2014年

12月

13日

矯正治療前に歯茎の再生が必要なケース

歯茎の退縮
歯茎の退縮

歯茎が下がってしまっている方の矯正治療を行う場合,矯正前に歯茎の再生治療を行うか矯正治療後に歯茎の再生治療を行うかは歯茎の状態によって判断します.

 

お写真のケースでは、歯並びをそろえるために歯並びを少し広げる必要があります.歯並びを広げる必要があるのに歯茎が薄く下がってしまっているため,矯正治療前に歯茎の再生治療を行い、矯正時に骨を作るために増骨矯正法を行います.

 

歯茎の下がる可能性の少ないケースでは矯正治療後に歯茎の再生治療を行っても大丈夫です.

矯正治療前の歯茎の再生
矯正治療前の歯茎の再生

下がった歯茎の再生治療を行いました.下の前歯の歯茎が回復しております.この後、急速増骨矯正法で顎の骨を増やしながら矯正治療を行います.

 

歯茎の再生治療と矯正治療についてのページ

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

歯科医院紹介

神田ふくしま歯科

03-3251-3921

0120-25-1839

東京都千代田区神田鍛冶町3-2サンミビル6Fスターバックス上

営業時間

11:00~20:00

昼休み

14:00~15:30

 

休診日

木曜日、日曜日、祝日

 

となっております。

歯科専門HP