歯並びと歯茎の退縮の関係についてのページを更新しました。

歯並びが悪いと歯周病のリスクが高まるというお話を聞いたことはありますか?

歯並びが悪いことで、歯を磨けない部分ができてしまいます。そのため、歯並びの悪い重なってしまっている部分などは虫歯や歯周病にかかりやすい危険部位として知られております。

歯茎が下がってしまうことに関しても歯並びが悪い部分に起こりやすい傾向があります。歯が飛び出してしまっている部分の歯茎は歯茎が薄いことと、歯を支えている骨が薄いために歯茎が下がりやすい部分になります。

また、歯並びの悪い部分の歯茎の再生治療は処置が難しいため、歯茎の再生治療前に歯並びの治療を行うとよりきれいに歯茎を再生することができます。

今回、歯並びと歯茎の退縮に関してのページを更新しましたので歯並びの悪い部分の歯茎が下がってしまった方はこちらのページを参考になさってください。

歯並びと歯茎の退縮のページ

歯科医院紹介

神田ふくしま歯科

03-3251-3921

0120-25-1839

東京都千代田区神田鍛冶町3-2サンミビル6Fスターバックス上

営業時間

11:00~20:00

昼休み

14:00~15:30

 

休診日

木曜日、日曜日、祝日

 

となっております。

歯科専門HP