歯茎再生ケース 術後1ヶ月の状態見た目の傷はほぼ分かりません。

歯茎の再生治療は外科的な方法ですので、皮膚の色が周りとちがうのではないかとか、傷跡が残るのでないかなど心配される方もいらっしゃいます。

 

たしかに、昔の移植ややけどなどで皮膚の移植をしたりするとアニメのブラックジャックのように皮膚の色がつぎはぎのようになってしまったりしました。

 

そのため、傷跡が残ってしまうことをイメージされる方もいらっしゃるのですが、その心配はありません。

 

治療方法にもよりますが、当院では治療直後から傷跡がそれほど目立た無い状態になるような治療方法を選択しておりますので、大丈夫です。

 

歯茎の再生治療後1か月もすると歯茎の状態がかなり安定してきます。

 

この時期から歯間ブラシはできませんが、柔らかい歯ブラシで磨き始めていただきます。

 

下の前歯の歯茎の再生後の経過1か月

歯茎の退縮
歯茎の退縮 治療前

歯茎が薄く歯茎が1〜2ミリ下がっています.

歯の根っこが歯茎を通して透けて見えてしまっています.歯茎の厚みをたす事と、歯茎の位置を回復させるために歯ぐきの再生治療をお勧めしました。歯と歯の間の歯茎に関しましては回復させる事が難しいため歯ぐきの再生治療では対応をお勧めしません.

歯のお掃除をした後に歯茎再生を行います。

 

歯茎再生
歯茎再生 治療後1か月

歯茎のボリュームを出して歯茎を回復させました.こういう治療を歯茎再生と言っています.歯茎再生の処置後1ヶ月の状態です。歯の付け根の歯茎の厚みと位置を改善する事ができましたが、歯と歯の間の歯茎に関しましては回復する事が難しいため,気になる方はレジンという歯に接着する詰め物で対応する事も可能です.