎が下がる

セラミックの付け根の部分の歯茎が下がってしまっています.

こういった場合、歯茎の再生治療で元あった歯茎の位置に歯茎を戻してからセラミックをやり直す方法をとります.

セラミックの不適合が歯茎の下がる原因となっていたようです.

 

 

歯茎の再生
歯茎の再生

歯茎の再生後にセラミックをオールセラミックで作り直しました.

 

歯茎の再生治療のページ

 

歯茎の厚みを増やす事で、歯茎の形を整える事ができます。歯の形を審美的な長さに整えるために、歯茎の再生を行います。歯茎の再生を行う事で、将来的に歯茎が下がってしまう事を予防できますので、前歯の差し歯の見た目も良い状態を保つ事ができます。