歯茎の再生後の腫れは1ヶ月程で落ち着きます.

歯ぐきの再生後の腫れはそれほど長い期間ではありません,通常1週間程で落ち着きます.

 

ただ、落ち着いて安定してくるには1ヶ月程期間がかかります.1ヶ月ほどすると歯茎が丈夫になってきます。

 

歯ぐきの再生後の歯茎の経過の参考例 〜前歯〜

歯茎再生
治療前

前歯全体の歯茎が退縮して、歯の長さが長くなってきています.歯の付け根の部分の色が黄色い部分はセメント質という歯の根っこの部分になります.

歯茎再生
治療後3週

歯茎の再生から3週間後の状態。

 

前歯はオペ後は磨きをしないでいただいてます.移植後の皮膚は歯ブラシでこするとダメージが起こります.

 

前歯6本の歯茎の再生を行いました.前歯の皮膚が少し赤くなっていますが、だいたい皆さんこのような感じに治ります.

歯の大きさが小さくなったのがわかるかと思います。歯茎の付け根の黄色い部分を覆いました。知覚過敏の問題も解消されます。

 

2ヶ月程すると通常歯茎は完全に安定しますので通常の歯ブラシを使用して歯磨きをして頂きます.

 

歯ぐきの再生治療後の流れに関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.クリックしてご覧ください.

 

歯茎再生の流れについてのページ

 

また,歯ぐきの再生治療を希望される方は無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします.

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

0120−25−1839

03−3251−3921


~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真を見ていただいてわかるように回復した歯茎が剥がれてしまっているということはありません。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。

 

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。