2017年

4月

09日

歯茎が下がってしまった時の審美歯科治療は特殊です。

あなたは、通常の審美歯科治療をしようとお考えですか?

歯茎が黒い、歯茎が下がってしまったという歯が差し歯の場合は、通常の審美歯科治療だけでは、見た目が悪くなってしまうのでお勧めしません。

歯茎が下がってしまった時の審美歯科治療は、歯茎の再生治療を合わせて行うことが重要です。歯茎の再生治療を合わせて行うことで、差し歯の長さが長くならずに済みます。

もうすでに、後悔されている方もいらっしゃると思いますが、差し歯の長さが長くてコンプレックスを感じるということがあります。歯の長さは少し長いだけで非常に違和感を感じる見た目になってしまうからです。

差し歯の歯茎が下がった時は、審美歯科と合わせて歯茎の再生治療をすることがオススメです。

差し歯の歯茎が下がって黒く見えてしまっています。こういったケースでは、通常の審美歯科治療をすることはお勧めしておりません。歯茎の再生治療を合わせて行うことがお勧めです。

歯茎の再生治療を審美歯科治療と合わせて行うことで、歯茎の位置が左右で揃い、セラミックの歯が長くならずに済みます

 

歯茎の再生治療と審美歯科のページ

無料カウンセリングお問い合わせ

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分  東京駅のとなりの駅です。

0120−25−1839

歯科医院紹介

神田ふくしま歯科

03-3251-3921

0120-25-1839

東京都千代田区神田鍛冶町3-2サンミビル6Fスターバックス上

営業時間

11:00~20:00

昼休み

14:00~15:30

 

休診日

木曜日、日曜日、祝日

 

となっております。

歯科専門HP