歯を抜いた後歯茎が窪んでしまった時の歯茎の再生治療

歯を抜いてブリッジ治療をする際に、歯を抜いた後の歯茎が大きく窪んでしまうことがあります。歯茎が窪んでしまうと大きなはがないって清掃しにくくなったり、見た目が悪くなったりしてしまいます。

今回は、歯を抜いた後の歯茎のくぼみを回復させる歯茎の再生治療をご紹介いたします。

 

 

 歯を抜いた後のくぼみに合う形の歯が入っているため、かなり大きな歯が前歯に入っています。

 

歯を抜いた後のくぼみが出来てしまうと形の悪い差し歯が入ってしまい、お掃除も難しくなります。形の良い差し歯にするために、歯茎を回復させてブリッジを入れることで歯ブラシもしやすくなります。

 

 

オールセラミックブリッジが入っています。

歯を抜いて窪んでしまった歯茎を歯茎の再生治療を行うことである程度回復することができ普通の大きさの歯が入りました。

 

清掃がしやすい形になりました。

 

歯茎の再生治療のページ

歯科医院紹介

神田ふくしま歯科

03-3251-3921

0120-25-1839

東京都千代田区神田鍛冶町3-2サンミビル6Fスターバックス上

営業時間

11:00~20:00

昼休み

14:00~15:30

 

休診日

木曜日、日曜日、祝日

 

となっております。

歯科専門HP