2014年

11月

12日

再生治療ブログ 審美歯科治療時の歯茎の再生 

審美歯科治療を行う場合、歯ぐきが歯周病で下がってしまっているケースがあります。そんなとき、審美歯科治療でオールセラミックを入れるのに先行して歯茎の再生を行うと歯の長さが長くならずにきれいな歯の形になります。

 

歯周病にかかったり、歯茎が下がってしまうと歯の根っこが露出して歯の長さが長く見えますが、歯茎の再生なしに審美歯科治療を行う場合、歯ぐきの境ぎりぎりまで歯を削りますので全体的に歯が長くなります。

 

平均的な前歯の長さは10〜11ミリですので歯茎が2ミリ下がっただけでかなり長く感じると思います。歯茎の再生で歯茎の位置を戻してから治療されることおお勧めします。

 

歯茎の再生と審美歯科のページ

歯の長さ
歯の長さ

歯茎が下がってしまった状態です。歯が長く見えるようになって審美的ではありません。歯茎再生で歯の審美性を回復させます。このままの状態では歯茎の位置が上下にでこぼことなってしまいますので、審美的な結果を出すことはできません。

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

0120−25−1839

 

歯科医院紹介

神田ふくしま歯科

03-3251-3921

0120-25-1839

東京都千代田区神田鍛冶町3-2サンミビル6Fスターバックス上

営業時間

11:00~20:00

昼休み

14:00~15:30

 

休診日

木曜日、日曜日、祝日

 

となっております。

歯科専門HP