審美歯科と歯茎の再生 審美歯科治療の流れ

審美歯科治療と同時に歯茎の再生を考えている方は、治療期間にご注意ください。歯茎の治癒する期間が必要になります。

 

審美歯科治療と歯茎の再生を同時に行う場合、歯茎の再生後安定するまで3ヶ月ほど待たせていただいております。そのため、全体的な治療期間を短くするために、治療の早い段階で歯茎の再生治療を行います。

 

再生治療後の治癒を待っている間に歯の根っこの治療や、周りの歯のホワイトニングなどの治療を進めていただいております。また、奥歯などに虫歯や問題がある場合は、この段階で治療を行うことも可能です。

 

 歯茎が安定してから最終的なオールセラミック治療を行います。

 

また、歯茎が安定するまで期間がかかってしまいますが、治癒を待っている期間には、きれいな仮歯を入れていますので生活にはさほど支障がありません。仮歯で満足される方も多いです。

 

歯茎の再生と審美歯科のページ

 

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F

03-3251-3921

0120-25-1839

営業時間

11:00~20:00

昼休み

14:00~15:30

 

休診日

木曜日、日曜日、祝日

歯科医院紹介

神田ふくしま歯科

03-3251-3921

0120-25-1839

東京都千代田区神田鍛冶町3-2サンミビル6Fスターバックス上

営業時間

11:00~20:00

昼休み

14:00~15:30

 

休診日

木曜日、日曜日、祝日

 

となっております。

歯科専門HP