歯茎再生Blog 差し歯の歯茎が下がってしまった場合

差し歯を入れた歯の歯茎が下がってしまうと、見た目が悪く、差し歯が主張した感じに見えてしまいます.

 

こういった場合は、見た目を良くしたい場合は,差し歯を交換する事もあります.ただ、歯茎が下がったまま差し歯を交換すると差し歯の長さが長くなってしまいます.

 

そのため、差し歯の再治療を行う場合は、歯ぐきの再生治療を合わせて行う事をお勧めしております.

 

差し歯の歯茎が下がってしまった方

被せ物の歯茎が下がる
被せ物の歯茎が下がってしまうケース

前歯の差し歯は色もあっていませんが、歯茎の際の所の歯茎が下がり、歯の根っこが見えています.この状態を歯茎の退縮と呼んでいます.差し歯を入れていると歯茎の退縮が特に色が変わりますので目立ちます.

歯茎の再生を行う事で歯茎を回復させる事ができます.

 

歯肉が下がりやすいパターンとして、歯ブラシの圧が強くゴシゴシ磨いてしまう、歯並びが悪く飛び出している、適合の悪い差し歯が入っていると言ったケースがあります。

歯茎の再生を行う事によって、歯茎を回復させた上、歯茎を下がりにくくします。ただ、適合の悪い差し歯は適合の良い物に交換する必要があります。また、歯ブラシの方法は磨きすぎないように、歯並びは矯正治療をお勧めしております。

 

歯ぐきの再生治療と審美歯科のケースは下記のリンクページに詳しい症例などをご紹介させて頂いております.クリックしてご覧ください.

 

歯茎の再生と審美歯科のページ

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

0120−25−1839


~歯茎の再生治療と審美歯科治療の注意~

 

 

 

歯茎の再生治療や審美歯科治療は保険外診療となります。歯茎の再生治療1〜3本で万円(税別)です。また、審美歯科治療は保険外診療となります。オールセラミック で歯並びを治す場合、オールセラミック の種類によって当院では1本6万円(税別)~15万円(税別)のセラミックを選んでいただいております。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

歯茎の再生治療のリスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

審美歯科のリスク

 

審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。