長い歯の見た目を審美歯科で治す方の注意

歯茎の再生をしたいけど、どんな感じに治療が進むのか知りたい方へ。

 

歯茎が下がって、見た目が長くなってしまった差し歯の審美歯科治療を希望される方は治療の流れをご確認ください.

 

差し歯の状態によって、差し歯を外さないと行けない場合とそのまま歯ぐきの再生治療を行える場合があります.(炎症を起こしていない健康な状態の差し歯であればそのまま歯ぐきの再生治療を行えます.)

 

審美歯科と歯ぐきの再生の流れ

審美歯科治療と同時に歯茎の再生を考えている方は、治療期間にご注意ください。歯茎の治癒する期間が必要になります。

 

審美歯科治療と歯茎の再生を同時に行う場合、歯茎の再生後安定するまで3ヶ月ほど待たせていただいております。そのため、全体的な治療期間を短くするために、治療の早い段階で歯茎の再生治療を行います。

 

再生治療後の治癒を待っている間に歯の根っこの治療や、周りの歯のホワイトニングなどの治療を進めていただいております。また、奥歯などに虫歯や問題がある場合は、この段階で治療を行うことも可能です。

 

 歯茎が安定してから最終的なオールセラミック治療を行います。

 

また、歯茎が安定するまで期間がかかってしまいますが、治癒を待っている期間には、きれいな仮歯を入れていますので生活にはさほど支障がありません。仮歯で満足される方も多いです。

 

歯茎の再生と審美歯科のページ

 

 


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。


お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F スターバックス上 JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

03-3251-3921

0120-25-1839

営業時間

11:00~20:00

昼休み

14:00~15:30

 

休診日

日曜日、祝日

メモ: * は入力必須項目です