2014年

9月

17日

歯茎再生Blog 歯茎の退縮に対する治療は歯茎再生治療

歯茎の退縮は感染がない歯周病が進行してしまった状態です。歯茎と歯の接着が失われてしまっています。

歯茎の退縮した状態を歯茎の再生治療で解消して歯茎を安定させます。

歯茎の退縮
歯茎の退縮

歯茎が退縮してしまい、歯が長くなってしまっています。歯茎の腫れはありませんが歯周病の進行した状態と変わりません。この状態を安定させることは難しと思われます。それは、歯磨きが難しい上歯磨きをするとさらに歯周病が進行して歯茎が退縮してしまうからです。

歯茎の退縮
歯茎の退縮

歯茎の再生治療で歯茎と歯がくっつきました。歯周病のメンテナンスを今後丁寧に行うことで今後の歯周病の進行を予防することができます。


歯茎の再生のページ

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

0120−25−1839

歯科医院紹介

神田ふくしま歯科

03-3251-3921

0120-25-1839

東京都千代田区神田鍛冶町3-2サンミビル6Fスターバックス上

営業時間

11:00~20:00

昼休み

14:00~15:30

 

休診日

木曜日、日曜日、祝日

 

となっております。

歯科専門HP