歯茎の再生治療後はどうなるの?

歯茎の再生治療後の状態を想像して心配になる方へ

 

歯茎の再生治療後の歯茎の状態の変化についてご説明いたします。

 

歯茎の再生治療後その日はまだ移植した皮膚や切った皮膚は完全にくっついていない状態となります。引っ張れば取れる状態です。1日すると出血していた状態も落ち着き、だんだんと皮膚がくっつき始めます。歯茎は腫れた状態となります。2~3日腫れる状態となることが多いです。人によっては1週間ほど腫れていると感じられることもあります。

 

1週間もすると移植した皮膚と元あった皮膚はくっついて引っ張っても離れない状態となります。ただ、まだ弱い皮膚ですので歯ブラシなどでこすることは厳禁です。

 

2週間もするとかなりなじんで皮膚が同化してきます。少し腫れている場合もありますが、かなり安定した状態となります。

1か月するとかなり皮膚も強くなり、安定しますので柔らかい歯ブラシでこすっても大丈夫になります。

 

歯茎の再生治療の経過例

歯茎が下がった状態
歯茎が下がった状態

歯茎が薄く、歯茎が下がってしまっています.下がった歯茎に知覚過敏予防にレジンというプラスティックが詰めてあります.歯茎再生を行って歯茎を回復させます.

歯茎再生後の状態
歯茎再生後2週間の状態

歯茎が回復して上がった状態。まだ歯茎が腫れていますので歯ブラシをしないようにしていただいています.

 

1ヶ月もすると歯茎の腫れが落ち着きます。順調に歯茎再生が行われています.

 

歯肉を触ると歯肉が下がってしまう事もありますので、歯ブラシは全くしなくて大丈夫です。うがい薬で軽く濯いでください。

 

歯茎の再生治療に関しましては、下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいておりますのでクリックしてご覧ください。

 

歯肉の再生に関するページ