歯茎が下がってしまって不安を感じている方へ

あなたは歯茎が下がってしまって、歯の将来に不安を感じられていませんか?

歯茎が下がってもあまり気づかない方もいらっしゃいます。ただ、一度気づいてしまったら、歯が長くなっていることもあり、歯の将来に不安を感じてしまうのかと思います。

歯茎を回復させるために、歯茎に良い歯磨き粉をかわれたり、柔らかい歯ブラシに交換したり、かかりつけの先生に相談されたりされたのかと思います。

歯茎が下がってしまってもどうしようもない?

歯茎が下がってしまって、かかりつけの先生やお近くの歯科医院にご相談に行かれた方もいらっしゃるのかと思います。

残念ながら、歯茎が下がってしまって治療が可能という歯科医院は非常に少ないのが現状です。多くの場合、しばらく様子を見ましょう、この程度であれば大丈夫、治療は難しいなどと言われて、不安を解消してくれることにはならないようです。

これは、多くの歯科医院では、歯茎の再生治療のことをご存知なく、また、実際に治療されている歯科医院はごくごく少数の医院しかないためです。

場合によっては、歯茎の移植をしても見た目が改善するだけですぐ剥がれてしまうので意味がないとか歯茎の再生治療をマイナスの治療と説明する先生もいらっしゃるようです。

歯茎が下がってしまった場合の解決法は歯茎の再生治療です。

歯茎が下がってしまって、回復させる方法がないわけではありません。また、全ての方の歯茎が回復するわけではありません。ただ、歯茎が下がってしまった場合に回復させる唯一の方法は歯茎の再生治療という治療法です。残念ながら、歯茎の再生治療を行わないと歯茎の回復は見込めません。

歯茎の再生治療では何を回復するのですか?

歯茎の再生治療に関しましては、歯茎が下がってしまって露出した歯の根っこに歯茎の再生治療を行うことで、歯の根っこの内部と歯茎をつなぐコラーゲン線維の層が回復することが報告されています。つまり、歯の周囲の組織が再生されることがわかっています。

歯茎が下がってしまって何が問題でしょうか?

歯茎が下がってしまったままですと、今後さらに歯茎は下がってしまい、さらに歯の周囲の組織を失いますので、歯の寿命が短くなる可能性が増します。(難し言い方をすると、歯茎が下がる場合、歯茎だけでなく、歯の根っこを支えている歯根膜・健全なセメント質・歯槽骨といった歯の周囲の組織が失われるため歯の寿命が短くなる可能性が高くなります。)

歯茎の再生治療のメリット・デメリットは?

歯茎の再生治療を行い、失われた歯の周囲の組織を回復させるので、歯の寿命を延ばします。また、処置をすることで歯茎ににマイナスになることはありません。ただ、処置後1週間ほど腫れてしまうこと、お食事は1ヶ月ほど尖ったものを食べないことなど制限があります。

歯茎の再生治療はやったほうが良いですか?

よく聞かれるご質問です。

とにかく歯茎が下がってしまっているのが不安という方は早めに歯茎の再生治療を行うと歯茎が厚くなり、将来的に歯茎が下がりにくくなりますので、歯茎の退縮の予防が出来ますので、早めにされたほうが良いと思います。

そこまで気にしないという方は、費用対効果を目安にされると良いと思います。歯茎が下がって歯を抜くことになる少し前に歯茎の再生治療を行うという方法です。それまではなるべく歯茎がこれ以上下がらないように慎重に歯磨きを続けるなどしながら、歯茎が少しづつ下がっていくのを観察し、歯の根っこの半分くらいが見えた段階で歯茎の再生治療をするという方法です。歯を抜いて、インプラントにするよりは歯茎の再生治療で歯を残したほうが安く済むという考え方です。(気づいた時には手遅れになってしまうことが多いでしょうからあまりお勧めしませんが)

ただいま無料カウンセリングを行っております。

歯茎の再生治療を希望される方はただいま無料カウンセリングを行っておりますので、この機会にご利用ください。

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839

歯科医院紹介

神田ふくしま歯科

03-3251-3921

0120-25-1839

東京都千代田区神田鍛冶町3-2サンミビル6Fスターバックス上

営業時間

11:00~20:00

昼休み

14:00~15:30

 

休診日

木曜日、日曜日、祝日

 

となっております。

歯科専門HP