差し歯を入れる場合、歯茎を再生させた方が見た目も良いでしょう

年齢とともに見た目が悪くなってしまった歯を綺麗にしたい。という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この際、長くなってしまった歯についてもどうするか確認していただくと良いと思います。歯茎の再生治療をせずにそのままの歯茎の位置で審美歯科治療を行うと歯の長さが長くなってしまいます。

どうしても、歯茎の再生治療をしたくないというのであればしょうがないのですが、歯茎が下がってしまった方の審美歯科治療をする際には歯茎の再生治療を合わせてされることをお勧めしております。

歯茎の再生治療をせずに審美歯科治療をしたケース

噛み合わせや、歯の見た目を改善するために審美歯科治療を行う前の状態。

 

歯茎が下がってしまったところにはレジンという詰め物で覆っています。詰め物は少し変色してしまっています。

歯茎の再生せずに、オールセラミックにて治療しました。

 

歯の長さが少し長くなってしまっています。歯茎の再生治療を合わせて行うと歯の長さが改善されます。

 

歯茎の再生と審美歯科のページ


~歯茎の再生治療と審美歯科治療の注意~

 

歯茎の再生治療や審美歯科治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)です。また、オールセラミック の種類によって当院では1本6万円(税別)~15万円(税別)のセラミックを選んでいただいております。

 

料金に関しましては、最小単位の標準的な料金となります。本数の多い場合は、掛け算して計算していただく必要があります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているようなケースのうち、歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

歯茎の再生治療のリスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

審美歯科のリスク

 

 

審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。また、オールセラミック の色合いはかなり天然の歯に近いものになりますが、完全に同じものではありません。