差し歯の歯茎が下がってしまったときの治療

差し歯の歯茎が下がってしまって歯茎が黒く見える。

 

そんな時に歯茎を再生させて元の位置に歯茎を戻す方法があります.

 

ただ、差し歯の材質はメタルボンドでもオールセラミックでも良いのですが,適合が悪い差し歯や虫歯になってしまっている差し歯は歯茎の再生と合わせて差し歯の交換をする必要がある場合もあります.

 

差し歯を交換しないで歯ぐきの再生治療を行うケース

差し歯の歯茎が下がって歯の根っこの黒い部分が見えてきてしまったという場合、歯茎の再生法で差し歯の歯茎を回復させることができます。

 

差し歯は交換したくないけど歯茎を何とかしたいという場合に歯茎の再生法は有効な方法です。

 

差し歯を当院で行った場合でなくても、歯茎の再生治療だけを行うことができます。

 

差し歯の歯茎再生のケース

差し歯の歯茎が下がる
差し歯の歯茎が下がる

差し歯を外さずに歯茎の再生治療だけを当院で行いたいという場合でも歯茎の再生治療を行う事は可能です.

 

前歯2本の差し歯の歯茎が少し下がってきてしまったという事で歯茎の再生治療を行いました.きれいなセラミックが入っておりましたが、これは他の歯科医院で治療されたセラミックです.セラミックはそのまま使用しました.

下がった差し歯の歯茎を再生
下がった差し歯の歯茎を再生

差し歯の歯茎が下がってしまった部分を歯茎の再生治療で回復させた状態。少し覆いすぎましたが、歯茎の形を削って修正する事はそれほど難しくはありません。

 

このケースのように、歯茎の再生治療だけ当院で行う事も可能です.かかりつけの先生は歯茎の再生治療を行っていない場合がほとんどのようです.

 

歯ぐきの再生治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.クリックしてご覧ください.

 

歯ぐきの再生治療のページ