歯茎の再生で審美歯科を行うケース

歯茎の再生治療を行うことで、審美歯科治療の結果をさらに審美的に行うことができることがあります。

 

歯茎が下がって長くなってしまった八重歯を審美歯科治療する際歯茎を回復させることで平均的な長さのセラミックを入れることができるようになります。

八重歯を歯茎再生し、審美歯科を行ったケース

歯周病と歯茎の退縮
歯周病と歯茎の退縮

歯周病が進行し、歯茎も下がってしまっています.

ご希望は審美的に歯並びを良くしたいという事で、上の歯を審美歯科と歯茎の再生を行い、下の歯を部分矯正する事になりました.

歯茎の治療中の状態
歯茎の治療開始から3ヶ月後

上の歯の歯茎のラインをそろえる為に歯茎の下がってしまっている部分の歯茎再生を行い、仮歯を入れました.又、下の歯並びは部分矯正を行っています.治療開始から3ヶ月後の状態

歯茎と審美歯科治療に関するページ

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F 

03-3251-3921

0120-25-1839

歯科医院紹介

神田ふくしま歯科

03-3251-3921

0120-25-1839

東京都千代田区神田鍛冶町3-2サンミビル6Fスターバックス上

営業時間

11:00~20:00

昼休み

14:00~15:30

 

休診日

木曜日、日曜日、祝日

 

となっております。

歯科専門HP