下の前歯の歯茎が下がった場合。歯茎の再生治療ケース

下の前歯の歯茎が下がったというケースが一番起こりやすいケースとなります。

 

下の前歯の歯茎や歯を支えている骨がお口の中で一番薄いために最も歯茎の下がりやすい部分となります.

 

丁寧な歯ブラシの方法を身につける必要があります。ただ、下がってしまった歯茎は自然に回復しません。回復させるには歯茎の再生治療が必要になります.

下の前歯の歯茎の再生ケース

下の前歯の歯茎が下がる
下の前歯の歯茎が下がった状態

下の前歯の歯茎は薄い場合が多く、特に歯並びが悪いと大きく歯茎が下がってしまう事が多いようです.

 

お写真のケースでは、歯茎が薄く下がった歯茎の部分に汚れが付いて色が変わってしまっています.こういったケースは歯茎の再生治療を行う事で歯茎を回復する事ができます.

歯茎の再生治療例
歯茎の再生治療例 2週後

上の写真の下がった歯茎を再生治療で回復させた後2週目の状態です.歯並びはそのままでも歯茎の再生治療を行う事が可能です.


歯茎が下がってしまったときのページ

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

歯科医院紹介

神田ふくしま歯科

03-3251-3921

0120-25-1839

東京都千代田区神田鍛冶町3-2サンミビル6Fスターバックス上

営業時間

11:00~20:00

昼休み

14:00~15:30

 

休診日

木曜日、日曜日、祝日

 

となっております。

歯科専門HP